タバコを吸う人なら誰しも一度は悩む匂い。匂い消しを行おうとアロマや芳香剤を置いたりした人もいるのではないだろうか。しかし、泣かな消えない匂い。タバコの匂い消しには苦戦するもの。そこで、そんな悩みを持つ人必見の匂いを消す方法を紹介しよう。

タバコの匂い消しはコレでOK!服や部屋の匂いを消す方法とは?

目次

  1. 【タバコの匂い消し】その匂いの元は何?
  2. タバコの匂いが取れないのはどうして?
  3. タバコの匂い消しの前に!匂いがつく仕組み
  4. タバコの匂い消しを怠ると・・・体調不良を訴える人も!?
  5. 非喫煙者にもタバコ被害が!
  6. タバコの匂いは印象を悪くする?
  7. 【お部屋編】タバコの匂い消し方法
  8. 【衣類編】タバコの匂い消し方法
  9. タバコの匂いをつけないために!事前対策予防法
  10. タバコの匂いは部屋や服だけじゃない!口臭も気を付けて
  11. 健康を意識して定期的な対策を!

【タバコの匂い消し】その匂いの元は何?

タバコの匂いの元はアンモニア

アンモニアは刺激臭として有名で、尿などの排泄物からも匂うものだ。さらに、この物質は、特定悪質物質にも指定されているほどの危険な物質でもある。化学製品などで使われることも多いが、人体にとっては有害なものなのだ。タバコにはニコチンの吸収を増大させるために入っている物質で、吸入しすぎると呼吸器系の疾患につながることもある。

毒性物質スカトール

香水などにも使われるスカトールだが、実はタバコにも含まれる毒性の物質なのだ。この物質は、哺乳類の糞から抽出される成分とほとんど同じものを示し、アンモニアと同様に悪臭の原因となっている。これほどの悪臭の物質を吸っているのだから、体や部屋、衣類にも匂いがつくのは当然である。

そのほか多数の匂いの元

上記の臭いのひどい物質以外にもタバコには多数の匂いの元が含まれている。アルデヒドやニトロソアミンを始め、窒素酸化物やシアン化水素なども含まれており、気体成分と粒子成分が多数含まれている。特にニコチンなどの粒子成分は気体のようにすぐにはなくならないため、匂いが常に部屋や服に付着してしまうため、臭いが残ってしまう。

タバコの匂いが取れないのはどうして?

多くの人がタバコの匂いにいろいろな対策をして匂い消しに取り組んできたことだろう。しかし、なかなか取れないタバコの匂い。なぜ匂い消しをすることができないのか、その原因は混合臭だからだ。タバコの成分は先ほど紹介した、数多くの匂いの成分が混ざりあったものだ。

そして、その混合臭は、たとえひとつどれか成分を取って匂いをなくそうとしても、ほかの成分は除去できず残ってしまう。いろいろな匂い消しを試しても臭いが残っているのはそのためなのだ。さらに、匂いがつくメカニズムにも取れない理由が隠されている。

タバコを吸うデメリットとは?やめたらメリットだらけって本当? | MensModern[メンズモダン]

タバコの匂い消しの前に!匂いがつく仕組み

匂いが取れない理由が、匂いのつく仕組みにある。服や部屋のほとんどのものは繊維状でできている。壁紙などもよく見ると繊維があるだろう。そして繊維状のものは表面積が非常に大きい。そこに匂いが取れない理由が隠されている。

この表面積の広い繊維は臭いを吸着しやすい。さらに、匂いのもとになる多数の成分が付着するため匂いが取れにくいというわけだ。今もし消臭剤を巻いているのであれば、表面の見えているところしか臭いはとれておらず、繊維の奥までは匂い消しはできていないことになる。

タバコの匂い消しを怠ると・・・体調不良を訴える人も!?

タバコの匂いは何も本人だけが気になる物ではない。周りの人もその匂いにはかなり気にしているだろう。なかでも、そのタバコの匂いによって体調不良を起こす人もいる。セキや頭痛、ヤニの匂いを嗅いだだけで、吐き気を催す人もいるくらいだ。

また、受動喫煙には、喫煙者以上にかかりやすい病気もいくつかあり、健康面の被害は表面に出ていなくともどんどん体を蝕んでいる可能性がある。

非喫煙者にもタバコ被害が!

非喫煙者にもタバコの匂いが!?

タバコの匂いは、まわりの非喫煙者にも付着する。副流煙は服やズボンなどにも付着し、またバッグや小物にまで付着する。何度も続くと、喫煙者と勘違いされてもおかしくないほどこびりつきを見せるようだ。さらに、喫煙者の服などと一緒においておくと、当たっている面には当然タバコの成分が付着する。

このように、タバコの匂いは非喫煙者の服や部屋にもつくため、消臭を怠ると自分だけでなく身の回りの人にまで匂いと、匂い消しの方法で迷惑をかけることになる。

仕事効率の減少も!?

プライベートでもちろんだが、仕事場でもタバコの匂いは悪い影響を与えること可能性がある。それは仕事の効率を悪くすることだ。匂いを嗅いで体調不良や吐き気を催す人は意外に多いもの、短時間ならまだしも長時間一緒に働いているとなおさら気になる。

そうなると、仕事に集中できず効率が悪くなる。近年では、社内でも分煙化が行われているが、衣服についた匂いにまで敏感な人にとってはつらいものがあるだろう。

タバコの匂いは意外なところまで影響を

タバコの匂い消しを怠ると意外な弊害も生まれる。それが食事の味だ。匂いがひどいと、味覚にも影響が出る。料理のおいしさも半減してしまうだろう。さらに、ひどいと食欲不振を起こす可能性もある。本人だけでなく周りの人も同様に感じる可能性は高いため注意が必要だ。

タバコの匂いは印象を悪くする?

タバコを吸っていると印象にもかかわる。非喫煙者からするとタバコを吸っている異性の印象は悪いと感じることのほうが多いようだ。また、タバコの何がいやかという質問には、匂いと答える人がほとんどという結果も出ている。このことからもタバコや喫煙者の印象はけっして良いものではないといえるだろう。

男の臭い理由は?体臭の原因や部屋の臭いなどを消す方法と臭い対策のまとめ | MensModern[メンズモダン]

【お部屋編】タバコの匂い消し方法

【匂い消し方法①】まずは匂いの元を断つ

あなたの部屋には灰皿をそのままにしていないだろうか。さらに、灰皿にはタバコの吸い殻が残っていないだろうか。こういった残りが匂いの原因になる。簡単ではあるが、まずはこういった匂いの元を断つ、きれいにする方法が第一歩になるのだ。さらに、灰皿自体もきれいにできる。重曹を溶かしたお湯にしばらくつけておけば、ヤニの汚れも取れて少しは匂いも軽減される。

【匂い消し方法②】カーペットやソファなどは徹底的に!

部屋においてあるソファやカーペットなどは基本的には洗うことは不可能だろう。その場合はファブリーズやリセッシュなどの洗浄剤を使い、きれいにすることが効果的だ。繊維の中にまでしみこんだ匂いの成分を浮かせ、吸着してくれるためタバコの匂いを消すことができるだろう。

【匂い消し方法③】カーテンなどの匂いの発生源に!

意外に忘れがちなのがカーテンだ。タバコを部屋で吸っていると、カーテンにもにおい成分やヤニが付着してしまう。なかには黄色くなって汚れているケースもあるだろう。そのようなときは、一番は選択が匂いを取る一番の方法だろう。

しかし、洗濯が難しいのであれば解決策としては、オレンジオイルの配合した洗浄剤もおすすめだ。汚れや匂いの成分を浮かすことができる。しかし、一番はやはり洗濯なので、つけおきして洗えるならば最も効果が高いだろう。

【匂い消し方法④】匂いを消すには一番はこれ

どの方法も小物についた匂いは取ることはできるが、部屋全体の匂いを消すには難しいものばかりだ。だからこそ、最も効果的な方法が換気だ。部屋に残った匂いを取り除くにも換気は欠かせない。空気を少しでも入れ替えることで、タバコの匂いの成分を飛ばすことができるので、部屋全体に充満している嫌な臭いの解決になるだろう。

【匂い消し方法⑤】好きな香りで消臭を!

基本的にはどんな香りでもよい。芳香剤でもアロマでもいいので香りのするものをおく方法もある。もちろん消臭効果のあるものが最も良い。しかし、この方法は、ある程度部屋の匂いが消えているうえで試してほしい方法だ。そうでないと、もともとあるタバコの匂いと合わさりさらに変な匂いになってしまうからだ。

【【匂い消し方法⑥】重曹を使う

カーペットなどの匂いが気になる場合は重曹を使う手もある。放っておけば部屋の匂いのもとになる可能性がある大きなものはできるだけ匂いは消したいだろう。そんな時は、直接重曹をかけて、しばらくしたら掃除機で吸えばよいのだ。重曹の消臭効果で匂いがなくなるだろう。

【衣類編】タバコの匂い消し方法

【解決策①】アイロンのスチームで落とす

アイロンの蒸気を利用した解決策だ。手順はアイロンのスチームをたっぷりと衣類にあて、生地に蒸気が残っているうちに匂いを落とすように振るだけだ。蒸気がタバコの匂い成分を浮かしてくれるので、あとは再び衣類にその成分が戻らないようにフルだけで効果は出るだろう。

【解決策②】浴室で落とす!

こちらも原理はアイロンのスチームと同じだ。湿気のある浴室に衣類をかけておくだけで、繊維の奥に付着しているタバコの匂い成分を浮かすことができる。そこではたくことで、衣類の奥にまである成分を落とすことができるというわけだ。

【解決策③】風で吹き飛ばす

特にドライヤーが効果的だ。冷風にセットし、20センチほど離れた場所からあてることで、衣類表面の匂いを飛ばすことができる。繊維奥にある匂いまではさすがに無理だが、急いでいるときに匂いを消し去りたいという時には、効果的な解決策になるだろう。

【解決策④】脱臭剤と一晩をともにする

タバコの匂いがする衣服。どうしても取れないのであれば脱臭剤を使う解決策もある。ビニール袋に脱臭剤と衣服を一緒に入れる。そして一晩放置しておくと、服の匂いが取れているという寸法だ。

【解決策⑤】小物についた匂いも取る

衣服についた匂いももちろんだが、アクセサリーなどの小物にも当然匂いはついている。そんな小物の匂いを取りたいのであれば、無香料の柔軟剤シートも有効だ。このシートと一緒に小物をジップロックに入れて1日、2日放置しておくだけで匂いが取れるだろう。

タバコの匂いをつけないために!事前対策予防法

【事前対策①】タバコの吸い方から意識する!

健康には気を付けたいもの。匂いがいつまでもする部屋にはしたくないという人は匂いをつけないようにあらかじめしておく必要がある。まずは吸い方だ。タバコを吸う際には必ず窓を開けることだ。1か所ではだめで、対角線上にある窓も開ける必要がある。そうしておくと換気ができて部屋に匂いがつきにくいのだ。

【事前対策②】タバコ専用空気清浄機を導入する!

一般的な空気清浄機はもちろんだが、タバコ専用の空気清浄機もある。そういった専用の機械を導入することで、部屋の匂い対策になる。しかし、注意が必要なのが、この空気清浄機では匂いは対策できても、有害物質は除去できないということだ。健康のためと考えていても、空気清浄機だけではそういったタバコの成分は取り除けないため、頭に入れておいてほしい。

【事前対策③】置き型の消臭剤でタバコの匂い対策

消臭剤を置くことも忘れないでほしい対策だ。消臭剤には無香料のものを選んでもいいし、香りがするものでもよい。部屋の匂いは喚起していても残る物。窓を閉めたあとは、匂いの逃げ場はないのでこういった消臭剤をおいておけば、これがタバコんの匂いを吸い取ってくれる。

【事前対策④】定期的な掃除

健康には気を付けたいのであれば、埃やカビなどにも気を付けるだろう。だからこそ、タバコの匂いも合わせて掃除を定期的に行おう。できれば毎日したいところだが、難しければ場所を決めて少しずつ毎日するべきだろう。タバコの匂いは埃やほかのごみと合わさるとさらなる悪臭を発する。そうならないために、定期的な掃除が必要なのだ。

【事前対策⑤】灰皿はどうしてる?

タバコを吸った後の灰皿はどうしているだろうか?満タンになってから捨てていないか。灰皿も灰が残っていてはかなり匂いのもととなる。こちらも、定期的に捨て掃除をしたいものだ。掃除はできなくとも、灰だけでも毎回捨てていれば匂いは変わるだろう。

タバコの匂いは部屋や服だけじゃない!口臭も気を付けて

タバコと健康は密接に関係している。喫煙者も受動喫煙者もその健康意識が少しでもあるからこういった匂いには敏感になる。そして、その匂いは衣服や部屋だけでなく、口臭となって周りにふりまかれている。タバコを吸っていない人からすれば、こういった匂いも不快なものだろう。口臭対策もしっかりしてほしい。

筋トレをするならタバコはNG?!ダイエットや効果に与える影響まとめ | MensModern[メンズモダン]

健康を意識して定期的な対策を!

タバコの匂いが残っていれば、身体的にも精神的にも健康に悪いもの。特に非喫煙者からすれば健康の心配から、タバコの匂いには心配になる人もいるだろう。そういった人にも迷惑をかけないためにも、そして堂々と部屋に親友を呼ぶためにも匂いの対策は怠ることはできない。予防と匂いの消し方を実行してみてほしい。


評価 4.4/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ