スーツの値段はいくら?平均相場価格を年代別で紹介・安いのはダメ?

サラリーマン必見です!普段はどのくらいの値段のメンズスーツを着用していますか?ここでは気になるスーツの年代別平均相場値段をまとめ、紹介していきます。また基本のスーツの選び方やおすすめスーツブランド、平均所持枚数なども気になる情報をまとめました。

スーツの値段はいくら?平均相場価格を年代別で紹介・安いのはダメ?

目次

  1. 年齢相応のスーツを選ぼう!平均相場値段を紹介!
  2. ちゃんと知ってる?スーツ選びの基本をおさらい!
  3. スーツの平均相場値段!新入社員から20代前半
  4. スーツの平均相場値段!20代後半から30代前半
  5. スーツの平均相場値段!30代後半から40代
  6. スーツの平均相場値段!50代から60代
  7. 安いスーツはだめ?スーツの適正な値段とは
  8. 季節毎にスーツを着こなそう!冬用スーツと夏用スーツ!
  9. 何着持ってる?スーツの平均枚数
  10. スーツは消耗品!知っておくべき買い替え時期とは
  11. スーツを長持ちさせたい!大切なのは毎日のお手入れ!
  12. スーツに合わせるアイテムの平均相場値段をチェック!
  13. おすすめ!スーツブランドを大紹介!
  14. 一着は持ちたい!勝負スーツの年代別平均相場値段!
  15. スーツの平均相場値段を年代別で紹介のまとめ

年齢相応のスーツを選ぼう!平均相場値段を紹介!

新入社員としてスーツを買いたいがどのくらいの値段の物がいいのか分からない…30代に入ってそろそろいいスーツが欲しいけどどのくらいの値段のスーツがいいか知りたい…などの疑問に答えるべく年代別平均相場値段をまとめました。スーツの基本や平均所持枚数なども合わせてご紹介します!

ちゃんと知ってる?スーツ選びの基本をおさらい!

いざ改めてスーツを選ぶとなった時、一体どんなスーツを選べばいいのかよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。ここではスーツ選びの基本をおさらいします。

フィッティングが大事!体のサイズに合わせよう

体に合うスーツを見つけるためにはいくつかのポイントがあります。一つ目はスーツの肩山と肩の位置があっているか。肩山が肩にあっているかはスーツの着心地を左右する重要なポイントです。ジャケットを着用し、肩山をつまんで1cmほどつまめるとベストなサイズです。

二つ目は胸回りです。ジャケットを着用し前のボタンを閉めた際にボタンが無理なく留まり、余計なしわができていない状態がベストなサイズとなります。

三つ目は袖丈です。好みによりますが手首の関節から親指の付け根くらいの間に袖がくる状態がベストな長さとなります。袖から1cmくらいシャツの袖が見えている状態がスーツが素肌に触れず汚れを防ぐのにも良いです。ジャケットを試着する場合は必ずシャツを着て試着しましょう。四つ目は着丈です。ヒップが隠れるくらいがベストな長さです。

五つ目のポイントは背中のシワです。体型にあっていないジャケットをきてしまうとでるシワはツキと呼ばれ、スーツの寿命を縮めてしまう事にも繋がります。背中にシワができてしまっている場合はサイズを変更した方が良いです。

六つ目はパンツのポイントです。ウエスト、ヒップ、太ももに合わせサイズを選ぶようにし、直立した状態で余計なシワができないようなサイズがベストです。パンツ丈は前裾が軽く『くの字』になるようにし、靴を履いていない状態でかかとから裾までが2cm〜1cmぐらいの長さが平均とされています。

スーツに合う靴はやっぱり革靴?おすすめメンズブランド&選び方 | MensModern[メンズモダン]

スーツの平均相場値段!新入社員から20代前半

新入社員から20代前半のスーツの平均相場値段は2〜3万円代のスーツが平均の値段のようです。ツープライススーツ店舗の利用も多いです。ツープライススーツの店舗とは2通りの値段を主とした展開をしてるお店のことです。

主にONLY(ザ・スーパースーツストア)、THE SUIT COMPANY、スーツセレクトなどがあります。どこも値段と質のバランスに優れた商品を取り扱っています。セールもそこそこやっていますので新入社員の方は最初は2着ほど購入ししばらくしたら増やしていくと良いでしょう。

スーツのネイビー(濃紺)をおしゃれに着こなし!合うネクタイと靴も | MensModern[メンズモダン]

スーツの平均相場値段!20代後半から30代前半

20代後半の平均値段は2万円代〜4万円代の値段が多いようです。スーツに慣れてきているためツープライスより少し値段が上のセレクトショップやスーツ量販店のスーツを購入している方も多いようです。

30代前半の平均値段は3〜5万円代の値段が多いようです。30代に入り大事な仕事を任されるようになるとスーツも良いものを着たくなるもの。スーツの生地や縫製、ボタンなどにもこだわったスーツを購入している方も多いようです。

スーツの平均相場値段!30代後半から40代

30代後半から40代の平均値段は4〜7万円代の値段が多いようです。会社を引っ張っていく存在になり、相手に気を使える身だしなみとして良いスーツを選ぶことが多いようです。

スーツの平均相場値段!50代から60代

50代から60代の平均値段は6〜10万円以上が多いようです。しっかりとした信頼の置ける、責任感ある人物の身だしなみにふさわしいスーツを選びましょう。立場や役職によってスーツの値段はもっと上でも良いでしょう。

安いスーツはだめ?スーツの適正な値段とは

安い値段のスーツだとだいたい1万円代から売っているものもありますが、安い値段のスーツは安い値段のスーツを着ているとわかってしまうことが多いです。それは同僚や上司、取引先などでスーツを着ている人がいるので並ぶとなんとなくわかってしまうことが多いのです。

安い値段のスーツは縫製や生地が立体的でない他に耐久性に劣ることが多いです。安いと思って購入したあとにすぐにほつれたり破けたりしてしまったら結果的にコストパフォーマンスがよくありません。

様々な価格帯のあるスーツですが、縫製や生地がしっかりしたものに変わっていく値段の変わり目はだいたい3万円代〜4万円代からのようです。安くて良いスーツも、高くてよくないスーツもありますので一概には言えませんが平均で3〜4万円代の価格がスーツとしての役割をしっかり維持できる安い値段と言えるようです。

季節毎にスーツを着こなそう!冬用スーツと夏用スーツ!

スーツにも春夏用と秋冬用、オールシーズン用があることをご存知でしょうか。春夏用は4月〜9月、秋冬は10月から3月を目安に着用されるスーツです。オールシーズンは年中着用しても問題ないものを差します。季節感のあるスーツは寒暖に備えることはもちろん、格好に気を使えてできる男を演出できます。ぜひ季節感のあるスーツを取り入れてみてください。

春夏用スーツと秋冬用スーツの違いはまずは生地の重さ、次に仕立ての違いになります。春夏用スーツの素材にはコットンや麻、モヘア、しゃりしゃりとした感触の強撚ウール、通気性がよく速乾性のあるクールマックスなどがあります。冬用スーツはフランネル、ツイード、カシミア、サキソニーなどの重みと暖かみのある生地で作られています。

秋冬用スーツの仕立ては裏地が全て付いている総裏仕立てといって保温性に優れています。春夏用スーツの仕立ては半裏仕立て、背抜き仕立て、アンコン仕立てなどがあります。裏地が少なく、春夏用スーツの定番の半裏仕立て、裏地を肩甲骨あたりまでしかつけない背抜き仕立て、裏地、芯地、肩パットを抜いて柔らかい着心地のアンコン仕立てがあります。

スーツ(男性)のクリーニング頻度!夏と冬時期によって回数が違う? | MensModern[メンズモダン]

何着持ってる?スーツの平均枚数

スーツは毎日同じものを着てしまうとすぐ生地がヘタってしまったり、シワが目立ってしまいそんなスーツを着ているとせっかくスーツを着ているのに見栄えがせず、結果頻繁に買い換えをするなどデメリットしかありません。また濡れてしまった時などにも対応できないため数枚でローテーションしていくことが良いでしょう。

スーツの枚数は最低3着でローテーション

スーツは1日着たら2日休ませると持ちがグッとよくなりますので、毎日スーツを着る場合最低3着は持っておきましょう。スーツには春夏用、秋冬用があり季節ごとに3着ずつ持つと良いとされており、ビジネスマンのスーツの平均所持枚数も4〜6着が半数を占めています。

クールビスがある場合などまた必要枚数が変わってきますので職場のクールビズのルールを確認して揃えましょう。外勤かつ常時スーツスタイルでいなければいけない場合は蒸す梅雨と真夏の為に春夏用のスーツは数枚揃えることが必須です。また普段ローテーションさせるスーツの他に礼服(ブラックフォーマル)と勝負スーツを持っておくと良いでしょう。

スーツは何着持つのが理想?着まわしに必要な季節別枚数は? | MensModern[メンズモダン]

スーツは消耗品!知っておくべき買い替え時期とは

スーツは消耗品です。シワやテカリで見栄えのしなくったスーツを1着捨てたら1着購入してスーツのローテーションを守っていくのが良いでしょう。

スーツの買い替え時期①テカリがでたとき

スーツの買い替え時期の一つ目の目安はテカリが出てしまった時です。スーツの自然な光沢ではなくテカテカして見えたら確実に買い替え時となります。確認しやすい場所は太もものテカリです。座った時にチェックしてみましょう。

スーツの買い替え時期②シワが取れなくなったとき

二つ目の目安はシワが取れなくなった時です。最初は何もしていなくても布地の回復力でシワが治って行きますが、だんだんシワがお手入れしても取れづらくなっていきます。そうなったら買い替えをした方が良いです。ジャケットの背中のシワと膝裏のシワは目立つので要チェックです。

スーツを長持ちさせたい!大切なのは毎日のお手入れ!

極端に安いもの出なければだいたいのスーツの耐用年数は春夏スーツが3年、秋冬スーツが4年ほどとなっています。あくまで耐用年数なので普段の着方やお手入れの仕方でもっと長く着ることもできます。

スーツを頻繁にクリーニングに出さない!

クリーニングに出すとスーツの生地にかなりの負担がかかっていることをご存知でしょうか。ドライクリーニングは揮発性溶剤が使われているので頻繁に出せば出すほどスーツの寿命が縮んでしまいます。スーツのシワや匂いは家でのデイリーケアで直すようにし、クリーニングに出すのは大きな染みや汚れなどがついた時以外はシーズンが終わって衣変えする頃にしましょう。

スーツを連続で着用しない!

スーツを連続で着用するとスーツの生地が休む暇がなくなり、すぐヘタってしまったり寿命を縮めてしまいます。スーツは数枚でのローテーションを組みましょう。5着用意して週1で着ることが理想的ですが、最低3着で1日着たら2日休ませることができれば良いでしょう。

帰宅したら毎日やること!

まずはスーツの上下をハンガーにかけます。この時ハンガーは針金ハンガーではなく肩がしっかりついてるものにしましょう。パンツ用のハンガーには裾の方を挟んでかけるとシワが取れやすくなります。1日着たスーツは汗を吸っているのですぐにクローゼットに入れずに1日は蔭干ししておくと良いです。

ハンガーにかけたらスーツに優しくブラッシングをしましょう。ブラシはコートなどにも幅広く使えるのでぜひ用意してみてください。そのあとスチームアイロン、なければ霧吹きなどで水を吹きかけるとシワが取れます。スチームアイロンは匂いもとってくれるのでおすすめです。

まとめて週末にケア!

上記のケアが毎日なんてできない!という人もいるかと思います。着た日はハンガーにかけて陰干しするところまでやり、ブラシかけやスチームなどは週末にまとめてやるのでも大丈夫です。また週末には時々アイロンをかけるとクリーニングに出したようなパリッと感が戻りますのでぜひかけてみてください。

スーツに合わせるアイテムの平均相場値段をチェック!

スーツスタイルに合わせる靴の平均相場値段

サラリーマンのスーツスタイルに合わせる靴の平均相場値段は約1万円〜3万円代が多いようです。靴はきちんとお手入れすればスーツより長持ちするため、スーツより高い価格で購入している人も多いようです。靴もスーツと同様に毎日同じものを履くとすぐダメになってしまうため、2〜3足でローテーションしていきましょう。

必須!シャツとインナーシャツの平均枚数と平均値段

インナーシャツは平均1000円以下ほど、シャツは1000円〜3000円代の価格ものを使っている人が多いようですが、30代40代の中堅〜会社を引っ張っていく立場の人はシャツを5000円ほどの価格で購入している人が多いようです。

シャツは消耗品ではありますがスーツの次によく目に入ってきます。様々な機能性と素材のものがありますのでぜひこだわってみてください。おすすめはメーカーズシャツ鎌倉。同品質ではかなり価格を抑えています。

サラリーマンのシャツの平均所持枚数は5〜7枚です。洗った後乾いてなかったり急な出張で枚数が必要になったりなどだいたい一週間プラスアルファの所持枚数のようです。シャツはまとめ買いで安くなることも多いのでチェックしてみましょう。またサイズがわかって入ればネットでの購入も便利で安いです。

ネクタイの最低限必要な枚数と平均枚数!

ネクタイは人によって所持数にかなり幅のあるアイテムです。平均すると最低5本、二週間ローテで10本ほどを持っている人が多いようです。ベーシックなものを数本と自分好みのもの数本、礼服用の白と黒があると困ることはないようです。

ネクタイは季節感を演出できるアイテムでもあるので素材違いでスーツと一緒に衣変えするのも良いでしょう。麻や綿のネクタイは春夏向き、ウールのネクタイは秋冬向きです。シルクとはまた違った素材でネクタイを楽しみましょう。

スーツスタイルに合わせる小物の平均相場値段

ベルトは1000円代〜3000円代の値段で購入している人が多いようです。バックルはシンプルめで、靴と色を合わせて購入しましょう。

スーツをベルトでおしゃれに演出!おすすめメンズブランドと選び方 | MensModern[メンズモダン]

おすすめ!スーツブランドを大紹介!

パーフェクトスーツファクトリー

2万円代の安い価格帯で購入できるコスパが良いと評判のパーフェクトスーツファクトリー。アウトレットも展開している20〜30代に人気のスーツブランドです。スリムラインが主軸のため体型の幅が少なめなのは注意が必要です。

THE SUIT COMPANY

2〜3万円代の価格帯で購入できるスーツカンパニー。青山商事の別ラインのブランドなので価格と品質のバランスが良いです。若者向けですが細め、伝統的スタイル、ゆったりめから選べサイズ展開が豊富なところが嬉しい。実店舗が都内に集中しやや少なめなのがネックです。

洋服の青山

4万円代〜の価格帯で購入できる業界トップの販売量を誇る洋服の青山。ラインナップが豊富で品質も良いです。利用者が多いためお得なセット割りやセールも多く、ネットでも安い価格で販売しています。やや若者向けではないことがネックですがTHE SUIT COMPANYやUNIVERSAL LANGUAGEは青山商事の若者向けラインなのでそちらをチェックしてみましょう。

五大陸

6〜9万円代の価格帯で購入できる五大陸。30代後半〜の世代に人気を誇っています。日本ブランドらしく堅実でシンプルなデザインのスーツが多いです。セールを利用すると5万円代で購入できることもありますのでチェックしてみてください。

スーツの安いメンズブランドはどこ?おすすめから人気まで紹介! | MensModern[メンズモダン]

一着は持ちたい!勝負スーツの年代別平均相場値段!

勝負スーツは一般的に収入の1.2パーセントから3パーセントくらいの価格で購入することが主流のようです。既製品を買うのも良いですが、おすすめはオーダーメイドスーツです。今では3万円代の価格からオーダーができるものもあります。体にフィットするスーツで勝負してみましょう。

スーツをオーダーメイドしてデキる男に!人気のおすすめランキング5選! | MensModern[メンズモダン]

スーツの平均相場値段を年代別で紹介のまとめ

スーツの平均相場値段を年代別で紹介させていただきました。年齢と共にスーツもランクアップさせていきたいもの。ぜひスーツ選びの参考にしてみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ