エスプレッソはお好きですか?コーヒーは好きだけどエスプレッソはちょっとという方も多いのではないでしょうか。そんな時は飲み方を見直してみましょう。飲み方を変えれば大人の男性らしくかっこよく美味しく飲むこともできるかもしれませんよ。

エスプレッソの飲み方講座!苦くない本場イタリア流の飲み方とは?

目次

  1. エスプレッソはいかが?
  2. 飲み方だけでなくエスプレッソ自体も詳しく知りたい!
  3. エスプレッソの魅力は?飲み方で苦みがなくなる?
  4. エスプレッソは砂糖を入れる飲み方が基本!
  5. エスプレッソに合うお砂糖は何?
  6. エスプレッソの飲み方はイタリア人をお手本に!
  7. エスプレッソの虜になったら家で飲もう!
  8. 家でも楽しむ時もやっぱり飲み方にこだわろう!
  9. 飲み方だけじゃない!エスプレッソの楽しみ方
  10. 苦くないエスプレッソの飲み方講座のまとめ

エスプレッソはいかが?

グルメなMen'sModern読者さんも多いはず。グルメと一口に言っても食べ物だけでなく、飲み物に関してのグルメさんもいるのではないでしょうか。コーヒーを入れるなら豆から挽いているだとか、紅茶を飲むのなら〇〇農園物のダージリンが好きといった内容です。そんな飲み物グルメさんでもエスプレッソを敬遠している方も多くはありませんか?

エスプレッソのイメージと言えば、濃くて苦くてしかも少ない!という感じでしょうか。とはいえ、この記事を読んで下さっているということは、あなたのライフスタイルにエスプレッソをプラスしたいと思っているからですよね?そんなあなたはぜひこの記事を読んで飲み物グルメに拍車をかけて下さい。

苦くないエスプレッソのお蔭で、あなたのライフスタイルがひと時でもイタリアのようになるかもしれませんよ。苦くない、おいしいエスプレッソを楽しむ方法をぜひ覚えて下さいね!

イタリアンの基本マナー!デートに◎イタリア料理のテーブルマナーとは | MensModern[メンズモダン]

飲み方だけでなくエスプレッソ自体も詳しく知りたい!

エスプレッソと言えばイタリアのコーヒーということはご存知の方も多いはずです。ではエスプレッソという言葉の語源はご存知でしょうか?エスプレッソという言葉は「急行」意味しているんです。なぜ急行かというと、早く濃くコーヒーを抽出するところから来ています。一度、エスプレッソをカフェで頼んで「急行」具合を見てみるのも良いかもしれませんね。

エスプレッソの歴史①

1806年のことです。ナポレオンはイギリス製品をボイコットし、フランス植民地からのコーヒー豆が極端に減ってしまいました。ローマにあるカフェ「カフェ・グレコ」の3代目サルヴィオーニは、仕方なくカップを小さくしてコーヒーを減らし、値段を下げるという方法を取りました。それから小さめのカップで飲むということが受け入れられるようになりました。

エスプレッソの歴史②

その後の1901年にあの濃くて苦いエスプレッソが誕生しました。ベゼラ社の創始者ルイジ・ベゼラによって開発されたエスプレッソマシンが誕生したからです。彼は抽出速度を求めていたのです。それ以来、エスプレッソマシンはどんどん研究され、家庭用マシンもできたほどです。それとともに小さなカフェにもエスプレッソが導入されることができるようになりました。

エスプレッソの魅力は?飲み方で苦みがなくなる?

コーヒーとエスプレッソの違いを知って飲み方を変えよう

コーヒーとエスプレッソの違いはなんだと思いますか?一番の大きな違いはグルメなあなたじゃなくても分かる、あの味と見た目ですよね。実はそれは、先ほどの章で簡単に説明した淹れ方に違いがあるのです。コーヒーの淹れ方はグルメなあなたならよくご存知でしょう。自分でミルを曳いたりして淹れている方もいらっしゃるかもしれません。

エスプレッソはマシンで9気圧といった高圧で急速に抽出します。急速で抽出されるからあの濃く深い香りが出るのです。そしてもう一つ見えない違いがあります。カフェインです。エスプレッソは濃いためにカフェインが濃いと勘違いされることも多いのですが、短時間で抽出されているためにカフェインは非常に少ないのです。

ですから、カフェインをあまりとりたくない時間帯にコーヒーが飲みたくなった場合にエスプレッソを飲むことをおすすめします。もちろん朝いちばんにあの濃い味わいを飲むのも、素敵な一日が始まりそうになるのでおすすめですよ。では、苦くないエスプレッソの飲み方をさらに知りたくなりましたよね?それでは苦くない飲み方について次の章でくわしくお伝えしましょう。

エスプレッソは砂糖を入れる飲み方が基本!

コーヒー好きなグルメさんにとっては、コーヒーは味や香りがよくわかるようにということで、ブラック派も多くいらっしゃると思います。しかし、エスプレッソは苦い!その苦味を消すためには、たっぷりの砂糖を入れましょう。まず一口目は「クレマ」と呼ばれる表面に浮かぶクリーミーな泡のようなものを味わいましょう。

そして、カフェならば付いてきたスティックシュガーを一本入れて砂糖を混ぜ合わせ飲みましょう。ティースプーンに山盛りにして2~3杯使って飲む人もいるのだそうです。つまり、苦くないおいしいエスプレッソの飲み方は砂糖をたくさん入れるということが正解です!

エスプレッソはよくチョコレートに例えられます。ビターが好きなグルメさんは砂糖をあまり多く入れすぎず、甘いミルクチョコレートが好きな方は、苦くないエスプレッソにするために砂糖をたっぷり入れるんです。「砂糖を入れるなんて」と、思われるかもしれませんが、これがイタリアの飲み方ですし、深いコクや酸味香りを楽しむことはできますよ!

エスプレッソに合うお砂糖は何?

カフェで味わうときなら問題ありませんがご家庭でおいしいエスプレッソを飲むときにはどんなお砂糖を使えばいいのでしょうか。一番先に思い浮かぶのはグラニュー糖ではありませんか?正解です!溶けやすく使い勝手がいいからです。エスプレッソの深い味わいを邪魔しません。もしグラニュー糖がなければ、次は上白糖、ザラメといった順番でしょう。

上白糖は溶けにくくだまになりやすいという欠点がありますし、ザラメでは粒が大きいことから溶けるまで甘みが分かりにくいということがあるからです。ただ、甘いものが大好きということであれば、一度ザラメを試してみても良いかもしれません。ちょっとした冒険になってしまうかもしれません。

なお、お砂糖自体に個性が強い物はエスプレッソの味わいをうまく引き出せないために合わないと言われています。たとえば黒糖や和三盆といったものです。もちろんそれが好きだということであれば、ぜひ使っておいしいエスプレッソを飲んで下さい。

エスプレッソの飲み方はイタリア人をお手本に!

イタリアやフランスのカフェでコーヒーと言えば「エスプレッソ」を指すと言われるほどイタリアで愛されている飲み物がエスプレッソです。お砂糖を入れる飲み方がイタリア流だということはすでにお伝えしました。そんなイタリアンな飲み方で最後まで楽しみたいですよね。それはお砂糖を入れたエスプレッソの最後の仕上げです。

お砂糖を入れるてどんなにかき混ぜてもやはり最後まで溶けきれずに残っているお砂糖もあります。それのおさとうをおいしく食べちゃうのです!そこまでしたら本場のエスプレッソのおいしい飲み方と言ってよいでしょう。ぜひ、エスプレッソを飲むときにはお砂糖もおいしく召し上がってください。エスプレッソに詳しい方がマスターならきっと喜んでいただけますよ。

エスプレッソの虜になったら家で飲もう!

エスプレッソのおいしい飲み方は分かっていただけたと思います。コーヒー好きなグルメさんならきっとエスプレッソの虜になるはず。そんな時はぜひ、エスプレッソマシンを購入してお家でもおいしいエスプレッソを召し上がりませんか?カフェとは違った楽しみ方があります。それは次からの章でお届けします!

家でも楽しむ時もやっぱり飲み方にこだわろう!

今回の章では飲み方と言っても、入れ物についてです。せっかく味わうなら、エスプレッソを入れるカップ「デミタス」を使ってみませんかという提案です。ちなみにデミタスとはフランス語で「小さなカップ」という意味なんだそうです。エスプレッソだけでなくトルココーヒーを入れるときにも使うそうですから、一揃えあってもよさそうですね。

白色の陶器や磁器で出来ていることが多いそうですが、やはりブランドものになると装飾を施しているものが多いです。素材も陶磁器以外ではガラスやステンレス、ホーロ―などもあります。ぜひお気に入りのカップを見つけて、恋人やご家族とともにおいしいエスプレッソのコーヒータイムを味わいましょう。

飲み方だけじゃない!エスプレッソの楽しみ方

エスプレッソの楽しみ方に飲み方以外にもあるとはどういうこと?と思われた方も多いのではないでしょうか。それはエスプレッソのお供です。例えばイタリア発信のケーキ、ティラミスはいかがでしょうか?イタリアで愛されているエスプレッソとの相性はホロ苦い甘さのティラミスとは相性抜群です。

もし、エスプレッソを朝に召し上がりたいというのならば、クロワッサンなどはいかがでしょうか?バターなど乳製品をたっぷり使ったお供はエスプレッソにぴったりです。エスプレッソ独特の深い苦みと味わいには、ほろ苦いお供が大変よく合います。ぜひとも+1品でエスプレッソの味わいをさらに楽しんでみて下さい。

苦くないエスプレッソの飲み方講座のまとめ

苦くないエスプレッソのおいしい飲み方講座でした。イタリア流に習いたっぷりのお砂糖を入れて、ぜひおいしいエスプレッソをこれから楽しんで下さい。


評価 4.6/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ