メンズスーツに合わせるメンズコートの選び方がわからないという方は多いと思います。スーツは仕事する上で大事な服であるので、コートとの着こなしを考えなければなりません。ここではおすすめのスーツに合うコートを教え、着こなし方や選び方を紹介したいと思います。

スーツに合わせるコートのメンズ着こなし!種類やおすすめの選び方

目次

  1. メンズ用スーツに合うコートの選び方とは?
  2. 春にはメンズ用スプリングコートもスーツに合う!
  3. メンズ用スーツに合わせるなら無難なコートがおすすめ!
  4. 冬は厚手のコートをメンズ用スーツに合わせるのが吉
  5. モッズコートも冬のメンズ用スーツには合う!
  6. 寒い冬は見た目を気にしていられない!
  7. メンズ用スーツに合わせるなら珍しいコートも有り!
  8. カジュアルなコートをメンズ用スーツに合わせるのも良し
  9. 高級な黒トレンチコートはメンズ用スーツに最も合う
  10. レザーチェスターコートもメンズ用スーツにハマる
  11. メンズ用スーツに合わせるなら高級なコートが吉
  12. 黒が重いと感じたらチャコールグレーのコートを!
  13. メンズ感アップを目的とした色味のコートを着る!
  14. 忘れてはならない!ダッフルコートでメンズ感アップ!
  15. 冬はワインレッドや赤系の服で気持ちから防寒対策!
  16. スーツに合うコートのナンバーワンはPコートか?
  17. スーツに合うコートを買う前の注意点
  18. 安定の黒やネイビーロングコートをスーツに合わせよう!
  19. 丈の短いコートも様々な種類がある!
  20. ミドル丈のコートとスーツの組み合わせはは安定感抜群!
  21. 自分に似合う色は黒かグレーかを見極める
  22. バランスが良いネイビーロングコートをスーツに!
  23. 防寒性と運動性を兼ね備えたキルティングジャケット
  24. ミドル丈のコートなら黒も有り!
  25. 古着でヴィンテージコートの購入も悪くない!
  26. カーキのフード付きコートもスーツには合う
  27. ショート丈のコートでカッチリきめるのも良し!
  28. ポケットの多いコートは会社員には便利!
  29. 冬は裏毛付きコートを着用してスーツに合わせよう!
  30. スーツにも合う最高の防寒着はこれ!
  31. スーツに合わせられるメンズコートのまとめ

メンズ用スーツに合うコートの選び方とは?

スーツの色で多いのは、黒・グレー・ネイビーの三色だと思います。それ故、コートでおすすめの色は基本は黒・グレー・ネイビーの三色になります。選び方のコツとしては、まずは色は形よりも大事なので、この三色の内のどれかを選ぶと間違いはありません。特に黒はなんにでも着こなし可能な色なので、スーツやコートを着る時はおすすめの色です。服の選び方はまずは黒ですね。

黒以外のコートもメンズ用スーツに着こなし可能!

黒・グレー・ネイビーは定番ですが、あくまでもそれは代表的なおすすめカラーであるというだけです。選び方とし間違いはないのでおすすめしますが、人とは違った服や着こなしがしたいという方は、黒・グレー・ネイビーにこだわる必要はありません。あくまでも黒は服の着こなしや選び方において間違いが少ないというだけなので、似合うのであれば他の色もおすすめです。

春にはメンズ用スプリングコートもスーツに合う!

画像のようなメンズ用スプリングコートも、春にはおすすめの服でスーツの着こなしにも合います。スプリングコートは春用の服なので、コートの種類としては春がベストですが秋にも着れます。ただ、秋に水色というのはあまりおすすめできないので、やはり春におすすめのメンズ服となるでしょう。春に水色のスプリングコートでスーツと合わせるのはおしゃれでおすすめです。

緑色のスプリングコートもメンズ用スーツに合わせたい!

緑色のメンズスプリングコートも、スーツに合わせて着こなしたらおしゃれです。コーディネイトは難しいですが他者と違う服を強調できるのでおすすめです。初心者には緑のコートは難しいかもしれませんが、コートの選び方としてはあえて難しい物を購入することでセンスを引き上げていくという方法もあります。なにより、スーツとマッチした時のかっこよさは高いでしょう。

メンズ用スーツに合わせるなら無難なコートがおすすめ!

スーツはやはりシンプルに着こなしたいという方も多いと思います。そういう方には、画像のようなシンプルなメンズコートがおすすめです。無地で特徴がなく、それでいて素材も丈夫そうなコートはどんなスーツにも合うのでおすすめの服です。画像のコートは種類としてはゴム引きコートで、スーツに特に合うコートと評判です。種類で迷ったらゴム引きコートがおすすめです。

アースカラートレンチコートもメンズ用スーツに合う

画像のような薄いカーキのトレンチコートもスーツに合います。着こなしとしては春でも秋でも可能で、幅広く応用が利くでしょう。かっこよく着こなしていくのは難しい服ですが、着こなした時の充実感とセンスは他の服の追従を許しません。品物だけでセンスが良くおすすめのコートなので、このようなトレンチコートをメンズ用スーツに合わせるのもおすすめのコーデです。

冬は厚手のコートをメンズ用スーツに合わせるのが吉

スーツは冬は寒いです。カーディガンを着ても寒く、酷い所なら北国でもカーディガンの着用を認めない会社もあるでしょう。そして、ウール素材でもないロングコートを着て体調を崩す人もいます。そうならないように、冬は最低でも厚手のコートを着用することをおすすめします。できればウール素材や、コートの内側がキルティング加工されている厚手の服がいいでしょう。

番外編:スーツ自体を厚手の服にするとコートいらず!

冬はどうしても寒いのがスーツなので、打開策としてはスーツ自体を厚手にすることも推奨されます。画像のような厚手のスーツを着用すれば、少しは寒さが緩和されるでしょう。ここに厚手のコートを着用すれば、それなりに寒さを軽減させられるのでおすすめです。冬の服選びはスーツでもコートでも生地の厚さが大事なので、選び方を間違えないようにしましょう。

モッズコートも冬のメンズ用スーツには合う!

ファー付きのモッズコートも、冬のメンズ用スーツには合わせたい服です。防寒性が高く、トレンチコートよりファー付きモッズコートの方が冬は良いかもしれません。トレンチコートはフォーマルで確かにスーツと合いますが、氷点下になれば防寒着としては弱いです。そこで役に立つのがカジュアル路線のモッズコートなので、冬はモッズコートの方がおすすめの服となります。

寒い冬は見た目を気にしていられない!

厚手のコートと厚手のスーツを!

本当に寒い冬にトレンチコートというのは、いくら仕事だからといって厳しいものがあります。それで体調を壊すと意味がないので、せめてコートくらいは思い切って厚手の防寒対策としてのコートを着こなした方が、スーツの時は健康面で良いです。薄手のコートを着て体調を崩す方が愚かなことなので、しっかり厚手のコートで防寒して体調のコントロールをしましょう。

メンズ用スーツに合わせるなら珍しいコートも有り!

メンズ用スーツに合わせるなら、他にはない珍しいコートを合わせるのも良いです。メンズ用のスーツに合わせるコートは無難になりがちですが、スーツやコートでもおしゃれしたいという人は、はじめから他人と違うコートを購入するのも上手い選び方です。コートは高いため選び方で失敗するともったいないので、はじめから慎重に選んでスーツに合うコートを選んでいきましょう。

カジュアルなコートをメンズ用スーツに合わせるのも良し

頭の固い人は、ついスーツなら完全にフォーマルな着こなしをしないといけないと思いがちですが、別にそんなことはありません。カジュアルなコートだってスーツには合うので、こだわり過ぎないで服を選ぶのが上手い選び方です。そもそも近年のファッションは異ジャンルコラボが流行ってきているので、どこか崩れているくらいの方がオシャレ感が高いとみなされます。

高級な黒トレンチコートはメンズ用スーツに最も合う

とはいえ、やはり王道のスーツスタイルには王道のコートを着こなしてキメたいという方も多いでしょう。そういう方には、黒トレンチコートはやはりおすすめです。黒トレンチコートはクセがない分個性がないですが、代わりに生地の上等さがダイレクトに表れてきます。そのため、選び方としてはなるべく高級なブランドで購入し、一生着るくらいのつもりで買いましょう。

レザーチェスターコートもメンズ用スーツにハマる

レザーチェスターコートも、メンズ用のスーツには合うコートです。海外セレブのような外観を装うことができ気分も上々です。さらに、風にも強いので少々の寒さには動じない所もおすすめポイントです。ただし、氷点下を下回るとレザーアイテムは弱いので、寒すぎる地域ではおすすめできません。北国での選び方としては、中がキルティング加工されている物がいいでしょう。

メンズ用スーツに合わせるなら高級なコートが吉

メンズスーツに合わせるコートの種類は様々で、寒さ対策ならモッズコートのような服も良いです。ただし、共通して言えることは、選び方としてなるべく高価なコートを選んだ方が良いということです。安価なコートを購入した場合、とてもスーツには合わないような中途半端な商品を選んでいることがあるので注意が必要です。なるべく高価なコートを選びましょう。

メンズ用スーツに着るコートにマフラーで防寒対策!

繰り返しますが、メンズ用スーツの着こなしは冬は寒いです。スーツは寒さとの戦いですが、そんな時に救世主となるアイテムがマフラーです。マフラーはあるとないとでは大きく変わるので、着用して寒さを凌ぎましょう。マフラーにも種類は色々ありますが、なるべく温かい種類を選んで、まずは黒を購入しましょう。注意点は、マフラーは無くしやすい物なので気をつけましょう。

黒が重いと感じたらチャコールグレーのコートを!

コートの選び方は難しいです。無難な黒という選択肢もありますが、それが重いと感じたらチャコールグレーを選ぶのも選び方としては上手いです。チャコールグレーのコートは黒よりは軽く、それでいて誠実さも損なわれていないため利用価値が高いカラーです。スーツやコートの選び方としては、チャコールグレーの商品を選ぶのも悪くないので、それを知っておきましょう。

チャコールグレーのメンズコートを購入の際も防寒対策を!

冬のメンズコートやスーツを購入の際は、防寒対策もきちんとしなければいけません。しっかりと厚手の生地を購入したり、ウール素材の物が良いでしょう。チャコールグレーのコートを購入する時も、わざわざ薄地でオシャレ感を増すよりは、最低限の防寒対策がされている厚手の生地を購入する必要があります。冬のコート選びは生地の厚さを重視するのが上手い選び方です。

メンズ感アップを目的とした色味のコートを着る!

メンズらしい色味の服というのは、パステル調よりもアースカラーのような深みのある色です。そのため、メンズ服は黒が好まれるのですが、黒ばかりではつまらないです。画像のような深緑色のコートなども、メンズ感を高めるアイテムとしては効果が高いです。また、種類としてはロングコートばかりでなく、通常の丈のコートもメンズ感をアップさせるので覚えておきましょう。

カシミヤのコートでメンズ感アップ!

最高級の毛皮であるカシミヤのコートも、メンズ感アップのアイテムとしては素晴らしいです。数ある毛皮の中でもカシミヤは高価な種類に属しますが、高級感も他の種類の毛皮よりも高めです。そのため、カシミヤを着用すれば他の人とは違う存在感を放つことができます。画像の商品はレディースに見えますがメンズコートです。中性的な魅力を演出するアイテムにもなります。

忘れてはならない!ダッフルコートでメンズ感アップ!

スーツに相性が合うアイテムとして、ダッフルコートもあげられます。トレンチコートはかっこいいけど寒いので、健康上のことを考えれば冬は他のコートが推奨されます。トレンチコートは秋アイテムですね。そんな時に最もスーツと相性が良いアイテムの一つがダッフルコートです。やや若い雰囲気が漂いますが、高級なダッフルコートはスーツに非常に合います。

冬はワインレッドや赤系の服で気持ちから防寒対策!

青は体温を下げる色だということはイメージでわかると思いますが、実は冬のメンズ服で大人気である黒も、青と同じくらい体温を下げる色だと実証されています。東洋の医学アーユルヴェーダでは、黒は体温を下げる色でむしろ夏におすすめの色とされていて、科学的にも実証されています。冬こそ赤系の色で、体温を温めることがおすすめです。赤で中性的な魅力を演出しましょう。

スーツに合うコートのナンバーワンはPコートか?

Pコートは近年大人気で、若者の間で爆発的に広まっています。特に北国の若者はPコート率が非常に高く、学生たちのお気に入りアイテムです。そんなPコートですが、40代50代のサラリーマン世代にも大人気のアイテムで、もはや冬のおしゃれアイテムの代表格となっています。どんな服や世代にも合うPコートは、もしかしたら現在最も人気の防寒ウェアかもしれません。

スーツに合うコートを買う前の注意点

コートは基本的には秋冬アイテムです。そのため、種類としてはウール素材がおすすめだったり、中がキルティング加工されているジャケットがおすすめです。他には、画像のように明らかに厚手の生地の種類のジャケットも良いです。沖縄でもない限り、冬は体感温度が氷点下の地域が殆どです。冬の風は厳しいので、体温を奪われない厚手の服を着用しましょう。

安定の黒やネイビーロングコートをスーツに合わせよう!

スーツと言えばロングコートが似合うので、スーツに合わせるコートの種類としては、丈の短いものよりも長いものを持っていた方が良いです。もちろん、体型や好み・社風によっても変わってくるので一概には言えませんが、丈は長いロングコートを選ぶことがスーツに合わせる上では大事なポイントです。必ずスーツに合わせることを意識してコートを購入することがポイントです。

丈の短いコートも様々な種類がある!

丈の長いコートは確かにスーツ向きですが、丈の短いコートの方がいいという型もいるでしょう。丈の短いコートの種類が豊富なので、選ぶ時は慎重になって選ぶことが大事です。というのも、コートやジャケットは安くても20000円、高ければ60000円以上は覚悟しなければならないので、選ぶのに失敗すると経済的なダメージが大きいからです。種類が多い分、気をつけましょう。

ミドル丈のコートとスーツの組み合わせはは安定感抜群!

ロングでもショートでもない、ミドル丈のコートは安定感があります。迷ったらなんでも中間を選ぶのが吉ですが、ロングコートは似合わないけどショート丈も嫌だなという人は、ミドル丈のコートを選んで購入しましょう。ミドル丈は種類が豊富でおしゃれ感も高い物が多いので、どうしてもロングコートが似合わない人にはオススメです。応用力が高く後悔はないはずです。

背が低めの方はミドル丈のコートで十分!

ロングコートが似合わない人がいる理由はなんでしょう。それは、横幅の広さもあるかもしれませんが、一番は身長です。そもそもロングコートは日本人の体型に合わせて作られた服ではないため、服の種類としては日本人向きではありません。そのため、ロングコートが似合わなくても落ち込む必要はなく、むしろ日本人が似合わなくても当然なんだと思って気にしない方が良いです。

自分に似合う色は黒かグレーかを見極める

コートを買う際、初心者はまずは黒かグレーに走ることが多いです。しかし、黒やグレーはファッション上級者でも多用する色なので、間違いの少ない黒かグレーを選ぶのはむしろセオリーです。問題は、黒とグレーは同じようで大分違うので、同じ種類の服でもイメージがガラリと変わることです。自分に似合う方はどちらなのかということを見極め、間違いない方を選びましょう。

黒もグレーもイマイチと思った時の救世主がネイビー!

しかし、黒もグレーもイマイチ自分には似合わないと思われる人もいるでしょう。そんな時はネイビー一択です。黒もグレーもつまらないと感じる人は、むしろ個性的な人物でありファッションセンスの高い人に多いです。しかし、赤とか緑とか奇抜すぎる色はスーツの上には着れないという時は、ネイビーのコートがバランスとしてはちょうどいいです。スーツにも合います。

バランスが良いネイビーロングコートをスーツに!

もっさりかんの出やすい黒やグレーよりも、スタイリッシュにネイビーのロングコートを着用するのも上手い着こなしです。ネイビーはスーツに合、間違いなくスーツが黒でもグレーでもネイビーでも問題ないです。それでいて黒やグレーよりも爽やか感があり、寛容なイメージを与えることができるので、スーツで営業の時などは有利に進められるでしょう。

明るい色のメルトンコートも意外とおすすめ!

しかし、冬くらい温かい色の服を着たいという方もいるでしょう。そういう時は、画像のようなキャラメル色のコートも悪くないです。キャラメル色は黒にもネイビーにも合い、見た目に温かいので感じも良いです。画像のコートの種類はメルトンコートとなります。メンズアイテムとして一つはほしいアイテムで、間違いなくスーツにも合う有りなアイテムです。

防寒性と運動性を兼ね備えたキルティングジャケット

スーツに合う防寒着と言えば、キルティングジャケットがあります。キルティングジャケットは防寒着の種類としても防寒性が高い方で、なによりも運動性と保管のしやすさが魅力です。ウール素材のコートはどうしても痛みやすく手入れも難しいですが、キルティングジャケットならその心配がなく着こなすことができます。なかなか温かいです。スーツにはこのジャケットですね。

ミドル丈のコートなら黒も有り!

なにかと便利な黒ですが、ミドル丈のコートなら黒はありです。黒のミドル丈のコートはスーツにも間違いなく合い、良い物を購入すれば生涯にわたり使えます。コートの種類問わず、黒はやはり安定しているので、迷ったら黒という選択肢は忘れずにとっておきましょう。スーツにはキルティングジャケットは非常に合い、冬のスーツスタイルには欲しいアイテムです。

古着でヴィンテージコートの購入も悪くない!

今は買えないようなレアなコートを古着屋で購入することもできます。良いヴィンテージの品物なら、古着でも50000円くらいはする物もあります。古着なのでやや古びている感は否めませんが、その代わり非売品のかっこいいコートを手に入れることができるので、どうしてもスーツに合わせられる良いコートがない場合は、古着でヴィンテージコートを買うのもおすすめです。

カーキのフード付きコートもスーツには合う

少しカジュアル感が増しますが、カーキのフード付きコートもサラリーマンに人気です。スーツにも合い、見た目的にも悪くないです。スーツの時はフォーマルスタイルが好きという方にはおすすめできませんが、防寒性が高く健康上には良いのは、冬にはあっても良いアイテムです。一度着るとクセになり、トレンチコートに戻ることはできなくなります。スーツに合う品物です。

ショート丈のコートでカッチリきめるのも良し!

ロングコートも良いですが、スーツに合わせられるのはロングばかりではありません。むしろ、スーツにはショートコートの方が合う人もいるくらいで、個人差があるでしょう。ロングが似合わない人はショート丈でカッチリときめ、動きやすさと親しみやすさで勝負するのも良いです。ロングはどうしてもお高いイメージがあるので、場合によってはショートの方が親しみを持たれます。

ポケットの多いコートは会社員には便利!

画像のようなコートもポケットが多くて便利です。フォーマル感は無くなりますが、代わりにポケットが沢山あるので、冬服ならではの利点を生かせます。冬服はかさばるという欠点を見事に長所にしたコートで、どうせかさばるなら冬服の利点を生かしきろうという点では素晴らしいコートです。スーツに合う合わないは別として、便利で防寒対策もバッチリ取れるコートです。

冬は裏毛付きコートを着用してスーツに合わせよう!

おしゃれなコートほど薄地で寒いのは宿命です。しかし、おしゃれなコートでも裏毛付きのような内側が軽くコーティングされているものなら少しは温かくなります。防寒対策としては裏毛付きのおしゃれコートも良く、おしゃれをしながら寒さも軽減できるコートを選ぶのも吉です。ただし、裏毛程度ではあくまでも気持ち程度の防寒しかできないということを知っておきましょう。

スーツにも合う最高の防寒着はこれ!

様々なスーツに合う防寒着を紹介してきましたが、結局、最終的に一番防寒ができてスーツにも合わせられる服は、ダウンジャケットです。画像のような高級なダウンジャケットは間違いなく温かく、むしろ室内では汗をかいていしまう程でしょう。そのため、どうしても寒さに耐えられない方はダウンジャケットを選び、スーツに合わせるのが一番です。

スーツに合わせられるダウンジャケットは様々

スーツに合わせられるダウンジャケットは様々で、一概にこれが一番というアイテムはありません。もちろん、先に紹介した高級な黒ダウンジャケットはまず間違いはありませんが、もう少しカジュアル路線のジャケットでもスーツに合わせられることはできます。高級なダウンジャケットは10万円近くするので、2万円くらいでもかっこよくて暖かい物を購入するのも賢いです。

スーツに合わせられるメンズコートのまとめ

ファッションには基本的に答えがなく、自分自身で似合うものを選んでいくのが最終的には大事です。センスの良い人ははじめからかっこよく着こなせますが、大抵の人はまずはファッションの勉強をしてから服を購入した方が良いです。スーツに合うコートにも答えがなく、ご自分で失敗と成功を繰り返して学んでいくことが最終的には大事です。


評価 4.9/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

新着一覧

最近公開されたまとめ