結婚式当日のマナーまとめ!お呼ばれは挨拶やご祝儀の渡し方が難しい?

結婚式のマナーは、お呼ばれされた当日になって結婚式でしてはいけない事など混乱してしまって分からなくなる事もあります。結婚式のマナーとして、披露宴やご祝儀の渡し方なども知っておいて損はないです。そんな結婚式のマナーを色々な視点からみてご紹介していきます。

結婚式当日のマナーまとめ!お呼ばれは挨拶やご祝儀の渡し方が難しい?

目次

  1. 結婚式当日のマナー!お呼ばれされたらどうする?
  2. 持ち物チェック!結婚式の準備をしっかりしよう
  3. 持ち込み可能な結婚式のバッグのマナーについて
  4. 結婚式場到着は始まる30分前がマナー
  5. お呼ばれされた結婚式でのあいさつやご祝儀マナー
  6. 結婚式会場で新郎新婦への両親への挨拶マナー
  7. 結婚式・披露宴会場でのマナー
  8. スピーチ中の結婚式マナーとして拍手は大事
  9. 新郎・新婦より目立たない結婚式の服装マナー
  10. マナーとして大きな荷物・ジャケット等は結婚式場のクロークへ
  11. 写真撮影はOK?結婚式でケーキ入刀の際のマナー
  12. 覚えておこう!結婚式の最中のお手洗いマナー
  13. 結婚式でお色直しの際のリアクションマナー
  14. 結婚式が終了したら出口側の席から退場がマナー
  15. 体調が優れず早めに結婚式場をあとにしたい場合
  16. 結婚式の休憩中に名刺交換はNG?
  17. 結婚式が終了した後の記念写真撮影のマナー
  18. お呼ばれされた結婚式当日はマナーを弁えて祝福しよう

結婚式当日のマナー!お呼ばれされたらどうする?

結婚式当日のマナーは、結婚式に参列するのが初めてという方にとっては、少し困ってしまう場合もあります。大人の男性として、結婚式に参列する際の基本マナーは知っておきたいものです。結婚式前日から当日の参列するまでの準備も、マナーを知っておくことでほぼ完ぺきに準備が出来るといいます。

結婚式にお呼ばれされたら、どんなマナーを覚えて気をつけなければいけないのかも知っておいて損はないでしょう。招待状を通して結婚式にお呼ばれされたら、なるべく早くお返事をするようにしましょう。遅くても3日以内には、参加するかしないかのお返事は大切と言われています。

どうしても、お呼ばれされた結婚式当日のスケジュールがハッキリ出来ない場合には、その旨を早めに電話で新郎・新婦にお伝えしましょう。この際には、連絡方法は必ず電話でするのがマナーのようです。

返事の際は黒インク万年筆がベスト

結婚式の招待状のお返事をする際には、なるべくボールペンを使用せずに、黒インク万年筆を使用するようにすることで、貴賓あふれる雰囲気になります。

ボールペンがNGというわけではなく、フォーマルということを意識した上で大切な心づかいと言われています。また、カラフルなペンを使用するのはマナー違反になるので注意しましょう。

持ち物チェック!結婚式の準備をしっかりしよう

お呼ばれされた結婚式・披露宴に何を持参すれば良いのか、忘れ物がないか心配という方も多いです。招待客が結婚式・披露宴に持参していく最低限のものは、わりとシンプルです。荷物もあまり持つのはマナーとして良くないため、ここら辺の心づかいも大切です。

基本は、「ご祝儀」「携帯電話」「招待状」「自分が使う交通費などお金」「財布」「ハンカチ・ミニタオル」を持参していくといいと言われています。

また、更にこだわるのなら、結婚式での身だしなみも招待客としてしっかりするためにも、口臭予防ガムや携帯用のヘアワックス、携帯の充電器、ペン、バンドエードなども結婚式に持参する人もいらっしゃるようです。

余興などをする方は、勿論その余興に使う道具も持参しなければいけませんので忘れないようにしましょう。スピーチやカメラマン担当になった場合にも、それぞれの必要なものは事前に準備しておくといいでしょう。

結婚式の祝儀袋の書き方まとめ!中袋のマナーや金額別の袋の選び方を解説 | MensModern[メンズモダン]

持ち込み可能な結婚式のバッグのマナーについて

結婚式にお呼ばれされた男性の方は、クラッチバッグをメインにお持ちの方が多いようです。遠くから結婚式に参列している招待客の方は、荷物も多いため、サブバッグも必要になるといいます。

でも、サブバッグもフォーマルなものを持参するのがマナーと言われています。色は、ブラックでもネイビーでも可能ですが、マナーを完璧にしたいなら、サブバッグも明るめのカラーを使用しているものがいいと言われています。そして、サブバッグも純白は避けるようにするのがマナーのようです。

明るめのカラーのサブバッグといっても、結婚式に参列するため、キャラクターものや派手なものは避けて、シンプルなデザインがベストと言われています。そして、サブバッグのサイズは、大きくてもA4サイズくらいに抑えておきましょう。

結婚式場到着は始まる30分前がマナー

お呼ばれされた結婚式場に到着は、結婚式開始30分前がマナーと言われています。結婚式当日は、なるべく余裕を持つように行動しましょう。

お呼ばれされている結婚式当日に、色々準備をし始めてしまうと、バタバタして遅刻なんてことになってしまいます。前日までには、お呼ばれされている結婚式の準備は済ませておくようにしましょう。

もしも結婚式に遅刻してしまったら?

何か理由があって結婚式当日に、遅刻してしまう場合もあります。そういう場合は、マナーとして結婚式会場のスタッフさんに、遅刻の旨を伝えて、あまり周りに気づかれないようにそっと会場入りしましょう。

車で当日結婚式に参列する方に多いのは、道路の渋滞です。時間に余裕を持って家を出るようにしても、渋滞に巻き込まれてしまうと予想外に時間がかかってしまう時もあります。

そんな時には、同じ結婚式に参列する予定の友人などに電話やメールをしてみて、渋滞で遅刻するかもしれないからという旨を結婚式関係者に伝える方法もマナーのひとつでもあるようです。

結婚式当日のマナーとして携帯はOFFにしよう

結婚式も宗教によって形式が変わってきますが、どの結婚式でも参列したら携帯は電源OFFにするのがマナーと言われています。

そして、結婚式当日は久しぶりにお会いする友人なども集まることが多いですが、参列時には私語はつつしむようにしましょう。

お子さん連れで結婚式に参列する場合に気を伝いこと

結婚式のマナーとして、基本お子さんがいらっしゃるご夫婦でも、乳幼児やまだ小さなお子さんは結婚式には参列しないのがマナーと言われています。

新郎・新婦からお子さん連れでもOKという場合は話が別ですが、基本小さなお子さんの参列は、マナーとして控えさせていただいている結婚式が多いと言われています。どうしても、お子さんのお世話を、結婚式に出席している間だけでも見てもらえない場合は、新郎・新婦に早めに相談しておきましょう。

お呼ばれされた結婚式でのあいさつやご祝儀マナー

お呼ばれされた結婚式でのあいさつやご祝儀のマナーもしっかり覚えておきましょう。当日になって準備する人もいらっしゃるようですが、お呼ばれされたからには、やはり失礼のないように準備を整えておいたほうがいいと言われています。

結婚式の受付を済ます時には、「一礼」は大切です。そして、ご祝儀が入っているご祝儀袋を渡して、本人が受付に名前を記します。この時、一緒に結婚式に参列している人に名前を記してもらうのはマナーとしてNGと言われていますので気をつけましょう。

結婚式会場には、袱紗(ふくさ)にご祝儀袋を入れて持参がマナーと言われています。ご夫婦で結婚式に参列する場合は、旦那さんのほうから先に名前を受付で書き、その後に奥さんが名前を書きます。

結婚式で渡すご祝儀マナーについて

結婚式に持参するご祝儀を入れるご祝儀袋もお洒落なものが増えているので、新郎・新婦さん達の好みに合わせて選んであげるといいでしょう。

また、ご祝儀には新札を用意するのがマナーですので気をつけましょう。家族ではなく、友人の結婚式にお呼ばれされる場合のご祝儀の相場は30,000円と言われています。ご家族の結婚式の場合は、50,000~100,000円と言われています。

特に6月のジューンブライドの時期には、結婚式が重なることが多く、出費も多くなるのである程度の準備も必要と言われています。

結婚式会場で新郎新婦への両親への挨拶マナー

結婚式会場で受付を済ませたら、控え室で結婚式が開始されるのを待ちます。その際に、新郎・新婦のご両親に会ったら、あなたと新郎・新婦との関係を簡単に伝え、挨拶を済ませましょう。

そして、新郎・新婦のご両親に、結婚式にお呼ばれされたことの感謝の気持ちを伝えることも大切と言われています。また、控え室では、あまり大きな声でおしゃべりをしないようにマナーのある行動をしましょう。

結婚式・披露宴会場でのマナー

結婚式・披露宴会場でのマナーとして、結婚式・披露宴会場のスタッフさんの案内に沿って行動します。

結婚式・披露宴会場の入り口にて、新郎・新婦と新郎・新婦のご両親からお出迎えをされたら、会釈と簡単な祝福の言葉をかける程度で、静かに結婚式・披露宴会場に入りましょう。

結婚式でのテーブルマナーについて

結婚式でのテーブルマナーとして、覚えておかなければいけないのは、荷物です。小さな手荷物だからといって、自分の席のテーブルの上にその荷物を置くのはマナー違反といいます。

椅子の背もたれに置いたり、膝の上に置くことを覚えておきましょう。そして、同じテーブルに着席する人には、例え初めて会う人だとしても、気持ちよく挨拶し自己紹介などもすると、結婚式・披露宴も楽しめると言われています。

テーブルに置いてある席札や食事メニューのマナー

結婚式・披露宴会場にて、テーブルに置いてある席札や食事メニューが邪魔に思えてしまって、よけてしまう方も時折いらっしゃるようですが、結婚式が終わるまでは、テーブルの上に置いたままにしておくのがマナーのようです。

そして、結婚式が終了して、退場の時には席札や食事メニューは、持ち帰るのがお呼ばれされた結婚式のマナーと言われています。

ポケットチーフの結婚式で映える折り方・挿し方・着こなし方 | MensModern[メンズモダン]

スピーチ中の結婚式マナーとして拍手は大事

スピーチ中の結婚式マナーとして、スピーチが終わったら、必ず拍手をすることは大事と言われています。

皆さんで乾杯をする際にも、思い切り乾杯と声を元気に出して、新郎・新婦を祝福してあげましょう。また、スピーチ中に食事をしても失礼ではないのか気になる方もいらっしゃいます。スピーチをする人が食事をしてもいいと言ったならば、食事しながら聞いても問題ないと言われています。

新郎・新婦より目立たない結婚式の服装マナー

お呼ばれされた結婚式のマナーで忘れてはいけないのは、服装です。結婚式のマナーとして、新郎・新婦よりも目立たないような服装をするのが基本マナーと言われています。

結婚式に寄って、ドレスコードは殆どの場合あります。しっかりと正装していきましょう。男性が気をつけたい結婚式の服装マナーは、純白のスーツや白系のスーツは避けたほうがいいと言われています。

結婚式で蝶ネクタイがメンズのおしゃれ?服装マナーとコーディネートとは | MensModern[メンズモダン]

マナーとして大きな荷物・ジャケット等は結婚式場のクロークへ

結婚式場に、大きな荷物を盛ったりコートなどを羽織ってくる場合は、クロークに預けて、手荷物だけ結婚式場にもっていきましょう。

お呼ばれされた結婚式での身だしなみは大切なので、クロークに大きな荷物を預けたら、特にコートなどを着ていた人は、一度お手洗いに行って、鏡で身だしなみをチェックするといいと言われています。

写真撮影はOK?結婚式でケーキ入刀の際のマナー

結婚式でケーキ入刀の際には、やはり記念となる瞬間でもあるため写真を撮りたくなります。でも、写真撮影はマナーとしてOKなのか気になる方も多いようです。

ケーキ入刀の際の写真撮影に関しては、結婚式の司会者に従って、写真撮影OKのサインが出たら、速やかに撮影して、焦らず周りの人達のことも考えて行動するのがマナーと言われています。

覚えておこう!結婚式の最中のお手洗いマナー

お呼ばれされた結婚式で美味しいお酒をいっぱい飲んでしまうと、お手洗いも近くなるため、お手洗いに行くタイミングも知っておいたほうがいいようです。

結婚式・披露宴などに影響しないように、スピーチの後や皆さんでお話しの時間などの隙を見てお手洗いに行くのがマナーと言われています。新郎・新婦がお色直し中にお手洗いに行くのも休憩の時間になるため、いいかもしれません。

結婚式でお色直しの際のリアクションマナー

新郎・新婦もお色直しの際には、招待客からの良い反応に期待しています。そのため、結婚式でお色直しの際のリアクションは、大事です。

自分が着席しているテーブルに新郎・新婦が近づいてきたら、褒めてあげるのがマナーと言われています。

スーツのスリーピースとは?結婚式&ビジネスでの着こなし方 | MensModern[メンズモダン]

結婚式が終了したら出口側の席から退場がマナー

結婚式が終了したら、スタッフの指示にしたがって、結婚式場の出口側の席から退場するのがマナーとなっています。

帰りを急いでいるとしても、マナーとして結婚式が終了したら、出口に近いほうのテーブル席から順番に退場することを忘れないようにしましょう。

体調が優れず早めに結婚式場をあとにしたい場合

体調が優れずに早めに結婚式場をあとにしたいという場合には、周りに目立たないようなタイミングに席を離れるのがマナーと言われています。この時は、必ずスタッフの方に、新郎・新婦への伝言をお願いして、体調が優れない旨を伝えてもらいましょう。

また、もともと早く結婚式場をあとにしなければならない場合は、前もって新郎・新婦に伝えておきましょう。そうすることで、早く結婚式場をスムーズに出られるように、出口に近いテーブル席に設定してくれるといいます。

結婚式の休憩中に名刺交換はNG?

お呼ばれされた結婚式には、初めてお会いする人も多く、交流の場を広げるきっかけにもなります。そういった事を利用して仕事モードになるのは、あまり良くないと言われています。

結婚式は、あくまでも新郎・新婦の結婚を祝福する場であり、職場ではないことを忘れないようにするのがマナーと言われています。たとえ、結婚式の二次会だとしても、名刺交換はマナーに反してしまう行為のようですので、気をつけましょう。

結婚式が終了した後の記念写真撮影のマナー

お呼ばれされた結婚式が終了したら、記念写真撮影はお決まりといいます。でも、ここでもマナーを知っておく必要があるようです。

結婚式場に支障がないように、速やかに記念写真撮影は済ませて退場しましょう。結婚式の二次会のことも考えて、新郎・新婦のスケジュールのことも考えてあげながら行動することを心がけましょう。

お呼ばれされた結婚式当日はマナーを弁えて祝福しよう

お呼ばれされた結婚式当日は、マナーをしっかり覚えておき、新郎・新婦を精一杯祝福してあげましょう。マナーの事が心配になり、結婚式当日も落ち着かないなんてことにならないようにするのも大事です。

あなた自身が、結婚式・披露宴でも新しい出会いもあるかもしれません。結婚式当日のマナーから前日までの準備など、マナーをしっかり覚え、素敵な結婚式で感動を味わってみてはいかがでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ