グルメならおさえておきたい日本酒の美味しい飲み方やマナーについてまとめました。熱燗や冷酒など日本樹の飲み方の種類はバラエティ豊か。日本酒に最適な飲み方やマナーを知っておくことで、グルメも大満足の美味しい時間を楽しんでいきましょう!

日本酒の美味しい飲み方は?熱燗や冷酒など抑えておきたいポイント

目次

  1. 日本酒の美味しい飲み方が知りたい!
  2. 日本酒にはどんな種類がある?
  3. 夏にぴったりな日本酒の飲み方の種類
  4. 冬におすすめしたい日本酒の飲み方の種類
  5. 知っておきたい!日本酒熱燗の美味しい作り方・飲み方
  6. 日本酒の美味しい飲み方には欠かせないマナー
  7. 日本酒と相性ばっちり!軟骨つくねのレシピ
  8. 日本酒の美味しさを引き立てる牛もつ煮込みのレシピ
  9. 美味しい日本酒グルメを堪能できるナス田楽のレシピ
  10. 日本酒の飲み方やマナーを知って、美味しく飲もう!

日本酒の美味しい飲み方が知りたい!

グルメを満喫できる日本酒の美味しい飲み方とは

日本酒グルメを満喫するためには飲み方にしっかりとこだわることが大切になります。日本酒は、冷酒や熱燗など飲み方によって違った味わいを楽しめるようになるので最適な飲み方を選択するのが重要なキーポイント。日本酒の美味しさをしっかりと引き出すためにぴったりな飲み方を選んでいきたいですよね。

飲む時のシチュエーションや合わせる料理によっても日本酒の飲み方の種類は微妙に異なります。グルメにぴったりな日本酒の飲み方を取り入れることによって、素敵な時間を過ごせるように。また、日本酒を飲む上で知っておきたいマナーもあるので日本酒初心者の方は要チェックです。

日本酒の飲み方の種類やマナーを知ろう

「日本酒の美味しい飲み方ってどんなものがある?」「熱燗や冷酒などの飲み方や、日本酒グルメのマナーについて知りたい!」というときにぴったりな日本酒の情報についてまとめました。日本酒の飲み方やマナー、日本酒にぴったりな料理レシピをチェックして素敵な日本酒タイムを堪能してみませんか?

日本酒は太る?太らない?ダイエット中でも安心の太らない飲み方とは? | MensModern[メンズモダン]

日本酒にはどんな種類がある?

精米歩合によって変わる日本酒の種類

日本酒を購入する前に知っておきたいのが日本酒にはどのような種類があるのかということ。日本酒の種類を決めるのは精米歩合です。玄米をどれくらい削ったかをしめすのが精米歩合。

日本酒は玄米をたくさん削って中心部分に近いものを使ったほうが上質な香りを楽しめるようになります。精米歩合40%とあれば、60%の表面を削ったということになるのでパッケージをチェックしてみましょう。

日本酒の種類によって最適な飲み方は異なる

日本酒は精米歩合によって大吟醸や吟醸酒、純米酒、純米大吟醸、純米吟醸、本醸造酒、特別本醸造酒・特別純米酒といった種類に分けることができます。日本酒の種類によって最適な飲み方が変わってくるので、まずは日本酒の種類を知っておきましょう。店員さんに相談しながら選んでいくと良いかもしれませんね。

焼酎と日本酒の違いは?すぐわかる抑えておきたいポイントを比較! | MensModern[メンズモダン]

夏にぴったりな日本酒の飲み方の種類

夏には冷酒の飲み方が最適

それでは基本的な日本酒の飲み方をチェックしていきましょう。夏におすすめしたいのが冷酒。日本酒を冷やして飲むタイプの飲み方です。キリッと冷えた冷酒であれば、暑い夏の日でも美味しく日本酒を飲むことができます。氷を詰めたちろりの中に日本酒を入れて冷酒にすれば最後まで冷たいままで飲めるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

みぞれ酒もおすすめ

暑い夏の日はみぞれ酒にするのもおすすめの方法。日本酒を凍らせた状態でグラスに注ぐことでシャーベット状になり、ひんやりとした美味しさを楽しむことができる飲み方です。暑くてさっぱりと冷たいものが飲みたい、という時はみぞれ酒にした日本酒をいただいてみてはいかがですか。

冬におすすめしたい日本酒の飲み方の種類

冬は熱燗がぴったり

冬といえば、やっぱり熱燗が欠かせないですよね。日本酒は熱燗にすることによって芳醇な香りが増し、ふくよかな味わいを楽しむことができるようになります。体の内側から温めてくれる熱燗は冷えやすい冬の日にもぴったり。熱燗は自宅でも気軽に作ることができるので、今日は寒いな、と感じた時は作ってみてはいかがですか。

たまご酒やしょうが酒の飲み方も美味しい

体を温めたい時におすすめの飲み方がしょうが酒やたまご酒。しょうがを入れることによって体の内側からポカポカに温まり、血流がよくなります。ほんのりとした甘みを感じられるたまご酒もおすすめ。1日の終わりにほっと一息つきたい時にぴったりな飲み方です。季節や自分の体調に合わせて最適な日本酒の飲み方を選んでくださいね。

知っておきたい!日本酒熱燗の美味しい作り方・飲み方

日本酒の熱燗の美味しい作り方

熱燗の作り方は簡単。鍋にお湯を沸騰させたら火を止め、日本酒を注いで口にラップをした徳利を入れます。3分ほどつけて、徳利の底が熱くなっていたら完成。

アルコールが飛ばないように素早く温めよう

長時間お湯につけているとアルコールや香りが飛んでしまう場合があります。徳利の口にはラップをし、熱湯で素早く温めるのがポイント。

日本酒の美味しい飲み方には欠かせないマナー

和らぎ水を一緒に飲むのが日本酒のマナー

日本酒のマナーとして取り入れておきたいのが和らぎ水をしっかり飲むこと。水と一緒に日本酒を飲むことで、翌日の二日酔いを防ぐことができます。日本酒ばかり飲んでいると悪酔いすることもあるので、和らぎ水で調整してくださいね。

和らぎ水には料理やお酒を美味しくする効果も

和らぎ水によって口の中をさっぱりとさせることで、料理やお酒の美味しさもしっかりと感じられるようになります。日本酒を嗜むマナーとして和らぎ水を欠かさないようにしましょう。

おすすめの美味しい日本酒は?初心者の方やプレゼントに最適なものは? | MensModern[メンズモダン]

日本酒と相性ばっちり!軟骨つくねのレシピ

軟骨つくねに必要な材料

美味しい日本酒の飲み方をチェックできたら、日本酒にぴったりなグルメを選んでいきたいですよね。コリコリとした食感を楽しむことができる軟骨つくねは日本酒と相性抜群です。甘辛な味付けが日本酒と絶妙にマッチし、美味しくいただくことが可能。冷めても美味しいので、お弁当のおかずとしても使えるのが嬉しいポイントです。

軟骨つくねに必要な材料は、鳥軟骨150g、鳥ひき肉300g、長芋50g、卵黄3個、玉ねぎ1/3個、大葉10枚、生姜小さじ1/2、日本酒大さじ2、片栗粉大さじ2、塩小さじ1/2、醤油大さじ2、みりん大さじ2、日本酒大さじ2、砂糖大さじ1、山椒になります。ピリッとした辛味を加えたい時は七味唐辛子をプラスしましょう。

グルメも大満足のレシピ

鳥軟骨と玉ねぎはみじん切りにしてからボウルに入れ、鳥ひき肉とすりおろした長芋もプラスします。塩・片栗粉・おろした生姜・日本酒・山椒・片栗粉を加えたら粘りが出るまでしっかりと混ぜ合わせましょう。タネを10等分にしたら丸め、大葉で巻いていきます。

油をしいたフライパンにのせ、両面がこんがりするまで焼いてください。砂糖・みりん・日本酒・醤油を混ぜ合わせものを加えて蓋をし、中まで熱を通します。味を全体にしっかりとからめたら完成。お皿に盛り付けて卵黄を添えます。

日本酒の美味しさを引き立てる牛もつ煮込みのレシピ

牛もつ煮込みに必要な材料

牛もつ煮込みは日本酒グルメを堪能したい時にぜひ取り入れておきたいレシピ。牛もつのボリューム感のある風味が日本酒の美味しさを引き立たせてくれます。いろいろな野菜を入れれば栄養バランスもバッチリ。多めに作っておけば、さまざまなアレンジをすることもできるのも嬉しいポイントです。ぜひ牛モツ煮込みを楽しんでみてはいかがですか。

牛もつ煮込みに必要な材料は、牛もつ300g、八丁味噌100g、大根10cm、ゆで卵2個、料理酒100ml、砂糖大さじ4、だし150ml、生米大さじ1になります。お好みに合わせてニンジンやごぼうといった根菜類を入れても美味。刻んだネギをトッピングするとアクセントになって美味しくいただくことができます。

気軽に作れるレシピ

鍋に水と乱切りにした大根、生米を入れて下ゆでをします。大根に熱が入ったら取り出しましょう。牛もつを食べやすい大きさにカットしたら下ゆでをしてあげておきます。だし・料理酒を鍋に入れてひと煮立ちさせ、砂糖もプラス。八丁味噌を溶き入れます。

ひと煮立ちさせたら牛もつと大根を加え、弱火で10分ほど煮込んでください。ゆで卵をプラスしてから5分ほど煮込み、味が全体になじんだら完成です。

美味しい日本酒グルメを堪能できるナス田楽のレシピ

ナス田楽に必要な材料

小料理屋さんで食べるような美味しいナス田楽も自宅で気軽に作ることができます。甘辛いナス田楽の美味しさは日本酒にぴったり。ナスのジューシーな美味しさが日本酒と絶妙にマッチします。田楽味噌はこんにゃくなど他の具材に付け合わせても美味しくいただけるので、ぜひいろいろなアレンジを楽しんでみてはいかがですか。

ナス田楽に必要な材料は、赤茄子1本、ごま油大さじ1、砂糖大さじ1、赤味噌大さじ1、めんつゆ大さじ1、みりん大さじ1、すりごま大さじ2になります。赤茄子がなければ、普通のナスでもOK。トッピングとして刻んだあさつきをのせても美味しくいただけます。

簡単なレシピ

ナスを3cmの厚さにカットしたら両面に十字の切り込みを入れ、水にさらします。水にさらしてアクをとったらキッチンペーパーで水気を拭き取りましょう。フライパンにごま油をしいたら、ナスがこんがりするように焼きます。

アルミホイルの上に焼いたナスをのせたら、混ぜ合わせた砂糖・赤味噌・めんつゆ・みりん・すりごまを塗りましょう。トースターで5分ほど焼いてしっかり中まで熱が通ったら完成です。

日本酒の飲み方やマナーを知って、美味しく飲もう!

さまざまな飲み方ができるのが日本酒の魅力。シチュエーションに合わせてぴったりの飲み方を楽しんでくださいね。


評価 4.3/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ