プロテインを飲む目的は人それぞれですが、種類の多いプロテインの中から、自分に合ったものを選ぶには、どうしたら良いのでしょうか?まだプロテインを飲んだ事がない人も、目的と自分に合ったプロテインを選べるよう、種類と効果を比較してご紹介します。

プロテインの種類を解説!目的ごとの選び方と効果の違いを比較

目次

  1. プロテインの種類と、選び方の基礎知識を知ろう
  2. プロテインとは何か
  3. プロテイン=タンパク質=食品
  4. プロテインはどこで買えるのか
  5. 目的に合ったプロテインの種類を選ぼう
  6. 筋肉をつける為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的①
  7. ダイエットの為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的②
  8. 健康維持や美容の為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的③
  9. プロテインの種類と効果の違いについて
  10. 3種類のプロテインは原材料の違いがある
  11. 3種類のプロテインの吸収スピードの違いを比較
  12. プロテインの効果的な選び方とは
  13. プロテインの種類を解説!目的ごとの選び方と効果の違いについてのまとめ

プロテインの種類と、選び方の基礎知識を知ろう

ジムや自宅で筋トレをして身体を鍛えていたり、スポーツやダイエットをしているなら、プロテインを飲んでいる人は多いでしょう。

まだプロテインを飲んだ事がない人や、これから飲んでみようと考えているけれど、種類がいっぱいありすぎて、どれを選んで良いのかわからないという人の為に、プロテインの種類や選び方を詳しくご紹介します。

プロテインとは何か

まずはプロテインとは何かについてご説明します。皆さんは実際、プロテインが何かは知っていますか?何か知らずに、ただ何となく良さそうだからという理由で摂取しようとするのは、プロテインの効果があまり発揮されず、もったいない事になってしまいます。

また、プロテインの効果を過信し過ぎてしまったり、取り過ぎてしまう事も健康に良くありません。プロテイン初心者は、まずはプロテインについて、基本的な知識を持つ事が必要です。

プロテインは毎日飲むのは大丈夫?正しい効果的な飲み方とは | MensModern[メンズモダン]

プロテイン=タンパク質=食品

プロテインを薬と思っている人もいるかと思いますが、それは間違いです。プロテインはサプリメントや、カロリーメイトなどと同じく『栄養補助食品』というもので、『食品』に分類されるのです。

『プロテイン』とは日本語直訳にすると『タンパク質』という意味になります。つまり食品から、良質なタンパク質のみを取り出して作られた栄養補助食品なのです。

プロテインは筋肉をつける薬ではない

プロテインを、簡単に筋肉をつける薬や、痩せる薬だと思っていたとしたら大きな勘違いですので、プロテインについての間違ったイメージは、是非ここで改めておくべきです。

プロテインは牛乳や卵、大豆等を原料にして作られている食品です。不足するタンパク質を、肉や魚・豆類等の食材から補おうと思っても、とても食事で摂れる量ではありません。また脂肪や糖質といった他の栄養も一緒に摂ってしまうので、脂肪や糖質を摂り過ぎてしまいます。

プロテインとは、余分な栄養を摂取せずに、効率良く必要なタンパク質を補う為の栄養補助食品だという事を覚えて下さい。

プロテインはどこで買えるのか

プロテインを製造している会社は、医薬品メーカーではなく食品メーカーが製造しています。ドラッグストアのサプリメントコーナーや、最近はスポーツ用品店や大型スーパーでもプロテインを取り扱う所が増えていますので、身近なお店で購入が可能です。

またインターネットでも手に入ります。日本のメーカーのプロテインもあれば、海外のメーカーで製造されたプロテインもあります。

海外製プロテインおすすめ人気ランキングTOP10!コスパも徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

目的に合ったプロテインの種類を選ぼう

お店に行くと、棚にはたくさんの種類のプロテインが置かれています。この中からいったいどのプロテインを選べば良いのか、選び方も知らないと迷ってしまいます。

プロテインは価格も種類も豊富

価格も判断基準のひとつですが、値段が高いから効果が高いというわけではありません。プロテインの種類の選び方は、自分がどんな理由でプロテインを飲むのかによって変わります。自分がプロテインを必要とする目的をはっきりとさせておいて下さい。

たくさん種類のあるプロテインの中からどれを選ぶのか、プロテインの選び方には、飲む目的が大切というお話しをしました。では、プロテインを飲む理由には、どんなものがあるでしょうか?

筋肉をつける為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的①

強い筋肉をつけて肉体強化をしたい人や、筋肉で身体を大きくしたい人は、必ずと言って良いほどプロテインを飲んでいます。

そのイメージが強く、プロテインを飲むの筋肉がつくものと思っている人もいるかも知れません。プロテインを飲んだからと言って、急激に筋肉がつくわけではありませんが、長期的な目で見れば、プロテインを飲んでいる人と飲んでいない人では、筋肉のつき方に差が出てくるのではないでしょうか。

プロテインは筋肉を構成する為に必要な、タンパク質を補う食品です。激しい筋トレの直後に不足しているタンパク質を、プロテインで摂る事によって、壊れた筋肉の組織の修復と合成に使われやすくなるのです。

プロテインの効果や選び方、飲むメリットは?筋肉強化におすすめ | MensModern[メンズモダン]

ダイエットの為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的②

最近はダイエットの為にプロテインを飲む人が増えています。筋トレによって、カロリーを消費しやすい身体作りをしながら、プロテインを飲む事で、ダイエット時のタンパク質不足を補う事が目的になります。

また低カロリーで栄養の補給ができる事で、プロテインを食事に置き換えたダイエットが流行りました。満腹感を得る事もできるので、比較的辛くないダイエットができると、人気になっています。

プロテインに痩せる効果があるわけではありません。あくまでも、プロテインは栄養補給の為に摂るのです。中には代謝促進を促す為に、他の栄養を加えているプロテインの種類もあります。

プロテインで減量!ザバスがおすすめ?効果的な飲み方に運動は必要? | MensModern[メンズモダン]

健康維持や美容の為にプロテインを飲む:プロテインを飲む目的③

タンパク質は筋肉以外にも、髪や爪、皮膚やコラーゲンの生成に必要な栄養素です。その他にも内臓等の身体の組織の構成や働きにも必要不可欠です。

その為、健康維持や美容の目的で、プロテインを飲む人も少なくありません。プロテインには、筋肉増強の効果や痩せる効果はありませんが、身体が必要とする栄養素である『タンパク質』を補い、肉体改造やダイエット、健康や美容にと幅広く役立つものなのです。

プロテインの種類と効果の違いについて

プロテインが何かを理解し、プロテインを飲む主な目的について知っていただけだところで、いよいよプロテインの種類とその効果と違いについて、比較しながら詳しくご説明していきます。

プロテインの種類は主に3種類

プロテインの種類は大きく分けて、『ホエイプロテイン』・『ガゼインプロテイン』・『ソイプロテイン』この3種類です。

同じプロテインでも、この3種類ではいったい何が違うのでしょうか?それぞれの違いを比較して見てみましょう。

3種類のプロテインは原材料の違いがある

3種類のプロテインの違いで、一番大きい違いは原材料です。ホエイプロテインとガゼインプロテインは、牛乳を原料として作られています。ソイプロテインは大豆から作られていて、植物性タンパク質です。

原料にアレルギーがある場合の選び方

もし牛乳アレルギーがある場合は、ホエイプロテインやガゼインプロテインは避けた方が無難です。また、大豆アレルギーがある場合は、ソイプロテインは飲めません。

乳糖不耐症が起こる場合の選び方

またアレルギーとは別物ですが、ホエイプロテインに含まれる乳糖を体内で分解することができず、消化不良や下痢を起こしてしまう事があります。牛乳を飲んでお腹をこわすのと同じですが、これは乳糖不耐症と呼ばれる症状です。

日本人は乳糖不耐症の人も多いと言われていますが、『WPI』というタンパク質純度の高い製法で作られた、ホエイプロテインであれば飲める人も多いようです。乳糖不耐症が心配な場合は、WPIのものを選ぶか、ホエイプロテインを避ける事も必要です。

代表的な3種類のプロテインの原料の違いを、比較しながら説明しました。プロテインは食品ですので、接種した場合には薬の様な副作用はありません。ただし、食品アレルギーや、体質による不調、摂り過ぎによる健康への悪影響は出る恐れがあります。

自分の体質に合うプロテインを選ぼう

安全にプロテインを摂取する為には、自分の体質に合ったプロテインを、適量を守って摂る事が大切です。

プロテインおならが出る回数増加?飲みすぎ注意!臭い原因と対策 | MensModern[メンズモダン]

3種類のプロテインの吸収スピードの違いを比較

3種類のプロテインは、それぞれプロテインが体内で吸収されるスピードに違いがあります。プロテインが筋肉や髪の毛、美肌の為のコラーゲンを作り出す為には、一度体内で吸収・分解されなければなりません。

吸収が速いのはホエイプロテイン

ホエイプロテインは3種類のプロテインの中で、1番吸収されるスピードが速いという特徴があります。その吸収スピードは約1~2時間程度です。

また牛乳のタンパク質の中でも、筋肉を作る為に働くBCAAというアミノ酸が豊富に含まれています。吸収が速いので、筋トレをした直後、体内で筋肉の修復と合成が活発になっている時に飲むのが効果的です。

筋肉をつけたい人や身体を大きくしたい人が、肉体改造を目的に飲んでいるのは、このホエイプロテインであることが多いです。もっとも効果的な飲むタイミングは、筋トレ後30分以内に飲む事と言われています。

ガゼインプロテインはゆっくり吸収される

ガゼインプロテインは、牛乳の清乳(ホエイ)以外を原料に作られています。体内への吸収はかなりゆっくりで、約7~8時間かけて取り込まれていきます。

ゆっくりと長時間、タンパク質を補う事ができるので、寝る前に飲んで就寝中のタンパク質不足を補う事に効果的です。

ソイプロテインは中間位の吸収スピード

ソイプロテインの吸収スピードは約5~6時間です。比較的ゆっくりですが、ソイプロテインの大豆たんぱく質には、基礎代謝を上げる働きがあります。また、女性ホルモンに似た働きをする、イソフラボンを含んでいるので、女性やダイエット中の人に適しているプロテインです。

プロテインの効果的な選び方とは

比較したプロテインの吸収スピードは、プロテインを飲む目的にも関係していますので、自分の目的に応じて、3種類の中から選ぶと良いでしょう。

価格は効果に影響しない

価格もホエイプロテインは3種類のプロテインの中でも、比較的値段が高い種類です。販売しているメーカーによっても値段の違いがありますが、値段の差と効果の差はあまりないと言えます。

それぞれの種類のプロテインは、国内や海外の多数のメーカーで製造販売されていますので、手に入れやすい価格のものや、メーカーの信頼性や知名度で選ぶのも、ひとつの選び方だと思います。

味や成分に注目しよう

各メーカーから、味もかなりの種類が販売されています。水に溶かせるタイプや牛乳に溶かすものもあります。また筋肉を作る為には、糖質も必要な栄養素ですので、タンパク質以外の栄養素に糖質を含む種類もあります。

ダイエット中に飲む場合は、牛乳に溶かす種類や糖質が含まれる種類は、カロリーオーバーに繋がる為注意が必要になります。作り方や成分表を良く見て選んで下さい。

筋トレにプロテインは常識?あり・なしの効果の差とおすすめの選び方 | MensModern[メンズモダン]

プロテインの種類を解説!目的ごとの選び方と効果の違いについてのまとめ

プロテインには、主に3種類がある事をご紹介しました。それぞれを比較して、原料や吸収スピードの違いについて知っていただけたと思います。目的によって、どの種類のプロテインを選ぶか、効果にどんな違いがあるか、プロテインを選ぶ時の参考にしてみて下さい。


評価 3.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ