筋トレやダイエットをする人に人気のあるプロテインですが、どうやって飲んでいますか。プロテインの飲み方には、人それぞれ違いがあります。牛乳で飲む人、豆乳で飲む人、水で飲む人がほとんどだと思います。牛乳・豆乳・水で割ったプロテインの違いについて紹介していきます。

プロテインは牛乳・豆乳・水のどれで割る?吸収力UPの飲み方は

目次

  1. プロテインにはどんな効果があるのか
  2. プロテインの種類は
  3. 牛乳・豆乳・水によってプロテインの成分は変わる?
  4. プロテインを牛乳で飲むと
  5. プロテインを豆乳で飲むと
  6. プロテインを水で飲むと
  7. 牛乳・豆乳・水で割るプロテインはいつ飲むといの
  8. 牛乳・豆乳・水で割るプロテインの吸収力の違いは
  9. プロテインは牛乳?豆乳?水?口コミ情報
  10. 牛乳・豆乳・水を活用してプロテインを飲もう

プロテインにはどんな効果があるのか

筋トレをしたりダイエットをする時によく耳にするプロテインですが、実際にはどういったものなのか知っていますか。また、何気なく使っているプロテインにはどのような効果があるのか知っていますか。ここではまずプロテインとはどういったものなのか、またどのような効果があるものなのかに紹介していきます。まずプロテインとは簡単に言うと、たんぱく質のことです。

たんぱく質は人間の体を作る上で必要な栄養素で、人間が生きていくためにも必要不可欠なものと言えます。例えば筋トレを行うと、疲労箇所ができます。たんぱく質を摂ることでその疲労箇所を回復したり、摂取したたんぱく質を使ってより強靭な筋肉にすることができるといった効果があります。そのような理由から、筋トレをしたりダイエットをしている人にとってたんぱく質はより必要な栄養素となるのです。

しかし筋肉量が多い人は、そうでない人に比べて倍の量のたんぱく質を摂取する必要があります。しかし、たんぱく質を必要な量だけ摂ってしまうとカロリーオーバーとなってしまい、筋肉をつけるとともに太りやすくなってしまうという悪循環に陥ります。そこで開発されたのが、プロテインです。プロテインは、低カロリーでたんぱく質を効率的に摂取することができるサプリメントとなったのです。

プロテインの種類は

プロテインには大きく分けると3つの種類があります。それぞれに違いがあるので、自分の目的や体質に合わせて自分に合ったプロテインを選ぶとよいでしょう。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインとは、牛乳から作られているプロテインです。カゼインプロテインは、牛乳のたんぱく質成分の80%を占めているたんぱく質です。カゼインプロテインは、消化や吸収に時間がかかります。そのため、就寝前や食事の合間などに摂取するのがおすすめです。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインもカゼインプロテイン同様に、牛乳から作られているプロテインです。ホエイプロテインは、牛乳のたんぱく質成分の20%を占めているたんぱく質です。ホエイプロテインは、消化しやすいので体への吸収力がよく、吸収までの時間がとても早いです。そのため、運動する前や直後に摂取するのがおすすめです。またホエイプロテインには、豊富なアミノ酸が含まれているので、筋トレ後の疲労を抑える効果もあると言われます。

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大豆から作られているプロテインです。ソイと言えば豆乳が思いつく人も多いと思います。大豆から作られているということで、植物性のプロテインになります。消化するのに時間がかかるため、吸収力が他のプロテインに比べて遅いと言われています。そのため満腹感が得られやすいです。したがって、ダイエットをしたい時におすすめのプロテインと言えます。

大豆にはホルモンバランスを整えたり、抗酸化作用があったりと大豆ならではの効果も期待できるようです。豆乳にも同じような効果が期待できるので、豆乳と合わせて飲む飲むのもいいかもしれませんね。健康志向によって豆乳に注目が集まっているのと同様に、ソイプロテインにも注目が集まっています。

プロテインの種類を解説!目的ごとの選び方と効果の違いを比較 | MensModern[メンズモダン]

牛乳・豆乳・水によってプロテインの成分は変わる?

プロテインは粉末なので、水分でよく溶いて飲むという方法を取ります。そこで問題となってくるのが、どういった水分でプロテインの粉末を溶くのかということです。プロテインを飲む際に人気のある水分は、牛乳・豆乳・水です。牛乳・豆乳・水それぞれ違いがあるのですが、プロテインと混ぜることで成分は変わるのでしょうか。牛乳・豆乳・水でダメなものなどあるのでしょうか。

牛乳・豆乳・水でプロテインの成分は何も変わりません。そのため、自分の好みで牛乳・豆乳・水を決めてもよいということになります。したがって牛乳・豆乳・水のどれで割ってもダメというものはありません。しかし、牛乳でプロテインを溶けば、牛乳の成分がプラスされ、豆乳で溶けば豆乳の成分がプラスされるということを忘れないでください。牛乳の成分が欲しいのか、豆乳の成分の欲しいのかなど牛乳・豆乳・水の成分を考えましょう。

プロテインを牛乳で飲むと

牛乳で飲むポイント

牛乳に含まれるたんぱく質はカゼインプロテインです。そのため消化に時間がかかり吸収力が弱いと言えます。したがって、ホエイプロテインといった吸収力が高いプロテインを飲む時に牛乳を使うのは不向きと言えます。せっかくのホエイプロテインの吸収力のよさを消してしまう可能性があるからです。

牛乳でプロテインを飲む時は、就寝前や食事の合間に飲むといった場合に使うことをおすすめします。せっかくのプロテインの効果を薄めることのないように、目的や種類をよく見極めてから使うようにしましょう。

牛乳で飲む注意点

牛乳でプロテインを飲む場合の注意点について紹介していきます。先ほども紹介しましたが、牛乳に多く含まれるたんぱく質は吸収力が弱いのでプロテインの種類に注意しましょう。また、牛乳は脂質やカロリーが高いのでダイエット中には不向きとも言えます。他には、牛乳の成分に含まれる乳糖によってお腹がゆるくなりやすいので、自分の体質とも相談する必要があります。

プロテインを豆乳で飲むと

豆乳で飲むポイント

豆乳は牛乳と比べるとカロリーが低く、豆乳には植物性のたんぱく質を豊富に含んでいます。そのため豆乳とプロテインとの相性はいいと言えます。豆乳には体にいい成分がたくさん含まれているので、豆乳とプロテインを混ぜて飲むことでより効率的に必要な栄養素を補給することができると言えるでしょう。

プロテインを豆乳で飲む時は、牛乳で飲む時のようにタイミングはさほど考えなくても大丈夫なように感じます。豆乳は消化が遅く吸収力が弱いというイメージがありますが、牛乳に比べるとカロリーも低くアミノ酸を豊富に含んでいるので、豆乳を加えることで必要な栄養素を摂りやすいと言えます。豆乳とプロテインの相性はいいので、プロテインを飲む際には豆乳を使うという人は多いです。豆乳の良さをうまく使うことができるといいですね。

豆乳で飲む注意点

たしかに豆乳は牛乳と比べるとカロリーは低いですが、豆乳もカロリーのあるものです。そのため、プロテインを豆乳で飲むとカロリーが高くなります。ダイエットを意識した筋トレであれば、少しでもカロリー摂取を抑えたいと思うものです。したがって、ダイエット目的でプロテインを使う場合は、豆乳の取り扱いを注意した方がよいでしょう。

豆乳には抗酸化作用や豊富な食物繊維など体にいいことばかりな気がしますが、アレルギーには注意が必要です。豆乳は大豆からできているので、大豆アレルギーの人は注意が必要です。またまれに大豆類は大丈夫なのに、豆乳にアレルギー反応が出る人がいるようです。豆乳を使う場合は注意しましょう。

プロテインを水で飲むと

水で飲むポイント

プロテインを飲むにあたっておすすめは水です。水はカロリーも脂質もなくプロテインの成分にプラスするものがないからです。ミネラルウォーターを使えばプロテインの成分とともにミネラル分を摂取することができます。ミネラルは体で作ることができない成分でもあり、代謝の能力を左右する成分でもあるので積極的に摂りたい成分です。そんな水をプロテインと飲むことで、さまざまな栄養素を一度に摂取することができるのでいいですね。

水で飲む注意点

運動した後などではのどが渇いていることもあり、冷たい水を飲みたくなります。しかし冷たい水で体を冷やしてしまうことがあるので注意が必要です。水でプロテインを飲む時は、あまり冷たい水を使うのではなく、常温の水を使うとよいでしょう。水は牛乳や豆乳のようにアレルギーを考えなくていいのでいいですね。

牛乳・豆乳・水で割るプロテインはいつ飲むといの

牛乳・豆乳・水で割るプロテインは、プロテインの種類や牛乳・豆乳・水の成分をよく考えてから飲むタイミングを考えるとよいでしょう。カゼインプロテインを牛乳で割って飲むと、消化が遅く吸収力が緩やかになるので、食事の合間や就寝前がおすすめです。ただ、牛乳を使うことでカロリーが高くなるのでダイエット目的の場合は控えた方がよさそうですね。

初めてプロテインを飲むという人は、クセを感じて飲みにくいかもしれませんが、水でプロテインを飲むのがシンプルでいいですね。どうしても飲みにく場合は、豆乳がおすすめです。豆乳は牛乳よりカロリーが低いのでダイエット中でも比較的飲みやすいですね。プロテインを牛乳・豆乳・水で飲まないとダメということはありません。牛乳・豆乳・水に違いがあるので、違いをしっかり理解してプロテインを飲むタイミングを考えていきましょう。

プロテインを飲んでいる人に人気があるのは、豆乳のようです。豆乳の成分を理解して自分が使っているプロテインと総合して使っているようです。豆乳を使うことで飲みやすくなるというのが最大の理由のようです。水で飲むのがシンプルでいいのかもしれませんが、せっかくなら美味しく飲みたいですよね。そういった時には試しに豆乳を使ってみるといいかもしれませんね。

プロテイン寝る前に飲むべき理由。効果をあげるおすすめ飲み方とタイミング | MensModern[メンズモダン]

牛乳・豆乳・水で割るプロテインの吸収力の違いは

プロテインをこれで飲まないとダメという決まりは特にありません。しかし吸収力に違いが出てくる可能性があるので、注意が必要です。牛乳や豆乳は消化が遅いため、吸収力のスピードが緩くなります。水であれば、吸収力に影響を与えることがないので、牛乳や豆乳と比べると違いが出てきます。どれがダメということはありませんが、飲みたいプロテインの種類や牛乳・豆乳・水のいずれかを使うのかという点を考慮する必要があります。

プロテインは牛乳?豆乳?水?口コミ情報

プロテインに水だと飲みにくくてダメという人はたくさんいます。やはり水で割るより牛乳や豆乳などで割る方が美味しいようですね。アレルギーやカロリーなど色々考えて選ぶといいですね。牛乳アレルギーや大豆アレルギーなども考えられるので、牛乳や豆乳には注意が必要です。

牛乳や豆乳がダメということはありませんが、ダイエット中には水で溶くことがおすすめのようですね。水で溶いたプロテインだとトータルのカロリーを抑えることができます。

プロテインと豆乳の組み合わせは、腹持ちがよくなるようですね。豆乳自体が腹持ちがいいものでもあるので、豆乳を使うことで、そういった効果が得られるのでしょう。豆乳は消化が遅く吸収力が緩やかになります。豆乳とプロテインをうまく組み合わせるといいですね。豆乳は常温の豆乳の方がいいでしょう。しかし常温の豆乳は苦手という人も多いでしょう。プロテインと割る分の豆乳を冷蔵庫から出しておくといいですね。

牛乳・豆乳・水を活用してプロテインを飲もう

プロテインを飲む場合、筋トレの効果を上げるためだったり、ダイエット目的だと思います。筋トレやダイエットの効果を上げるには、どのプロテインを使ってどういったもので割って飲むのかというのが大切になります。それぞれにいい部分があるので、これがダメというものはありません。筋トレの後にプロテインを飲むのか、筋トレを休んでいる時に飲むのかといったことでも違いがあります。必要に応じて選んでプロテインを飲みましょう。


評価 4.0/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ