ワイシャツの洗濯方法を知っていますか?ワイシャツの素材が綿やポリエステルなどの場合は自宅で洗濯ができます。きれいなワイシャツは相手に良い印象を与えます。自宅でしわを抑える方法をご紹介するのでクリーニング代を浮かしてしわのないきれいなワイシャツを着ましょう!

ワイシャツの洗濯方法まとめ!自宅でできるしわを抑えるポイントとは

目次

  1. 汚いワイシャツで出かけていませんか?
  2. 自宅でワイシャツは洗濯できる
  3. 自宅でワイシャツを洗濯する前に確認しておくこと
  4. 高級ワイシャツは洗濯機よりも手洗いで
  5. ワイシャツを洗濯するときに必要な道具
  6. ワイシャツを洗濯する前の事前準備
  7. ワイシャツの洗濯方法
  8. ワイシャツを洗濯したらすぐに干す!
  9. ワイシャツの洗濯でしわを作らないようにするポイント
  10. ワイシャツを洗濯し終わったらアイロンがけを
  11. しわになりにくいワイシャツを着るのもアリ
  12. ワイシャツのしわ防止には洗濯以外の手入れも念入りに
  13. ワイシャツの洗濯でやってはいけないこと
  14. ワイシャツを洗濯できないならクリーニングに出そう
  15. ワイシャツは汚れたら洗濯をしよう

汚いワイシャツで出かけていませんか?

ワイシャツは会社に着ていくものとして欠かせない洋服の一つですが、そのワイシャツはきちんと洗濯しているでしょうか?汚いワイシャツは多くの人からマイナス評価をもらってしまいます。自分では気づかないかもしれませんが、意外と服に臭いも染みつきやすいので臭っているかもしれませんよ。

毎日清々しく仕事をするためにも、ワイシャツやスーツなど身につけるものは清潔に保つようにしましょう。「あなたの服、汚いね」なんて言われない為にも、普段から身につけるものには気を配りましょう。

自宅でワイシャツは洗濯できる

「きれいなワイシャツといっても…」とそうそうにクリーニングに出せるはずもなく…と思っているなら是非自宅でワイシャツを洗濯してみましょう。ワイシャツもスーツや他の洋服同様に自宅で洗濯することができます。

正しい方法で洗濯すればワイシャツのしみを軽減させることができるので、汚いワイシャツを着ていくよりもまず自宅で洗濯してみましょう。最初は方法がわからず慣れないことに嫌気がさすでしょうが、慣れてくればワイシャツの洗濯も簡単に、より楽しく感じるようになります。

汚いワイシャツを着て同僚や友達、恋人に嫌われるよりも自宅で洗濯しきれいにした服の方が断然マシです。自分の評価を落とさないためにも自宅で洗濯できるものはどんどん洗っていきましょう!洗濯方法も簡単なので誰でもできますよ!

スーツの洗濯は自宅でできる?頻度・洗い方・方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

自宅でワイシャツを洗濯する前に確認しておくこと

自宅でワイシャツを洗濯する前に確認しておくべきことがあります。これを怠るとワイシャツをダメにしてしまう恐れがあるので注意しましょう。大切なワイシャツをきれいに洗濯するためにも、事前確認は怠らないようにしましょう。

洗濯表示を確認する

洗濯表示である「取り扱い絵表示」を一度確認してみましょう。ワイシャツのタグのところに記載してあり、自宅洗濯が可能であれば洗濯機マーク、またはバケツマークで中に水温が記載されています。水温表示がある場合はこの温度を超えないようにという記載です。

ワイシャツにシミやがんこな汚れがないかチェック

ワイシャツにシミやがんこな汚れがないかチェックします。ある場合には初めにしみ抜きをしておかないと洗濯しても汚れが落ちません。せっかく洗濯したのに汚れがついたままでは完璧とはいえないので、少し面倒でもしみ抜きや汚れ落としはやっておきましょう。

ワイシャツのポケットにものが入ってないかチェック

ワイシャツには胸ポケットがついているものがありますが、その中に何か物が入っていないかチェックします。特に紙製品が入っていると洗濯中にふやけてワイシャツに絡まってさらに汚れる原因になるので注意しましょう。また普段からポケットに何か入れているのであれば忘れずに取り出しておきましょう。

高級ワイシャツは洗濯機よりも手洗いで

ワイシャツの中には高級なものもあります。これは洗濯機に入れてしまうと型崩れやほつれを起こす恐れがあるので手洗いで洗濯する必要があります。また手洗いができないのであれば、高級なものはクリーニングに出すようにしましょう。

他にも取り扱い絵表示で自宅洗濯不可の表示があるワイシャツは洗濯機で洗うことができません。こちらも洗濯機で洗ってしまうとしわが深く刻まれたりほつれの原因となるので止めましょう。自宅洗濯できないワイシャツはクリーニングに出してきれいにしてもらいましょう。

ワイシャツを洗濯するときに必要な道具

ワイシャツを洗濯するときに必要な道具があります。ワイシャツをそのまま洗濯機に入れてしまうとしわの原因になるので絶対に止めましょう。しわの他にもワイシャツの種類によっては型崩れやほつれの原因にもなるので注意しましょう。

洗濯ネットは必需品

ワイシャツやネクタイ、スーツなど型崩れやしわを防止したいものを洗濯するときの必需品として洗濯ネットがあります。ワイシャツを畳んで入るくらいの大きいものを用意しましょう。100均でも売っているものなので費用がかさむことはありません。

洗濯洗剤と漂白剤を用意

洗濯洗剤と漂白剤を用意します。漂白剤を入れることで真っ白な仕上がりになります。しかし色物や柄物のワイシャツを洗濯するときは色落ちの危険があるので漂白剤は使用しないようにしましょう。ただし塩素系漂白剤はかえって黄ばむ原因になるので注意しましょう。

ふんわり仕上げたいなら柔軟剤も用意

洗濯物をふんわりと仕上げる方法として柔軟剤があります。しわを軽減させることもできるので、柔軟剤を使うのも良いでしょう。中には香りが強いものがあるので、マナーの範囲で香りが強くならないものを選びましょう。

ハンガーを用意

干すときに使います。自宅にあるもので構いませんが、できるだけ太めのハンガーを使うことをおすすめします。太めのハンガーで干すことで肩部分の型崩れを防止したり、全体のバランスが取れるようになります。

アイロンを用意

ワイシャツのしわ伸ばしで使用します。最後にアイロンをかけた方がよりきれいな仕上がりになるので用意することをおすすめします。特に自宅でワイシャツ以外にスーツやネクタイを洗濯するのであればスチームアイロンの方を用意しておいた方が良いでしょう。

ワイシャツを洗濯する前の事前準備

ワイシャツを洗濯する前にしみや汚れは落としておきましょう。特に襟元の汚れは洗濯機に入れて洗っただけでは落とすことは難しいです。汚れ落としの方法は液体洗剤などの洗剤を汚れている箇所に垂らしブラシなどの道具を使って落とすようにしましょう。

洗剤を使用して汚れを落とす場合には粉洗剤よりも液体洗剤を使った方が汚れが落としやすいです。スポット洗濯洗剤も売っているので、そういった洗剤を使うのも良いでしょう。洗剤はこれ!というような決まりはありませんが、しみ取り、汚れ落としをするときには液体のような伸びの良い洗剤がおすすめです。

コートを洗濯する方法まとめ!自宅でできる種類別の仕方とは? | MensModern[メンズモダン]

ワイシャツの洗濯方法

ワイシャツの洗濯方法は一度覚えてしまえば簡単です。手洗いではなく洗濯機なのでネットに入れて洗濯コースを選択し洗剤を入れるだけですが、各々でポイントがあるので紹介します。

ワイシャツは畳んでからネットに入れる

ワイシャツを洗濯ネットに入れるときは脱いだまま入れるのではなく、きちんと畳んでからネットに入れましょう。きちんと畳んでネットに入れることで洗濯したときのしわを軽減させることができます。

洗濯コースを選ぶ

洗濯コースは取り扱い絵表示を見て確認しましょう。通常洗いが大丈夫であれば通常コース、手洗いの指示があればドライコースや手洗いコースを設定します。

しわを軽減するために脱水時間を短めに設定

しわを軽減するために脱水時間を短めに設定しましょう。適切な脱水時間は15秒~30秒といわれています。秒単位で設定できない場合には最短脱水時間設定か、途中で洗濯機を止めてワイシャツだけを取り出しましょう。

よりふんわり、しわを無くしたいなら柔軟剤を使うのもアリ

柔軟剤を使うことでよりふんわり仕上げることができます。香り付きが多いので自分の好きな香りを選びましょう。ものによっては香りが強いことがあるので、入れすぎには注意しましょう。洗濯方法の中で必須というわけではありませんが、使った方が着心地が良い場合もあります。

ワイシャツを洗濯したらすぐに干す!

ワイシャツを洗濯し終わったらすぐに洗濯機から取り出して干しましょう。洗濯終了から時間が経つほどにしわが取れなくなっていくので、終了の音が鳴ったらすぐに取り出しましょう。出かける場合には終了時間までに戻るか誰かに干すのをお願いしておきましょう。

干すときはハンガーに掛けてしわを伸ばします。しわを伸ばさないと乾いたときにしわだらけになってしまうので、はたいたり生地を伸ばしてしわを無くすようにしましょう。ハンガーは太めのものを使うことでよりしわを伸ばしやすくなります。

できれば陰干しで

ワイシャツを干すときは陰干しで干すことをおすすめします。急激に乾くことを回避できるので干したときのしわができにくくなります。後のアイロンがけも楽になるので、ワイシャツを洗濯したら陰干しまたは部屋干しをして乾かしましょう。

ワイシャツの洗濯でしわを作らないようにするポイント

よりワイシャツにしわを作らないようにするポイントがあります。このポイントを抑えるだけでも何もしないで洗濯したときと大分差がつきます。少し手間を感じるかもしれませんが、しわのないワイシャツに仕上げるために是非ポイントを理解して実践しましょう!

洗濯ネットは必ず使う

洗濯ネットの役割は他の洗濯物とワイシャツが絡まないようにするためです。しわの原因の一つは衣服がこすれ合うことで繊維の分子がバラバラになってしまうからです。それを防止するためにも洗濯ネットは必ず使うようにしましょう。しわを作らない為の重要なポイントの一つです。

洗濯機から取り出したら畳んではたく

しわを作らないポイントその2は洗濯機からワイシャツを取り出したら一度畳みなおしてかるくはたくと細かい洗濯しわを無くすことができます。片方の手の上に置いてもう片方の手ではたくようにするとやりやすいです。ポイントとしては畳みなおして細かいしわがあるところを重点的にはたくようにします。

ワイシャツを洗濯し終わったらアイロンがけを

ワイシャツを干して乾いたら、残っているしわを取り除くためにもアイロンがけをしましょう。アイロンがけをすることでよりパリッとした仕上がりになり着るのも楽しくなります。アイロンがけをするときは温度設定やアイロンの放置に気をつけましょう。

スチームアイロンの方がよりふんわりとした仕上がりになりますし、他の洋服の手入れの際に役立ちます。必ずしもアイロンを使う必要はありませんが、しわのないパリッとしたワイシャツに仕上げるためにはアイロンがけが欠かせないポイントです。

アイロンを使うときは火傷に注意しましょう。またアイロンをワイシャツの上に置いたまま放置すると焦げる原因になるのでアイロン中に場所を離れるときはスイッチを切ってアイロンを起こした状態で離れましょう。

スーツのアイロンかけ方はこれで安心!温度や頻度・ポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

しわになりにくいワイシャツを着るのもアリ

現在ではしわになりにくいワイシャツも登場しています。まだまだ数が多くなく、オーダーメイドの品が多いですが、こういったしわになりにくいワイシャツを手に入れるのも良いでしょう。アイロンなどの手間が省けより自宅で洗濯がしやすくなります。

しかし自宅洗濯もポイントをしっかりと抑えて洗濯すればしわを軽減することができます。オーダーメイド品はお金もかかるので、お金よりも手間を惜しみたいのであればオーダーメイド品を購入すると良いでしょう。

ネクタイを洗濯したい!シワや型崩れで失敗しない自宅でできる方法! | MensModern[メンズモダン]

ワイシャツのしわ防止には洗濯以外の手入れも念入りに

ワイシャツのしわ防止には普段から手入れをしておくことをおすすめします。洗濯で大半のしわを軽減させることができますが、普段からほつれや型崩れを起こさないように手入れはしておきましょう。

またしみがついたときはなるべくその場で応急処置をしておくべきです。応急処置方法は軽くティッシュや濡れタオルで叩くだけでもしみが薄くなります。その場で応急処置をしておけば洗濯するときに楽です。

ワイシャツの洗濯でやってはいけないこと

ワイシャツの洗濯でやってはいけないことがあります。疲れているとついついそのまま洗濯機に放り込みたくなりますが、そのままの状態で洗濯するとしわだらけになり後が大変です。後の仕上げを楽にするためにも、ワイシャツは正しい方法で洗濯しましょう。

洗濯表示を確認しないで洗濯する

洗濯表示は必ず確認しましょう。確認を怠り、そのまま洗濯すると生地を傷めてワイシャツをダメにしてしまいます。ワイシャツは消耗品ですが、購入すると数千円はします。長く使うほど節約になり好きなことにお金を使えるようになるので、洗濯表示は必ず確認してから洗濯コースを設定しましょう。

洗濯終了後はすぐに干すこと

洗濯終了後はすぐに取り出して干すようにしましょう。もし出かける用事があるなら、家にいる時間帯で洗濯するようにしましょう。それか家にいる人に干す作業だけお願いするのも良いでしょう。時間が経つほどしわが深く刻まれてしまうので、終了音が鳴ったらすぐに取り出せるようにスタンバイしておくことをおすすめします。

洗濯ネットが無いなら袖のボタンを前側ボタンにかけておく

洗濯ネットが無い場合にはワイシャツの袖ボタンを前側のボタンにかけておくようにしましょう。こうすることで袖が他の洋服に絡まってしまうのを防ぐことができます。干すときはボタンを外すことを忘れないようにしましょう。

ワイシャツを洗濯できないならクリーニングに出そう

ワイシャツを自宅で洗濯できない場合にはクリーニングに出してきれいにしてもらいましょう。汚いワイシャツを何日も着るのは大人としてマナーが問われます。汚れは目立たなくても臭いがだんだんときつくなっていきます。

クリーニングはお金がかかりますが、自宅洗濯よりもきれいに仕上がります。なるべく自宅で洗濯して、どうしても洗濯できないときだけクリーニングの力を借りると良いでしょう。特に旅行や出張の時ほどワイシャツの洗濯に困るのでクリーニングに頼むと良いでしょう。

ワイシャツは汚れたら洗濯をしよう

ワイシャツは汚れたら必ず洗濯をしてきれいにしておきましょう。特にビジネスマンは清潔さが評価につながることがあります。一つのマナーとして身なりにポイントが振り分けられることもあります。直接言われなくても、評価につながることがあるので、自分の評価を落とさないためにもワイシャツはきれいなものを着て出かけるようにしましょう。


評価 3.6/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ