日本酒といえばキリッとした味わいが人気ですよね。数ある日本酒で、味わいとしては甘口と辛口がありますがどんな違いがあるかご存知ですか?甘口、辛口の味にはしっかりと基準が設けられているんですよ。今日は日本酒の甘口、辛口について解説します!

日本酒の甘口と辛口の違いは?甘口・辛口のおすすめの日本酒も紹介

目次

  1. 日本酒の甘口、辛口って何が違うの?
  2. そもそも日本酒とは
  3. 日本酒の種類
  4. 日本酒の甘口と辛口の違いは?
  5. ラベルに注目すると辛口か甘口かわかる
  6. 日本酒の辛口のおすすめ銘柄
  7. 日本酒の甘口のおすすめ銘柄
  8. 日本酒の飲み方
  9. 日本酒に合うグルメを紹介!
  10. 日本酒の甘口、辛口を飲み比べてみよう

日本酒の甘口、辛口って何が違うの?

日本酒といえば、日本古来の製法で伝統的な芸術品といっても過言ではないですよね。日本酒は今じわじわと人気が出てきており、地酒など注目されていますよね。日本酒には甘口と辛口がありますが、一体どんな違いがあるのかご存知ですか?

中々人には聞けない日本酒の甘口、辛口の違い。辛口といっても痺れるようなからさなのかも気になりますよね。今日は甘口、辛口の違いだけでなく日本酒に合うグルメや、日本酒そのものについても解説します。

そもそも日本酒とは

焼酎、ウィスキー、ビール、ウォッカ…お酒の種類は数多くありますが、日本古来の伝統的なお酒といえば日本酒ですよね。日本酒が1番お酒の中で好き!という人も多いのではないでしょうか。ところで、日本酒ってどんなお酒が意外と知らないことがありますよね。日本酒の原料や種類はどんなものがあるのでしょうか。

米、麹、水が原料の清酒

日本酒の原料は水と米、麹です。簡単に言うと日本酒はお米を発酵させたもので、製造方法は非常に複雑になります。本来、お米に糖はありませんが、米から日本酒を作るには酵母が糖を食べてアルコールを出す発酵をさせなければなりません。そのために、米と同時に麹菌を入れて糖を作り出し日本酒を作ります。

そして、その糖を酵母を加えてアルコールを生産させます。日本酒は製造するのに、手間がかかりますがその分澄んだキレの有る味わいを出すことが出来るのです。この製造方法の過程で日本酒は甘口と辛口に分かれていきます。

酒の種類は醸造酒

日本酒は醸造酒に分類され、ビールなどとおなじになります。日本酒の事を良く清酒とも言われますがこれは一般的に言う日本酒と代わりありません。アルコール度数が22度未満が定義としては決められており、濁酒といったにごり酒やどぶろくも日本酒になりますがどぶろく等は濁酒、澄んだ日本酒を清酒と区別していることが多いです。

日本酒の種類

もちろん日本酒にも種類はあります。日本酒の味では甘口、辛口の区別になりますが醸造する過程や方法で種類が区別されます。基本的に日本酒の種類分けは精米歩合の違いや醸造アルコールのパーセンテージの違いで分けられています。

大吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒

吟醸とはいわゆる、精米した白米をじっくりと低温で発酵させて、独特の吟香を出すように作られています。粕の割合が高いのも特徴の1つです。大吟醸酒とは精米歩合が50%以下で、麹の歩合が15%以上、アルコールを添加している日本酒を指します。吟醸酒は精米歩合が60%以下で、麹の歩合が15%以上、アルコールを添加しています。

本醸造酒は精米歩合が70%以下で、麹の歩合が15%以上、アルコールの添加をなされた日本酒です。また、これらのg燃料以外に当分やアミノ酸などが添加されたら、普通酒となってしまいます。

純米大吟醸、純米吟醸酒、純米酒

吟醸酒とは反対にアルコールが添加されていない日本酒を純米吟醸酒などと名付けられています。原料は水、米麹、米のみのシンプルな原料で作られます。純米大吟醸は精米歩合が50%以下で麹の割合が15%以上、アルコールの添加はもちろんしていない日本酒になります。

純米吟醸酒は精米歩合が60%以下、米麹が15%以上、アルコールの添加はありません。また、純米酒は精米歩合の規定はなく米麹の割合が15%以上となっています。

日本酒の種類はどのくらい?初心者でもわかる覚えたいポイントは? | MensModern[メンズモダン]

日本酒の甘口と辛口の違いは?

では本題です。日本酒の甘口と辛口とは何が違うか気になりますよね。甘いのが飲みやすいのでしょうか?辛口は痺れるように辛いのでしょうか?実は私達が感じる辛口などと日本酒の辛口は、少し違うんですよ。甘口と辛口の違いを紹介します!

日本酒度で甘口と辛口を区別している

日本酒の甘口と辛口を決めるのは、日本酒度(酒度)という値になります。酒度の値が+であれば辛口に、-であれば甘口になります。酒度とは、お酒そのものに含まれる糖の比率になるのですが等が多いほど-になり、少ないと+になって辛口になってしまいます。

先程述べたように、アルコールは酵母が糖を分解して生成されます。発酵が長い日本酒は酒度が+になっていくので辛口の日本酒が多くなります。辛口といっても、日本酒の辛口は唐辛子のような辛口ではなく、すっとしたキレの強いものを辛口というので、私達がカレーの辛口、といった辛口とは少し違ってきます。

酸度が高いと辛口に低いと甘口に感じやすい

もちろん酒度だけが辛口を決めているのではありません。辛口を決めるには酸度という値も重要になってきます。酸度の値が高いと辛口と感じやすくなっています。また他の物が添加されていたら、それによっても辛口や甘口と感じることがあります。

あくまでも辛口や甘口は、定義上分けているだけなので、飲んだ時に辛口と思えば辛口ですし人によっては甘口を辛口と感じたり、辛口が甘口と感じることもあります。しかし、きっちりと機会的に分けるのであれば、このような辛口、甘口の違いがあります。

ラベルに注目すると辛口か甘口かわかる

日本酒の甘口や辛口を調べる時の定義は紹介しましたが、実際日本酒はどうやって辛口かを見分けるのがわかりませんよね。実は誰が見ても辛口かをはっきりと分かる方法があるんですよ。

ラベルには糖度が掲載されている

それはラベルにきちんと日本酒度と酸度が掲載されているので、それをみると辛口かどうかを調べることができます。辛口が飲みたい!と思ったら日本酒が+で酸度も数値が高いものを選ぶと良いでしょう。また逆に、飲みたい銘柄のラベルをみると辛口か甘口かを知ることができます。

日本酒の辛口のおすすめ銘柄

辛口や甘口はラベルでわかりますが、ここからは実際に辛口のおすすめ銘柄を紹介します。どの銘柄もキリッと切れのある日本酒独特の辛口ですよ。是非とも1度飲んでみてほしい辛口の代表的な銘柄です。

刈穂/山廃純米超辛口

刈穂の山廃純米超辛口は、秋田犬の代表する辛口の日本酒です。長期の低温発酵をしていますので、+12という超辛口の日本酒度ですが、思っているよりもスッキリとした飲み心地で深いコクがあります。どのグルメにも合いますが、辛口というだけあって少しパンチの聞いたグルメにはとてもあう超辛口の日本酒です。

春鹿/純米超辛口

春鹿は奈良県の日本酒で、辛口好きの日本酒通の間ではよく知られた有名な日本酒です。味わいとしては王道の辛口で重めのパンチある味に深いコクが意外に飲みやすいので、辛口が苦手という人も1度試してみてほしい辛口の日本酒です。辛口の王道、絶品といわれるのが春鹿の超辛口です。

酔鯨/特別純米

酔鯨も大辛口といわれる日本酒度で+7になります。辛口でありながらも非常に飲みやすいので、初心者も試しやすい辛口です。蔵元が食中酒として目指した日本酒というだけあってどんなグルメにもそつなく合いますので、おすすめの銘柄です。辛口ですが、喉馴染みが良く旨味がしっかりとあります。初めて辛口を飲むならおすすめの1品です。

日本酒の甘口のおすすめ銘柄

辛口の銘柄の紹介をしましたが、もちろん甘口の日本酒もおすすめの銘柄はたくさんあります!辛口にはない甘味やしっかりとした旨味、辛口よりも飲みやすいのは甘口の醍醐味ですね。甘口のおすすめの銘柄も紹介します。

屋守(おくのかみ)「純米」仕込み

屋守の日本酒は実は東京で作られている日本酒なんです。辛口のようなキレはありませんが、フルーツのような香りにすっとした味わいは、甘口の日本酒好きにはたまらない1品です。もちろん辛口好きの人が飲んでも、違った味わい深さを知ることができ、決して辛口に引けを取らないですよ。甘口の日本酒では代表的な1品です。

而今(じこん)「純米吟醸」神の穂無濾過生

而今は三重県の日本酒で食中酒としてとても合います。味わいは新鮮でフレッシュですが、甘口でありながら甘ったるくなくとてもバランスのよい日本酒になります。日本酒ファンを魅了してやまないのが而今という日本酒です。

富久錦/Fu.

こちらは甘口という言葉意外適していないような、スイーツのような日本酒です。日本酒度はなんと-50という数値なので、辛口のお酒が苦手な人や女性からは飲みやすいので絶大な支持がある日本酒です。辛口好きの男性からが飲むとびっくりするよな味わいですが、フルーツのような旨味に柔らかな喉越しが辛口や一般的な甘口の日本酒にはない意外な1品です。

日本酒の飲み方

では辛口や甘口がある日本酒には飲み方があるのでしょうか?他のスピリッツのように、あまり水割りやソーダ割りで飲むことがない日本酒ですが、その飲み方とはどんな飲み方なのでしょうか。

辛口、甘口ともに冷酒、燗酒、常温など色々な温度で楽しめる

日本酒は冷酒や熱燗が多くの人が飲む飲み方ですよね。辛口甘口とあっても、それぞれ風味や味わいは違います。ですので、ラベルに良くおすすめの飲み方が掲載されていますが、店員さんに聞いてみるのも方法です。人によって異なりますが、キレがしっかりとある辛口はよく冷えた冷酒がおすすめ。また甘口は常温や熱燗だと、しっかりと甘味が伝わります。

日本酒は水割りやソーダ割りで飲むことはまずありません。辛口、甘口ともにストレートで飲むことが多くなります。日本酒はゆっくりと味わいながら辛口であればキレや深みを、甘口であれば香りや旨味を感じながら飲むのが定番の飲み方です。

日本酒を楽しむには和らぎ水がポイント

日本酒を飲む時にポイントになるのが、和らぎ水。和らぎ水は悪酔いを防ぐことや体に負担を賭けすぎないように、日本酒の合間に飲むお水のことです。辛口や甘味の後味を抑えてくれる役割もありますので、日本酒を飲む時には是非とも用意しておきたいですね。

日本酒はロックで飲むのがうまい?暑い夏におすすめの飲み方 | MensModern[メンズモダン]

日本酒に合うグルメを紹介!

では日本酒に合うグルメを紹介します!日本酒はやはり和食によく合うように作られています。しかし、日本酒の辛口や甘口それぞれに合う料理はありますが、今日はどちらの料理にもおすすめのグルメを紹介しますね。

魚の煮付けなど味の濃いグルメ

辛口には特におすすめしたいのが、魚や肉などの煮付けといった、少し味の濃い料理です。パンチの聞いた辛口には、少ししっかりとした味の料理がとても良く合います。もちろん甘口でもしっかりとした味は合いますが、辛口の日本酒を飲む人は是非とも1品は頼みたい料理です。

冷奴やおひたしなど

日本酒には冷奴やおひたしはよく合いますよね。辛口や甘口の味わいをしっかりと引き立ててくれ、辛口も飲みやすい日本酒にしてくれる名脇役です。さっぱりとした味が日本酒に合いますので、辛口、甘口両者にベストマッチする料理です。

刺し身

刺身も辛口にも甘口にも合いやすい料理ですね。辛口には油の乗った刺身がおすすめで、甘口には少し淡白な刺身がおすすめです。刺身を食べると日本酒を飲みたくなるという人も多いのではないでしょうか。辛口、甘口どちらにもとても合いますので、ついつい飲みすぎてしまうかもしれませんね。

日本酒に合うつまみは?相性抜群の簡単にできるおすすめレシピを紹介 | MensModern[メンズモダン]

日本酒の甘口、辛口を飲み比べてみよう

日本酒の辛口、甘口にはそれぞれ違った旨味があります。日本酒のどの銘柄も辛口であっても飲みやすいものがたくさんありますので、色々と飲み比べてみるのがおすすめです。辛口が苦手、という人も辛口を飲んでみると意外に飲みやすいと感じるかもしれませんよ。

注意しておきたいのが、日本酒は飲みやすいですがアルコール度数は高いものもたくさんありますので、一気に飲んだりしないようにしましょう。くれぐれも飲み過ぎには注意しましょうね。これらを守ってじっくりと日本酒の辛口、甘口の味を一度比べてみて下さいね。


評価 3.5/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ