みなさんは、カフェインによってどんな効果を得られるかご存知ですか?カフェインの量とタイミングはかなり重要です。どのくらいの量を摂取するとカフェインとしての正しい効果が得られるのでしょうか。今日はそのカフェインの上手な量とタイミングをご紹介していきます。

カフェインの効果や摂取量を調査!持続時間やタイミングは?

目次

  1. カフェインの効果的な量と時間とは?
  2. カフェインの持つ覚醒作用とは?
  3. 意外と知られていないカフェインの解熱鎮痛作用
  4. カフェインの持つ強力な効果の強心作用
  5. カフェインの持つ利尿効果その量
  6. 意外と知らない?量を気にすると上手に痩せられる?
  7. カフェインの持つ副作用とは?
  8. カフェインの取りすぎは、は胃痛を引き起こす
  9. 貧血と睡眠の阻害効果にも注意
  10. 女性の大敵?カフェインによってシミと冷え性が悪化する
  11. カフェインの効果と副作用まとめ

カフェインの効果的な量と時間とは?

カフェインの主な効果とは?

カフェインの主成分は、覚醒、消炎鎮痛作用、強心作用、利尿作用が多いです。正しくカフェインの効果を発揮すにはそれ相応の知識が必要です。それぞれの効果を詳しくご説明します。カフェインの為の、時間や量や摂取の仕方について詳しくご説明しますね。

カフェインの効果的で健康的な量とは?

成人男性の平均的摂取量は、400mgまでとされています。一回当たりの安全な摂取量は3㎎/体重1㎏で、一日にすると5.7㎎/体重1㎏です。ちなみに、コーヒー237gの中に含まれているカフェインの量は135mgですので、ご存知でしょうか?

コーヒーの場合、一日三杯が身体的に健康で効果が得られるカフェインと言われています。緑茶は200gには30mgのカフェインが含まれています。量を守ってタイミングよく摂取すること心がけましょう。

おすすめのコーヒーメーカーランキング!定番や全自動など性能を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

カフェインの持つ覚醒作用とは?

カフェインとして代表的な効果と言っても過言ではない効果としては覚醒作用です。効果やタイミングは飲んだり食べたりする物によって変ってきます。脳には、身体の動きや心などに左右する影響を加える場所を受容体と言います。

アデノシン受容体というカフェインの効果を与える場所があります。その場所はリラックス効果を与える場所を動きを阻害して、リラックス効果を機能しないようにすることからカフェインの持つ興奮作用は来ているのです。まさに、脳を刺激し中枢神経を興奮状態にするため眠気覚ましにいいとカフェインが言われているのです。

カフェインの覚醒効果と量

カフェインは睡眠している身体に対して大きく影響を与えるのです。睡眠の質を悪くし眠りを浅くします。200gの量のカフェインを摂取すると酢民事感じたいに変化を与えることが研究結果でわかっています。名無理を再現するプラットフォームである脳に大きな影響を与え睡眠時後半で睡眠のリズムが乱れ始め浅い眠りになり身体的に回復することが出来なくなると研究結果で分かっています。

ちなみに300gのカフェインを取っていると睡眠時の三時間後にはほとんど起きている状態とかわらない身体と脳波の状態になっているようです。

意外と知られていないカフェインの解熱鎮痛作用

カフェインの効果には消炎鎮痛解熱作用があります。頭痛の痛みや身体的外傷に効果を発揮します。市販の薬にカフェインの成分が含まれているのはそのせいなのです。

カフェインには、脳内の血管を伸縮させる効果があるため、上手に利用することで偏頭痛などの痛みを和らげることができます。即効性の部分でいうとなかなか難しいところではあるため、注意する点でもあると言えます。

カフェインは量によって解熱効果を持つ

市販で販売されている市販の薬品には、鎮痛剤や痛み止めは、一錠あたり36mgという量を使用しています。ピンとくる数字ではないかも知れませんがかなり多い量になります。痛みに対してのアプローチはかなり期待できますが、健康面でいうとあまり期待できるものではありませんし、むしろ摂り過ぎればかなり危険です。

カフェインの持つ強力な効果の強心作用

カフェインには上記でご説明した通り、脳の内部にある中枢神経を刺激し、強い強心作用を生み出すことが可能です。カフェインの持つ筋肉を伸縮させる力が大きく働き、心拍数が一気に上昇する為に発せする現象なのです。その得られる効果から眠気が覚めたように錯覚を起こすのですが、それはまったくの勘違いです。摂取する量や時間によってその効果の強さは変わってきますが、強い効果になる為注意が必要です。

強心効果を最大限利用する量とタイミング

カフェインを摂取してから、血液内で濃度が最高値に達するのは訳、35~40分後と言われています。そして何よりも驚き点が摂取してから減少するまでに4.9時間も必要とされているのです。

カフェインの効果を最大限生かし、仕事やなんらかの用途に使用するならばかなりの注意が必要です。たとえば、寝る前にカフェインを摂取してしまうと遅れてやってくるカフェインの覚醒効果で眠りが浅くなってしまい翌朝の疲れがとれずさらに寝起きにコーヒーをのみその副作用から来る倦怠感や脱力感をつかしてしまいます。

カフェインレスな飲み物一覧!カフェインを控えたいならこれ! | MensModern[メンズモダン]

カフェインの持つ利尿効果その量

カフェインにはカリウムが多く含まれているため、身体の余分な水分の排出を手助けしてくれます。摂取の量によって変わってきますがコーヒーや紅茶を飲みすぎるとトイレに行きたくなりますよね。カフェインは血管を細くする作用があり一時的に血圧が上がります。心臓や肝臓に血液がいき余分な水分が減りますので血圧が元に戻ります。血圧を元に戻す為の作業が利尿作用なのです。

利用効果が得られる量とは?

カフェインの利尿作用を得たいのであれば、大体コーヒー一杯ぐらいで十分な緒です。カフェインの量で言うならば、60mgほどですね。休憩のタイミングで飲むケースが多いと思います。

カフェインには、上記でご説明した通り利尿作用が強い為飲みすぎには注意が必要です。水分補給の変わりに飲んでいるつもりでもじつは水分を失っているケースが多いです。ですので、コップ一杯の水などを間に飲むようにしましょう。

意外と知らない?量を気にすると上手に痩せられる?

カフェインには、身体能力をあげ退社を活性化させる効果があります。トレーニング前に200mgのカフェインを摂取すると代謝が2~3パーセント上昇しなおかつ消炎鎮痛こうかもあるため筋肉痛にも良いとされています。

カフェインで、筋トレの効果を上手にあげるには?

上記でご説明したとうり、運動前に200mg取ると他脂肪燃焼の効果が上がります。カフェインには、脂肪燃焼効果があります。脂肪を燃焼させるには、脂肪を代謝しなければいけません。この脂肪を代謝するのは、リパーゼという酵素です。カフェインはこのリパーゼを活性化させる働きがありますので、脂肪の燃焼を促進する作用があるんです。

褐色脂肪細胞は熱を産生するために、脂肪を燃焼してカロリーを消費してくれますので、褐色脂肪細胞を活性化すれば、自然とカロリーが消費されて、ダイエットできるんです。

カフェインの持つ副作用とは?

カフェインが持ついくつかの副作用

カフェインには副作用があり、摂取する量によってその効果がいろいろな物が発生し身体に影響を与えます。カフェインの副作用についても軽くご紹介しますので参考程度に覚えておいてください。カフェインの摂取する方法や量を変えるだけで上手にカフェインと付き合っていくことが出来ると思います。

カフェオレの作り方ガイド!最高においしいカフェラテレシピは? | MensModern[メンズモダン]

カフェインの取りすぎは、は胃痛を引き起こす

空腹時にカフェインを摂取すると胃痛を起こしてしまう場合があります。これはカフェインにより胃液の分泌が促されたためです。空腹の一時しのぎにコーヒーなどカフェインを含むものを飲むという人は胃を荒らしてしまうことにもなりかねません。

消化促進される分空腹時はその消化するものがないので、胃酸が過剰に分泌されてしまい胃痛を引き起こします。

貧血と睡眠の阻害効果にも注意

カフェインには、ミネラルの吸収を阻害する鉄分や亜鉛などの成分が含まれており、女性の場合や貧血に悩むかたは要注意です。カフェインは興奮作用がつよいため、睡眠前にとってしまうと睡眠の質が低下し翌朝の倦怠感を招きます。良い睡眠の為にも、睡眠の三時間前のカフェインの摂取はやめましょう。

カフェインを摂取しても眠くならない体質の方がいますが、知らず知らずの間に酢民の質を脳のレベルで下げている為結局は疲れを溜めてしまいます。一番の休息である睡眠をしっかりと行うことが出来なければ疲れが蓄積されてしまうため注意が必要です。

女性の大敵?カフェインによってシミと冷え性が悪化する

カフェインには冷え性を招く原因になる場合があります。利尿作用があるぶん身体に必要なミネラルを対外に排出してしまいその結果、貧血をまねきからだの冷えに繋がると言うものです。女性の場合生理中などは、カフェインの摂取に注意が必要です。

実は、カフェインの取りすぎによりメラニンを拡散させシミを増加させてしまう可能性もあるのです。夏場にはアイスコーヒーなどを飲みたくなるケースがかなり多いですが注意が必要になります。

カフェインの効果と副作用まとめ

いかがでしたか?カフェインにはとても役立つ効果がたくさんあります。しかし、その分副作用も強く現れるものが多いです。最近では、カフェイン中毒で死亡する事例もニュースで報告されています。摂取する量は十分注意しましょう。コーヒーなどは、ミルクなどで割るとカフェインの吸収が緩やかになり副作用もでにくくなります。

副作用さえ、うまく付き合うことができたらとても人生に心強い味方になってくれるカフェイン。ぜひ、そのカフェインの持つ副作用と効果をはっきり理解する子ことで最大限効果を発揮できると思います。あまり、カフェインを取らない方も頻繁に摂取する方も意識して、見ることに損はないと思います。カフェインを使ってよりよい毎日を演出しましょう!


評価 4.7/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ