お部屋に加湿器を置いていますか?加湿器のようなガジェットには種類がありそれぞれの特徴によってメリットデメリットがあります。ここでは加湿器の種類ごとの特徴やメリットデメリット、おすすめの加湿器の種類をご紹介していきます。ガジェット好き必見です。

加湿器の種類や特徴を調査!それぞれのメリット&デメリット

目次

  1. 加湿器は生活の必需品!
  2. 蒸気が目に見えるとは限らない!お店の加湿器の蒸気と家で付けたときの蒸気が違って見える理由
  3. 種類によって差がある?!加湿器を使う期間
  4. これから購入を考えている!どんな種類の加湿器を選べば良いの?
  5. 主なガジェットの種類①「スチーム式加湿器」
  6. 主なガジェットの種類②「気化式加湿器」
  7. 主なガジェットの種類③「超音波式加湿器」
  8. 主なガジェットの種類④「ハイブリッド式加湿器」
  9. 種類①「スチーム式加湿器」のメリットデメリット
  10. 種類②「気化式加湿器」のメリットデメリット
  11. 種類③「超音波式加湿器」のメリットデメリット
  12. 種類④「ハイブリッド式加湿器」のメリットデメリット
  13. どの種類の加湿器が良いかわからない!迷ったら「ハイブリッド式」がおすすめ
  14. おすすめは生活環境によって違う!加湿器の種類を見極め快適空間を作ろう!
  15. ガジェット好き必見!加湿器の種類と特徴やメリットデメリットについてのまとめ

加湿器は生活の必需品!

お部屋に加湿器を置いていますか?加湿器は昨今様々な種類が出ていて、電気屋さんでも人気のガジェットの一つです。インテリアの一部としても活躍してくれる見た目のものや、空気清浄機能のついている種類など自分のライフスタイルによって使い分けることが出来ます。

加湿器と言えばなんとなく蒸気を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?ですので蒸気が見えないと加湿されてないのではと思われがちです。しかし実際は蒸気が見えていても見えていなくても加湿の効果は変わりません。蒸気は加湿器の種類によって出やすいもの出にくいものがあるのです。

種類もデザインも様々ある加湿器は購入するのになかなか迷ってしまうものでもあります。様々な機能が内蔵されているものもあるので慎重に選んでおきたいところです。

おしゃれなデザイン家電まとめ!機能性も抜群なおすすめアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

蒸気が目に見えるとは限らない!お店の加湿器の蒸気と家で付けたときの蒸気が違って見える理由

電気屋さんの加湿器コーナーにはたくさんの種類の加湿器が並んでいるかと思います。そのいくつかはデモ機として稼働しており、まさに加湿してる!と言わんばかりの蒸気を出しているものが多いです。やはり加湿器と言えば多くの蒸気が出ていた方が良いと思ってしまうのが私たちの心理、蒸気が勢いよく出ている加湿器を選びがちです。

しかし、いざ購入して家で稼働してみても蒸気の出が悪かったなんてことはありませんか?故障かなと思い見てもらってもどこも悪くないといわれてしまうのでなんだか納得いかないといった経験をしたことのある方も多いでしょう。ですがこれには理由があって、買う側の心理を読み取ったお店側の加湿器というガジェットを売り込む為の一つの工夫だったのです。

もちろん出ている蒸気はお店の展示も購入した新しいものも同じ量ですので詐欺ではありません。ではどのようなトリックがあるのでしょうか?それはデモ機に入っている水にあります。デモ機の水には少量の食塩が入っており、この食塩によって蒸気がくっきりと見えるようになっていたのです。

もちろん食塩を入れるということは機械の劣化が早まります。蒸気を綺麗に見せたいからと言って自宅の加湿器に食塩水を使うのはおすすめできません。あくまでもお店側の加湿器というガジェットに対するアイキャッチ方法ですので試さないようにしましょう。

種類によって差がある?!加湿器を使う期間

加湿器は地域にもよりますが一般的には気温が下がる10月下旬から4月下旬までが加湿器を稼働させておくという期間のようです。しかし、昨今の加湿器は空気清浄機能が付いているものも多く、花粉が増える春先や風邪がはやる秋口にも使えるタイプが増えているようです。

ですので一概に加湿器を使う期間というのは定められませんが、種類によっては通年通して使えるものもあります。ペットやお子様な度がいるご家庭ではこういった通年通して使えるものがおすすめです。しかし通年使うとなると気になるのはお手入れです。そのお手入れ方法も加湿器の種類によって異なってきますので加湿器を選ぶ際に慎重に見ていきたい部分でもあります。

これから購入を考えている!どんな種類の加湿器を選べば良いの?

電気屋さんでも今や人気のガジェットである加湿器は、びっくりするほど様々な種類があり驚くほど優秀な機能が付いているものが多いです。ですので数十種類の中から加湿器を選ぶとなるとなかなか決まらないことも多く、結局は値段や見た目で決めてしまうということが多くなってしまいます。

しかし加湿器の種類は大まかに分け4種類ありその4種類のどれを選ぶかによってお手入れ方法が変わったり、自分のライフスタイルに合うかどうかが決まります。まず加湿器を選ぶときにはこの4種類の加湿器のどのタイプを選ぶのか決めてそこから機能やデザイン、価格を見極めていくのがおすすめです。

主なガジェットの種類①「スチーム式加湿器」

スチーム式加湿器とは水を熱したときに出る蒸気を空気中に広げるタイプの加湿器です。特徴はどの種類の加湿器よりも一番蒸気が出るというところ。加湿器と言って思い浮かぶものがおそらくこのスチーム式加湿器という種類でしょう。水蒸気を勢いよく放出しているのでパワフルに加湿してくれます。即効性もなかなかあるので部屋の乾燥に名焼く方におすすめです。

主なガジェットの種類②「気化式加湿器」

気化式加湿器という種類の加湿器は、スチーム式加湿器と違い熱で水蒸気を作らず内蔵されているフィルターに水分をいきわたらせ、ファンの風によって空気中に水分を広げていくといった加湿器です。

スチーム式とは違い暖かい風よりも冷たい風が発生するのが特徴です。水を熱によって蒸発させるスチーム式とは違い火傷の心配がありませんので、お子様やペットのいる家庭にとてもおすすめできます。

主なガジェットの種類③「超音波式加湿器」

超音波式加湿器とは名前の通り超音波を使い加湿してくれる加湿器です。超音波の振動によって水を分子化しファンの風によって空気中を加湿してくれます。

他の種類の加湿器よりも加湿器の内部がコンパクトにおさめられるのでインテリア向けの加湿器にとても多いです。コンパクトなものが多くかさばらなかったり価格帯も落ち着いているので一人暮らしの方にもとてもおすすめの加湿器の種類です。

主なガジェットの種類④「ハイブリッド式加湿器」

一番近未来間のある名前が付いたハイブリット加湿器ですが、その名の通りハイブリットな点が大きな特徴です。ハイブリットな点はいくつもありますが特に注目したいのは強力な過失パワーにもかかわらず電気代がかからない事や、火傷の心配がないところです。このように他の種類の加湿器のいいとこどりをした加湿器なので、機能性の多いものを選びたい方におすすめの種類です。

種類①「スチーム式加湿器」のメリットデメリット

スチーム式加湿器は、水を熱して水蒸気にし空気中に水分を広げています。目に見えて加湿器が稼働しているのがわかるので、加湿器から出るパワフルな蒸気を楽しみたい方にはとても良いでしょう。

加湿器にはそれぞれ良い特徴も悪い特徴もあります。その特長を見極めて加湿器を選ぶことが出来れば自分のライフスタイルのプラスになってくれるでしょう。ここからはスチーム加湿器のメリットデメリットをご紹介いたします。

メリット

スチーム加湿器のメリットはたくさんありますが一番魅力的なのはお手入れの簡単さです。スチーム水蒸気をお手入れするのは、ほかの加湿器と違い2か月に1度程度でも十分と言われています。

なぜなら高温で水を沸騰させ蒸気化しているので、菌が死滅し加湿器内部が不衛生になりにくいからです。またその温かい蒸気によって部屋内部が暖められます。よって室内の気温も上昇しやすくなるので冬季にはピッタリの加湿器と言えるでしょう。

デメリット

スチーム加湿器のデメリットは、メリットでもあるスチームが原因で起こってしまうデメリットもあります。それは蒸気がとても高温になってしまうことです。確かにお部屋は温まってよいのですが、ペットや赤やんのいる環境で使うには蒸気が触れない場所におく必要があります。

それにプラスしてパワフルな分電気代も他の種類の加湿器と比べ高くなってしまいますし、音も少し大きめです。生活環境によって合う合わないがありますので見極めて購入するようにしましょう。

種類②「気化式加湿器」のメリットデメリット

気化式加湿器は濡れたフィルターをファンの風によって水分を気化する加湿器です。スチーム式とはほとんど真逆の特徴があります。気化式の加湿器の中には電気を使わないペーパー式のものもあり、電気代が気になる方にもおすすめです。

メリット

気化式加湿器のメリットは電気代がとても安く、加湿器の稼働の音がとても小さいことです。さらに蒸気で加湿するわけではないのでやけどなどの心配がなく子供やペットがいても安心して使えます。音が非常に静かなのでオフィスや寝室などにピッタリの加湿器です。ペーパー式の気化式加湿器に至っては価格もとても安価で使いやすくなっています。

デメリット

デメリットはスチーム式の加湿器とは違いパワフルさに欠ける点です。スチーム式の加湿器よりも加湿している感が目に見えて出てこないのでなかなか効果が感じにくいというのが問題点になっています。また気化式の加湿器は蒸気の温度で空気中の温度を下げてしまうことが多いです。ですのでできれば昼間などにしっかりと部屋中を片付けて加湿しておくのがおすすめです。

種類③「超音波式加湿器」のメリットデメリット

超音波加湿器というとあまりピンときませんが超音波加湿器のメリットはたくさんあります。私達がかわいいなと思えるようなデザインのものは、昨今ではほとんど超音波加湿器であるといっても良いくらいデザイン性が良いものが多いでしょう。

また、電気屋さんに行くと必ずと言っても良いほど取り扱っています。急に加湿器がほしくなった時でもすぐに購入することが出来るところも魅力の一つです。

メリット

蒸気の出もスチーム式加湿器のように強力なものが多く加湿している感覚が強いので、加湿器としてのインパクトがあります。一番のメリットはデザインの豊富さ。超音波加湿器だからこそできる内臓機能の小型化により、インテリアとしても活躍してくれるフォルムの加湿器がたくさん作られています。

そして小型なのにパワフルで、電気代も高くなりくいところにも人気があります。加湿器自体の価格もそこまでしないので買い求めやすさでは他の加湿器の群を抜いています。

デメリット

して言うデメリットはこれだけ。ですがこのデメリットはかなりネックになるという方も多いです。そのデメリットとはお手入れがなかなか大変なことです。ものによって表記等も変わってきますが大体1週間に1度は掃除が必要と言われています。

パワフルでそれだけ加湿をしてくれていたら仕方がないと思う方もいると思いますがやはりなかなか大変なものです。もしめんどくさがって2週間に1度の掃除にしてしまうとすればなんと部屋中に雑菌を巻いてしまうことに。超音波加湿器は1週間に1度お掃除ができる方向けの加湿器です。

種類④「ハイブリッド式加湿器」のメリットデメリット

ハイブリット加湿器は他の加湿器のいいとこどりをしたような万能な加湿器です。しかし、いいとこどりと言ってももちろんデメリットはあります。しかしやはり機能性でいうとどの加湿器よりも優れているのかもしれません。

そして最新機能が搭載されやすいので人がいるときに感知して加湿してくれる人感センサーや空気洗浄効果、ものによってはリモコン付きのものや空気清浄してくれるものもあります。ですので、機械好きにとってとても魅力的なのは間違いありません。

メリット

ハイブリット式加湿器のメリットはなんといってもその機能性です。加湿能力が高く様々な機能が追加されていることが多いので、部屋の加湿をとにかく行いたい!という方にもってこいの加湿器です。ハイブリット式加湿器のほとんどは自動で加湿量の調整をしてくれます。ですのでこまめに調整したりする必要がなくただつけっぱなしにしておけばよいのでとても便利です。

デメリット

ハイブリット加湿器は他の加湿器に比べ本体価格が効果です。それだけの機能はついているのですがものによっては他の加湿器が2つ買えるほどの値段のものもあります。ですのでただ加湿をしたいという方にはおすすめできません。さらにパワフルなだけありスチーム式ほどではありませんがそこそこ電気代もかかります。電気代を気にしているご家庭も控えたほうが良いでしょう。

どの種類の加湿器が良いかわからない!迷ったら「ハイブリッド式」がおすすめ

迷っても迷っても決められないそんな方におすすめなのは、そのほかの種類の加湿器の特徴をいいとこどりした「ハイブリット式加湿器」がおすすめです。ハイブリット式の加湿器は、確かに購入するときには値が張りますが、加湿能力も良いですし音も静か、毎日かかる電気代も安く済むので、ひっくるめるとやはりハイブリット式が断然よいようです。

しかしお手入れはこまめに行う必要があります。昨今のハイブリット加湿器はお手入れ方法が簡単なものも多く出てきていますので、外見のかっこよさだけではなく、お手入れのしやすいものを選ぶなど使い勝手も気にしていきましょう。毎日使うものだからこそこだわりが必要だと思います。自分に合う加湿器を選べるようよく下調べしておきましょう。

おすすめは生活環境によって違う!加湿器の種類を見極め快適空間を作ろう!

昨今の加湿器には様々な機能が備えられています。一年中使えるものやペットや赤ちゃんがいても安心して使えるものなど、自分のライフスタイルに合った加湿器を選ぶこともできます。また、種類によってはアロマを入れて楽しめる種類の加湿器などもあるので加湿しながらアロマも楽しみたいという方にはとてもおすすめです。より自分に合う加湿器を選び快適な生活を送りましょう。

ガジェット好き必見!加湿器の種類と特徴やメリットデメリットについてのまとめ

家電系ガジェットが好きな方は加湿器の豊富な種類と便利な機能はたまらないと思います。それぞれメリットデメリットがあり一人一人に合う加湿器を購入することが出来ます。これから加湿器を購入しようと思っている方はぜひ、それぞれの種類の特徴やメリットデメリットに着目して購入してみてはいかがでしょうか?


評価 4.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ