おしゃれで付けた指輪が抜けないなんてトラブルに会ったことはあるだろうか。せっかくのおしゃれで付けたのに、むくんで抜けない経験をしたことがある人もいるだろう。実は指輪を抜くには簡単な方法がある。そんな簡単な外し方をまとめて紹介していこう。

指輪が抜けない時の対処法は?糸を使う方法や簡単な外し方まとめ

目次

  1. 指輪が抜けない!原因は?
  2. なぜ起こる?指輪が抜けないほどむくむ原因
  3. むくみ解消法で抜けない指輪を外す!
  4. 【抜けない指輪解消法①】滑りをよくする
  5. 【抜けない指輪解消法②】糸を使って徐々に抜く
  6. 【抜けない指輪解消法③】指を縛って抜く
  7. 【抜けない指輪解消法④】抜けやすい時間帯を狙う
  8. 【抜けない指輪解消法⑤】リングカッターでひと思いに
  9. 大至急!抜けない指輪を外す方法
  10. 抜けないと慌てないで!ポイント解説
  11. もしかすると病気の可能性も?
  12. 指輪が抜けない時はまず落ち着いて

指輪が抜けない!原因は?

指輪が抜けない!特に女性は一度や二度経験したことはあるだろう。せっかくおしゃれにコーディネートした指輪が抜けない原因は何なのか。それはむくみにある。はめるときはスマートな指でも、指輪を外すときにはむくんで張れ上がっているために、指輪が抜けない状態になってしまっているのだ。

夢占いで指輪に関する夢の意味は?もらう・買うなどが暗示する事とは? | MensModern[メンズモダン]

なぜ起こる?指輪が抜けないほどむくむ原因

むくみとは?

それではむくみの原因は何なのだろうか。むくみの原因を探っていく前に、まずはむくみのメカニズムを知ろう。むくみとは体内に水分がたまることで起きる症状のことを言う。

人間の体は体重の60%が水分でできている。そのうち3分の1が血液などの細胞の外に存在し、ほとんどが「細胞間液」と呼ばれるものになる。その細胞間液は、心臓から全身に送られ、細胞に酸素や栄養素を送り、また血液と一緒になって心臓に戻る動作を繰り返している。

しかし、何らかの原因でその細胞間液がうまく血液に戻ることができず、細胞にとどまることでむくみとなって表れる。これがむくみの正体だ。

むくみの原因は?起床直後のむくみ

指輪が抜けないほど指がむくむ原因にはいくつかタイミングで分けられる。一般的には起床直後がむくみ安いといわれており、その理由は横になっている状態だと、体が休んでいるため、また重力の影響により、顔や手や指がむくみやすいといわれている。

お酒を飲んだ後も!?

一般的にお酒を飲んだ後や食後にむくみやすいといわれている。飲みすぎや食べ過ぎによって糖分や塩分を取りすぎてしまっているために引き起るのだ。朝に張りきってコーディネートした指葉がパンパンの指で引っかかっているのならば食べすぎを心配してみよう。

長時間の同じ姿勢

新幹線や飛行機など、長時間同じ姿勢になっているとむくむという話を聞いたことがあるだろう。これは長時間同じ姿勢でいることで、血液の循環が悪くなって起こるためだ。特に指先や足は、心臓から遠いこともあり血液の循環悪くなりやすい。

鉄分不足でもむくみが!

鉄分不足。特に女性には悩みが尽きない生理に合わせて起きやすい現象で、生理による出血で鉄欠乏性貧血が起こり、貧血のせいでむくみが起きることもある。コーディネートでおしゃれに気を付けることは素晴らしいが、健康状態にも目を向けてほしい。

むくみ解消法で抜けない指輪を外す!

むくみのせいで指輪が抜けないのだから、そのむくみを解消すれば指輪は抜けるはず!まずはむくみを解消することから、指輪を抜くよう取り組んでみよう。抜けさすれば、再びコーディネートを楽しむだけだ!

【むくみ対処法①】簡単マッサージでむくみを解消

用意するものはハンドクリームだけ。ハンドクリームを塗り、滑りをよくする。そして、指の付け根から指先に向かって指圧するだけで指の血流がよくなる。これによって、たまった老廃物を押し流して指のむくみが取れるのだ。リラックス効果もあり、むくみで焦っていた気持ちも落ち着くだろう。

【むくみ対処法②】ツボを刺激!

マッサージと同様ではあるが、ツボを刺激することも有効な方法だ。手の甲側にある、親指と人差し指の骨が交わる場所から、少し人差し指のキワにあるくぼみを「合谷」と呼ぶ。ここを押すと、頭痛や目の疲れなど、全身の痛みを緩和することから万能ツボとも呼ばれている。むくみにも効果的だ。

【むくみ対処法③】起床直後は効果てきめん!?バンザイブラブラ

起床直後に効果が高い方法で、手を心臓よりも高い位置にし、ブラブラと腕を動かすことで効果がある対処法だ。手を心臓よりも高く上げることで、水分を下げる働きがあり、さらに腕を動かすことで、筋肉をほぐし手の緊張を和らげる効果がある。簡単ではあるが一時的でもむくみを解消できる簡単な方法だ。

【むくみ対処法④】指を冷却!

一時的な簡単な方法はほかにもある。それが指を冷やす対処法だ。流水などで手を30秒程度冷やすことで、腕を上げたときと同じ効果を得ることができる。プラスで指を少し動かしてあげれば、同じようにむくみが引き、指輪が取れやすくなるという技だ。

【むくみ対処法⑤】適度は運動!グーパー運動

運動すれば血液の流れをよくすることができるが、さすがにランニングなどを行うわけにもいかないと思う。そこで有効なのが手だけで行うグーパー運動。両手をまっすぐ伸ばし、手のひらを下に向け、大きく指を開いて、次に閉じる。このグーパーを行うだけで指先の血流が改善されてむくみが取れる。

【抜けない指輪解消法①】滑りをよくする

むくみを取ることももちろん効果的だが、それ以外の方法も試していこう。まずは指と指輪の滑りをよくすることからだ。水でぬらす、石鹸や油で滑りやすくし、指輪との間になじませることで滑りをよくしよう。そうすることで、ゆっくりと指輪を回しながら押していくと取れやすくなる。

【抜けない指輪解消法②】糸を使って徐々に抜く

意外な方法に糸を用いた対処法がある。家にある糸なら何でもよい。まずは糸を指と指輪の間に通す。第1関節から第二関節の間に指先側の意図を巻き付け、リングを回しながら糸の上を滑らしていくとゆっくりと抜けていくという技だ。糸によってできた隙間を利用して指輪を抜いていく方法だが、うっ血にも注意して使おう。

【抜けない指輪解消法③】指を縛って抜く

指を縛ると聞くとおっかないが、リボンなどの幅があるひも状のものを使う方法だ。表面がつるつるしていればなおよい。方法はm指先から、すこしきつめに巻いていく。そして、リボンが指輪までたどり着いたら抜けない指との間を通して、あとは巻き付けたリボンを巻いた方向とは逆にほどくように抜くだけだ。こちらもうっ血には要注意の方法だ。

【抜けない指輪解消法④】抜けやすい時間帯を狙う

簡単な方法は多数あるが、時間帯にも注意してほしい。実は指が痩せている時間帯という者が存在する。夕方や夜になるとむくみやすく、逆に朝から午前中にかけては細くなりやすいのだ。その時間帯を狙ってみるだけで、意外に簡単に抜けることがある。また、この方法であれば、指にもコーディネートした指輪も傷をつける心配がないので優しい。

【抜けない指輪解消法⑤】リングカッターでひと思いに

せっかくおしゃれにコーディネートしたのに、切ることはもったいない気持ちはわかるが、緊急時にどうしてもというならこの方法もある。一般販売されているリングカッターなどがあるので、そのアイテムを使って取り除く方法だ。

簡単ではあるが、せっかく買ってコーディネートした一品が壊れるので、あまりお勧めできない方法だ。まだ糸を使って少しうっ血する方がましだと思う人もいるかもしれない。

大至急!抜けない指輪を外す方法

大至急で外したい。でもリングカッターもなくうっ血の心配もある場合は、最寄りの病院やあるいは消防署でも指輪を切ってくれるものがある。抜けない指輪は意外にも珍しくはないので、切ったことのある経験者も多い。リングカッターを使うのが怖い人も、自分でする勇気がない場合はここのほうが安全に確実に対処してくれる。

ビール酵母の効果と効能まとめ!健康に良い栄養を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

抜けないと慌てないで!ポイント解説

指輪を抜くうえで何よりも大切なことが力を抜くことだ。抜けない指輪を見て焦る気持ちがあると、ついつい力んでしまう。そうすると、さらに抜けない悪循環に陥ってしまう。手の力を抜けば案外簡単に抜けることもあるのだ。

また、指はその構造所、関節に引っかかりやすくはなっているもの。焦って勢いよく抜こうとすると抜けないことは多々ある。まずは力を抜いて、少しずつずらすだけでも抜けない指輪は動いてくれるものだ。指輪が関節を超えればあとはするりと取れるだろう。

もしかすると病気の可能性も?

抜けない指輪を見て「ただむくんでいるだけ」と安易に考えると恐ろしい目に合う可能性もある。むくみによる病気の危険性もあるのだ。そんなむくみに関係する病気も知っておこう。

指輪が抜けないだけじゃすまない!?腎性浮腫

指輪が抜けないむくみは水分や塩分が滞ることで起こる。その原因が腎臓の異常による可能性がある。腎臓の機能が低下すると、余分な水分や塩分がうまく排出されなくなる。そうすると、たまりやすくなり体内の水分も調節できなくなるため、むくみとして症状がでる場合があるのだ。

抜けないむくみの原因は心性浮腫?

心臓の機能が低下することでむくみを引き起こすこともある。心臓が全身の血流に関係しているのだが、その心臓に異常があると、体内に水分やナトリウムがたまり、全身にむくみが発生する可能性ものある。夕方から夜間にかけて症状が強く現れたり、よく指輪が抜けないと感じるのであれば注意が必要だ。

むくみの種類も疑って!内分泌生浮腫

この病気によっておこるむくみはほかのむくみとは少し違う。指輪が抜けないことには変わらないのだが、他のむくみと違って指で押してもあとが残らずすぐに戻ってくるのだ。これは甲状腺機能の低下で引き起るむくみなので、指輪が抜けないのはいつものことと安心していると痛い目に合う。

栄養が取れてない?栄養障害性浮腫

指輪が抜けないから食べすぎや飲みすぎなんだと思い込んではだめだ。じつは栄養が極度に取れていないときもむくみは発生する。それがこの病気だ。偏食などでビタミンが不足し、脚気になっているときに現れることがあるものだ。飲みすぎた後に指輪が抜けないと、ついつい時間がたつと治るように思いがちだが侮れない病気なので注意が必要だ。

指輪が抜けない時はまず落ち着いて

指輪が抜けないとついつい焦ってしまう。その時に応じて最適な方法を選んでもらうためにも、まずは落ち着いて対処法を選んでほしい。ときにはせっかくコーディネートした指輪でも切断するしかないかもしれないが、指葉だけに注目せずに自分の健康状態にも一度目を向けてほしい。


評価 3.7/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ