スーツにネクタイがビシッときまっている男性は素敵ですね。ネクタイの締め方ひとつで男らしさがグッとUPして見えます。ネクタイはディンプルできめてみませんか?ネクタイが1日崩れにくいディンプルの作り方やコツなどをご紹介していきたいと思います。

ネクタイはディンプルでキメたい!1日崩れない作り方とコツご紹介!

目次

  1. ネクタイの意味は
  2. ネクタイの結び方とコツ
  3. ネクタイのディンプルって何?
  4. ネクタイのディンプルは必要なの?不必要なの?
  5. ディンプルを作りやすいのはどんな生地のネクタイ
  6. ネクタイにディンプルを作った時と作らなかった時の印象の違いは
  7. ネクタイのディンプルを1日崩さない結び方のコツ
  8. 就活におけるネクタイの選び方のコツは
  9. 就活でのネクタイの結び方や作り方は
  10. 【まとめ】ネクタイはディンプルでキメたい!

ネクタイの意味は

ネクタイとは首やワイシャツなどの襟元に巻いて正面で結ぶ布の事はご存知ですよね。ネクタイの結びや結び目のことをノット呼びます。西欧では男子用でしたが、近代以降は女子服にも用いられるようになりました。装飾の少ない男性服ではおしゃれをするための意味のあるアクセサリーとなっています。

ネクタイの歴史

まず初めにネクタイの歴史を探ってみましょう。ネクタイの元は17世紀頃と言われています。起源として有名なのは、フランスのルイ13世を守るためにクロアチアの兵士が首に巻いていたスカーフからきているという説です。

ビジネスマンの服装にはネクタイはほぼ必須アイテムとなっていますね。フランス語でネクタイはクラヴァット(cravate)と呼ばれています。スカーフもお洒落なアイテムの一つですね。

ネクタイの結び方とコツ

ネクタイの結び方には何種類かあります。基本となるプレーンノットからダブルノットといった応用となる結び方がまであります。意味のある色々な結び方や作り方のコツをマスターして男子力UPが出来るように頑張ってみませんか。

ネクタイを結んだ時の理想的な長さは、ベルトのバックル部分の中心にネクタイの剣先がくる程度と言われています。時代ごとに流行りもありますので雑誌や販売店のディスプレイを見たりして研究をしてみましょう。

プレーンノット

プレーンノットは最も一般的な結び方です。初めての方にはこちらは使えますよ。ノットは適度に小さく、ちょっと縦長でラフな感じになります。コツは締めすぎないことです。あまり締めすぎると結びめが小さくなるので気を付けて下さいね。

ウインザーノット

ウインザーノットは結び目がかなり大きな作りになります。襟が大き目のシャツによく合います。顔や体形が大き目の方にはバランスが取れるのでお勧めです。しっかりと固く結ぶので型崩れしにくいのが特徴です。

セミ・ウインザーノット

セミ・ウインザーノットはウインザーノットほどボリューム感はありませんが、ほとんどのシャツの襟に合わせられます。特にワイドカラーや厚手のネクタイに合います。セミ・ウインザーノットを作ると結び目が大きくきれいな三角形になります。

ダブルノット

ダブルノットは縦に長い結び目が出来ます。作るのには細いネクタイや長めのネクタイを使用するといいと思います。幅が物凄く太いサイズのネクタイを使うと結び目が大きく作られてしいます。シャツのタイプも殆どどんなものにも似合います。プレーンノットの次に簡単な結び方なので慣れたらチャレンジしてみて下さい。

スーツとネクタイの組み合わせ方|長さ・色の選び方や結び方のコツ | MensModern[メンズモダン]

ネクタイのディンプルって何?

皆さんはネクタイのディンプルという言葉を耳にしたことはありますか?ネクタイを日頃から結ぶ方には馴染みの深い言葉かもしれませんが、ネクタイを使わない方には「ディンプルって何?」と意味が解らなずに不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

ディンプルとは、英語で「dimple」と書きます。意味は主に「えくぼ」です。そこでディンプルとはネクタイに作られるえくぼということになるかと思います。ネクタイを結んだ時にポッコリとした立体的な部分が出来ると思いますが、これがネクタイを素敵に見せる主の部分のディンプルとなります。

ネクタイのディンプルは必要なの?不必要なの?

ネクタイのディンプルはファッションのひとつです。必ずしもディンプルを作らないといけないということはありません。ネクタイをどの様に見せるかであって着こなしのためのテクニックなのです。ディンプルひとつ作ればお洒落に見えるでしょう。ディンプルを作るか作らないかはあなた次第です。

ディンプルが必要な場合

ネクタイにディンプルを作った方がいい場合があります。それはきちんとした格好をしたい場面でディンプルが必要だということです。例えば結婚式やビジネスの席の会食などがそれにあたる場面です。

ディンプルが不必要な場合

ディンプルが不必要な場合はというと、お葬式や法事ではディンプルは作らないということです。お悔やみの場でお洒落れをするのはダメですよね。作り方は普通に結べばいいです。

ディンプルを作りやすいのはどんな生地のネクタイ

ディンプルをなかなか上手に出来なくてイライラする人も多いでしょう。上手くコツが掴めなくて困っている人は作りやすい結び方やネクタイの素材を知らないのかもしれません。果たしてディンプルを作るのに適している生地はあるのでしょうか。

ディンプルを作るのに意味のある適した生地は

ディンプルを作りやすくしてくれるのにはネクタイの材質にもよります。ハリがありしわになりにくい素材でなおかつ厚みのある生地で幅の広いものです。お値段も少し高めになるかもしれませんが生地など質の良いものを1つ持っているといいかもしれません。1度試してみて下さい。

そして、ディンプルを作るのが苦手という方もネクタイの生地選びから始めてみましょう。作りやすい自分の好きな生地を見つけたら案外こんなに簡単にディンプルが出来たんだと思うかもしれません。

ネクタイにディンプルを作った時と作らなかった時の印象の違いは

ディンプルを作った時の印象は

ディンプルを作った時のネクタイの印象はというと、華やかで立体感があり清楚なイメージです。清潔感を見せたいならディンプルを作った方が断然いいと思いませんか。ディンプルの立体感を出しましょう。

ディンプルを作らなかった時の印象は

ディンプルを作らなかった時のネクタイの印象ですが、立体感に欠け首元にメリハリがなく華やかさに欠ける感じです。華やかさを持ちたく無い時にはディンプルは作らない方が良さそうですよね。

ネクタイのディンプルを1日崩さない結び方のコツ

たくさんの方がネクタイの結び目の下にディンプルを作っていると思います。これが実際に崩れてしまう元なのです。ネクタイの結び目の高い位置からくぼみを始めるという事がディンプルを美しく見せるテクニックです。ディンプルを作るか作らないかは自分次第です。

ダブルディンプルの結び方

もしかしたらダブルディンプルの方がお手軽かもしれません。慣れとコツが必要ですが、通常のディンプルよりも華やかさが演出出来るのでパーティー等で綺麗な色や華やかなネクタイをした場合にお薦めします。

ディンプルを極めたいなら、テレビなどを見たり自分の周りの人でディンプルを作っている人から作り方を聞いてもいいですし、真似をしてみるといいと思います。

ネクタイの結び方!おしゃれでかっこいい結び方のコツを伝授! | MensModern[メンズモダン]

就活におけるネクタイの選び方のコツは

就活するにあたって最も悩むのがネクタイの選び方でよね。色や素材、大きさ等お店に行けばいろいろな種類があって悩むと思います。「何を基準に選べばいいのだろう」と思うはずです。ネクタイの選び方の意味がわからないままにしてしまうと損をするかもしれません。

面接をする時に、「第一印象で見た目が決まる」とよく言われます。しかし就活中は同じようなスーツでスタイルに変化をつけるのはかなり難しいです。同じ服装になるので面接官に簡単には好印象を与え難いと思います。そこでネクタイの結び方や作り方を学んで意味のある就活にして下さい。

どのようにネクタイを選ぶといいのか

就活中のネクタイの選び方のコツですが、もしあなたが緊張で表情が固くなるタイプである場合は明るめのネクタイでカバーして下さい。スマートにアピールをしたい場合は青や紺系でクールに決めて下さい。

そして、情熱的に見せたい時にはエンジ色、落ち着いた印象を与えたい時にはグレーなどと自分の性格や演出したい場面に合わせて上手くネクタイの色をチョイスするといいですね。ネクタイの選び方ひとつで表情をやさしく見せたり明るく見せたりすることが出来ると思います。

就活では避けた方がいい色や柄は

避けた方がいい色ですが、派手なピンクや濃い紫等です。季節に合わない物もやめましょう。柄は太すぎるストライプや大きすぎる水玉などは就活には向いてないと思われます。ごちゃごちゃした柄も印象を悪くするのでやめた方がいいかもしれません。

ネクタイの結び方!おしゃれでかっこいい結び方のコツを伝授! | MensModern[メンズモダン]

就活でのネクタイの結び方や作り方は

ネクタイの選ぶコツを掴んだら次はネクタイの結び方や作り方ですね。就活におすすめのネクタイの結び方はというと、やはり基本中の基本であるプレーンノットです。固く小さな結び目になり一般的なシャツとの相性も抜群だと思います。初めてネクタイを結ぶのならプレーンノットのコツをしっかりと覚えて就活に臨んでみましょう。

【まとめ】ネクタイはディンプルでキメたい!

ネクタイの決め手はディンプル(えくぼ)を作ることです。ディンプルは立体的に見えネクタイを華やかにしてくれます。緩く結んでしまうとだらしなく見えてしまいますのでしっかりとワイシャツのボタンを閉めてから結びましょう。自分に合ったネクタイを選んでディンプルを格好良くきめてみましょう。


評価 4.2/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ