超人気声優として知られる神谷浩史さんのバイクでの事故が、想像以上に深刻な状況で、生死を彷徨うほどだった?神谷浩史さんに後遺症が残るかもしれないほどの事故とはいったい何だったのか。治療中はどうしていたのか。気になる詳しい内容をご紹介します。

神谷浩史のバイク事故・後遺症について調査!生死を彷徨うほどだった?

目次

  1. 声優神谷浩史が事故に遭う!
  2. 神谷浩史のプロフィール
  3. 神谷浩史の遭った事故の内容
  4. 事故発生直後のファンのショック
  5. 神谷浩史の遭ったバイク事故
  6. 神谷浩史さんの事故が予想外に深刻だった
  7. 神谷浩史の事故の影響
  8. 神谷浩史が事故から驚異的な回復
  9. 神谷浩史の事故後の後遺症について
  10. 神谷浩史のバイク事故真相まとめ

声優神谷浩史が事故に遭う!

言わずと知れた人気声優として活動をしている神谷浩史さんは、2006年に事故に遭っており入院もしていました。これくらいならばファンの間でも知られていることですが…。

実は、その事故の内容が想像以上に深刻なもので、一時は生死の間を彷徨うほどであったことが判明しました。助かったとしても後遺症が残るとまで言われていた事故の真相とはいったいどんなものだったのか。そして、入院中の神谷浩史さんはどうしていたのか。気になる真相をまとめました。

神谷浩史のプロフィール

生年月日:1975年1月28日
出身地:千葉県
血液型:A型
ジャンル:声優、歌手、ナレーター
活動期間:2009年~
所属事務所:青二プロダクション
主な出演作品:『夏目友人帳』夏目貴志役、『進撃の巨人』リヴァイ役 他

高校3年時に友人が創設した演劇部の出演した大会で個人演技賞を受賞。役者を志し、演劇雑誌『テアトロ』に乗っていた青二塾に東京校第14期生として入校しました。1994年に声優としてデビューし、最初の仕事は『三國志DX4三國志満漢全席グレート』に生徒役。デビューして数年はナレーターとしての仕事が多かったようです。

その後、『化物語』阿良々木暦役、『進撃の巨人』リヴァイ役など多数の人気作品に出演し人気を集め、2012年から2016年の声優アワードにて最多投票賞を受賞し、5年連続受賞によって声優アワード殿堂入りを果たされています。その後も、『おそ松さん』チョロ松役、『監獄学園』藤野清志役などにも出演しています。

数々の人気作品に出演してきたため、ファンからも絶大な人気を集めており、神谷浩史さんの声が好きすぎて「神谷病」という単語ができるほどにまでなっています。

神谷浩史がツイッターで結婚生活をノロけてた?封鎖の真相と理由まとめ | MensModern[メンズモダン]

神谷浩史の遭った事故の内容

2006年8月に、神谷浩史さんが事故に遭ったという報道がされました。神谷浩史さんの所属事務所である青二プロダクションから、公式な発表はされていませんが、どうやら神谷浩史さんバイクを運転中、トラックを避けようとして転倒してしまったというのが、事故の大まかな真相らしいです。

その日は、アニメ「ハチミツとクローバー2」のアフレコ現場に向かう途中だったらしく、この事故後、「ハチミツとクローバー2」の公式サイトでも神谷浩史さんの代役を立てるというアナウンスがされました。

公式サイトでは「竹本役の神谷浩史が8月7日、交通事故に遭い、現在治療のため入院しております。最終話12話に関してのみ、代役に野島健児を立てて放送する見込みです。関係者並びにファンの皆様には、ご心配をおかけしまして申し訳御座いません。」とアナウンスがされました。せっかく最終話までアフレコされていたのに、神谷浩史さん自身が一番残念でしょうね。

事故発生直後のファンのショック

上記のように、神谷浩史さんが出演されていたアニメの公式サイトでも事故について触れられていたため、多くの神谷浩史さんファンが真相を知ることができないまま、多大なショックを受けたそうです。

事故が発生した直後、神谷浩史さんのファンが集まっていた掲示板やサイトなどでは、真相を知らず事故に関する根拠のない憶測や噂が飛び交っていたそうです。当時から人気声優として活躍していましたので、掲示板などが荒れてしまうのも無理ないことかもしれませんね。

神谷浩史の遭ったバイク事故

詳しくは明かされていないようですが、神谷浩史さんが遭った事故は、トラックを避けようとして転倒してしまい、病院に運ばれたと言われています。

事故に遭った神谷浩史さんは意識不明の重体となり、生死の間を彷徨うこととなってしまいました。実はこの日、神谷浩史さんは、声優仲間である安元洋貴さんと野島裕史さんと共に食事の約束をしていたそうです。現場で仕事を一緒にしていた仲ですから、お2人のショックはファン以上だったのでしょう。

神谷浩史さんの事故が予想外に深刻だった

バイク事故に遭ってしまい、すぐに緊急入院した神谷浩史さん。なんと、一時は心肺停止状態になってしまい、文字通り生死の間を彷徨ってしまったほどの重体だったそうです。

心肺停止状態から意識が戻るまでに、8月末までの1ヶ月ほどの時間がかかってしまったそうです。神谷浩史さんの意識が戻らない間、安元洋貴さんや諏訪部順一さんなどの、たくさんの声優仲間の方々が自身のブログ上で心配しているという内容のコメントをしていたそうです。これだけでも、神谷浩史さんの存在の大きさがうかがえますね。

ようやく意識が戻り、面会が許されると、小野坂昌也さん、中村悠一さん、杉田智和さん、置鮎龍太郎さんといった、多数の声優仲間の方々がお見舞いに駆けつけてくれていたそうです。やはり神谷浩史さんの人望が厚かったのが分かりますね。

神谷浩史の事故の影響

事故当時、『ハチミツとクローバー』にて竹本裕太役を演じていた神谷浩史さん。最終回のみを残して入院してしまったため、アフレコ現場でも相当な混乱があったそうです。

そこで、神谷浩史さんの代役として野島健児さんが竹本役を務めました。最終回のみ代役として出演したので、声が違っているそうです。それでも、事故の経緯を知っていたのか、ファンも違和感なく受け入れていたそうです。野島さん自身の人気と、プロとしての技術の賜物でもあるわけですね。

神木隆之介が声優として出演した映画まとめ!君の名は以外にも名作揃い! | MensModern[メンズモダン]

神谷浩史が事故から驚異的な回復

上記のように、初めて面会が許されるのも、事故の内容を考えると相当早かったらしいです。まさしく、奇跡的な回復力をみせたそうです。神谷浩史さん自身、病院では仕事のことをずっと考えており、これ以上迷惑をかけたくないという意志の表れだったのでしょうか。

本来、神谷浩史さんは半年ほど入院をしなければならないところを、僅か2ヶ月後の9月下旬ごろに病院を退院されたそうです。これは、神谷浩史さんの驚くべき回復力と、懸命なリハビリによるものが大きいようです。

なお、入院中には友人から怪我の回復を願って、クロスネックレスが贈られていたそうです。退院後もほぼ毎日身に付けており、現在は傷まないように、鞄に入れて持ち歩いているらしいです。その後もリハビリを続け、同年12月25日に放送された『爆球Hit!クラッシュビーダマン』最終回の神岡テルマ役で、見事復帰を果たされました。

また、神谷浩史さんのバイク事故を受けて、同じ声優仲間である杉田智和さんはバイクに乗ることをやめることを決定したらしいです。神谷浩史さんが悪いわけではないですが、のように大怪我をしてしまい現場に迷惑をかけてしまうことを憂慮してのことでしょうか。

神谷浩史の事故後の後遺症について

ここまで神谷浩史さんのバイク事故後から復帰までを書いてきましたが、気になるのは神谷浩史さんの後遺症です。大きな事故で重体になってしまったため、後遺症が残るのではないかとファンの間でもたびたび噂されていました。

しかし、神谷浩史さんに事故後の後遺症は一切見られず、現場に復帰を果たされました。事故で内臓等に悪影響が残っているなどの噂もありますが、現在も活躍しているので、その噂の心配はないでしょう。

現在も人気声優として第一線で活躍する神谷浩史さん。最近では結婚されているという報道もあり、公私ともに充実した生活を送っているようです。現在も人気声優であり続けられているという子とは、後遺症の心配は全くありませんね。ファンの方々も安心して応援を続けられることでしょう。

神谷浩史のバイク事故真相まとめ

神谷浩史さんはバイクの事故により、生死を彷徨う事態となってしまいましたが、自身の驚異的な回復力と、意識の戻った後の懸命なリハビリによって驚くほど早く退院していました。これもすべて、神谷浩史さんの声優としてのプロ根性から来たものではないかと思います。

また、インターネットラジオ番組『高橋美佳子と植田佳奈のこちらオーダー・コフィン・カンパニー』の最終回にゲストとして出演し、事故について語っています。

神谷浩史さんのご両親には「もう意識が戻らない」とまで言われ、自身も相当に辛い中でリハビリをして現場復帰されました。これは、自分をを心配し応援してくれたたくさんの人が力を与えてくれたからだと語っています。文字通り生死を彷徨うほどの大けがにもかかわらず、現在現場復帰して活躍しているのは、本当にすごいことだと思います。

意識不明の重体であったにもかかわらず見事復帰して現在に至るまでには、生死の間にいながらも驚くべき回復力と周りの仲間に支えられていたという真相がありました。この真相を知れば、神谷浩史さんの人望の厚さがよくわかることでしょう。今回は「神谷浩史のバイク事故の真相」についてまとめました。


評価 4.1/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ