漫画「鋼の錬金術師」などの原作者として知られる漫画家の荒川弘先生。その男らしい作風で勘違いされがちですが、実は女性作家だということです。現在は結婚されて、旦那さんや子供達と一緒に暮らしているそうです。今回そんな荒川弘先生の作品や、本人の事についての色々と、荒川弘先生の旦那さんや子供についてなど、その知られざる私生活や、家族の事についても色々と調べてみました。

人気漫画家・荒川弘の旦那と子供や家族構成!夫婦関係も良好

目次

  1. 漫画家・荒川弘先生には旦那さんと子供がいる?
  2. 漫画家・荒川弘先生について
  3. 荒川弘先生の代表作「鋼の錬金術師」
  4. 汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!「銀の匙」
  5. 荒川弘先生初のコミカライズ作品「アルスラーン戦記」
  6. 番外編:荒川弘先生の投稿時代
  7. 荒川弘先生のご家族は旦那さんと子供が3人
  8. 荒川弘先生が子供を出産した時のエピソード
  9. 荒川弘先生ご家族の介護のために休載する
  10. 旦那さんと子供さん、荒川弘先生と家族みんなで支え合い

漫画家・荒川弘先生には旦那さんと子供がいる?

漫画「鋼の錬金術師」や「銀の匙」の原作者として知られ、女性であるにもかかわらずそのシンプルかつ骨太な作風が人気の漫画家・荒川弘先生。すでに結婚されていて、子供もいらっしゃるそうですが、その旦那さんや子供はどんな人たちなのでしょうか?今回は漫画家の荒川弘先生本人についてと、そのご家族について解説していこうと思います。

ハガレンの漫画家・荒川弘の顔は?美人と話題の素顔を徹底調査! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

漫画家・荒川弘先生について

荒川弘先生プロフィール

生年月日:1973年5月8日(45歳)
出身地:北海道
1999年にエニックスが主催した「第9回エニックス21世紀マンガ大賞」にて「STRAY DOG」が大賞を受賞してデビュー

荒川弘先生は北海道で5人姉弟の4番目に生まれました。高校時代は実家の家業である酪農と畑作農業を手伝いながら、ゲーム雑誌「ゲーメスト」やその姉妹誌「コミックゲーメスト」などにイラストや漫画などを投稿してたといいます。その後の1999年「第9回エニックス21世紀マンガ大賞」で大賞を受賞しデビューした後は、衛藤ヒロユキ先生のアシスタントなどを務めていたとの事です。

荒川弘先生の主な連載作品

鋼の錬金術師(2001年~2010年)獣神演武※原案:黄金周(2007年~2010年)百姓貴族 (2009年~連載中)「銀の匙」(2011年~不定期連載中)アルスラーン戦記※原作:田中芳樹(2013年~連載中)

荒川弘先生の代表作「鋼の錬金術師」

エドワードとアルフォンスのエルリック兄弟は、錬金術で禁忌とされる「人体錬成」で母親を生き返らせようとして失敗し、その代償としてエドは左足、アルは肉体を丸ごと失う事になりました。その後エドは弟と己の身体を取り戻すために、あらゆる望みをかなえるという、錬金術師の目標「賢者の石」を求めて「国家錬金術師」の資格を取り、「鋼の錬金術師」の二つ名を貰いますが・・・

「鋼の錬金術師」は2001年から「月刊少年ガンガン」連載され、その徹底的に練りこまれた設定とストーリーに、魅力的なキャラクター達の活躍が人気を呼び、単行本の売り上げが累計7000万部を突破し、同誌の看板作品となりました。2003年と2009年との2度にわたってアニメ化され、2017年には実写映画化もされました。

作風としては、錬金術を取り扱っている作品なので「等価交換」や「死生観」や「人間の定義」などに深く切り込むといった少年漫画らしからぬダークさも持ち合わせて、それも魅力になっています。こうして大人気作品となった「鋼の錬金術師」は、掲載誌の売り上げをも左右するほどになったといいます。(実際、連載終了した途端に少年ガンガンの売り上げが落ちたといいます)

鋼の錬金術師の名言集!心に残る名シーンや迷言も!【ネタバレ注意】 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!「銀の匙」

家族と上手く行かず、家を出たいという理由で、夢を持たずに漠然とした状態で、寮のある大蝦夷農業高等学校(通称、エゾノー)に入学した八軒勇吾(通称ハチ)。しかし農業高校とはいえど、その学校生活は決して楽な物ばかりでなく、同級生はみんなしっかりとした将来の「夢」を持っていて・・・

荒川弘先生の体験が作中に反映

「銀の匙」は「鋼の錬金術師」終了後の2011年から「週刊少年サンデー」にて連載が開始されました。ファンタジーだった「鋼の錬金術師」とは打って変わっての、農業高校が舞台という事で、実家か酪農家で、実際に農業高校卒業生である荒川弘先生自身の経験が作品に色濃く反映されています。

「銀の匙」は2013年にアニメ第1期が放映され、公表につき第2期が2014年に放映され、実写映画にもなりました。しかし荒川弘先生が「銀の匙」他にも連載を抱えていたり、ご家族の都合(後述)により、荒川弘先生が週刊連載を続けるのがスケジュール的に難しくなってしまったので、2015年から休載が続き、現在「銀の匙」は連載再開はしたものの、不定期連載という形になっています。

荒川弘先生初のコミカライズ作品「アルスラーン戦記」

大陸公路の中心で栄華を極めた国家、パルス王国のき王太子アルスラーンは14歳になり、侵攻してきたルシタニアとの戦争で初陣に臨む。しかし宰相の裏切りや、不可解な霧などによりパルス王国は陥落。何とか生き延びたアルスラーンは騎士ダリューンと共に落ち延び、知略家ナルサスに助けを求めるが・・・

荒川弘先生初のコミカライズ作品となります。原作は「銀河英雄伝説」などで知られる田中芳樹先生の同名の小説です。自国を追われた王子・アルスラーンが強い仲間を集めて、国の奪還に挑んでいく姿と、己の秘密を知ってなお前に進む、アルスラーン自身の成長を描いた物語となっています。小説の方は中断期間も含み、足かけ30年かけて完結した大長編となっています。

原作者も楽しみにしている荒川弘版コミカライズ

原作者の田中芳樹先生は、以前から荒川弘先生のファンだったという事です。原作ありきのコミカライズとはいえ、荒川弘先生によるオリジナル要素も多いのですが、しかし当の田中先生は「続きを楽しみにしているんです。だから、事前にチェックするなんてもったいない。あんまり面白いから、この漫画をノベライズしたいくらいですね」と続きを楽しみにしてるようです。

番外編:荒川弘先生の投稿時代

荒川弘先生は高校時代、ゲーム雑誌「ゲーメスト」や「コミックゲーメスト」にイラストや漫画を投稿していたのは先述した通りですが、その頃のPNは「エドモンド荒川」と名乗っていました。主に格ゲーのパロディ4コマなどを投稿されていました。

あと「ちきんぢょーぢ」のペンネームで、光栄(現・コーエーテクモゲームス)から出ていた歴史投稿誌「歴史パラダイス」にも、イラストや4コマ漫画などを投稿していました。なお、これらのネタは後にリメイクされて、「三国志魂」に収録されています。(こちらでは荒川弘名義になっています)

荒川弘先生のご家族は旦那さんと子供が3人

荒川弘先生は結婚されていて、現在旦那さんと3人の子供さんと暮らしています。荒川弘先生の旦那さんやご実家のご家族については農業エッセイ漫画の「百姓貴族」で知ることが出来ます。漫画内では荒川弘先生の自画像が牛という都合上、登場人物(荒川弘先生直径の家族だけですが)はすべて牛になっています。

荒川弘先生の自画像が牛の理由

ちなみに荒川弘先生の自画像が牛なのは丑年のおうし座生まれから来ているそうです。自画像が牛という事で男性と思われていたという事に「牧場にいるホルスタインって大体メスなのに!」と荒川弘先生自身がショックを受けてたとか。

旦那さんってどんな人?

荒川弘先生の旦那さんは、一般の男性の方という事で、名前はおろか画像などは一切出回っておらず、「百姓貴族」の作中でガタイのいい髭面の男性として描かれている以外は語られていません(一説によると役所勤めの公務員との事ですが本当のところは不明です)。「百姓貴族」の中では数少ない人間キャラとして描かれています。

旦那さんは編集者?!

一時期ネット上の噂で、旦那さんは『鋼の錬金術師』の担当編集者の方なのではないか⁈という噂がありましたが、そうではないようです。あとなぜか「絶望先生」の作者である久米田康治先生が旦那ではないかといううわさも流れましたが、当然ながらそれも違います。

旦那さんもあきれる働き者

荒川弘先生のご実家で農業を体験した旦那さんが、漫画を描く傍ら実家の農業も手伝っている荒川弘先生を見て、「何でこんな状態で漫画かけるの?」という旦那さんからの至極当然のツッコミに荒川弘先生が「寝ないで」と答えるシーンが「百姓貴族」に描かれてたりします。

でも旦那さんの家系も農家だった

とはいいつつも荒川弘先生の旦那さんの家系も農家だったという事が判明しています。旦那さん曰く「新潟の豪農で刀の所持が許されていたぐらい」という事だそうで。

荒川弘先生が子供を出産した時のエピソード

子供の出産時でも連載は落とさず

荒川弘先生は2007年に1人目の子供さんを出産していますが、この頃はまだ「鋼の錬金術師」の連載の真っ最中でした。しかしそんな時期にもかかわらず、休載を一度もしていないという逸話が残っています。ちなみに二人目の子供さんを生んだ時は「銀の匙」の連載を開始した頃だとか。

荒川弘先生のお母さんも子供を妊娠中にトラクターに乗っていた強者だった

これは荒川弘先生のお母さんが子供を妊娠して破水するまでトラクターに乗っていた強者でだったという事です。ですから、この話をずっと聞いて育った荒川弘先生もまた、影響を受けて連載を落とさなかったのではと言われています。

子供の出産は出産手順の確認みたいになっていた?

子供を出産時の荒川弘先生は、子供の頃からずっと牛の出産を目の前で見ていたせいで、自身の出産に関しても「感動よりも出産手順の確認みたいになっていた」と農家出身者ならではの事を語っています。

子供が大きくなったら自分の作品を読ませて「面白い」と言わせたい!

荒川弘先生はご自身の子供に対しては「15歳になったら自分の漫画を読ませて絶対面白いと言わせてやる…」「そうした将来の読者が出来たので戦いがいがある」と子供さんへの宣戦布告(?)を語っています。

荒川弘先生ご家族の介護のために休載する

「自分の体調不良(妊娠出産)ごときで仕事は休んでいられない!」と出産の時ですら漫画を休載せず、パワフルに頑張っていた荒川弘先生ですが、3人目の子供さんを出産報告があって間もなくの2014年に「銀の匙」を休載してしまいます。理由は「家族の体調不良」という事でした。

体調を崩したのは旦那さんか子供さんか?!ファンの間で憶測が広がる

「家族の体調不良」で、しかも荒川弘先生が看病のために休載を決断しないといけない状況となると、当然ファンの間でも心配する声が上がり、「体調を崩したのは旦那さん?!それとも子供さんなの?」「実家のご両親かご姉弟とか?!」と憶測も広がりました。

連載は再開するも不定期に

結局家族のどなたが体調を崩されたのかは明かされませんでしたが、ご家族の病状は落ち着き「銀の匙」の連載は8ヶ月後に再開されます。しかし仕事に育児に家族の看病まで加わってしまったのは、流石に荒川弘先生でも大変なのか、この後も休載と再会を繰り返し、現在は不定期連載という形になっています。

旦那さんと子供さん、荒川弘先生と家族みんなで支え合い

ここまで荒川弘先生について色々と解説してきましたが如何でしたでしょうか?荒川弘先生に関するエピソードを見ると、荒川弘先生の漫画に出てくるキャラクター達が、皆パワフルで諦めない不屈の精神を持っているのがよく分かる感じがします。

現在ご家族の看病により一部の連載が不定期となっていますが、荒川弘先生と同じく、パワフルで理解のあるご家族に囲まれているのなら、きっと支え合うことが出来ているのでしょうね。


評価 3.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ