筋トレで太る?体重が増えるのは心配ないその理由と変化とは?

筋トレをすると太る?!筋トレをすると太ると言われている原因である筋トレによる体重増加について詳しくご紹介します!また、筋トレをすると体重が増えると言われている変化などについても詳しく調べてご紹介します。これでダイエットのために筋トレをしている方は安心です!

目次

  1. ダイエット中なのに、、筋トレのせいで体重が増える!?太る?!
  2. 筋トレをすると太る?筋トレをすると起こる体重などの変化
  3. 筋トレをする事で太る?体重が増える?
  4. 筋トレをすると太るっと言われる体重増加が起こる理由
  5. 太ると言われている筋トレによる体重増加はいつまで続く?
  6. 体脂肪率が増えると太る?太ると言われてる訳やそもそもの体脂肪率について
  7. 体脂肪率が増えた=太る?
  8. 筋トレと体脂肪率・体重
  9. ダイエットで筋トレをする際の体重・体脂肪などについて
  10. 筋トレと体重などの関係まとめ!

ダイエット中なのに、、筋トレのせいで体重が増える!?太る?!

筋トレをすると太る?!みたいな事が起こり得るのでしょうか?というのも、筋トレをすると筋トレ初心者ほど起こりやすい筋トレによる体重増加が原因で、筋トレをすると太るという話があるみたいです。今回は筋トレによる体重増加とその理由や変化についてご紹介します。

筋トレをする理由自体は人それぞれかもしれませんが、筋トレをする人達に共通しているのは引き締まった体つくりという事です。そのために時にくじけそうになる苦しい筋トレに耐えているのに、筋トレによって太るなんて事があってしまっては、筋トレをする意味がなくなってしまいます。

筋トレをすると太る?筋トレをすると起こる体重などの変化

筋トレをする理由は人それぞれである事は先ほど触れさせて頂きましたが、やはり筋トレをする理由で大きな理由の1つはやはり筋トレによるダイエット効果だそうです。ダイエットをする目的はやはり引き締まった体を目指すためです。そんなダイエット中の方には筋トレで体重増加や太るなんて事は笑えない話題です。

筋トレをすると体重増加(太る?)につながると言われている筋トレの体重増加を理解するためには、筋トレをした体にはなにが起こっているかを理解する必要があるみたいです。これを理解する事によって、筋トレで体重増加が起こる理由と、体重が増加するという事の意味が分かると本当のダイエットについても考えさせる事になります。

筋トレをする事で太る?体重が増える?

では、早速筋トレをすると体にどんな変化を起こす事が出来るのかをご紹介します!まず、筋トレをすると筋肉繊維を壊す事になります。これが筋トレをしている状態でリアルに行っている事です。次に筋トレをすると、筋肉が元の状態よりももっと大きくなります。

理由は簡単で筋トレする事にって壊された筋肉繊維を治すと同時に、次は壊されないようにもっと筋肉を大きくしようとする訳です。この状態は筋トレ後の筋肉痛の状態であったり、筋トレ好きな方なら知っているであろう超回復の期間です。このサイクルを繰り返す事で筋肉は大きくなっていき、見た目としての変化もどんどんマッチョになるのです。

筋トレをすると太るっと言われる体重増加が起こる理由

筋トレによる体重増加とそれにより太ると言われている原因である筋トレをすると体重が増える現象について理由を詳しくご紹介します。体重が増える理由は簡単で、筋トレをすると前の筋肉より筋肉の量が増えるので、筋肉分の体重が増える事になるのです。これが筋トレをすると太ると言われている原因と筋トレによる体重増加の原因です。

また、筋トレをすると太るという意味ではありませんが、筋トレをすると体重増加がしやすいのは確かです。特にビギナーの内は筋トレによる体重増加が起きやすいみたいです。というのも、筋トレに慣れてない内は筋肉が付きやすいみたいです。なので、元々運動をしてこなかった人ほど、筋肉が付きやすい=筋トレによる体重増加が起きやすいみたいです。

それに加えて、筋肉は脂肪よりも重いので同じぐらいの同じ範囲でも、脂肪よりも筋肉があった方が体重は増加しやすいとの事です。なので、筋トレをすれば体重増加するのは当たり前!というより、筋トレにより体重増加が起こった場合は変化や成果が筋トレにより起こったという事になります。

なので、筋トレをすると太るというのは、間違いでむしろ筋トレにより体重増加が起こった場合は、太るというより引き締まった体に近づいたというのが正しいみたいです。

太ると言われている筋トレによる体重増加はいつまで続く?

筋トレによる体重増加はいつまで続くのでしょうか?体重増加による効果で太ると言われてしまっている筋トレの体重増加の期間がいつまで続くのかを詳しくご紹介します。

筋トレによる体重増加がいつまで続かと言われると、筋トレをしている限りずーっと筋トレによる体重増加と言いますか、筋肉が肥大化した事にって起こる体重増加は起こります。むしろ、厳しい筋トレを行っていて、体重増加が望めないの場合は、変化や成果があまり起こっていない事になってしまいます。

しかし筋トレによる体重の変化が起きやすい期間がある事は確かで、筋トレによる体重の変化が起こりやすい期間は、初心者の間で特に6か月程度みたいです。この間は筋トレによる体重の変化も起きやすいですし、直ぐに筋肉が付くので筋トレの結果を実感しやすいみたいです。なので、この期間は体重の変化が起きやすいという事になります。

なのでこの期間に体重が増えても筋トレによって筋肉が増えて、体重が増えているだけなので安心です。もちろん、この期間だけでなく期間を絞らなくても、筋トレをしていると年に微妙な量ですが確かに体重は増えていきます。

体脂肪率が増えると太る?太ると言われてる訳やそもそもの体脂肪率について

筋トレと体脂肪率の関係についてご紹介します!また、体脂肪率が増えていると太ると言われる理由や体重との関係など、体脂肪率と体の関係について詳しくご説明します。やはり、ダイエットをしている方だと体重と同じくらい気にするのが体脂肪率です。ですが、意外に体脂肪率について知らない方も多いです。

体脂肪率は本当にそのままで簡単に言うと、体脂肪の割合です。ですが、この体脂肪率結構分かりにくいもので、現在出回っている体重計にはあらかじめ体脂肪率を計測出来る機能が付いていますが、計測するタイミングによっては体脂肪率が大きく変わる事が多々あります。

これは計測器が故障している訳ではなく、体脂肪率を計算する仕組み上そういうものになっているのです。というのも、微量の電気を流して体脂肪率を計測するのですが、タイミングによっては電気と言う性質上かなり体脂肪率が上下します(濡れている時など)

体脂肪率が増えた=太る?

ダイエットと言えば、やはり体脂肪を落とす事です。では、体脂肪率が増えてしまうと太る?という事になるのでしょうか、これは難しくてネット上でも意見が割れています。体脂肪率なんて気にしなくていいという記事があったり、体脂肪率を気にした方がいいという記事があったりして、どれが正しいのかわからないです。

しかし、1つはっきりしているのは、体重を落とす必要があるアスリートが体脂肪率30%である事はないという事です。なので、体脂肪率を意識しすぎて本来の目的を忘れてしまうのは良くない事みたいですが、1つのデータとして使用すると良いみたいです。

筋トレと体脂肪率・体重

次は体脂肪率と筋トレや体重の関係についてご紹介します!体脂肪率は変わりやすいデータで初心者はそこまで意識しなくていい事はご紹介させて頂きましたが、体脂肪率が自分の体の状態をしる有効なデータの一つである事には変わりないので、体重と筋トレの関係について詳しく説明します!

筋トレと体脂肪率

筋トレと体脂肪率の関係をご紹介します!筋トレと体重が関係のある事はご紹介させて頂きましたが、体脂肪率はどうなのでしょうか?体脂肪率は筋トレと関係が少なからずあるみたいです。というのも、筋トレをして筋肉を付けても、筋トレで折角つけた筋肉が体脂肪で隠されてしまう事があるからです。

なので、筋トレによって付けた筋肉を目立たせたい場合は体脂肪率を少なからず下げる必要があるみたいです。(見た目をよくしたい場合です。)

体脂肪率と体重

体脂肪率と体重の関係についてご紹介しました。調べてみると体脂肪率と体重の関係は見た目の上の話で言うと、そこまで関係がないみたいです。というのも、お相撲さんの体脂肪率と一般人男性の体脂肪率が同じなんて事もすくないみたいなので、体重と体脂肪率は見た目の上での話だとそこまで関係がないみたいです。

ダイエットで筋トレをする際の体重・体脂肪などについて

ダイエットをする際に、脂肪の燃焼を効率的にするために筋トレをするという方も少ないはずです。そこで出てくるのが、やはり筋トレによる体重の増加や体脂肪の増加です。ダイエットのために筋トレをしているのに、体重や体脂肪率が増えてしまっては意味がないです。

筋トレにしても、ダイエットにしても重要な事は見た目が良くなる事という場合が多いので、体脂肪率や体重を記録するよりも、自分の体の写真を毎日とっておくほうが、ダイエットで記録を付ける上での重要みたいです。体重や体脂肪率を気にし過ぎて、大事なものを見失うないようにする事が重要です。

筋トレと体重などの関係まとめ!

筋トレと体重などの関係を大まかにまとめます。筋トレをしていると体重増加は起こり、それは普通の現象であり、太っているという事ではないので安心していいという事と、筋トレをダイエットの1つとしてトレーニングを行う場合は数値をそこまで気にする必要がないという事が分かりました。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ