カリスマシンガーソングライターの長渕剛さん。長渕剛さんは現在までに多くのヒット曲を生み出している歌手です。現在61歳の長渕剛さんですが、以前と変わらず精力的にライブ活動もしています。その長渕剛さんですが、歌手としてだけではなく俳優としてドラマや映画でも活躍しています。ドラマ「家族ゲーム」では出演もしている長渕剛さん。そこでこのまとめでは長渕剛さんがこれまでに出演したドラマ作品を一覧でまとめてみました。

長渕剛の出演ドラマ一覧!俳優としての作品は?家族ゲームでは主演も?

目次

  1. カリスマ歌手・長渕剛の俳優活動は?
  2. 長渕剛のプロフィール
  3. 俳優としての長渕剛のドラマ作品
  4. 長渕剛の出演ドラマ一覧(1)「王貞治物語」「家族ゲーム」「家族ゲームII」
  5. 長渕剛の出演ドラマ一覧(2)「親子ゲーム」「親子ジグザグ」「とんぼ」
  6. 長渕剛の出演ドラマ一覧(3)「しゃぼん玉」「RUN」「英二ふたたび 」
  7. 長渕剛の出演ドラマ一覧(4)「ボディーガード」「歸國(きこく)」
  8. 俳優としても活躍する長渕剛の今後のドラマ出演にも期待!

カリスマ歌手・長渕剛の俳優活動は?

長渕剛さんと言えば、デビューから現在まで数多くのヒット曲を世に送り出しているカリスマ歌手です。「乾杯」や「とんぼ」など名曲を多数生み出している長渕剛さん。今もライブを精力的に行い、そのパワフルな歌声や見た目からは、とても60歳を過ぎてるとは思えないシンガーソングライターです。

大物歌手としてのイメージが強い長渕剛さんですが、歌手と同時に俳優としても活躍し、テレビドラマにも出演しています。そこでこの記事では、長渕剛さん過去に俳優として出演したドラマを紹介、長渕剛さんが初出演した「家族ゲーム」や他のドラマ作品一覧もまとめて紹介します。

長渕剛のプロフィール

本名   長渕剛
生年月日 1956年9月7日(現在61歳)
出身地  鹿児島県鹿児島市
身長   175㎝
血液型  A型
職業   歌手、俳優
事務所  オフィス・レン

幼いころは病弱だった長渕剛

シンガーソングライター、そして俳優として活躍する長渕剛さんは現在61歳です。鹿児島県で生まれ、上にお姉さんが1人いる2人兄弟の長男として育ちました。父親は警察官で厳しく育てられたと話しています。今の長渕剛さんからは想像ができませんが、小学生の頃は病弱な子で小児喘息を患い病院通いをしていたそうです。中学に上がっても喘息は治らず病弱なままでしたが、中学2年生の時に初めてフォークギターを手にします。

吉田拓郎の影響を受け歌手を目指す

ギターを初めてから、一番好きになった歌手はフォークシンガーの吉田拓郎さんだったという長渕剛さん。高校に入ってからは喘息も収まり、体も丈夫になり、病弱だった小中学生のころとは変わり活発な学生生活を送ったそうです。フォークソンググループを組んで大学祭で演奏するなどもしていたそうで、このころに音楽の道を志すようになったようです。高校卒業後は長渕剛さんは九州産業大学に進学しています。

1980年の「順子」で大ブレイク

長渕剛さんは大学に進学しましたが、在学中にプロの歌手になることを決め大学を中退しています。20歳の時に出場した「ポピュラーソング・コンテスト」に入賞し、翌年「雨の嵐山」でプロデビューを果たしました。1980年にリリースした「順子」がオリコン1位を獲得し、歌手として大ブレークしています。その後はトップ歌手として活躍し「乾杯」「とんぼ」「JEEP」「しゃぼん玉」など数々のヒット曲を出しています。

俳優としての長渕剛のドラマ作品

伝説的なシンガーソングライターとして不動の地位を確立している長渕剛さん。実は歌手だけではなく俳優としても活躍しています。長渕剛さんがこれまでに出演したドラマ一覧や映画一覧を見てみますと、家庭教師役から暴力団の若頭役まで幅広い役を演じていることが分かります。

そこでここからは、長渕剛さんが出演したテレビドラマにスポットを当てて、これまでに長渕剛さんが出演したドラマ作品一覧を紹介します。

長渕剛の出演ドラマ一覧(1)「王貞治物語」「家族ゲーム」「家族ゲームII」

1982年のドラマ「王貞治物語」

歌手の長渕剛さんが役者として初めて出演したドラマが1982年にTBSで放送されたスペシャルドラマ「わが青春の甲子園 王貞治物語」です。記念すべき長渕剛さんの役者デビューのドラマ作品となりますが、長渕剛さんは主要な出演者にも名前が載らないチョイ役での出演でした。役は主人公・王貞治さんの父親の若い頃を演じていました。このドラマ主題歌には長渕剛さんの『青春は手品師』が起用されています。

1983年のドラマ「家族ゲーム」

長渕剛さんの本格的な役者デビューとなった作品が1983年にTBSで放送された、長渕剛さんの初出演ドラマ「家族ゲーム」です。「家族ゲーム」は1981年に出版された小説を映像化したドラマですが、2013年には嵐の櫻井翔さん出演でドラマ化されています。櫻井翔さんのバージョンの「家族ゲーム」もヒットしましたが、長渕剛さん出演の初代「家族ゲーム」もヒットし最終回の視聴率は20%を超えました。このドラマのヒットで役者としての長渕剛さんも認知されました。

長渕剛さん初出演のドラマ「家族ゲーム」のストーリーは破天荒な家庭教師が、落ちこぼれの中学生を立ち直らせて、高校受験で合格させるというものです。長渕剛さんが演じたのは主人公の破天荒な家庭教師役でした。初出演とは思えない演技力は高く評価されています。ドラマ「家族ゲーム」の主題歌は長渕剛さんのシングル「GOOD BYE 青春」で、作曲は長渕剛さん、作詞は秋元康さんが手掛けています。画像に写ってるのがドラマ「家庭教師」出演当時の長渕剛さんです。

1984年のドラマ「家族ゲームII」

長渕剛さんの初出演ドラマ「家族ゲーム」のヒットを受けて、翌年には同じく長渕剛さん出演で「家族ゲームII」が放送されています。長渕剛さんの役は前回と同じく、破天荒な家庭教師役で主題歌は長渕剛さんのシングル曲「孤独なハート」でした。このドラマも好評で最終回の視聴率は20%を超えています。「家族ゲームII」の翌年の1985年には同じく長渕剛さん出演で「ドラマ家族ゲーム スペシャル 」としてスペシャルドラマも放送されました。

長渕剛の出演ドラマ一覧(2)「親子ゲーム」「親子ジグザグ」「とんぼ」

1986年のドラマ「親子ゲーム」

1986年に長渕剛さんが出演したドラマがTBSで放送された「親子ゲーム」になります。「家族ゲーム」「家族ゲームII」に続き長渕剛さん出演のドラマ第3弾となります。「家族ゲーム」に題名は似ていますが内容はまったく関係ありません。「親子ゲーム」で長渕剛さんが演じた役柄は元暴走族で現在はラーメン屋の店主です。ストーリーは長渕剛さん演じる元暴走族の若者と恋人が営むラーメン屋に、捨て子が引き取られて巻き起こる様々な騒動の物語となっています。

ドラマ「親子ゲーム」の主題歌は長渕剛さんの「SUPER STAR」という曲が使われていました。ドラマ「親子ゲーム」で長渕剛さんの恋人役を演じたのが現在の妻である女優の志穂美悦子さんです。「親子ゲーム」は長渕剛さんと志穂美悦子さん夫婦の馴れ初めとなったドラマになります。

1987年のドラマ「親子ジグザグ」

長渕剛さんが奥さんの志穂美悦子さんと知り合ったドラマでもある「親子ゲーム」がヒットし、翌年には同じスタッフで長渕剛さん主演ドラマ第4弾となる「親子ジグザグ」が放送されました。長渕剛さんの役柄も前作と同じ主人公で、主題歌には長渕剛さんのヒット曲「ろくなもんじゃねえ」が使われました。1987年には妻である志穂美悦子が出演したドラマ「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」にも長渕剛さんは特別出演という形で出演しています。

1988年のドラマ「とんぼ」

これまで「家族ゲーム」「親子ゲーム」「親子ジグザグ」とどちらかといえばコミカルで明るいキャラクターの役を演じてきた長渕剛さんですが、がらっと路線を変更した作品が1988年に出演したTBSドラマ「とんぼ」になります。この作品で長渕剛さんが演じた役はヤクザで、歌手としての長渕剛さんのイメージもこのドラマが放送されたころから大きく変わりました。ドラマは平均視聴率が18%とヒットし、最終回は20%を超えました。

長渕剛さんが演じたのは出所したヤクザの「小川英二」という役です。長渕剛さん演じる「小川英二」の舎弟の役を哀川翔さんが演じたドラマ「とんぼ」。このドラマは哀川翔さんのドラマデビューの作品でもあります。今のゴールデンタイムに放送されるテレビドラマでは考えられないほど暴力的なシーンも多かったドラマですが、人間愛なども描かれたドラマでした。この作品で長渕剛さんの役者としての評価も大きく上がり、カリスマ性も上がった作品になります。

ドラマ「とんぼ」の主題歌となった曲は長渕剛さんの大ヒット曲「とんぼ」です。長渕剛さんは1983年に初出演したドラマ「家族ゲーム」から1988年に放送されたドラマ「とんぼ」まで毎年TBSの連続ドラマに出演してきました。主題歌もすべて長渕剛さんです。長渕剛さんがTBSで出演したドラマのプロデューサーはすべて同じ方で「金八先生」などを手掛けた柳井満さんという人でした。長渕剛さんの俳優としての魅力を開花させた人とも言われています。

「3年B組金八先生」は武田鉄矢さん出演ですが、柳井満さんというプロデューサーは歌手を俳優として起用するのがうまかったそうです。「親子ゲーム」で当時は役者経験がまったくない長渕剛さんを起用した理由について柳井満さんは、「たまたま見た長渕剛さんの写真の笑顔を見て決めた」と話しています。このドラマ「とんぼ」で毎年主演していた長渕剛さんのTBSドラマ作品が途切れることになります。

長渕剛の出演ドラマ一覧(3)「しゃぼん玉」「RUN」「英二ふたたび 」

1991年のドラマ「しゃぼん玉」

1983年に初出演したドラマ「家族ゲーム」から毎年TBSの連続ドラマに出演してきた長渕剛さん。「とんぼ」が放送された3年後の1991年にはフジテレビのドラマ「しゃぼん玉」に出演しました。当時人気絶頂だった長渕剛さん。長渕剛さんにとっては初めてのフジテレビのドラマ出演になりますが、このドラマ「しゃぼん玉」は大ヒットし平均視聴率21.1%、最高視聴率24.9%を記録しました。現時点での長渕剛さん出演の最大のヒットドラマになります。

長渕剛さんがドラマ「しゃぼん玉」で演じた役は元チンピラの医者です。強い権力に歯向かう元チンピラ役ということで、「とんぼ」と同じく「しゃぼん玉」も暴力シーンが多いドラマ作品でした。ドラマ「しゃぼん玉」には、局は違いますがTBSドラマの「とんぼ」で共演した哀川翔さんも引き続き出演しています。主題歌には長渕剛さんのヒット曲「しゃぼん玉」が使われています。「しゃぼん玉」は大ヒットしミリオンセールスを記録しています。

1993年のドラマ「RUN」

長渕剛さんが1991年に初めてフジテレビで出演したドラマ「しゃぼん玉」の2年後の1993年にTBSドラマ「RUN」に出演します。1988年放送の「とんぼ」以来、長渕剛さんにとっては5年ぶりに出演することとなったTBSの連続ドラマである「RUN」。平均視聴率は15.2%を記録しています。ドラマ主題歌には長渕剛さんの「RUN」が起用されこの曲もヒットしています。この作品で共演していたのが前作の「しゃぼん玉」で共演していた国生さゆりさんです。

ドラマ「しゃぼん玉」「RUN」で共演した国生さゆりさんとは後に不倫関係であったことが発覚した長渕剛さん。国生さゆりさん自身が会見を開き長渕剛さんと不倫関係であったことを認めていました。記者会見で国生さゆりさんは「不倫関係を、奥さんの志穂美悦子さんも交えて話し合い終わりにしたい」と語りその後、長渕剛さんと国生さゆりさんの不倫関係は終わったそうです。

1997年のドラマ「英二ふたたび 」

1993年放送のドラマ「RUN」の4年後の1997年、長渕剛さんは再びフジテレビのドラマへの出演を果たしています。ドラマは「英二ふたたび 」というスペシャルドラマでした。ドラマ「とんぼ」で長渕剛さんが演じた「小川英二」の8年後の世界を描いたストーリーで前作「とんぼ」と同じく舎弟役に哀川翔さんも出演しています。オープニングには長渕剛さんの「とんぼ」が使用されました。主人公が同じ役のドラマを局を代えて放送するという珍しいドラマ作品になります。

長渕剛の出演ドラマ一覧(4)「ボディーガード」「歸國(きこく)」

1997年のドラマ「ボディーガード」

長渕剛さんのこれまでの出演ドラマ一覧の中で唯一テレビ朝日の連続ドラマに出演した作品が1997年に放送された「ボディーガード」です。この作品が2018年現時点での長渕剛さんが最後の連続ドラマ出演作品となっています。長渕剛さんがドラマ「ボディーガード」で演じた役は空手経験のある伝説の敏腕ボディガード役です。長渕剛さん演じるボディーガードの舎弟役にプロレスラーの大仁田厚さんが出演しています。

このドラマの役作りのために極真空手を習ったという長渕剛さん。ドラマ「ボディーガード」での長渕剛さんのイメージは「とんぼ」から始まったチンピラ路線からまた大きく変化し、習っていた空手を駆使したアクションシーンが満載の作品となっています。現在の長渕剛さんの鍛え上げられた肉体と比較しますとまだ痩せてはいますが、劇中には長渕剛さんが腕立てふせやスクワット、かかと落としをするなどのシーンもあります。

ドラマ「ボディーガード」は平均視聴率13.8%を記録しています。これまでに長渕剛さんが出演した連続ドラマの主題歌はすべて長渕剛さん自身の曲が使われてきましたが、ドラマ「ボディーガード」の主題歌も同じく長渕剛さんの曲が使われていて「ひまわり」というシングル曲です。

2010年のドラマ「歸國(きこく)」

長渕剛さんが2010年に主演したTBSのスペシャルドラマ「歸國(きこく)」。このドラマは2010年8月14日に終戦ドラマスペシャルとして放送されました。「北の国から」で知られる倉本聰さん脚本のドラマとなります。長渕剛さんが演じた役は現代に舞い降りた、太平洋戦争で亡くなった兵隊の部隊長の英霊という役でした。ドラマ共演者も豪華でビートたけしさんや小栗旬さん、向井理さんなども出演していました。

10年以上ドラマに出演していなかった長渕剛さん。このドラマの脚本化である倉本聰さんと長渕剛さんは公私ともに親交が深く、長渕剛さんは倉本聰さんのことを尊敬しているそうです。長渕さんは「僕の恩師であり大好きな倉本聰さんにいただいた役なので本当に嬉しかったです。」と話していました。視聴率は14.7%を記録しています。エンディング曲には長渕剛さんの曲「愛していると伝えて下さい」が使用されていました。

俳優としても活躍する長渕剛の今後のドラマ出演にも期待!

大物歌手・長渕剛さんのこれまでのドラマ出演作品一覧を紹介してきました。初出演したドラマ「家族ゲーム」での破天荒な家庭教師役にはじまり、極道やラーメン屋、ボディーガードなど様々な役を演じてきたことが分かります。俳優としての評価も高い長渕剛さん。今後もシンガーソングライターとしてはもちろん、俳優としての長渕剛さんの活躍にも目が離せません。

桑田佳祐と長渕剛は仲が悪い?確執が生まれた原因は?不仲の理由を調査! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

評価 3.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ