おしゃれメンズなら1つは持っておきたい、ブーツ。コーデにブーツを上手く取り入れれば、一気におしゃれ上級者になれますよ。そこでメンズブーツブランドの人気ランキングをご紹介します。人気ブランドのおすすめブーツやコーデまで、要チェックです!

メンズブーツブランド人気ランキング!おすすめのコーデも紹介!

目次

  1. おしゃれメンズはブーツを履きこなす!
  2. メンズブーツの印象は?
  3. 選ぶ前に知っておきたいメンズブーツの種類
  4. メンズブーツブランド人気ランキングTOP10!
  5. 【第10位】マウンテンブーツを象徴するブランド:Danner(ダナー)
  6. 【第9位】時代を先取りするハイコスパブランド:Clarks(クラークス)
  7. 【第8位】バリエーション豊富な高級靴ブランド:CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)
  8. 【第7位】米国のライフスタイルを支えてきたワークブーツブランド:CHIPPEWA(チペワ)
  9. 【第6位】世界中のセレブを魅了するブーツブランド:Tricker's(トリッカーズ)
  10. 【第5位】日本生まれのハイクオリティーなブーツブランド:PADRONE(パドローネ)
  11. 【第4位】一生もののパートナーと出会えるメンズブーツブランド:WESCO(ウエスコ)
  12. 【第3位】レザーへのこだわりが光るブーツブランド:WHITE'SBOOTS(ホワイツブーツ)
  13. 【第2位】履く人の魅力を底上げするメンズブーツブランド:BUTTERO(ブッテロ)
  14. 【第1位】おしゃれメンズなら絶対履くべきキングオブワークブーツブランド:REDWING(レッドウィング)
  15. 人気ブランドブーツを上手く合わせておしゃれメンズを目指そう!

おしゃれメンズはブーツを履きこなす!

今おしゃれメンズコーデに欠かせないアイテムとなっているのが、ブーツです。スニーカーや革靴もいいですが、おしゃれに敏感な人は、1足は持っておきたいですよね。

いつものコーデにもブーツを上手く取り入れれば、一気におしゃれ上級者になれちゃいます。メンズブーツをかっこよく履きこなしましょう!

メンズブーツの印象は?

とはいえ、メンズブーツを履いている人はまだまだ少ないのも事実です。実際のところ、ブーツを履いている男性の印象はどうなのでしょうか?

調べてみると様々な意見がありますが、男性がブーツを履いているのをかっこいいと見ている女性は多いようです。女性ウケがいいなら、なおさらコーデに積極的に取り入れていきたいですよね。

でも、コーデとの合わせ方や履き方を失敗すると、ダサく見えてしまうということもあります。メンズブーツにも種類がたくさんあるので、自分の体型や服装などをよく考慮して選ぶことが大切なようです。

選ぶ前に知っておきたいメンズブーツの種類

ワークブーツ

これからメンズブーツを取り入れていきたいと考えているなら、メンズブーツの種類を知っておくことが重要です。代表的なメンズブーツの種類をまとめてみました。まずは、ワークブーツです。

ワークブーツはその名の通り、労働者が作業時に履く丈夫なブーツのことです。アメカジファッションにもよく取り入れられており、様々なスタイルに合わせやすいとおしゃれメンズに選ばれている、メンズブーツの代表格です。エンジニアブーツやペコスブーツも、ワークブーツに含まれます。

カントリーブーツ

カントリーブーツは、英国の紳士が狩りなどのアウトドアに出掛ける際に着用したメンズブーツです。ワークブーツと似た形状で、同じく丈夫ですが、よりスマートなデザインとなっています。

トゥ部分に施された、翼を広げたような形のウィングチップが最大の特徴です。実用性の高さとデザイン性で、カジュアルスタイルにも合うメンズブーツです。

サイドゴアブーツ

サイドゴアブーツは、くるぶし丈で両サイドに伸縮性のあるゴア素材を用いたメンズブーツです。革靴のようなスマートさと着脱のしやすさで男女問わず人気となっています。

履いている時のフィット感も良くシンプルなデザインなので、ブーツを履き慣れていない人でも使いやすいでしょう。履き込むごとに味わいが出てくるのも、サイドゴアブーツの魅力です。

チャッカブーツ

チャッカブーツは、くるぶし丈で2、3組の紐穴を持ち、薄いレザーソールが用いられているのが特徴のメンズブーツです。1920~1930年代にエドワード8世がよく着用していたことで、当時から多くの男性に支持されていました。

サイドゴアブーツのようにすっきりとしたフォルムであることに加えて、紐が付いているのでよりフォーマルな雰囲気で履くことができます。カジュアルコーデも大人っぽく仕上がりますね。

デザートブーツ

形状はチャッカブーツとほぼ同じですが、ソールがクレープやラバー素材のものをデザートブーツと呼びます。チャッカブーツをカジュアルにしたメンズブーツと考えれば良いでしょう。


デザートブーツは表面にスエード素材を用いているものが多く、カジュアルになりすぎないのもいいところ。カジュアルダウンのアイテムとしても、きれいめアイテムとしても使える、万能メンズブーツです。

トレッキングブーツ

トレッキングブーツは、山登りの際に着用するブーツのことで、マウンテンブーツとも呼ばれます。登山用ということもあり、足首を守るように包み込む独特のボリューム感で、アウトドアだけでなくファッションアイテムとしても親しまれています。

防寒性や防水性、歩きやすさといった機能性が高いのももちろん魅力です。デザインも増えてきているので、ファッションにも取り入れやすくなっています。トレッキングブーツを合わせると、コーデをワイルドに仕上げてくれますよ。

メンズブーツブランド人気ランキングTOP10!

メンズブーツもピンからキリまでありますが、質の良いものを選べば長く愛用できるパートナーとなれます。特に人気ブランドのメンズブーツであれば、デザイン性と機能性に富んだ、より良い1足を見つけることができるでしょう。

そこで、メンズブーツブランド人気ランキングTOP10をご紹介します。それぞれのブランドの人気メンズブーツと、真似したいおすすめコーデもまとめてチェックしていきましょう。

【第10位】マウンテンブーツを象徴するブランド:Danner(ダナー)

価格帯:38,000~48,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第10位は、ダナーです。マウンテンブーツで高い人気を誇るブーツブランドで、履く人の業種や使われ方を考えたブーツ展開を続けています。

米国で初めてビブラムソールを採用するなど、ハイクオリティーな素材を駆使し、タフなアウトドアユースにも耐えるダナーのメンズブーツ。その強さと時代に流されないデザインで、世界で根強い人気を博しています。

ダナーの代名詞「ダナーライト」

1972年、世界で初めてゴアテックスを使用して製作されたダナーライトは、ダナーの代名詞といえます。現在は、第3世代となるダナーライト3まで出ています。

ゴアテックスならではの優れた防水透湿性や、マウンテンブーツの王道をいくベーシックなデザインは、ダナーライトの変わらない魅力です。アメカジやワークシーンを代表するアイコンとなっています。

ダナーライトはすっきりとしたシルエットなので、ゆったりしたアイテムとの相性バツグンです。ラガーシャツにカーゴパンツのワーク感がいいですよね。ダナーライトと色味を合わせたコットンダックジャケットで、まとまりのあるコーデとなっています。

【第9位】時代を先取りするハイコスパブランド:Clarks(クラークス)

価格帯:19,800~29,800円

メンズブーツブランド人気ランキング第9位は、クラークスです。1825年に創業した英国の老舗ブランドで、靴製造用のミシンを開発したり、マシン化によって品質の安定した靴を量産するなど、常に時代を先取りしてきました。

クオリティーの高い素材を用いていながら、メンズブーツブランドとしては比較的安価で、コスパが高いことでも知られています。毎年5,000足以上を作り上げているからこそできる価格設定は、信頼に値します。

デザートブーツはクラークスから生まれたブーツ

様々なブランドで販売されるようになってきたデザートブーツは、実はこのクラークスから生まれたブーツです。1950年に発表されてから世界的に大ヒットし、現在に至るまでクラークスのデザートブーツは愛され続けています。

屈曲性に優れたステッチダウン製法を用い、耐摩擦性や弾力性を高めたクレープソールが特徴のデザートブーツ。素朴で凝りすぎないデザインなので、気軽に履けるメンズブーツとして選ばれています。

ボリュームのあるアウターにデザートブーツを合わせると、ほどよいカジュアルさをつくることができます。スキニーパンツなのでバランスの良いコーデになっています。パンツが暗めの色の場合は、ベージュのデザートブーツを選ぶのがおすすめです。

デザートブーツおすすめメンズコーデは?手入れ方法・ブランドも紹介 | MensModern[メンズモダン]

【第8位】バリエーション豊富な高級靴ブランド:CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)

価格帯:65,000~80,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第8位は、クロケット&ジョーンズです。英国を代表する高級靴ブランドで、豊富なバリエーションを誇ります。世界中のシューメーカーの中で、最も多くの木型の種類を持つことでも知られているブランドです。

映画「007」でダニエル・クレイグも着用している、クロケット&ジョーンズ。革靴同様、メンズブーツも美しさだけでなく、足を守るという靴本来の機能性を追及し、長く使える品質を保っています。

人気メンズブーツはチャートシー

人気のチャートシーは、クロケット&ジョーンズ定番のチャッカブーツです。つま先が短めでシャープすぎないシルエットなので、シーンを選ばず様々な使い方ができます。

クロケット&ジョーンズのチャートシーは、これぞチャッカブーツと言えるベーシックなフォルムをしています。ヒールカップも小ぶりで、かかとが小さな日本人の足にも合うのでおすすめてす。

クロケット&ジョーンズのチャッカブーツは、イタリアンクラシックスタイルにもよく合います。スーツやチェスターコートのフォーマルな雰囲気を崩すことなく、ブラウンをチョイスすることで重すぎないスタイリッシュなコーデに仕上げています。

チャッカブーツはメンズコーデに必須!おすすめブランドご紹介! | MensModern[メンズモダン]

【第7位】米国のライフスタイルを支えてきたワークブーツブランド:CHIPPEWA(チペワ)

価格帯:50,000~80,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第7位は、チペワです。1901年創業の老舗ワークブーツブランドで、伐採場で働くランバーマンの足を完璧に保護するブーツ開発から始まりました。

米国生粋のブランドであるチぺワは、米国の歴史や文化、ライフスタイルを足元から支えてきました。現代まで変わらない本質主義を貫くクラフトマンシップで、世界中のブーツ好きを虜にしています。

チぺワといえばエンジニアブーツ!

チぺワの人気メンズブーツといえば、11インチエンジニアブーツです。時代を越えて愛される無骨なデザインと、チぺワならではの堅牢さが、バイカーたちを自然と引き寄せます。

スチールトゥなので重めではありますが、全体的にスマートなシルエットで、ファッションユーザーも多いのがチぺワのエンジニアブーツです。サイズやテイストの種類も豊富なので、自分に合うエンジニアブーツを見つけられるでしょう。

エンジニアブーツもブーツアウトの方が、誰でも使いやすくておすすめです。明るいブラウンのレザーベストを合わせれば、かっこいい大人カジュアルスタイルになります。シンプルながらこだわりの見えるコーデですね。

【第6位】世界中のセレブを魅了するブーツブランド:Tricker's(トリッカーズ)

価格帯:70,000~90,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第6位は、トリッカーズです。1829年の創業以来、1人の職人がすべてを受け持つベンチメイドを信念としているブーツブランドです。

創業当時から地主階級や農場主たちによって支持されてきたトリッカーズは、今では王室関係者やセレブ御用達ブランドとしても知られています。英国紳士を魅了してきたデザイン性で、世界中にファンが多くいます。

人気カントリーブーツはM2508

トリッカーズの代名詞と言われるメンズブーツが、カントリーブーツM2508です。グッドイヤーウェルト製法で水に強いカーフを使用し、堅牢なつくりと素朴な素材感が魅力のメンズブーツです。

ブーツとしてのタフさがありながら、コロッとした可愛らしさも感じられるので、男女問わずおすすめです。メンズファッション界のカリスマと言われるニック・ウースターも、トリッカーズのカントリーブーツ愛好家の1人です。

ニック・ウースターから学べるのは、ジャケットと合わせた着こなし。ツイードジャケットの重厚なテイストに、カントリーブーツの鮮やかさが映える、遊び心ある大人コーテです。

【第5位】日本生まれのハイクオリティーなブーツブランド:PADRONE(パドローネ)

価格帯:30,000~45,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第5位は、パドローネです。日本発のブーツブランドで、カジュアルなデザイン性と質の高いブーツを扱うことでメディアにも度々取り上げられています。

イタリア語で雇い主を意味するパドローネ。古き良き時代の伝統や技術を継承していけるようにとの思いが、ブランド名だけでなく高いクオリティーからも窺えます。

パドローネの名作ショートブーツ8395

パドローネのおすすめメンズブーツは、ショートブーツ8395です。サイドジップで着脱しやすく、深みのあるカラー展開も魅力です。

クシュッとした独特なカジュアルデザインが、パドローネの特徴です。都会的な洗練された美しさで、長く履くごとに味わいが増していくのを楽しめるでしょう。

パドローネの8395とジーンズの相性は、もちろんバツグンです。ダメージジーンズの派手さにも負けず、スタイリッシュさを感じさせるので、カジュアルアップのアイテムとして使えますね。

【第4位】一生もののパートナーと出会えるメンズブーツブランド:WESCO(ウエスコ)

価格帯:100,000~150,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第4位は、ウエスコです。米国発のワークブーツブランドで、頑丈なつくりと男らしいデザインから、1918年の創業以来、世界中で長く愛されています。

大量生産に走ることなく、ハイクオリティーを最優先させる姿勢を守りながら、新しい挑戦も怠らないウエスコ。常に進化を続けるブランドとして今なお注目を集めています。

人気No.1メンズブーツはジョブマスター

ウエスコで高い人気を誇るのが、ジョブマスターです。その名の通り、様々な職業の働く男のためのワークブーツと言えます。米国では、トラックの運転手からブックストアの店員まで、幅広く愛用されています。

ジョブマスターの魅力は、レースアップブーツの特徴であるバツグンのホールド感。ウエスコと共に歴史を歩み続けるジョブマスターは、一生もののパートナーとしても選ばれる存在です。

ジョブマスターとジーンズはもはや鉄板の組み合わせ。そこにベレー帽やオルテガ柄のベストを合わせることで、男臭くなりすぎないバランスの良いコーデに仕上げることができます。

【第3位】レザーへのこだわりが光るブーツブランド:WHITE'SBOOTS(ホワイツブーツ)

価格帯:70,000~100,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第3位は、ホワイツブーツです。南北朝戦争以前の1850年代頃に米国で誕生し、現在まで変わらないハドソーン製法を用いて1足1足作り上げているブーツブランドです。

ホワイツブーツの手掛けるメンズブーツは、厳しい審査によって厳選されたレザーのみを使用しているこだわりよう。また手縫いによるステッチダウン構造で、他では実現できない柔軟性と快適性を併せ持っています。

スモークジャンパーはホワイツブーツを象徴する名作メンズブーツ

中でもスモークジャンパーは、ホワイツブーツの歴史を象徴する名作と言えるメンズブーツです。米国の森林消防隊員が着用し、飛行機から地面に降下する際に活躍したことから命名されました。

このエピソードからも分かる通り、高い堅牢性が特徴です。肉厚なレザーでかかとを包み込み、ビブラムソールを採用することで、熱に強い構造となっています。

グレーブラウンのトップスなど全体的に落ち着いた色でまとめると、コーデがスモークジャンパーとも馴染み、ブーツに不慣れでも合わせやすいでしょう。大人の色気を感じるおすすめコーデです。

【第2位】履く人の魅力を底上げするメンズブーツブランド:BUTTERO(ブッテロ)

価格帯:60,000~75,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第2位は、ブッテロです。1964年にブッテロの前身ブランドが創立されたものの、1974年にブランドイメージをガラリと変え、新たにブッテロとして誕生しました。

ブランド名のブッテロとは、イタリア・トスカーナ周辺のマレンマと呼ばれる牛飼いのこと。トスカーナで生まれ育った創業者が、ブッテロのスタイルに影響を受けて、今のブッテロブランドが確立しました。

ブッテロのおすすめメンズブーツはB4382

ブッテロのメンズブーツでおすすめしたいのは、B4382です。ワイルドで無骨なトレッキングブーツで、アウトドアはもちろん、ファッションアイテムとしても優秀なメンズブーツです。

人気のアウトドアスタイルの流れを継承しつつ、ほどよいボリューム感のシルエットを持っているのが魅力です。足下を引き締める存在感が、スタイルを洗練してくれるでしょう。

そんなB4382を主役にしたコーデは、履く人の魅力まで底上げしてくれそうです。セーターにジーンズというごくシンプルなコーデながら、手を抜かないおしゃれさを垣間見せます。

【第1位】おしゃれメンズなら絶対履くべきキングオブワークブーツブランド:REDWING(レッドウィング)

価格帯:30,000~43,000円

メンズブーツブランド人気ランキング第1位は、レッドウィングです。1905年に米国で生まれたレッドウィングは、キングオブワークブーツブランドと称されています。メンズブーツといえばレッドウィングを最初に思い浮かべる人は多いでしょう。

レッドウイングは上質な素材と丁寧なつくり、トップブランドでありながら低価格を実現するコスパの良さで、根強い人気を獲得しています。使う度に足に馴染む感覚は、一度知れば虜になること間違いなしです。

おしゃれメンズには万能に使えるベックマンがおすすめ!

レッドウイングのメンズブーツとしておすすめしたいのは、ベックマンです。ブーツにも品のあるデザインを求めた20世紀初頭のワーカーたちの要望に応え、大ヒットを遂げた6インチブーツです。

創業者の名前を冠したベックマンはその名にふさわしく、全体の5%しか採取できない希少なフェザーストーンレザーを使用しています。艶のあるレザーで、上品さを醸し出しています。

色味の強いベックマンですが、ベストやジーンズとの組み合わせでまとまりのある大人コーデとなっています。きれいめスタイルの中にもカジュアルなテイストがあり、親しみやすい雰囲気にもつながっています。

レッドウィングの手入れ・ブーツのメンテナンス方法徹底ガイド! | MensModern[メンズモダン]

人気ブランドブーツを上手く合わせておしゃれメンズを目指そう!

メンズブーツブランドの人気ランキング、いかがでしたか?それぞれのブランドの個性あふれるブーツは、履くだけでおしゃれをもっと楽しくしてくれそうですね。

シンプルなカジュアルコーデに合わせたり、クールなきれいめコーデに合わせても、メンズブーツはかっこよく決まります。ぜひ自分に合ったブーツを見つけて、コーデに取り入れてみてくださいね。


評価 3.8/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ