おしゃれなバーで飲むお酒にカクテルは外せません。ウォッカやジンベースのカクテルは知られているますがラムベースのカクテルも美味しいです。自宅でもカクテルを作る人も増えていますがここではラムベースのカクテルレシピを紹介していきます。

ラムベースのカクテルレシピ集!飲みやすくて美味しい種類や人気のお酒は?

目次

  1. ラムとはどの様なお酒か
  2. カクテルに必要な道具は
  3. カクテルには種類がある
  4. ラムベースカクテルの王様
  5. メーカー指定を受けたカクテル
  6. トムコリンズのベースをラムに
  7. バーでの注文には要注意
  8. あざやかな見た目のカクテル
  9. 億万長者を夢見て
  10. 暑い日にはこのカクテル
  11. 甘さを感じる美味しいカクテル
  12. トロピカルなカクテル
  13. 女神をイメージしたカクテル
  14. 酸味が強めのカクテル
  15. ロングタイプカクテルの定番
  16. ジンジャーエールで割るだけカクテル
  17. これ以上ない最高のカクテル
  18. これぞ南国カクテル
  19. ポリネシア語で最高を意味するカクテル
  20. まろやかな口当たり
  21. 体を芯から温めてくれる
  22. 綺麗なピンクとはうらはらに
  23. ラムベースのカクテルレシピ集のまとめ

ラムとはどの様なお酒か

ラムはさとうきびを原料とするお酒で蒸留酒に1種になります。カクテルのベースとして使う他に焼き菓子の風味をつけるお酒としても知られています。ラムは色による分類がされていて無色のホワイトラム、薄褐色のゴールドラム、濃褐色のダークラムに分かれます。

ホワイトラムは本来の色や香りを取り除いてありダークラムは色を強く出す様に造られ風味と香りが強くなっています。ゴールドラムはホワイトラムとダークラムの中間の色、風味、香りとなっています。ラムベースのカクテルは使うラムの種類を決めて作られる事が多いです。

ビールベースのカクテルが人気!自宅でできる簡単レシピ特集 | MensModern[メンズモダン]

カクテルに必要な道具は

カクテルを作るにはまずは道具が必要です。最低限必要となる道具を紹介します。まずは材料を混ぜたりなどのカクテルを作る時に必要な道具はシェーカーとメージャーカップ、バースプーンです。余裕があればミキシンググラスにストレーナーがあればほとんどのカクテルを作る事が出来ます。

材料を混ぜれば注ぐグラスも必要です。カクテルで使うグラスにはカクテルグラスにタンブラーグラスがあります。各グラスには容量があります。紹介するレシピではグラスの容量が合わない場合があるかもしれませんがその時は材料の量を調整して下さい。

トロピカルカクテルを作る場合はキンキンに冷やす為にクラッシュアイスをグラスに多量に入れるのでタンブラーグラスは容量の多い物も用意しても良いでしょう。

カクテルには種類がある

カクテルの作り方はシェーク、ステア、ビルドの3種類に分かれます。よくバーテンダーがシェイカーを振って作るカクテルはシェークと呼ばれショートタイプのカクテルに用いられます。材料が混ざりにくい時に振る事で均等に混ぜる事が出来ます。

ミキシンググラスを使いカクテルを作る方法をステアと呼びます。シェークよりも材料が混ざりやすい場合や氷によってカクテルを薄めたくない場合に用いられます。最後は自宅でも簡単に出来るビルドです。グラスに材料を入れてマドラーで混ぜるだけです。ロングタイプのカクテルを作る時に用いられる方法です。

一般的にショートタイプのカクテルは強いお酒であると言われています。それではラムベースのカクテルレシピを紹介していきます。

ウォッカカクテル30選!簡単レシピやおすすめカクテルの種類紹介 | MensModern[メンズモダン]

ラムベースカクテルの王様

ラムベースのカクテルレシピ集①ダイキリ

ラムベースのカクテルの定番中の定番なのがダイキリです。ダイキリはキューバにある鉱山で働いていた人が暑さをしのぐ為に飲まれる様になったカクテルとされています。清涼感がしっかりとした味が特徴なカクテルになっています。ベースとなるラムは一般的にホワイトラムが使われます。

レシピはホワイトラム・45㎖、ライムジュース・15㎖、砂糖・1tspです。ちなみにtspとはティースプーンを表し1tspは小さじ1杯となります。シェークで作るショートタイプのカクテルになります。

メーカー指定を受けたカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集②バカルディ

キューバのラムメーカーであるバカルディが販売数を増やす為に作ったカクテルだと言われています。アメリカではバカルディ社のラム以外でこのカクテルを作ってはいけないという裁判所の判決が出た事でも有名です。

レシピはバカルディ社のホワイトラム・45㎖、ライムジュース・15㎖、グレナデンシロップ・1tspでシェークで作ります。グレナデンシロップを砂糖に変えるとダイキリになるカクテルです。

トムコリンズのベースをラムに

ラムベースのカクテルレシピ集③ラムコリンズ

ジンベースのトムコリンズをラムベースに変えたカクテルです。砂糖の甘さを最後までしっかりと感じる事が出来て飲んでいても飽きがこないのが特徴です。アルコール度数も低めなので飲みやすく美味しいカクテルです。

レシピはホワイトラム・60㎖、レモンジュース・20㎖、砂糖・2tsp、ソーダ・適量でソーダ以外の材料をシェークしグラスでソーダと合わせて混ぜるカクテルです。

バーでの注文には要注意

ラムベースのカクテルレシピ集④マイアミ

世界ではマイアミのレシピは一般的に決まっている様ですが日本では同じラムベースのマイアミビーチのレシピと混同されていると言われいます。バーで注文をする時はマイアミを頼んでマイアミビーチが出てきたり逆もあり得ます。ここではマイアミについて紹介します。

レシピはホワイトラム:ペパーミントホワイト・2:1、レモンジュース・1/2tspでシェークで作るショートタイプのカクテルです。ほんのりレモンの香りがするカクテルです。

あざやかな見た目のカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑤ラムクーラー

あざやかな見た目が美味しそうなカクテルです。ライムの香りにさっぱりとした美味しいカクテルで作るのも簡単なので自宅で飲むのもおすすめなお酒です。

レシピはホワイトラム・45㎖、ライムジュース・20㎖、グレナデンシロップ・1tsp、ソーダ・適量でホワイトラム、ライムジュース、グレナデンシロップを先にグラスに注いでからソーダを注ぎステアで作ります。

億万長者を夢見て

ラムベースのカクテルレシピ集⑥ミリオネーア

百万長者を意味する言葉を名前に持つカクテルで将来の成功を夢見て飲んでみたいお酒です。百万と言ってもドルの話なので日本円にすると億万長者になるのです。ミリオネーアを飲みながらかっこよく夢を語ってみませんか。

レシピはホワイトラム・15㎖、スロージン・15㎖、アプリコットブランデー・15㎖、ライムジュース・15㎖、グレナデンシロップ・1tspでシェークで作ります。ブランデーの香りが高級感を感じさせてくれるお酒です。

暑い日にはこのカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑦モヒート

モヒートは冷たい種類のカクテルで暑い時にはぴったりのカクテルです。ライムとミントがさっぱりと感じさせてくれる美味しいカクテルです。モヒートはベースとなるお酒を変えた多くの種類があるお酒です。

レシピはホワイトラム・45㎖、ライム・1/2個、砂糖・1~2tsp、ソーダ・適量、ミントの葉(もしくはミントリキュール)・適量となります。タンブラーグラスにミントの葉とライム、砂糖を入れて軽くつぶしラムとソーダを注ぎ一混ぜするビルドタイプのカクテルです。

甘さを感じる美味しいカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑧トワイライトゾーン

グレープフルーツの酸味にブランデーとカシスの香りがほんのりと感じるカクテルで甘さを感じられる種類のお酒になります。綺麗な色合いから女性にも人気のカクテルです。

レシピはホワイトラム・30㎖、グレープフルーツジュース・30㎖、アプリコットブランデー・1tsp、カシス・1/2tspとなります。シェークで作るカクテルでチェリーがあれば最後にグラスへ入れます。

トロピカルなカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑨パイナップルフィズ

比較的くせがないホワイトラムを使いパイナップルが南国でのリゾートを感じさせてくれるカクテルです。ソーダの爽快感もしっかりとしているのでとても読みやすい種類のカクテルで美味しいです。

レシピはホワイトラム・45㎖、パイナップルジュース・20㎖、シュガーシロップ・1tsp、ソーダ・適量となります。ホワイトラム、パイナップルジュース、シュガーシロップをシェークしてグラスに注ぎソーダを最後に注ぎます。一混ぜして完成です。

女神をイメージしたカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑩ビーナス

ビーナスは甘味と酸味がぴったりとマッチしているのが特徴のカクテルです。甘い種類のカクテルなので女性にも人気があり美と恋の女神であるビーナスをイメージしたカクテルとしてぴったりではないでしょうか。

レシピはホワイトラム・30㎖、アプリコットブランデー・5㎖、オレンジジュース・10㎖、ライムジュース・10㎖、グレナデンシロップ・1tspでシェークで作ります。ブランデーの香りもほんのりします。

酸味が強めのカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑪バハマ

バハマは桃とバナナの甘さをレモンの少し強めの酸味が引き立て役としてまとまりがある味が特徴のカクテルです。果物系の材料が多いのでトロピカルな風味を感じる事が出来ます。さっぱりとしているのでついつい飲み過ぎてしまうかもしれません。

レシピはホワイトラム・20㎖、サザンカンフォート・20㎖、レモンジュース・20㎖、バナナリキュール・1tspでシェークで作ります。サザンカンフォートはフルーティな甘さを持ったリキュールとなっています。

ロングタイプカクテルの定番

ラムベースのカクテルレシピ集⑫ボストンクーラー

ラムベースでロングタイプのカクテルと言えばボストンクーラーは定番です。レモンやジンジャエールのさわやかさが特徴でとても美味しいカクテルです。冷たい種類のカクテルなので夏に飲まれる事が多くなるカクテルです。

レシピはホワイトラム・45㎖、レモンジュース・20㎖、シュガーシロップ・1tsp、ジンジャーエール・適量でジンジャーエール以外をシェークしグラスに注ぎます。ジンジャーエールを注いで最後に一混ぜします。あればレモンスライスを飾り付けします。

ジンジャーエールで割るだけカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑬ラムジンジャー

風味と香りが強いダークラムをジンジャーエールで割る事でさわやかな味わいにする事が出来ます。冷たく飲むのももちろん温めて飲むにも適したカクテルです。就寝前にリラックス効果に飲んでみるのも良いでしょう。

レシピはダークラム:ジンジャーエール・1:2の割合でビルドで作ります。ラムとジンジャエールの割合はお好みで変えても良いです。ただダークラムを使うので割合を多くすると風味と香りが強くなりすぎる事があるので注意して下さい。

これ以上ない最高のカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑭X・Y・Z

アルファベットの最後の文字を表すX・Y・Zはこれ以上はないという意味で最高のカクテルと言われています。名前の由来にはいろいろとありますがさっぱりとした味はとても美味しいと感じるカクテルとなっています。

レシピはホワイトラム・30㎖、ホワイトキュラソー・15㎖、レモンジュース・15㎖でシェークで作ります。砂糖を1tsp加えて少し甘さを出しても美味しいです。

これぞ南国カクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑮ブルーハワイ

名前通りにハワイ生まれのカクテルとして人気のあるカクテルです。お店によっては果物の飾り付けもしてくれるカクテルで夏のカクテルと言えばブルーハワイと言っても良いのではないでしょうか。

レシピはホワイトラム・30㎖、ブルーキュラソー・15㎖、パイナップルジュース・30㎖、レモンジュース・15㎖でシェークで作ります。グラスに氷を入れてキンキンに冷やして飲むのも良いですしシェークしてそのまま大きめのカクテルグラスに注ぐのも良いです。

ポリネシア語で最高を意味するカクテル

ラムベースのカクテルレシピ集⑯マイタイ

トロピカルカクテルの女王と呼ばれているのがマイタイです。ブルーハワイと並びトロピカルカクテルの代表格と言えるカクテルで飾り付けも豊富にしてくれるお店も多いです。味はほどよい甘さがあるので美味しいですがアルコールは強い種類のお酒なので飲み過ぎには注意して下さい。

レシピはホワイトラム・40㎖、オレンジキュラソー・5㎖、オレンジジュース・20㎖、パイナップルジュース・15㎖、レモンジュース1tsp、ダークラム2tspでダークラム以外をシェークし氷を入れたグラスに注ぎ最後にダークラムを優しく注ぎます。グラス内で2層の液体になるのが特徴です。

まろやかな口当たり

ラムベースのカクテルレシピ集⑰プラチナブロンド

プラチナブロンドはホワイトキュラソーと生クリームを使う事でさわやかさとまろやかさを感じる事が出来ます。甘さが強めのカクテルで女性でも飲みやすくなっています。デートでの1杯にいかがでしょうか。

レシピはホワイトラム・20㎖、ホワイトキュラソー・20㎖、生クリーム・20㎖でシャークで作ります。材料は白色がメインですがラムがほんのりと黄金色に輝かせるところからプラチナブロンドという名前通りのカクテルだと言えます。

体を芯から温めてくれる

ラムベースのカクテルレシピ集⑱ホットバタードラム

ホットバタードラムは温かい種類のカクテルで体を温めてくれます。バターが甘さを出してくれるのでとても美味しいカクテルです。冷え性の人や寝る前の1杯にぴったりなカクテルです。ラムさえあれば残りの材料も自宅にある物まかりです。

レシピはゴールドラム・45㎖、バター・10g、角砂糖・1個、熱湯・適量で耐熱グラスに角砂糖・ラム・熱湯の順に入れて最後にバターを入れて一混ぜします。ラムとバターの香りを楽しみながら飲んでみて下さい。

綺麗なピンクとはうらはらに

ラムベースのカクテルレシピ集⑲ワラタム

ワラタムはあざやかなピンク色をしたカクテルで一見軽く飲めるカクテルの様な印象を受けますが飲んでみると結構アルコールがきつくなっています。ほのかな甘さがあるので飲みやすくはありますがペースに気をつけたいカクテルです。

レシピはホワイトラム・55㎖、ドライベルモット・25㎖、グレナデンシロップ・5㎖でシェークで作ります。甘さを増やしたい場合はホワイトラムとドライベルモットを減らしてグレナデンシロップを増やすと甘さが出てきます。

ラムベースのカクテルレシピ集のまとめ

ラムベースのカクテルレシピ集を紹介しましたがバーでプロが作るカクテルは確かに美味しいですが趣味で自宅に道具をそろえてカクテルを作るのも楽しみがあって良いです。ジンやウォッカと比べて飲まれる機会が少なめのラムベースのカクテルですがレシピ集を参考に楽しんでみて下さい。


評価 4.9/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ