筋トレの効率を上げて成果をだそう!効率的なスケジュールとは?

筋トレやるなら効率重視!効率的な筋トレのおすすめスケジュールや筋トレを効率化させる食事などについてご紹介します!これで、引き締まった体を最速で手に入れましょう!また、筋トレのおすすめのメニューや筋トレビギナー向けの内容を調べてみました。

筋トレの効率を上げて成果をだそう!効率的なスケジュールとは?

目次

  1. 筋トレするなら効率的に早くあんな体が欲しい!
  2. 筋トレをする前に!効率的にするために筋トレ前の心得
  3. 筋トレ前の有酸素運動は効率を考えるならNG!?
  4. 筋トレ前のストレッチもダメだった?
  5. やり過ぎはダメ!筋トレのおすすめスケジュールは?
  6. 筋トレを毎日行うと非効率な訳
  7. ここが重要!効率的なトレーニングは?
  8. 効率的な筋トレの食事は?
  9. あの時間はだめ!筋トレを行う時間について
  10. 効率的な筋トレの方法まとめ!

筋トレするなら効率的に早くあんな体が欲しい!

筋トレするなら誰しも憧れるマッチョなボディー!っというか、ゴリマッチョまで行かなくても、筋トレをしてりうなら細マッチョくらいは目指すはずです。ですが、思うように体引き締まらず、途中で挫折なんて事が筋トレ初心者にはありがちです。

しかし、それは効率的な筋トレの仕方を知らないだけです!実は、筋トレってがむしゃらに筋トレをするだけだと成果は出にくく、もちろん成果を出すためには筋トレを一生懸命する必要がありますが、それだけでは効率が悪いそうです。なので、今回は出来るだけ効率的な筋トレを調べてみました!

筋トレをする前に!効率的にするために筋トレ前の心得

筋トレをする前に!筋トレで効率的に成果をだすために、筋トレをする前にやってはいけない事ややった方が良い事など、筋トレ前に焦点を置いて筋トレで効率的に成果を出す方法をご紹介します!実は筋トレの前に効率的な筋トレをする上で、やりがちなあれはNGだったりします。

意外にやりがちなあんな事やこんな事に注意して、効率的に筋トレをし、出来るだけ早く筋トレの成果が出やすいように工夫すると、意外に気付いたら細マッチョになってるものみたいなので、効率的に成果の出る筋トレを意識すると良いみたいです。

筋トレ前の有酸素運動は効率を考えるならNG!?

筋トレをする理由、、筋トレをする理由って人によって様々ですが、やはり共通しているのが筋トレをするなら、引き締まった体になりたいというものです。(目標はゴリマッチョでも、細マッチョでも)その際に、重要なのは筋トレをして筋肉を肥大化させる事と筋肉が浮き上がりやすくするために脂肪を落とすことです!

そこでやりがちなのが筋トレ前の有酸素運動です。筋トレでも、もちろんカロリー落とし脂肪を落とす事は可能ですが、やはりカロリーを消費し脂肪を落とすのに有効なのは、有酸素運動です。ですが、この有酸素運動は筋トレ前に行うと、筋トレの効率を考えた時に非効率みたいです。

筋トレ前に有酸素運動をしてしまうと、筋トレの効率が悪くなる理由は筋トレで引き締まった体を作るためには筋肉を肥大化させる事が重要ですが、その際に必要なのな成長ホルモンが筋トレ前に有酸素運動をしてしまうと、成長ホルモンが分泌されにくくなるみたいです。なので、筋トレ前の有酸素運動は効率を考えるとNGです。

ですが、もちろん筋トレを考えるなら有酸素運動を禁止する必要はないみたいです。むしろ、引き締まった体を作るには脂肪を落とす必要があり、脂肪を落とすために有効な運動は筋トレの様な無酸素運動ではなく、有酸素運動です。なので、筋トレを行うために有酸素運動を禁止する必要はないです。

重要なのは筋トレと有酸素運動の順番みたいで、有酸素運動と筋トレを続けて行う場合は有酸素運動から筋トレに移行するのではなく、筋トレから有酸素運動をすると効果的みたいです。むしろ、筋トレ後の有酸素運動は脂肪を燃焼しやすいみたいなので筋トレを行う場合でも、有酸素運動を行う場合でも筋トレ後の有酸素運動が効率的です。

筋トレ前のストレッチもダメだった?

筋トレ前のストレッチもどうやら筋トレの効率を考えると非効率になってしまう場合があるみたいです。無酸素運動の筋トレと言っても、やはり運動には変わりないので筋トレ前のストレッチなり、準備体操をしておけば、筋トレ中の怪我等のアクシデントを避けやすくなるため、ストレッチはした方が良いみたいです。

しかし、筋トレの前に行うストレッチをあまり長時間やりすぎるとこれも効率が悪くなるみたいなので、筋トレを行う前のストレッチはトータルで5分以内を目安に行い、あまり長時間のストレッチは筋トレ前におすすめは出来ないみたいです。もちろん、激しい運動をする場合は意識的にストレッチを行ったほうが怪我などのリスクを避けやすいみたいです。

やり過ぎはダメ!筋トレのおすすめスケジュールは?

筋トレをやると決意し、早速筋トレ毎日行っているあなた。それ非効率みたいです。というのも、筋トレは毎日行うと、成果を出すまでに無駄な時間がかかってしまうみたいで、筋トレをするなら毎日やらない方が成果が出やすいみたいです。その理由と筋トレのおすすめスケジュールをご紹介します。

筋トレを毎日行うと非効率な訳

筋トレのおすすめスケジュールをご紹介する前に、筋トレを毎日行うと非効率な訳について調べてみました。せっかく苦しい筋トレを毎日行っているのに、それが成果を出すためには非効率だったなんて、残念過ぎます。そんな方は一刻も早く、筋トレを毎日行うという筋トレスケジュールから抜け出してみると成果が出てくるそうです。

筋トレを毎日行うと非効率な訳は筋トレをした後に、筋肉が実際につく前での期間が関係しています。筋トレを行ない体を追い込めると、筋肉の繊維が傷つき筋肉が痛んだ状態になります。すると、その状態を回復させるために、筋肉が元の筋肉よりも強くするために筋肉を修復する動きが出てきます。

これが筋トレをしている人なら聞いた事があるはずのあの有名な「超回復」の期間です。筋トレをし、出来るだけ効率的に成果を出すには超回復の期間が必要不可欠で、超回復には筋トレの追い込み具合と部位によりますが、2日~3日ほど時間がかかるみたいです。

そのため筋トレを効率的にして、筋トレで出来るだけ早く成果を出したい場合はこの超回復の期間が重要になるみたいです。そして、この超回復期間中に筋トレをしてしまうと効率が悪くなるので、毎日筋トレをしてしまうと効率が悪くなってしまうのです。今回はそんな事にならないために、おすすめのスケジュールを調べてみました。

おすすめの効率的な筋トレスケジュールは?

筋トレをするための効率的なスケジュールは2日間程度筋トレをする日にちを開ける事です。なので、火曜日筋トレをしたのなら次の筋トレは金曜日、月、木、日、、という風に筋トレの期間を開けるスケジュールが筋トレには有効みたいです。(有酸素運動は毎日行った方がいいみたいです)

ここが重要!効率的なトレーニングは?

効率的なトレーニングについて調べてみました!筋トレの効率的なメニューや筋トレの実際の方法などについてです。ビギナーの方は非効率な筋トレをしがちみたいで、せっかく苦しいトレーニングを行ったのに、成果は小さかったみたいな事がないように注意すると筋トレを効率的に行えるみたいです。

効率的なおすすめのメニューは?

筋トレと言えば、憧れるのが割れた腹筋や立派な胸筋ですが、体の半分以上の筋肉は下半身の筋肉です。初心者は筋トレと言えば上半身を鍛えがちみたいなのですが、全体的に綺麗な体になるには下半身を鍛えるといいみたいです。なので、おすすめのメニューは上半身のみではなく、下半身もしっかりと鍛える事の出来るメニューです。

効率的な筋トレのやり方は?

効率的な筋トレのやり方は集中型で、すぐに終わる事みたいです。例えば、重りは10回程度で限界が来る程度を重りを使用し、出来るだけ重りをゆっくりと動かすと効率的みたいです。なので、回数自体は少なくし、一回一回の筋トレを濃くするという事です。

効率的な筋トレの食事は?

効率的な筋トレの食事について調べてみました。筋トレの後の筋肉が修復される期間に筋肉を実際に作るのは栄養なので筋トレを考えるうえで食事は重要な要素です。

基本的なルールとして、三食きっちり食べる事みたいです。そして、タンパク質を取る事で筋トレの食事は大丈夫みたいです。もちろん、筋トレを本気でやるなら実際の食事以外にも、プロテインなどの食事以外でタンパク質をとる機会を作った方がいいみたいですが、初心者の内はしっかりと食事をとる事が重要みたいです。

あの時間はだめ!筋トレを行う時間について

筋トレを行ってはいけない時間というものがあるみたいです。その時間について調べてみました。頑張る質は同じなのに、時間によって筋トレの質が落ちるなんて残念過ぎます。

筋トレを行ってはいけない時間帯とは夜寝る前の直前みたいです。理由は夜寝る前に筋トレをしてしまうと、交感神経が興奮状態になり、筋トレで重要な眠りを妨げるみたいです。なので、筋トレの効率を考えるなら寝る前の筋トレはやめておいた方がいいみたいです。

効率的な筋トレの方法まとめ!

効率的な筋トレについてまとめていきます。筋トレの前の有酸素運動はさける事、筋トレは毎日行わない事、筋トレをするなら集中的に1回を濃くする事、食事は三食とって寝る前の筋トレを避けると、効率的に筋トレを行なえるみたいです。マッチョを目指している方は取り敢えず、この記事の内容を試してみると効率的に成果を出せるみたいです。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ