日本酒グルメを楽しむための保存方法や温度の管理についてまとめました。日本酒を保存する時は常温などの温度に気をつけることが大切。開封後でも日本酒の保存方法は異なるので、グルメを楽しむためにしっかりとチェックしていきましょう!

日本酒の正しい保存方法は?常温で大丈夫?気をつけるポイント

目次

  1. 日本酒の保存方法はどうすれば良い?
  2. 日本酒の保存期間に賞味期限はある?
  3. 日本酒は常温で保存ができる?最適な温度とは
  4. 日本酒の正しい保存方法とは
  5. 開封後の日本酒はどうすれば良い?
  6. 日本酒と絶妙にマッチ!野菜の揚げ浸しのレシピ
  7. ボリューム感のある手羽先焼きのレシピ
  8. お弁当にも使える!軟骨大葉つくねのレシピ
  9. アジのなめろうも日本酒にぴったりなグルメ
  10. 日本酒の保存方法を知って、美味しく飲み切ろう!

日本酒の保存方法はどうすれば良い?

日本酒グルメを楽しむためには保存方法も大切

最後まで日本酒グルメを楽しむために欠かすことができないのが正しい保存方法。正しい温度下でしっかりと保存をすることで日本酒の美味しさをキープすることができるようになります。逆に間違った方法で日本酒を保存していると思わぬ劣化を招くことも。そういったアクシデントをふせぐためにも、しっかり日本酒の保存方法を知っておきたいですね。

日本酒は種類や開封前後によっても保存方法が異なってきます。大丈夫だと思っていた保存方法では実は間違っていた、ということも。日本酒は美味しさを保つためにしっかりと正しい保存をすることが需要になります。せっかく購入した美味しい日本酒を最後まで飲みきるために基本的な保存方法をちぇっくしておくことが重要。

日本酒の正しい保存方法を知ろう!

「日本酒グルメを最後まで楽しむために正しい保存方法を知りたい!」「日本酒は開封前後では保存方法が異なる?」「日本酒に最適な温度はどのくらい?」といったように日本酒の保存方法に関する疑問と解説をまとめました。美味しい日本酒を手に入れた場合は、正しい保存方法を活用して最後まで飲みきりましょう!

日本酒の美味しい飲み方は?熱燗や冷酒など抑えておきたいポイント | MensModern[メンズモダン]

日本酒の保存期間に賞味期限はある?

飲み頃によって決めておきたい日本酒の賞味期限

日本酒は基本的に賞味期限はありませんが、美味しく日本酒をいただくためには区切られた期間内に飲みきるのがおすすめです。開封前の日本酒であれば、製造年月から1年以内に飲むのがおすすめ。生酒であれば製造年月から7カ月以内に飲むようにしましょう。

熟成度合いによって好みの味を楽しもう

熟成度合いによって日本酒を楽しむのもおすすめの方法です。日本酒は購入してからすぐに飲むのも良いですが、しばらく保存をして熟成させても美味しくいただけるのが魅力。同じ種類を数本購入して、味の違いを楽しんでみるのもおすすめです。

日本酒の賞味期限ってどのくらい?開封後と未開封それぞれの場合 | MensModern[メンズモダン]

日本酒は常温で保存ができる?最適な温度とは

火入れしてある日本酒なら常温の温度下で保存が可能

火入れしてある開封前の日本酒であれば日本酒常温の温度下で保存することが可能です。ただし、夏場の高温にさらしておくと日本酒の劣化が進む可能性があるので暑すぎる温度である場合は常温ではなく冷蔵庫へ入れましょう。

生酒は高い温度に弱いので冷蔵庫で保存しよう

生酒の日本酒は火入れをしていないので高い温度に弱く、常温保存には向いていません。生酒の日本酒を購入したらなるべく早く冷蔵庫に入れて常温ではなく冷蔵で保存するようにしましょう。

日本酒の正しい保存方法とは

日本酒は光に弱い

日本酒は光に弱いお酒です。太陽の紫外線により日本酒の成分が変化してしまうため、劣化も早まるので要注意。日本酒を保存する時は太陽光を避けましょう。

新聞紙に包むか箱に入れて保存

日本酒を新聞紙で包むか箱に入れたまま保存をすることで劣化を防ぐことができます。美味しい日本酒を劣化させないように気をつけてくださいね。

開封後の日本酒はどうすれば良い?

日本酒は空気に弱い

日本酒は空気に触れると酸化が進み、劣化も早くなります。開封して飲みきれない場合はすぐに蓋をして冷蔵庫に入れておくのがおすすめ。

開封したらなるべく早めに飲み切ろう

日本酒の美味しさを損なわないために、開封をしたらなるべく早く飲みきるのがベスト。開封から3〜4日の間には飲みきるようにしましょう。

日本酒は太る?太らない?ダイエット中でも安心の太らない飲み方とは? | MensModern[メンズモダン]

日本酒と絶妙にマッチ!野菜の揚げ浸しのレシピ

野菜の揚げ浸しに必要な材料

それでは、美味しく保存をした日本酒と相性ぴったりな料理レシピもチェックしていきましょう。食中酒でもある日本酒は美味しい料理と組み合わせることによって、さらに日本酒の旨味を引き立たせることができるようになります。野菜の甘みを感じられる揚げ浸しはおすすめのレシピ。日本酒との相性がばっちりです。

野菜の揚げ浸しに必要な材料は、オクラ4本、ナス1本、ズッキーニ1本、アスパラ3本、パプリカ1個、かぼちゃ100g、だし100ml、醤油大さじ1と1/2、みりん大さじ1と1/2。入れる野菜は好みに合わせてアレンジしてみましょう。万願寺唐辛子など油と相性の良い野菜を加えると美味しくいただくことができます。

日本酒グルメを楽しめるレシピ

ナスは半分に切ってから縦に4等分にし、水にさらしておきます。ズッキーニは輪切り、かぼちゃは7mm程度の厚さにカットし、アスパラは根元を切り落としてから3等分にしましょう。オクラはガクをとり、パプリカは種とヘタをとって7mm幅にカット。

170℃に熱した揚油で野菜に火が通るまで揚げていきます。ナスはしっかりと水気をきってから素揚げにしましょう。軽く油を切ったらだし・醤油・みりんを混ぜ合わせたものに漬けます。冷蔵庫で1時間ほど漬けたら完成。

ボリューム感のある手羽先焼きのレシピ

手羽先焼きに必要な材料

ボリュームのある手羽先のおつまみを楽しみたい時におすすめなのが手羽先焼き。ピリッとした甘辛のタレをつけることによって日本酒に絶妙にマッチする味わいに仕上げることができます。手羽先のジューシーな味わいも魅力。焼きたてはもちろんのこと、冷めても味が馴染んで美味しくいただけるのが嬉しいポイントです。

手羽先焼きに必要な材料は、手羽先6本、生姜とニンニク各ひとかけら、コチュジャン小さじ1、醤油小さじ4、酒小さじ4になります。付け合せとしてクレソンを添えると、風味がアップ。辛味をもっとプラスしたい時は七味唐辛子をふりかけましょう。仕上げにゴマをかけるとこうばしい風味になります。

グルメも大満足のレシピ

ビニール袋にコチュジャン・酒・醤油・すりおろした生姜とニンニクをいれたら手羽先も加え、味を揉み込みます。そのまま冷蔵庫に入れて15分ほど寝かせましょう。つけ汁を軽く落としてからグリルに手羽先をのせ、両面をこんがりと焼きます。つけ汁が付いているので、焦がさないように気をつけてください。中まで熱が通ったら完成です。

お弁当にも使える!軟骨大葉つくねのレシピ

軟骨大葉つくねに必要な材料

軟骨のコリコリとした食感とつくねのふんわりとした食感が絶妙にマッチしたレシピです。大葉を加えて爽やかな風味をプラスすることで日本酒とも相性ぴったりな味わいに。クセになる美味しさです。冷めても美味しくいただけるので、お弁当のおかずに入れるのもおすすめ。多めに作ってストックしておくと便利です。

軟骨大葉つくねに必要な材料は、白ネギ1/4本、鳥ひき肉200g、やげん軟骨20g、生姜ひとかけら、塩小さじ1/4、卵1/2個、大葉、みりん大さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1、砂糖大さじ1/2になります。付け合せとして卵黄を添えるのがおすすめ。つくねを食べる時に卵黄をつけるとまろやかな味わいがプラスされます。

気軽に作れるレシピ

ネギと生姜、軟骨はみじん切りにしておきます。鳥ひき肉と塩をボウルに入れたら粘りが出るまでしっかりこねましょう。溶き卵を加えてさらにしっかりとこねます。ネギと生姜、軟骨を加えてなじませるようにこねたら、食べやすい大きさに成形。成形したタネを大葉で包みます。

油をしいたフライパンでタネの両面を焼き、焼き色がついたら混ぜ合わせておいた醤油・酒・みりん・砂糖を混ぜ合わせた調味料を流し入れます。水分を飛ばしながら味をからめ、とろみがつくまで加熱。つくね全体にしっかりと味がついたら完成です。

アジのなめろうも日本酒にぴったりなグルメ

アジのなめろうに必要な材料

アジのなめろうは日本酒との相性ぴったり。脂がのったアジが日本酒の美味しさをワンランク上に引き上げてくれます。なめろうというと難しいイメージがあるかもしれませんが、実はとても簡単。薬味をたっぷり入れることで魚のくさみがとれ、美味しくいただくことができます。余ったらつくねにして焼いても美味しいので、ぜひ作ってみてはいかがですか。

アジのなめろうに必要な材料は、アジのお刺身2尾分、生姜ひとかけら、大葉6枚、ミョウガ3個、万能ネギ、味噌大さじ1、醤油になります。万能ネギはたっぷり入れたほうが美味しく仕上げることができるので、多めに刻んでおきましょう。味噌の量を少なくして豆板醤を加えると辛味がプラスされ、食が進みます。アレンジも楽しんでくださいね。

簡単レシピ

刺身用のアジは軽く包丁で叩いて細かくしておきましょう。大葉・生姜・ミョウガ・万能ネギは細かく刻んでおきます。細かく刻んだ薬味類と味を合わせ、全体を馴染ませるように包丁で叩いてください。味噌を加えたら、全体に味がなじむようにさらに叩いていきます。アジに粘りが出るまで叩いたら、仕上げに醤油を数滴たらして混ぜ合わせたら完成。

日本酒の保存方法を知って、美味しく飲み切ろう!

せっかく美味しい日本酒を手に入れたのなら、保存方法にもこだわることが大切。正しい保存方法を取り入れて、美味しい日本酒を最後まで楽しんでくださいね。


評価 5.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ