コーヒーをあまり飲まない人からするとカフェオレとカフェラテの違いって分からないですよね。カフェオレもカフェラテにももちろん違いがあり味わいも全然違います。カフェオレとカフェラテの違いもご紹介しながら、カフェモカやカプチーノまでご紹介します。

カフェオレとカフェラテの違いって何?カフェモカやカプチーノは?

目次

  1. カフェオレのレは牛乳のことで違いは入れ方
  2. カフェラテのラテは牛乳のことで違いはマシーン
  3. カフェオレとカフェラテの違いは豆と味と量
  4. カフェラテを自宅でも作れる簡単レシピ
  5. カフェオレ・カフェラテに合うグルメ
  6. カフェオレ・カフェラテの美味しいお店
  7. カフェモカとカプチーノの違い
  8. カフェモカ・カプチーノの美味しい飲み方
  9. カフェモカ・カプチーノの美味しいお店
  10. カフェオレとカフェラテの違いを知ってコーヒーを堪能

カフェオレのレは牛乳のことで違いは入れ方

カフェオレは、フランス語です。フランス語でカフェオレのレは牛乳のことを指します。カフェオレは、牛乳とコーヒーを混ぜたものになります。ミルク入りのコーヒーがいわゆるカフェオレというわけです。コーヒー豆なのですが、こちらは普通のコーヒー豆を使用します。コーヒー豆を挽いて入れるコーヒーでいわゆるドリップコーヒーという入れ方のコーヒーとミルクを合わせたのがカフェオレと言います。

カフェラテのラテは牛乳のことで違いはマシーン

カフェラテはイタリアで造語になります。カフェラテのラテは牛乳のことを指します。ミルク入りコーヒーのことをカフェラテというのです。しかし、コーヒー豆が普通のコーヒー豆ではなく、エスプレッソなんです。エスプレッソはドリップコーヒーとは違い、高い圧力をかけて短い時間で抽出するエスプレッソマシーンで入れるコーヒーにミルクを混ぜたのがカフェラテと言います。

カフェオレとカフェラテの違いは豆と味と量

カフェオレは浅煎り豆・カフェラテは深煎り豆

カフェオレとカフェラテの豆の挽き方、抽出の仕方の違いで分かれているのですが、もちろん味も違います。カフェオレの作り方はドリップコーヒーです。ドリップコーヒーで入れたコーヒー豆は、どちらかというと比較的苦みの少ない浅煎り豆ですが、カフェラテに使用するエスプレッソコーヒーは、深みがあり苦みも多い深煎り豆を使用します。

カフェオレは苦みが少ない・カフェラテは苦みが多い

カフェオレとカフェラテの味ですが、カフェオレに使用するドリップコーヒーは、苦みは少ないのですが酸味がありよく飲むコーヒーの味がします。また、カフェインも多く含みます。一方で、カフェラテに使用するエスプレッソは圧力かけて抽出するだけあって深い味わいでうまみが凝縮し、濃いコーヒーになっています。苦みは多いですが、酸味は少ないため飲みやすさはあります。

カフェオレは並みの量・カフェラテは少量

またカフェオレは、普通のマグカップに注ぐのに対して、カフェラテに使用するエスプレッソは小さいマグカップに注ぐのです。これは、うまみをぎゅっと凝縮することで同じ量のコーヒー豆であっても量が変わるのです。少ない量でも凄くコーヒーを感じられるのはエスプレッソのうまみです。

カフェオレ一般比率は5:5・カフェラテ一般比率は2:8

カフェオレに対して入れるミルクの量は一般的に半分ほど入れるそうです。5:5の割合が一般的と言われています。一方でカフェラテは2:8の割合でミルクの方が多めに入れます。よってコーヒーにミルクを半分入れるのがカフェオレになり、ミルク多めがカフェラテというわけです。もちろん、これはカフェラテが1度に抽出する量が少ないからというのも理由の1つですがミルク多い方が飲みやすいからです。

おすすめのコーヒーメーカーランキング!定番や全自動など性能を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

カフェラテを自宅でも作れる簡単レシピ

カフェオレはインスタントとミルクがあれば簡単にできますが、カフェラテは泡作るのが難しいし、機械もないからできないと思っている方に簡単に作れるレシピをご紹介します。まず、コーヒーはインスタントでもなんでもよいです。牛乳を沸騰させない程度にあっためて小さいペットボトルに入れます。キャップの方を下にして泡ができるまでひたすらふり続けるとカフェラテの泡が作れちゃうんです。

カフェオレは、ホットにするとより酸味が感じるのでアイスがおすすめです。カフェオレもカフェラテもコーヒー豆を変えれば全然違う味になるので、いろんなコーヒー豆で味の違いを楽しむのもグルメの1つですね。また、ミルクの量を変えてみたりすることで自分好みのコーヒーを探すのも良いですね。

カフェオレ・カフェラテに合うグルメ

カフェオレ・カフェラテににおすすめグルメはパン

コーヒーに合う食べ物と言えばやっぱりパン類ですね。パンも種類が豊富ですが特に、ミルク多めのカフェオレ・カフェラテに合うとすれば最近人気のある塩パンはグルメの間でも合うと高評価です。また、クロワッサンやデニッシュ系は最高の組み合わせです。カフェオレはカフェラテと違い、酸味が強いドリップコーヒーを使用するので、フルーツケーキもおすすめです。グルメならフルーツと一緒にコーヒーを楽しむのが良いですね。

カフェオレの作り方ガイド!最高においしいカフェラテレシピは? | MensModern[メンズモダン]

カフェオレ・カフェラテの美味しいお店

カフェオレボウルでカフェオレを堪能

吉祥寺で人気のお店が「お茶とお菓子横尾」さんです。ここのお店は、静かで周りのお客さんのことも気にならないような配置にテーブルがあり1人で来る方も多いようです。おすすめは、カフェオレをボウルに入れて出してくれるのでたくさん飲めるのが人気があります。カフェオレだと酸味があるのでたくさん飲めませんがカフェオレならミルクの甘みでたくさん飲めるのでコーヒーが好きな方におすすめです。

世界チャンピオンに注がれるカフェラテ

新宿にあるお店「ポールバセット」さんには、バリスタ世界チャンピオンのポールバセット氏が手掛けるお店で、コーヒー豆にこだわりぬき、世界中から厳選されたコーヒー豆を店内で自家ローストしているそうです。世界チャンピオンが手がけたお店だけあってカフェラテの美味しさは素晴らしいと評判です。カフェオレもカフェラテも家で飲むよりお店で飲むと一味違いますよ。

カフェモカとカプチーノの違い

カフェオレとカフェラテは、ミルクの量とコーヒー違いであることが分かったと思いますが、カフェオレとカフェラテ以外にカフェモカとカプチーノもよく聞くコーヒーの名前ですよね。カフェオレとカフェラテとなにに違いがあるのかですが、実は、カフェモカもカプチーノも違いがちゃんとあるんです。そんなカフェモカとカプチーノの違いをご紹介します。

カフェモカもカプチーノもコーヒーに違いはあるの?

カフェモカとカプチーノの2種類に使用されるコーヒーに違いはなくエスプレッソを使用します。カフェラテと同じですね。エスプレッソは高い圧力をかけて抽出するコーヒーなので、ほんの少ししか量はとれません。ということは、カフェモカもカプチーノも少量なのかということですが、同じく少量のエスプレッソがカフェモカとカプチーノになるのです。

カフェラテとカプチーノの違いはミルクの量?

カフェラテとカプチーノの違いは抽出方法ではなかったらミルクの量だと思いがちですが、実はミルクの量ではなくミルクの種類にあったのです。カフェラテやカプチーノはミルクの泡の量で違いがうまれます。カフェラテは泡がほとんどなくミルクとコーヒーなのですが、カプチーノは泡がおよそ半分ほど入ったのを指します。ミルクで作る泡の種類の違いだったのですが、種類の違いとはなんなのでしょうか。

ミルクの質に違いあり・スチームドミルクとフォームドミルクとは?

ミルクの泡の量の違いでカフェラテやカプチーノを指すんですが、ミルクの種類がそもそも違います。それが、スチームドミルクとフォームドミルクです。スチームドミルクは、カフェラテにもカフェモカにもカプチーノにも使用します。スチームドミルクとは、蒸気で温めたミルクのことで、フォームドミルクとは、蒸気で温めたふわふわの泡のミルクなんです。両方のミルクを使用しているのがカプチーノになります。

カフェオレに使用するミルクは、普通に温めたミルクを使用しますが、ミルクを蒸気で温め蒸気で泡立てることで下層にスチームドミルク、上層にフォームドミルクという少し違いのあるミルクができるのです。スチームドミルクは、普通に温めるのと違い、蒸気によって温められることで水分が含まれ、ミルクの甘さが抑えられます。使用するミルクの種類によってコーヒーの味に違いが出るというわけです。

カフェモカはそもそも入れるものがシロップ

カフェモカは他と違い、エスプレッソとスチームドミルクの中にチョコレートシロップを使用するのです。実は、カフェラテにチョコレートシロップを加えるとカフェモカに変身するというわけです。チョコレートの甘さが好きな方はカフェモカがおすすめですね。グルメでもカフェモカは、飲みやすさがあるので好まれて飲む方も多いようです。

カプチーノの作り方徹底ガイド!初心者でも簡単で美味しい♪ | MensModern[メンズモダン]

カフェモカ・カプチーノの美味しい飲み方

カフェモカはもともとチョコレートシロップを入れることで他との違いがありチョコレートの甘さが加えられます。なので、甘さが控えめのお菓子によく合いますが、欠かせないのはクッキーですね。クッキーは万能でコーヒーによく合います。カフェモカグルメのおすすめはスコーンです。カフェモカのチョコレート味をもっと感じたいならチョコレートソースを増やすとよりチョコレートを感じられますよ。

カプチーノは、ふわふわの泡のミルクを使用しているので実は、ラテアートにも使用される種類のコーヒーなんです。ラテアートを家ではなかなかできないのでお店で飲むのが良いですね。更に、シナモンパウダーを使用するとより香りが豊かになりグルメの方の間でもシナモンパウダーはおすすめのひと手間アレンジです。

カフェモカ・カプチーノの美味しいお店

人形町にある「SUNNYCOFFEE」さんのカフェモカはチョコレートの甘みが程よく、ミルクとの相性も抜群で優しい味わいのカフェモカが飲めます。また、バナナやキャラメルなどの味がするカプチーノも人気があり、フレーバーを使用したカプチーノのお店はなかなかないのでおすすめです。カプチーノの味を他と違いを感じたいなら珍しいフレーバーを使用したお店を探すのも良いですね。

カフェオレとカフェラテの違いを知ってコーヒーを堪能

いかがでしたでしょうか。カフェオレとカフェラテの違いからカフェモカとカプチーノの違いもご紹介しました。カフェオレはオーソドックスなコーヒーにミルクを混ぜたものなので1番口にする味です。それに、カフェラテやカフェモカ、カプチーノの違いを知ったらきっと全種類飲みたくなると思うので1度気になったお店に足を運んでみて違いを実感してくださいね。


評価 3.5/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ