おニャン子クラブは、フジテレビのバラエティ番組「夕やけニャンニャン」をきっかけに結成されたアイドルグループです。デビューシングルの「セーラー服を脱がさないで」が大ヒットして、1987年に解散するまで約2年半の間一世を風靡しました。おニャン子クラブのメンバーには会員番号が与えられますが、解散時は52番まで到達していました。そんなおニャン子クラブのメンバー52名を現在の活動と共に、会員番号順に紹介します。

おニャン子クラブメンバー会員番号順一覧!現在の活動も合わせてご紹介!

目次

  1. おニャン子クラブの人気メンバーを会員番号順に紹介!
  2. おニャン子クラブの会員番号1~4番のメンバー一覧
  3. おニャン子クラブの会員番号5~8番のメンバー一覧
  4. おニャン子クラブの会員番号9~12番のメンバー一覧
  5. おニャン子クラブの会員番号13~16番のメンバー一覧
  6. おニャン子クラブの会員番号17~20番のメンバー一覧
  7. おニャン子クラブの会員番号21~24番のメンバー一覧
  8. おニャン子クラブの会員番号25~28番のメンバー一覧
  9. おニャン子クラブの会員番号29~32番のメンバー一覧
  10. おニャン子クラブの会員番号33~36番のメンバー一覧
  11. おニャン子クラブの会員番号37~40番のメンバー一覧
  12. おニャン子クラブの会員番号41~44番のメンバー一覧
  13. おニャン子クラブの会員番号45~48番のメンバー一覧
  14. おニャン子クラブの会員番号49~52番のメンバー一覧
  15. おニャン子クラブメンバーの現在はさまざま!

おニャン子クラブの人気メンバーを会員番号順に紹介!

おニャン子クラブとは、既存の芸能人ではない素人の女子大生を中心に結成され、80年代に一大ブームを巻き起こしたアイドルグループです。おニャン子クラブは2年半という短い活動期間でしたが、その後はそれぞれ引退したり芸能活動を続けたりしています。そんなおニャン子クラブのメンバーを、現在の活動を踏まえて会員番号順に紹介していきます。

おニャン子クラブの会員番号1~4番のメンバー一覧

会員番号1:奥田美香

会員番号1の奥田美香は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1985年4月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は主にモデルとして活動し、現在は芸能界を引退しています。

会員番号2:榎田道子

会員番号2の榎田道子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1985年4月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はタレントとして活動し、結婚と同時に芸能界を引退しました。

会員番号3:吉野佳代子

会員番号3の吉野佳代子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1985年4月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は芸能界を引退しました。

会員番号4:新田恵利

会員番号4の新田恵利は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1986年9月26日まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーでしたが、作詞家になりたいと一時芸能界を引退していました。現在は芸能界に復帰してタレントとして活動しています。

おニャン子クラブの会員番号5~8番のメンバー一覧

会員番号5:中島美春

会員番号5の中島美春は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1986年3月31日まで活動しました。学業に専念するためにおニャン子クラブ卒業と同時に芸能界を引退しました。

会員番号6:樹原亜紀

会員番号6の樹原亜紀は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1987年3月30日まで活動しました。おニャン子クラブを卒業して芸能界を引退し、現在はオランダ人の男性と結婚してオランダに住んでいます。

会員番号7:友田麻美

会員番号7の友田麻美は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1985年4月25日まで活動しました。卒業後は芸能活動の傍ら、バッグデザイナーとして活動しています。

会員番号8:国生さゆり

会員番号8の国生さゆりは、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1987年3月30日まで活動しました。おニャン子クラブの中でも特に人気のあるメンバーでした。国生さゆり with おニャン子クラブとしても活動し、現在もタレントや歌手、女優として活躍しています。

おニャン子クラブの会員番号9~12番のメンバー一覧

会員番号9:名越美香

会員番号9の名越美香は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1986年9月26日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後に香港人パイロットと結婚し、現在は香港に住んでいます。

会員番号10:佐藤真由美

会員番号10の佐藤真由美は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月1日から1985年4月25日まで活動しました。現在は芸能界を引退しています。

会員番号11:福永恵規

会員番号11の福永恵規は、おニャン子クラブの初代リーダーとして1985年4月1日から1986年9月26日まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーの1人で卒業後はソロで活動し、現在は大手プロダクションのスタッフとして働いています。

会員番号12:河合その子

会員番号12の河合その子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月5日から1986年3月31日まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーの1人でした。1994年に作曲家の後藤次利との結婚を機に芸能界を引退しましたが、2010年に1度限りでCM出演したことで話題になりました。

おニャン子クラブの会員番号13~16番のメンバー一覧

会員番号13:内海和子

会員番号13の内海和子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月5日から1987年3月30日まで活動しました。おニャン子クラブでも人気メンバーだったため、卒業後もタレントとして活動していましたが、1993年の結婚を機に芸能界を引退しました。

会員番号14:富川春美

会員番号14の富川春美は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月5日から解散まで活動していた最長在籍メンバーです。おニャン子クラブ解散後はタレント活動をしていましたが、現在は芸能界を引退し主婦業に専念しています。

会員番号15:立見里歌

会員番号15の立見里歌は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月19日から1987年3月30日まで活動しました。現在はタレント活動の傍ら雑誌の編集者として活動しています。

会員番号16:高井麻巳子

会員番号16の高井麻巳子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年4月26日から1987年3月30日まで活動しました。かなりの人気メンバーでしたが、1988年におニャン子クラブの曲の作詞を手がけていた秋元康と結婚して芸能界を引退しました。

秋元康の妻は元おニャン子クラブの高井麻巳子!過去の写真や現在など! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おニャン子クラブの会員番号17~20番のメンバー一覧

会員番号17:城之内早苗

会員番号17の城之内早苗は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年5月10日から解散まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーの1人です。1986年に「あじさい橋」で演歌歌手としてデビューし、現在は演歌歌手として活動しています。

会員番号18:永田ルリ子

会員番号18の永田ルリ子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年5月10日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散時唯一の成人メンバーとして、解散の挨拶を行いました。現在は芸能界を引退しています。

会員番号19:岩井由紀子

会員番号19の岩井由紀子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年6月21日から解散まで活動していました。可愛らしいルックスで、おニャン子クラブのなかでも人気のメンバーでした。解散後は「ゆうゆ」名義でタレント活動を行い、1997年に結婚と同時に芸能界を引退しました。

会員番号20:寺本容子

会員番号20の寺本容子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年7月19日から1985年9月まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はモデルとして活動し、1996年の結婚と同時に芸能界を引退しました。

おニャン子クラブの会員番号21~24番のメンバー一覧

会員番号21:五味岡たまき

会員番号21の五味岡たまきは、おニャン子クラブのメンバーとして1985年7月26日から1985年9月20日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はタレントや女優として活動していましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号22:白石麻子

会員番号22の白石麻子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年7月26日から解散時まで活動しました。おニャン子クラブ解散後は高級車メーカーのジャガー・ジャパンに勤務しています。

会員番号23:林香織

会員番号23の林香織は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年8月2日から1986年3月27日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後や現在の状況は不明ですが、芸能界を引退しています。

会員番号24:三田文代

会員番号24の三田文代は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年8月16日から1986年3月27日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は女優に転身し、現在はニューヨークで演劇を学んでいます。

おニャン子クラブの会員番号25~28番のメンバー一覧

会員番号25:吉沢秋絵

会員番号25の吉沢秋絵はおニャン子クラブのメンバーとして1985年8月30日から1986年9月26日まで活動しました。デビューしてすぐにソロデビューが決まるほどの人気メンバーでした。おニャン子クラブ卒業後は女優として活動し、1991年に芸能界を引退しました。現在は海外に住んでいます。

会員番号26:赤坂芳恵

会員番号26の赤坂芳恵は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年9月27日から1985年10月4日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はモデル活動をしていましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号27:松本亜紀

会員番号27の松本亜紀は、合格はしましたがおニャン子クラブのメンバーとしての活動はありませんでした。現在は芸能界を引退しています。

会員番号28:横田睦美

会員番号28の横田睦美は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年11月29日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はフラメンコダンサーとして舞台などで活躍し、現在はヨガのインストラクターとして働いています。

おニャン子クラブの会員番号29~32番のメンバー一覧

会員番号29:渡辺美奈代

会員番号29の渡辺美奈代は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年11月29日から解散まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーの1人で、解散後のソロとしての活動でも人気を博しました。現在はママタレントとして活躍しています。

会員番号30:三上千晶

会員番号30の三上千晶は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年11月29日から1986年3月まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は芸能界を引退し、フライトアテンダントに転身しています。

会員番号31:矢島裕子

会員番号31の矢島裕子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年11月29日から1986年2月まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後や現在の情報はありませんが、芸能界は引退しています。

会員番号32:山本スーザン久美子

会員番号32の山本スーザン久美子は、おニャン子クラブのメンバーとして1985年12月13日から1986年9月26日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はJP東海に就職し、現在は関連会社で働いています。

おニャン子クラブの会員番号33~36番のメンバー一覧

会員番号33:布川智子

会員番号33の布川智子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年1月17日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散と同時に芸能界を引退しましたが、2011年から「荻野智子」名義で活動を再スタートさせました。

会員番号34:弓岡真美

会員番号34の弓岡真美は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年1月10日から1986年12月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後もタレント活動をしていましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号35:岡本貴子

会員番号35の岡本貴子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年1月10日から1986年12月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は芸能界を引退し、現在は専業位主婦です。

会員番号36:渡辺満里奈

会員番号36の渡辺満里奈は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年3月27日から解散まで活動しました。おニャン子クラブの中でも人気メンバーだったため、卒業後もソロとしてアイドルや歌手活動をしていました。2005年にネプチューンの名倉潤と結婚し、現在も芸能活動を行っています。

おニャン子クラブの会員番号37~40番のメンバー一覧

会員番号37:大貫かおり

会員番号37の大貫かおりは、1986年5月9日に合格しおニャン子クラブのメンバーとして1日だけ活動しました。その後はモデルやタレントとして活動しています。

会員番号38:工藤静香

会員番号38の工藤静香は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年5月23日から解散まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーとして卒業後もソロで人気を博し、現在も歌手として活動しています。2000年に元SMAPの木村拓哉と結婚し、現在は2児の母親です。

会員番号39:高畠真紀

会員番号39の高畠真紀は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年5月30日から1986年12月25日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はモデルを経てフライトアテンダントに転身しました。

会員番号40:生稲晃子

会員番号40の生稲晃子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年6月13日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後にソロデビューし、現在までタレントや女優として活動しています。CM制作会社プロデューサーだった佐山智洋さんと結婚して、現在夫婦で鉄板焼き屋も営んでいます。

木村拓哉と工藤静香の馴れ初め!きっかけは歌番組での共演? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おニャン子クラブの会員番号41~44番のメンバー一覧

会員番号41:貝瀬典子

会員番号41の貝瀬典子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年8月10日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後は「ミス・セブンティーン」のグランプリに選ばれてモデルとして活動しましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号42:斎藤満喜子

会員番号42の斎藤満喜子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年8月10日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後はソロデビューをして活動しましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号43:守屋寿恵

会員番号43の守屋寿恵は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年8月10日から1987年3月20日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後は「ミス・セブンティーン」で準グランプリを獲得し、モデルやタレントとして活動していましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号44:高田尚子

会員番号44の高田尚子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年8月10日から1987年3月20日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業と同時に芸能界を引退し、現在は結婚して3児の母です。

おニャン子クラブの会員番号45~48番のメンバー一覧

会員番号45:吉田裕美子

会員番号45の吉田裕美子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年9月19日からまで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はソロでアイドル活動やドラマ出演などの活動をしていましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号46:中島早苗

会員番号46の中島早苗は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年9月25日から1987年3月20日まで活動しました。おニャン子クラブ卒業後はCMに出演するなどタレントとして活動していましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号47:山森由里子

会員番号47の山森由里子は、おニャン子クラブのメンバーとして1986年10月24日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ卒業と同時に芸能界を引退しています。

会員番号48:我妻佳代

会員番号49の我妻佳代は、おニャン子クラブのメンバーとして1987年1月23日から解散まで活動しました。おニャン子クラブの人気メンバーの1人です。解散後は「プライベートはデンジャラス」でソロデビューを果たし、現在は芸能活動の傍ら六本木の会員制クラブの役員を務め、ダーツバー「Home's Bar 48」を経営しています。

80年代にディスコで流行していたヒット曲は?人気曲ランキング | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

おニャン子クラブの会員番号49~52番のメンバー一覧

会員番号49:吉見美津子

会員番号49の吉見美津子は、おニャン子クラブのメンバーとして1987年4月から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散時のメンバーでは最年少でした。おニャン子クラブ解散後は留学し、帰国後に芸能活動を再開しましたが、現在は芸能界を引退しています。

会員番号50:杉浦美雪

会員番号50の杉浦美雪は、おニャン子クラブのメンバーとして1987年4月から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後はレースクイーンやカラオケのイメージビデオに出演していましたが、現在は「杉浦未幸」名義でモデルとして活動しています。

会員番号51:宮野久美子

会員番号51の宮野久美子は、おニャン子クラブのメンバーとして1987年4月から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後は地元の名古屋でローカルタレントとして、「Kiss」というグループに在籍していました。現在も芸能活動を行っています。

会員番号52:鈴木和佳子

会員番号52の鈴木和佳子は、おニャン子クラブに最後に合格したメンバーとして1987年4月17日から解散まで活動しました。おニャン子クラブ解散後は芸能界を引退しています。

おニャン子クラブメンバーの現在はさまざま!

おニャン子クラブのメンバーを会員番号順に紹介しました。おニャン子クラブとして一世を風靡したメンバーたちは、現在も芸能界で活躍していたり引退して専業主婦をしていたりとさまざまです。人気だったメンバーは現在もタレントや歌手として活動している傾向があります。これからの活躍にも期待したいですね。


評価 3.7/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ