最近、靴屋に行くと「スエード」という言葉を聞くけれど、どんな素材か細かくは知らないメンズは多いはず。スエードとは、酸を用いてなめした後に、片面をけば立たせる処理を施したレザー革靴のこと。今回はスエードの材質と特徴、夏に向けた手入れの方法をご紹介。

スエードとは一体なに?生地や材質、特徴などを詳しくご紹介!

目次

  1. スエード靴とはどんな靴
  2. スエード靴のルーツと製法
  3. スエード靴の材質
  4. スエード靴とコーディネイト
  5. スエード靴のお手入れ方法
  6. スエードについてのまとめ

スエード靴とはどんな靴

最近、靴屋に行くと「スエード」という言葉を聞くけれど、そもそもスエードとはなに、どんな素材か細かくは知らないメンズは多いはず。スエードとは、酸を用いてなめした後に、片面をけば立たせる処理を施したレザー革のこと。靴以外にも、お財布や手袋などの袋ものに用いられる生地でもある。今回はスエードの材質と特徴、夏に向けた手入れの方法をご紹介。

スエード靴のルーツと製法

名前の由来はスウェーデン

スエードとは何を表す言葉なのかというと、語源はスウェーデンに由来する。もともとは手袋用の革材料として用いられることが多かった。これがフランスで靴材料として使用され、人気を博しスウェーデン由来の意のスエードと呼ばれるようになった。

スエード靴の製法

スエードは酸性の液体を使用してのなめし工程の後に、裏面をサンドペーパーやブラシなどで毛ば立たせる作業が特徴である。このなめし処理を施す面が表面であればヌバックと呼ばれる。また、スエードと同じく裏面を毛ば立たせるが、毛足が長いものはベロアと呼ばれて区別される。

スエード靴の材質

スエード靴の材質

スエードとはなにと質問されると、生地材料に子羊や子牛の革を用いることが挙げられる。革生地は、き心地がよく高級感がある。また、革生地であるため撥水性に優れる。これに加えて防水スプレーなどで処理を施しておけば、雨の日も安心してお出かけすることができる。

スエード靴の名称と材質

一方で合成皮革を用いて、スエードと同じように起毛させた製品もありますが、製品名としては合成皮革となる。似たような製品に綿素材を用いたコットンスエードもある。違いをきちんと理解して、納得のいく製品を選択しよう。

スエード靴とコーディネイト

いろいろな衣装に使える

全体のコーディネートでも、フォーマル・カジュアルを問わず合わせやすいため、一足持っているとおしゃれの幅が広がること間違いなし!例えばカジュアルの場合、Tシャツとハーフパンツと合わせるだけでも足元が引き締まり、おしゃれを演出してくれる。

カジュアルに合わせる

ラフな感じにしたいなら、カジュアル用のスエードもあるので、自分のコーディネートに合わせて見比べてみるのがおすすめ。またスエードはカラーバリエーションも豊富なので、自分に合った一足をこの夏に探してみるのも一興だろう。

フォーマルに合わせる

フォーマルな装いにもスエードは合わせることができる。例えばスーツ系の黒系のトップスにデニムをあわせ、明るい色のスエードで足元を固めると、堂々とした雰囲気の中にワンポイントを添えることができる。普通のネクタイスーツにも、色合いの違うスエードを履くことで回りと違うおしゃれが演出できるだろう。

スエード靴のお手入れ方法

スエードのお手入れ

スエードは革靴なので汚れやすいので、豆にお手入れする必要がある。でも、なにでお手入れすればわからない人も多いはず。でも、安心して下さい。方法は簡単、きちんとお手入れすることで、長持ちするし清潔な印象を与えることができる。面倒でもきちんと方法をマスターしたいところ。

まずは目立つ汚れを濡らした布でふき取る。泥程度であればこの手法で構いまないが、落ちにくい汚れであれば専用の汚れ落としを購入して使用する方が、靴へのダメージを減らせる。これらのよごれ落としは靴屋や最近ではインターネットでも購入することができる。

埃などの軽いゴミはブラシで取り除く。この場合のブラシも可能であれば、専用のブラシを用いたほうが靴に傷をつける心配がないので安心である。ブラシを用いると毛足が乱れるので、ゴミを取り除いた後は、毛足をきちんと寝かせるように整えよう。最後に、色あせを防ぐためにスプレーをふけば万全だ。

スエードについてのまとめ

スエードの由来から特徴、お手入れまで一連の流れで説明したが、スエードとは酸でなめした革の裏面を起毛させた材料をもちいた靴。革材料の履き心地の良さと撥水性という機能面と、カジュアル・フォーマルどちらのスタイルにも合わせやすいコーディネート面を兼ね備えている。

一方でお手入れに手間がかかる靴で、よごれをきちんと落とすブラシやスプレーを取りそろえる必要がある。そのぶん愛着も沸き、一足手元にあれば、あなたの足元の頼れる相棒になるかもしれない。


評価 3.4/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ