スーツを着ている人は毎日着るワイシャツ。毎日着ていると黄ばみできてきます。洗濯したら落ちると思ってそのまま洗濯すると黄ばみが取れていないことがあります。毎日着るワイシャツを簡単に白くする方法を知っていると、清潔感のあるイメージが持たれます。

ワイシャツの黄ばみの取り方とは?真っ白にする簡単裏技・方法まとめ

目次

  1. ワイシャツの黄ばみは本当に簡単にとれるのか
  2. ワイシャツの黄ばみはなぜできるのか
  3. ワイシャツの黄ばみができる部分は
  4. ワイシャツの黄ばみを真っ白にするのは白のワイシャツだけなのか
  5. ワイシャツの黄ばみは男性と女性どちらもできるのか
  6. ワイシャツの黄ばみを簡単に取るために必要なものは
  7. ワイシャツの黄ばみの簡単な取り方
  8. ワイシャツの黄ばみを簡単に取る裏技はあるのか
  9. ワイシャツの黄ばみの取り方はつけ置きなどが必要な場合もあるのか
  10. まとめ:ワイシャツの黄ばみを簡単に取って清潔感のある男性になろう

ワイシャツの黄ばみは本当に簡単にとれるのか

ワイシャツの黄ばみは必ずといっていいほどつきます。最近では黄ばみを取るための専用の洗剤も出ています。使ってみようと手にとったことのある人もいるのではないかと思います。

黄ばみを取る専用の洗剤を使用したことがある人は知っているでしょうが、すぐに効果見られるとは言えません。使用方法や黄ばみの度合いなどにもよるのでしょうが、少し時間を置かなければ効果がない場合もあります。

ワイシャツの黄ばみは早めに取ることが重要なのでしょうか。黄ばみがひどくないうちに取るほうが綺麗になるようには感じられます。しかし、いつも黄ばみを綺麗にするための一手間かけられるでしょうか。面倒に感じる人もいるように思われます。

しかし、ワイシャツの黄ばみを取る方法は色々とあるようです。黄ばみを取るための洗剤以外にも、身近にあるものなどで簡単に出来る裏技を見つけてみたいと思います。

ワイシャツの黄ばみはなぜできるのか

特に白のワイシャツの黄ばみは様々な箇所が目立ちます。黄ばみの原因は汗と思っている人が多いと思いますが、色々な原因があると言われています。ワイシャツの黄ばみで誰もが目にするのは襟周りになります。

襟周りは皮脂腺からの脂が酸化することで黄ばむと言われています。襟周りは顔や首などの皮脂を吸収する場所となってしまうことで黄ばみやすいと言われています。そのため、女性でも男性でもよく着ているワイシャツなどは、白だけでなくても黄ばみがあるかと思います。

周りから見てわかるワイシャツの黄ばみは脇の黄ばみになります。脇の黄ばみは誰でもなるというイメージがありません。脇も同じように皮脂により黄ばむと言われています。しかし、皮脂の分泌が多くなる30代くらいから脇の黄ばみなどが出てくる場合があるようです。

脇の黄ばみはワキガが原因なのではとも言われています。ワイシャツの黄ばみは体臭の原因にもなります。体臭がきつい人は黄ばみやすいとされているので、普段の衣類なども黄ばみはなくても匂いはあるように感じられます。

ワイシャツの黄ばみができる部分は

ワイシャツの黄ばみが出来る場所は襟周りが一番多いです。襟の一部分だけという人から、襟周り全体が黄ばんでいる人と個人差があります。また、同じワイシャツを着ている頻度などにもより違いもあるかと思います。

ワイシャツの黄ばみは脇にもできやすいです。脇の黄ばみは広範囲になります。またとても目立つ部分になるので気になる人は多いと思います。

一般的なワイシャツの黄ばみは襟と脇ですが、全体的に黄ばむ場合もあります。袖の部分などは長袖を着用している場合は黄ばむ場合があります。しかし、全体となると、襟はもちろん様々な部分が黄ばむので注意して見る必要があります。

ワイシャツの黄ばみを真っ白にするのは白のワイシャツだけなのか

ワイシャツの黄ばみを真っ白にするというと、白いワイシャツだけに出来る方法に感じられるかもしれません。しかし、使う漂白剤の種類を間違わなければ、白でも色柄のワイシャツでもどちらも真っ白に綺麗にすることが可能になります。

漂白剤には、塩素系と酸素系の2つがあります。ワイシャツだけに限りませんが、衣類の汚れを落とす際に使用する場合は、気をつける必要があるので、覚えていてほしいと思います。

塩素系漂白剤

漂白成分が非常に強いので、白い衣類のみに使用することが望ましいです。商品としてはハイターが有名人になります。使用方法は書いてあるのでよく確認してほしいと思います。

黄ばみも黒ずみも除菌もできます。しかし、ワイシャツに使用する際には洗濯表示や注意事項を確認してほしいと思います。生地によっては使用できないものもあるため。注意が必要です。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤の種類は豊富にあります。ハイドハイターやオキシクリーン、シャボン玉石鹸などの粉末タイプが多いようです。黄ばみや黒ずみ除菌効果があるのは塩素系漂白剤と同じになります。

一番の違い色柄ものにも安心して使用することができることです。また、どのような素材にも使用できるので、使いやすい漂白剤になります。粉末タイプが多いように感じられますが、液体タイプもあります。どちらも用途は同じですが、成分の違いなどがあり、効果にも差が出ることがあるようです。

ワイシャツの黄ばみは男性と女性どちらもできるのか

スーツなどを着用する場合には男性は必ずワイシャツを着用します。女性もワイシャツは着用しますが、色々な着こなしが出来るためにワイシャツのみという選択肢は少ないように感じられます。

しかし、ワイシャツは普段着として着ている姿を見かけることも増えています。そのため男性でも女性でもワイシャツの黄ばみはつくのかという疑問を持たれる人もいるかもしれません。

男性も女性もワイシャツの黄ばみはできます。しかし、仕事でよくワイシャツを使用する男性などは特にワイシャツの黄ばみが付きやすいようにも感じられます。

男性も女性もワイシャツの黄ばみができやすいという人も体質などが原因になる場合もあるようです。また、脇の黄ばみについては男女ともにワキガの可能性があります。ワキガと黄ばみは関係性があるといえるようです。

ワイシャツの黄ばみを簡単に取るために必要なものは

ワイシャツの黄ばみを簡単に取るために必要とされる商品を紹介します。一番必要とされるのは、漂白剤です。色や素材などに注意することが面倒な場合には酸素系漂白剤がオススメになります。

また、ワイシャツの黄ばみの上には黒ずみなどもあります。その黒ずみなどを取ることも重要になるために必要となる物があります。それはクレンジングオイルです。クレンジングオイルは100均などに売っている物で十分です。

他には色々と使えるので便利と言われている重曹です。重曹も100均にもありますし、ドラックストアやホームセンターなど色々な場所に売っています。

あとは、あると便利なものとしてはスチームアイロンになります。スチームアイロンは裏技として使うことが出来るので、必要と感じた場合は購入することを考えてもいいかもしれません。

ワイシャツの黄ばみを防止することもできます。それが、ベビーパウダーです。ベビーパウダーは黄ばみをつきにくくしてくれる効果があるので、黄ばみが気になる人はドラックストアなどで購入して使用することがオススメになります。

ワイシャツの黄ばみの簡単な取り方

ワイシャツの黄ばみの取り方はやはり、程度の浅い状態で取る方が簡単です。しかし、ワイシャツの黄ばみが頑固な状態で黄ばみを取る人の方が多いかと思うので、頑固な黄ばみの取り方をお伝えします。

ワイシャツの黄ばみの簡単な取り方は、漂白剤のつけ置きです。この時注意することは、粉末タイプの漂白剤を使用することです。粉末タイプは液体タイプよりも効果が出やすいと言われています。

早くワイシャツの黄ばみを取って真っ白にしたい人は、クレンジングオイルや食器用洗剤を黄ばんでいる部分に使用して生地が傷まないように、歯ブラシなどで汚れを落とします。これで軽い黄ばみなら落とすことができます。

しかし、これはあくまで黒ずみを落としたに過ぎないのならば、その後に、ぬるま湯に漂白剤を入れたものに30分程度浸してから洗濯機で普通に洗濯すると真っ白になります。

ワイシャツの洗濯方法まとめ!自宅でできるしわを抑えるポイントとは | MensModern[メンズモダン]

ワイシャツの黄ばみを簡単に取る裏技はあるのか

ワイシャツの黄ばみを簡単に取る取り方には裏技があります。それは、様々な場所で使用することが出来る掃除の定番の重曹になります。ワイシャツの黄ばみの取り方の裏技として使用する際には、重曹だけではなく、一緒に酸素系漂白剤を使用します。

重曹と酸素系漂白剤を1対1の割合でぬるま湯に混ぜたペーストを作ります。それを襟や脇の黄ばみに塗ります。このあとは一番の裏技となるスチームアイロンを使用します。重曹と同じようにセスキ炭酸ソーダの方が汚れをよく落とすとも言われています。

ワイシャツの黄ばみを取るために、クレンジングオイルを襟や脇に塗って、スチームアイロンを使用する方法もあります。この時アイロンは当てずに必ずスチームだけを当てるようにすることが重要になります。

スチームアイロンは、ワイシャツの黄ばみの取り方の中で重要になります。裏技としてスチームアイロンを使用することで、ワイシャツの襟や脇の黄ばみはみるみるうちに消えて真っ白になってきます。つけ置きなどの時間が必要ないので、すぐに終わらせることが出来る点でもオススメです。

ワイシャツの黄ばみの取り方はつけ置きなどが必要な場合もあるのか

ワイシャツの黄ばみが気になるけれども、少しの手間をかけるのが面倒と思う人もいるかもしれません。そのような人は時間が必要になりますが、つけ置きすることが一番簡単に終わるようです。

つけ置きする場合に使用するのは漂白剤です。ぬるま湯に漂白剤を入れて黄ばんだワイシャツを浸すだけです。1日くらいつけ置きすると効果が現れます。

ワイシャツの黄ばみの取り方で一番簡単な方法に感じられます。しかし、この方法では頑固な黄ばみを真っ白にすることができない場合はあります。そのため、この方法は軽いワイシャツ黄ばみを真っ白くする簡単な方法と言えるようです。

まとめ:ワイシャツの黄ばみを簡単に取って清潔感のある男性になろう

ワイシャツの黄ばみは皮脂の汚れです。ワイシャツの黄ばみをそのままにしておくと、匂いの元となることもあり、周りの人を不快にさせることがあるかもしれません。そのため、手入れが必要です。

ワイシャツの黄ばみがひどくても、一度諦めないで、真っ白にする取り方を試してほしいと思います。ワイシャツの黄ばみをなくすことは日々着ているものなので、無理があります。そのため、身近にあるもので簡単に黄ばみが取れる取り方を身につけてほしいと思います。

黄ばみがないだけで、清潔感のある人と思われます。また、真っ白なワイシャツを着ているだけでも気分も上がります。いつも素敵と思える男性目指して、ワイシャツの黄ばみをなくしてほしいと思います。


評価 4.2/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ