ビジネスマナーの基本とは?社会人の心構えを詳しくご紹介!

現代のビジネスマンは社会人としてのマナーができてない方がいらっしゃいます。そんな方にために今回はビジネスマナーの基本をお伝えします。また、社会人の心構えもご覧ください。挨拶やメールでのビジネスマナーや社会人としての心構えとはどういうことが挙げられる?

ビジネスマナーの基本とは?社会人の心構えを詳しくご紹介!

目次

  1. ビジネスマナーの基本や社会人の心構えチェック
  2. 挨拶をする
  3. 遅刻しない
  4. 会社の人のいうことを素直に聞く
  5. 雑務などの仕事も行う
  6. 返事ははっきりとわかりやすく伝える
  7. 飲み会やイベントに参加する
  8. 自分の机を整理整頓する
  9. 電話対応はしっかりとする
  10. 報・連・相を守る
  11. 遅刻・欠席する時は必ず連絡すること
  12. 公私の区別をつけること
  13. 社内の書類を外に持ち出さないこと
  14. 喫煙のビジネスマナー
  15. ミスしたら必ず早めに報告すること
  16. メールでのビジネスマナー
  17. 社会人の心構え
  18. ビジネスマナーの基本や社会人の心構えまとめ

ビジネスマナーの基本や社会人の心構えチェック

今回はビジネスマナーの基本や社会人の心構えなどをお伝えしますので、特にこの4月から社会人になった方々にはご覧になって勉強して頂きたいと思います。挨拶やメールなどのビジネスマナーはいろいろあり、覚えるのにも一苦労しますが、ビジネスマナーを知らないと恥をかいてしまいます。また、社会人の心構えとはなんなのかもわからない方はご覧ください。

スーツで使うアクセサリー結婚式版!押さえておきたいマナーと付け方は? | MensModern[メンズモダン]

挨拶をする

ビジネスマナーの基本1

ビジネスマナーとして「挨拶をする」についてお伝えしたいと思います。挨拶することは社会人のビジネスマナーとして必ず身につけないといけない事柄です。挨拶ができない社会人の方、多くいらっしゃると思います。こちらが挨拶をしても無視したり、朝、会社にきて決まった人しか挨拶しない方など、多くいらっしゃると思います。自分には関係ないと思っているのでしょう。

ですが、挨拶ほど大事なビジネスマナーはないと思います。確かに挨拶以外にビジネスマナーはいろいろあります。ですが、挨拶ができないということは他のことでも素直に取り組めないことに繋がっていくと思います。挨拶を小さいな声でしている人も多く見られますが、挨拶は大きな声で相手に伝わるようにいうのはビジネスマナーですので、覚えておいてください。

スーツの下にセーターはOK?マナーやメンズの着こなしについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

遅刻しない

ビジネスマナーの基本2

次に紹介するビジネスマナーとして「遅刻しない」についてお伝えしたいと思います。ビジネスマナーとして会社に遅刻しないのは常識ですが、遅刻する人は必ず会社に何人かいらっしゃいます。そして、遅刻する人は1度だけでなく、癖になって何度もやってしまいますが、遅刻をすると上司から信頼がなくなり、仕事を任せてもらえなくなる可能性がでてきます。

会社に遅刻するということはビジネスマナーを知らないということにより、恥ずかしい思いをする他に仕事を任せらないということに繋がり結果的に会社を辞めないといけない事態になる可能性もありますので、遅刻はしてはいけないものです。ビジネスマナーの基本として遅刻をしないように目覚ましをかけたり、早めに寝たりと工夫をしていきましょう。

会社の人のいうことを素直に聞く

ビジネスマナーの基本3

次に紹介するビジネスマナーとして「会社の人のいうことを素直に聞く」についてお伝えしたいと思います。会社に就職できたら、いろいろ仕事を覚えないといけません。そして、上司や先輩、後輩などいろんな人に仕事を教えてもらうと思いますが、素直に聞き入れる心の器が必要になります。反発したり、自分の考えを他の人に押し付けたりしないようにしましょう。

まず、会社の人のいうことを素直に聞いて一生懸命、仕事を覚えることがビジネスマナーです。ビジネズマナーが悪い人だと上司や後輩、先輩の目が厳しくなり、「あの人に言っても、どうせいうことを聞かないよ!」などと言われ、仕事を任せてくれなくなります。人の話を素直に聞いて、その仕事に対して結果を出せば、いろんな仕事を任せてもらえます。

雑務などの仕事も行う

ビジネスマナーの基本4

次に紹介するビジネスマナーとして「雑務などの仕事も行う」についてお伝えしたいと思います。このビジネスマナーは特に新人の社会人にお伝えしたいことです。仕事以外に、お茶くみやコピーとり、買い出しなど雑務も仕事の一つとして考えて行うようにしましょう。ビジネスマナーとして大事なことです。雑務などを行うことによって、周りの人から認めてもらえるようになります。

雑務などを嫌がる人、いらっしゃるかと思いますが、新人さんは特に雑務を上司や先輩たちから言われないまでも、積極的に行うと良いと思います。そのうち、先輩や上司があなたのことを認めてくれて、いろんな仕事を任されるようになってくると思います。なので、雑務を任されても嫌がらず、積極的にやっていきましょう。雑務も仕事のうちですよ。

返事ははっきりとわかりやすく伝える

ビジネスマナーの基本5

次に紹介するビジネスマナーとして「返事ははっきりとわかりやすく伝える」についてお伝えしたいと思います。上司や先輩、後輩、同期などの方から、あなたの名前を呼べれた時は小さな声で返事をせずに、大きな声ではっきりと相手にわかりやすいように伝えましょう。よくいらっしゃるのは、自信がないのか、わからないですが、小さい声で返事をする方がいらっしゃいます。

小さい声だと、何を言っているのか把握できなく、もう一度、聞いてしまいます。大きな声ではっきりと伝える癖をつけないと、入社してからずっと、小さい声で返事したり、相手に伝えたりしてしまいます。大きな声で話すことはビジネスマナーで大事なことです。まずはビジネスマナーの基本を身につけることから始めましょう。大きな声でわかりやすく伝えるのはビジネスマナーです。

飲み会やイベントに参加する

ビジネスマナーの基本6

次に紹介するビジネスマナーとして「飲み会やイベントに参加する」についてお伝えしたいと思います。最近は仕事が終わって、上司や先輩などから飲みやイベントの誘いをしても、さっさと帰ってしまう社会人が多くなってきています。ビジネスマナーとして飲み会やイベントに参加する必要があると思います。これはビジネスマナーではないとおっしゃる方もいるかと思います。

ですが会社の方も仕事をしていると、飲み会やイベントでも開催しないと、その人のことがわからないため誘うのですがそれを拒否されてしまうのであれば、その方のことと知ったり、仕事の話をしたりすることができなくなります。これがビジネスマナーでないとおっしゃる社会人のみなさん、これから先、仕事をスムーズに進めたいのあれば、飲み会やイベントなどに参加しましょう。

自分の机を整理整頓する

ビジネスマナーの基本7

次に紹介するビジネスマナーとして「自分の机を整理整頓する」についてお伝えしたいと思います。みなさんは会社で与えられている机を毎日、綺麗に整理整頓しているのでしょうか?これもビジネスマナーの一つです。会社の机はその人の机ではないです。いない時は他の方が使ったりする場合もありますのでビジネスマナーとして帰る時に整理整頓をしましょう。

毎日、その日に使った机の上や引き出しの中など整理整頓をするのはビジネスマナーです。整理整頓するビジネスマナーを守れない社会人が多くいらっしゃいます。机は自分のものではないという認識をして頂きたいと思います。会社でのビジネスマナーは本当に多くあります。机の上や引き出しの中を整理整頓するのは他の人にも使えるようにするためのビジネスマナーです。

電話対応はしっかりとする

ビジネスマナーの基本8

次に紹介するビジネスマナーとして「電話対応はしっかりとする」についてお伝えしたいと思います。ビジネスマンとして電話応対は毎日、行うことで欠かせないことです。電話応対のマナーは当然あります。例えば、電話がなったら、なるべく早くとることや、電話に出たら「お世話になります」と伝え自分の名前を名乗るなど当たり前のビジネスマナーです。

電話がなったら3コール以内でとることをビジネスマナーとしている会社もあるようです。つまり、相手に待たせないように早く電話に出てくださいということでしょう。また、電話応対のビジネスマナーも会社によっていろいろあります。社会に人になられた方がビジネスマナーを覚えるのはとても大変なことですが、ビジネスマナーは誰もがしていいることです。

報・連・相を守る

ビジネスマナーの基本9

次に紹介するビジネスマナーとして「ほうれんそうを守る」についてお伝えしたいと思います。これから社会人としていろんな仕事をしていくと思いますが、ビジネスマナー「ほうれんそう」はご存知でしょうか?ビジネスマナー「ほうれんそう」は、報告・連絡・相談です。仕事をする上で、報告・連絡・相談はビジネスマナーとしてよく知られています。

何かあったら、必ず相談や連絡をし、一つの仕事が完了したら上司や担当者に報告をする。他にもミスをしたら、必ず上司に報告をして、対応を待つなど、いろいろなビジネスマナーがあります。報告・連絡・相談を怠ってしまいまますと大変なことになってしまいます、ぜひ、社会人になる方やまだご存知ない方はこのビジネスマナーを覚えておきましょう。

遅刻・欠席する時は必ず連絡すること

ビジネスマナーの基本10

次に紹介するビジネスマナーとして「遅刻・欠席する時は必ず連絡すること」についてお伝えしたいと思います。誰でも遅刻したり、欠席したりする時はあります。ですが、社会人として会社に報告しないのはビジネスマナーができていない証拠です。朝、電車が遅れた場合は遅延証明書をもらいましょう。そして、会社にどうして遅刻したかを報告します。これがビジネスマナーです。

また、欠席する時も朝起きて、会社に行けそうもなかったら、なるべく早く連絡するのがビジネスマナーです。仕事が始まってから連絡するより、始まる前に遅刻や欠席の連絡をするのがビジネスマナーを守れている方になります。ビジネスマナーを守れているか、守れていないかはしっかり会社の人はみています。ビジネスマナーの守れるようにしてください。

公私の区別をつけること

ビジネスマナーの基本11

次に紹介するビジネスマナーとして「公私の区別をつけること」についてお伝えしたいと思います。これは会社についたら、プライベートと仕事は区別しなければいけません。会社について、いつまでもスマートフォンを見ているなんて、ビジネスマナーがなっていないです。会社についたらプライベートな部分を出さないのがビジネスマナーです。

会社についてもいつまでもスマートフォンを操作している方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?ビジネスマナーとして会社についたら、スマートフォンはマナーモードにしてカバンにしまっておきましょう。仕事とプライベートをしっかりと区別することがビジネスマナーでもあり仕事ができる人間と評価されると思います。区別しなければ大きなミスに繋がる可能性があります。

社内の書類を外に持ち出さないこと

ビジネスマナーの基本12

次に紹介するビジネスマナーとして「社内の書類を外に持ち出さないこと」についてお伝えしたいと思います。基本的に社内の書類が極秘扱いになっていると思いますので、外に持ち出してはいけないのです。これは基本的なビジネスマナーの一つです。このビジネスマナーを知らないと大きな問題に発展する可能性がありますので、十分気をつけてください。

このビジネスマナーを守らずに社外秘の書類を外に持ち出したために大問題に発展したケースはいくつもあります。自分で勝手に判断せずに、もしわからない場合は会社の人に必ず聞くのがビジネスマナーです。ビジネスマナーをまわないと、ご自身にとんでもないことが降りかかるケースもありますので、必ずビジネスマナーは守ってください。ビジネスマナーはは守る必要があります。

喫煙のビジネスマナー

ビジネスマナーの基本13

次に紹介するビジネスマナーとして「喫煙のビジネスマナー」についてお伝えしたいと思います。現代、タバコを吸える場所が段々、少なくなっています。まだ、会社の机でタバコを吸っている方はビジネスマナーがなってないと思います。現在、会社では喫煙スペースを設けているところが多くあります。タバコを吸われる方のビジネスマナーは迷惑がかからないスペースで吸うことです。

会社の中でタバコを吸われえている方への目が年々、厳しくなってきているように見受けられます。それだけ健康志向が高まったということです。それに伴って、昔のようにいかずタバコのビジネスマナーがある時代になりました。タバコを吸われる方はぜひ、ビジネスマナーを守って頂くようにお願いしたいと思います。周りの方に迷惑がかかっていることを認識しましょう。

ミスしたら必ず早めに報告すること

ビジネスマナーの基本14

最後に紹介するビジネスマナーとして「ミスしたら必ず早めに報告すること」についてお伝えしたいと思います。人間は誰でも仕事でミスすることは大いにあります。大事なのはミスした後のビジネスマナーです。ミスしたら、早急に上司や先輩などに伝えるのがビジネスマナーです。一人で考えても、いいアイデアはでてこないので、誰かに相談しましょう。

ミスしたことを黙っていれば、どんどん傷が大きくなっていくこともあります。言いづらいとは思いますが、ミスしたら会社の人に報告し謝罪して対応を待つのがビジネスマナーのしっかりしているビジネスマンです。一つのミスを報告できない人間はやがて大きな問題へと発展していきます。ミスしたら早急に上司に報告することがビジネスマナーだということを知っておきましょう。

メールでのビジネスマナー

ビジネスマナーの基本15

現代、インターネットが流行り、当たり前のようにパソコンを仕事で使うようになりました。そして、挨拶や仕事の依頼などメールを活用している会社がほとんどではないでしょう?そこで必要になってくるのが、メールでのビジネスマナーです。会社に入社してまずやることは挨拶回りです。挨拶回りがいけない時はメールでの挨拶は不可欠になってきます。

メールでのマナーは会社によって異なってきますが、まず文頭には「お世話になります」とし、その後に要件をメールすると思います。メールのビジネスマナーを入社したらなるべく早く身につけましょう。そうしないと変なメールをしてしまったらその人が恥をかくだけでなく会社も恥をかいてしまう可能性があります。メールでのビジネスマナーを早めに覚えましょう。

社会人の心構え

社会人の心構えはどんなことなのでしょうか?

最後に社会人の心構えをいくつかお伝えして終わりにしようと思います。まず、一つ目の社会人の心構えは時間厳守です。時間にルーズな人は仕事をスムーズにまわすことはできないと思います。取引先への待ち合わせ時刻に遅刻なんてありえないですね。社会人になられる方は、時間厳守を守りましょう。社会人の心構えとして覚えておきましょう。

二つ目の社会人としての心構えは仕事に責任感も持ってやるということです。責任感を持たず人ごとのように仕事をやっている方、少なからずもいらっしゃいます。ミスしても謝罪をせず、悪く思っていない方いらっしゃいます。まず、仕事にやる気をだし、その仕事に責任感を持ってすること。これが社会人の心構えです。

ビジネスマナーの基本や社会人の心構えまとめ

今回は、ビジネスマナーの基本や社会人の心構えを詳しくお伝えしました。ビジネスマナーの基本はメールでのマナーや公私の区別をつけること、ミスしたら早めに上司に報告すること、遅刻・欠席する場合はなるべく早く連絡することなどいろいろあります。また、現代の社会ではメールは不可欠なので、マナーはぜひ、覚えておきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ