ダンベルを使ったダイエット。男性でも初めて筋トレ系ダイエットにチャレンジするという方にはピッタリの方法です。しかしやり方が今一つ分からないという方。これを読んで、ぜひ効果的なダンベルダイエットをスタートさせましょう!あなたの男性の魅力がグッとあがりますよ。

ダンベルダイエットの簡単なやり方!男性にも効果的のダンベル体操とは?

目次

  1. ダンベルを使った筋トレダイエットはこれを覚えて効果的に
  2. ダンベルダイエットを始める前に
  3. 効果的なダンベルダイエットやり方とは?
  4. ダンベルダイエット初心者はここに注意
  5. たくましい腕を作るためのダンベルダイエット
  6. 厚い胸板を作るためのダンベルダイエット
  7. 広い背中を作るためのダンベルダイエット
  8. くびれたウエストを作るためのダンベルダイエット
  9. 筋肉質な足を作るためのダンベルダイエット
  10. 引き締まった下腿を作るためのダンベルダイエット
  11. 3つポイントをおさえて楽しいダンベルダイエットを
  12. ダンベルダイエットを続けるために
  13. 男性に効果的なダンベルダイエットのまとめ

ダンベルを使った筋トレダイエットはこれを覚えて効果的に

ダンベルを使ったダイエットのやり方はたくさんあります。しかし、そのすべてのダイエットのやり方を覚えようとするのは大変。筋トレで覚えておくと便利な事は「前をやったら後ろ」「右をやったら左」です。

体中の筋肉は必ずどれも対になっていて、どこかの筋肉が縮んだらその拮抗筋は必ず伸びるように出来ています。筋トレダイエットで大切な事は拮抗している筋肉を同じように鍛えてあげる事です。

ダンベルダイエットを始める前に

ダンベルを使ったダイエットを行う男性はたくさんいます。そして男性は普段から重さのある物を持っているので、ダンベルもつい重さのあるダンベルを持ちたがりますが、ダンベルダイエット初心者ならくれぐれも軽いダンベルから始めましょう。

筋トレ系のダイエットを始める時、あまり知られていない事ですが一番気を付けなければならない事は、筋肉と腱の育つ速度が違うという事を知っておく事です。

男性の場合、30キロくらいの重さの物だと平気で持てます。しかし持てるからと言ってその重さで筋トレダイエットをやってしまうと腱を痛めてしまう可能性が高く、ダイエットの効果どころではなくなってしまします。

30キロの重さを持てる筋肉はすぐに育ちますが、その筋肉を支える腱は育つのに時間が掛かるのです。正しいやり方をマスターできるまでは、できるだけ軽めのダンベルで筋トレダイエットを行うようにしましょう。

効果的なダンベルダイエットやり方とは?

ダンベルダイエットはもちろん全身を満遍なく鍛える事が重要ですが、ダイエット効果をより高めるためには下半身の中心の筋トレダイエットを行う事をお勧めします。下半身の大きな筋肉を鍛え、体全体の筋肉の割合を増やすと基礎代謝の向上につながり、結果、効果的なダイエットにつながるというのが理由です。

下半身のダンベル筋トレダイエット法もご紹介していますので、ぜひ正しいやり方をマスターして効果的なダイエットを目指してみて下さい。内容は男性、女性共通ですので、友達同士だけでなく恋人と一緒にダイエットするのも楽しいですね。

ダンベルダイエット初心者はここに注意

ダンベルでの筋トレダイエットは手軽に取り組めるので、正しいやり方をマスターして継続していけば必ずダイエット効果が現れます。筋肉のつき易い男性なら尚更。

ダンベルでの筋トレダイエットのやり方はたくさん紹介されていますが、ダンベルダイエット初心者は直線的に動かすのが基本です。色々なアレンジバージョンはたくさん紹介されていますが、目的がダイエットとなると尚更基本から。まずは基本のやり方を正しくマスターしましょう。

筋トレをする時間はいつが効果的?寝る前・早朝どっちがいいの? | MensModern[メンズモダン]

たくましい腕を作るためのダンベルダイエット

まずはダンベルの使い方に慣れるためにも腕の運動から始めます。下半身中心の筋トレダイエットですが、ダイエットのためには全身を鍛えるのが一番。男性のきれいな筋肉をアピールするためにも腕の筋トレダイエットもしっかり取り入れましょう。

腕の中でも大きな筋肉の上腕二頭筋を鍛える事はダイエットにとても効果的。普段から重い物を持つ機会の多い男性なら、少しだけ重さのあるダンベルでも大丈夫かもしれませんが、あくまでも目的はダイエットのための筋トレである事をお忘れなく。お勧めのやり方は脇を閉めて行う事です。

そして筋トレのセオリー通り、前の次は後ろなので、次は腕の後ろ側の上腕三頭筋。腕ダイエットに欠かせない部位です。上半身を動かさないのが基本ですが、なかなかうまく出来ない場合は、動かす腕の肘をもう片方の手で押さえておくと割と楽に行えます。

厚い胸板を作るためのダンベルダイエット

大胸筋も大きな筋肉なので、しっかり鍛えてダイエット効果を高めましょう。男性の胸板の厚さは、女子はさりげなくチェックしています。

ベンチに寝て行う時、効果的なやり方はしっかりと脇を開けて行う事。腕の筋肉より胸の大胸筋の方が大きいので、ダンベルの重さも、腕の時に使ったダンベルより少しくらいなら重くても大丈夫です。胸の筋肉を意識して更にダイエット効果を高めましょう。

広い背中を作るためのダンベルダイエット

自分ではなかなか見ない背中は、他人にはよく見られている場所。男性的な広い背中を作るためには広背筋の筋トレダイエットは押さえておきたいポイントです。

大事なのは広背筋をしっかり意識する事。他の筋トレの時ももちろん同じく意識しないといけませんが、広背筋は視野から外れるエリアの部分になるので普段から意識がいきにくい場所です。フォームと筋肉をより意識するためにも軽めのダンベルで正しいやり方を意識し、更にダイエット効果を高めましょう。

スクワットは腹筋にも効果が?腹筋を割るための正しいやり方紹介 | MensModern[メンズモダン]

くびれたウエストを作るためのダンベルダイエット

女性はもちろん男性でもダイエットしたい場所断トツ1位の部位がお腹。内臓が集中して存在する場所だけに、なかなかダイエットの効果も現れにくいのが腹筋ですが、ぜひ頑張って頂きたいダイエットポイントです。

上記の動画のやり方が腹筋運動の基本の形となります。ダンベルを持って行う場合は、頭の後ろに置いた手を胸の前に持ってきて、脇を閉めて両手でダンベルを持って行います。

腹筋と併せて行うべきなのがお腹の横まわりの筋トレダイエット。くびれをつくってくれる腹斜筋は筋トレダイエットの効果をとても実感させてくれる大事な場所。しっかり忘れずに筋トレダイエットしましょう。

筋肉質な足を作るためのダンベルダイエット

これこそダイエットに最も必要な筋肉です。この部位を重点的に筋トレダイエットを行うと、ダイエット効果はとても大きいです。故にとても疲れる部分ですが、ぜひ頑張って頂き、より高いダイエット成果をあげましょう。

近年注目を浴びているスクワット運動。太もも前面の大腿四頭筋と背面の大腿二頭筋を効果的に鍛える事ができる方法です。ダンベルでの筋トレダイエットに少し飽きてきた頃になっても、これだけは欠かさず行う事をお勧めします。

余裕がある場合やダンベルダイエットに少し慣れてきた頃になったら、ワイドスタンススクワットにもチャレンジしてみましょう。いずれにせよスクワットは膝を痛めないために、つま先が膝より前に出ない事とつま先の向きと膝の向きを同じにする事が重要です。

引き締まった下腿を作るためのダンベルダイエット

締まった足首はなかなか魅力的です。特に第二の心臓と呼ばれるふくらはぎ部分の下腿三頭筋は、ダイエットのみならず健康維持においても欠かせない部分なので忘れず筋トレするように心掛けて下さい。

ダンベルを両手に持ちつま先立ちを繰り返すやり方が、下腿三頭筋のダンベル筋トレダイエットの基本形です。男性の場合やってる実感の感じにくさから、かなり重さのあるダンベルを使われる方もおられます。ダンベルの重さではなく、軽いダンベルで実施回数を増やす方がダイエットとしてはお勧めです。

次は向こう脛の筋トレダイエット。ふくらはぎの拮抗筋である前脛骨筋の筋トレダイエットのやり方は、ダンベルを両手に持ち、かかと立ちを繰り返します。下腿三頭筋の時と同じく、ダンベルの重さではなく実施回数を増やす事を重要視して下さい。バランスが取りにくい方は慣れるまでダンベルは使わず、壁などに手をついて行ってみて下さい。

3つポイントをおさえて楽しいダンベルダイエットを

ダンベルを使った筋トレ系のダイエット方法ですが、できれば効率よく、そして安全に、欲を言えば楽しくダイエット効果を出したいものです。色々なポイントはありますが、少なくとも以下の3つのポイントを押さえて楽しくダンベルダイエットを行いましょう。

注意点①重い負荷で行わない

冒頭にも記載しましたが、男性ならどうしてもある程度重さのダンベルで実感を得たくなりがちです。しかし重すぎるダンベルは腱を痛めてしまう可能性が高く、とても危険です。あくまでもダイエットが目的という事を意識して、慣れるまでは重いダンベルは避けましょう。

注意点②拮抗筋を忘れずに

筋肉はどの部分にも必ず拮抗筋が存在します。目は体の前面にあるため、意識も前側にはよくいきますが、後ろ側にはいきにくいのが普通です。ダンベルでの筋トレダイエットで大切になってくる事は全体のバランス。拮抗している後ろ側もしっかり鍛えましょう。

注意点③飽きない工夫を凝らして

最初の頃は楽しいダンベルダイエットでも慣れるとしんどさの方が勝って、だんだん足が遠のきがちになります。また目的がダイエットのため、ある程度効果が現れたら止めてしまう方も少なくありません。ダイエットは続ける事が最も重要。音楽などを活用して飽きない工夫をしましょう。

プロテインは毎日飲むのは大丈夫?正しい効果的な飲み方とは | MensModern[メンズモダン]

ダンベルダイエットを続けるために

ダンベルダイエットは続ける事が一番重要ですが、ダンベルダイエットに限らず、続ける事は最も難しい事でもあります。そんな時には自分一人で悩まず、仲間の助けを借りる事も有効な手段です。

辛くキツいダンベルダイエットも、同じ目的に励む仲間がいれば、そのモチベーションはぐんと上がります。そんなダンベルダイエットの仲間探しにピッタリなのがトレーニングジムです。

お勧めは公共施設のトレーニングジム。近年、公共施設のトレーニングジムはとても充実してきていて、ダンベルはもちろん色々なマシンも揃ってます。しかも1回の利用料はほとんどの施設が500円以下。そして何より同じ目的の仲間がたくさんいるのが嬉しいですね。

トレーニングジムでダンベルダイエットを行うメリットは色々ありますが、その中の大きなメリットの一つに「心がダイエットモードに切り替わる」という事。ジムに行く事でダイエットに対する気持ちが入り易くなります。家でのダンベルダイエットにマンネリを感じ始めた時などお勧めです。

「ダンベルダイエットは家で」という方は道具から入るのもアリです。最近のダンベルは種類も様々。気に入ったダンベルを買ってからダイエットスタートでもOK。とにかく何らかのアクションを自ら起こす事はとても大切な事です。

男性に効果的なダンベルダイエットのまとめ

ダンベルダイエットは、筋トレ系のダイエットとして男性にもお勧めのダイエット方法です。自分に合った負荷で、場所を選ばず簡単にできるのが一番のお勧めポイントです。

継続する事で結果が伴うのが筋トレ系ダイエットの面白いところ。スマートに引き締まった健康な体は心もスマートにしてくれ、あなたの爽やかな笑顔をより一層魅力的にしてくれる事、間違いなしです。


評価 4.0/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ