柴田恭兵さんと舘ひろしさんが出演していた伝説的ドラマ「あぶない刑事」。2016年1月30日に劇場映画シリーズの第七作として公開された「さらば あぶない刑事」を最後にその幕を閉じました。30年にも上るシリーズドラマを主演として共に演じてきた柴田恭兵さんと舘ひろしさん。彼らには不仲説の噂が度々出てきます。ここでは二人が「あぶない刑事」時代にどういった感情で共演をしていたか、そして現在はどんな関係なのか二人の経歴を追いながらまとめました。

柴田恭兵と舘ひろしの関係は?あぶない刑事名コンビは本当は不仲だった?

目次

  1. 「あぶない刑事」で名コンビだった柴田恭兵さんと舘ひろしさん
  2. 「さらばあぶない刑事」でシリーズに終止符
  3. 柴田恭兵さんと舘ひろしさんに不仲説の噂が
  4. 柴田恭兵と舘ひろしの関係を表すエピソード
  5. 柴田恭兵さんと舘ひろしさんの名コンビ復活はあるのか?

「あぶない刑事」で名コンビだった柴田恭兵さんと舘ひろしさん

1980年代に一世を風靡した柴田恭兵さんと舘ひろしのW主演で制作された伝説的なドラマ「あぶない刑事」。横浜にある架空の警察署を舞台に、捜査課の刑事である柴田恭兵さんが扮する大下勇次ことユージと舘ひろしさんが扮する鷹山敏樹ことタカの刑事コンビが派手なアクションと軽快なジョークを交えた演技が話題となり、シリーズも含めてもはや伝説となったドラマと言えます。

そんな名コンビぶりを見せた柴田恭兵さんと舘ひろしさんですが、当時は不仲だったのではないかという噂を良く聞くことができます。ドラマでは息の合った掛け合いを見せていた二人。柴田恭兵さんと舘ひろしさんだからこそここまでの話題作となった「あぶない刑事」だと言えます。今回はそんな二人の当時の不仲説とともに現在も不仲なのかについて調べてみました。

「さらばあぶない刑事」でシリーズに終止符

1986年10月にテレビドラマ「あぶない刑事」の初回放送されて以来、足掛け30年もの間にわたりテレビシリーズやスペシャル番組そして映画に至るまで数々の名作を起こしてきた「あぶない刑事シリーズ」。そんな大人気であった「あぶでか」シリーズも2016年1月30日に劇場映画シリーズの第七作として公開された「さらば あぶない刑事」を最後にその幕を閉じています。

この「さらばあぶない刑事」は前作となった「まだまだあぶない刑事」から実に10年3カ月ぶりの新作となっていました。10年ぶりとなった新作にも係わらず最終作となってしまったわけです。この映画も仲間トオルさんや浅野温子さんそして木の実ナナさんなどシリーズ一貫して変わらならいキャストで構成されており、制作者側の作品に対する強いこだわりを感じられます。

柴田恭兵さんと舘ひろしさんに不仲説の噂が

「あぶない刑事」では名コンビとして活躍していた柴田恭兵さんと舘ひろしさんですが、バラエティ番組などのゲストで出演した柴田恭兵さんと舘ひろしさんは二人の関係性について触れて話すことが時折ありました。あまりバラエティ番組などに出演しないコンビですから、どういったトークが繰り出されるのか、また、「あぶない刑事」の裏話など本当に興味がありますよね。

二人の芸歴は?

ところでドラマでは息があったコンビを見せてくれた柴田恭兵さんと舘ひろしさん。お二人の芸歴はどちらが長いのでしょうか。そして、年齢は同い年なのでしょうか。二人の不仲説を紐解くにもお互いが「あぶない刑事」に出演するまでの経歴などを知って置くことは大切ではと思い、簡単いですが柴田恭兵さんと舘ひろしさんそれぞれの経歴についてまとめてみました。

ミュージカル所属がデビューとなった柴田恭兵さん

柴田恭兵さんは日本大学経済学部を卒業した後、一時期サラリーマンとして就職していました。あの柴田恭兵さんがサラリーマンとは少しどころか大いに意外ですよね。その後1975年にミュージカル劇団である東京キッドブラザースに入団します。そして、初舞台となった「十月は黄昏の国」でデビューを果たしました。1977年には「大都会 PARTII」でテレビに初出演をしています。

柴田恭兵さんをテレビに進出させるきっかけを作ったとされる人物が、あの松田優作さんの作品を数多く手がけた村川透監督だったのです。順調に役者として出演を重ねる柴田恭兵さんは、1978年には刑事ドラマとなる「大追跡」に主演で連続テレビドラマのレギュラーとして初出演を果たしました。さらには、1979年に「赤い嵐」で連ドラの初主演するなど人気を定着させてきました。

ちなみに柴田恭兵さんの趣味が野球というのは有名な話です。多い時には4つの草野球チームを掛け持ちしていたほどだ。また、1994年に関西テレビ放送が制作した「チャレンジャー!柴田恭兵 ボクの夢がかなう瞬間」という企画番組で、アメリカ合衆国の独立リーグの入団テストに挑戦しています。結果は不合格でしたが1日だけの契約を結びプロ野球選手として試合出場しました。

デビューは意外にロックスターだった舘ひろしさん

一方、舘ひろしさんはというと、千葉工業大学在学中に岩城滉一さんとともに原宿や表参道を拠点として活動していた硬派バイクチーム「クールス」の総括として活動していました。この「クルース」は、矢沢永吉さんがリーダーとして所属していたバンド「キャロル」の親衛隊としても有名だったそうです。ちなみに千葉工業大学は芸能界にデビューして間もなく中退しているそうです。

当時から硬派な活動をしていた舘ひろしさんでしたが、1975年に「クールス」の選抜メンバーから作られたロックバンド「クールス」を結成しました。そして、そのバンドのボーカルとして舘ひろしさんはデビューをすることとなります。また、舘ひろしさんはソロデビューも果たしています。それと同時に東映に籍を置きながら俳優としてのキャリアもスタートさせました。

数々の映画などに出演してきた舘ひろしさんですが、「西部警察」シリーズをきっかけに渡哲也と出会います。そしてこれをきっかけに1983年に自ら志願して石原プロモーションへ入社しました。現在でも事務所は変わっていませんよね。西部警察に出演したことで、石原裕次郎さんと渡哲也さんの影響を強く受けたと語っています。舘ひろしさんが硬派で渋い訳ですよね。

俳優を始めた頃の舘ひろしさんは、撮影所へのイメージのギャップやドラマや映画など作られた世界に対する仕事に納得がいかなかったといいます。一方で、作品を作り上げていくということに対しては楽しみを感じていたといいます。柴田恭兵さんが主演として出演していた「大都会」の出演依頼を実は舘ひろしさんも受けていたそうですが、当時は「刑事役は嫌だ」と断っていたとか。

年齢は一緒?

その後お互いにテレビ出演などで芸歴を重ね、芸歴13年目となる1986年に伝説的ドラマ「あぶない刑事」にてコンビを組んだという訳です。お互いに同じ芸歴だったのですね。ところで年齢的にも同じ年なのでしょうか。柴田恭兵さんは1951年8月18日生まれ、一方の舘ひろしさんは1950年3月31日生まれですから、芸歴は同じでも年齢で1つ違い学年では2つ違ということですね。

舘ひろしさんは柴田恭兵さんを苦手に思っていた!?

実は当時の舘ひろしさんは、コンビとして共演していた柴田恭兵さんのことが「苦手だった」と告白しています。その理由として、「あぶない刑事」が撮影された当初、1981年に入った現在も所属している芸能プロダクションである「石原プロダクション」の渋い世界観や芝居にどっぷりとはまっていて、軽快かつ洒落が効いていた柴田恭兵さんの芝居がどうしても受け付けなかったとか。

芸歴は同じものの演技の方向性が違うというような理由から柴田恭兵さんが苦手だったという舘ひろしさん。撮影当初は仲もあまり良くなかったようです。しかし、のちに舘ひろしさんは柴田恭兵さんの演技のことを「軽い芝居やスピーディーな芝居、そしてキレのあるセリフ。自分が出来ないことができた」と振り返るとともに、自分が嫉妬していると気づいたということです。

柴田恭兵さんも舘ひろしさんに思うところがあった!?

一方の柴田恭兵さんも舘ひろしには思う所があったようです。というのもあまりにも硬派であった舘ひろしさんに対して同じ芸歴とは思えないほど危険な香りがしたそうでうす。そういったことから柴田恭兵さんが舘ひろしさんに対する第一印象はあまり良い物ではなかったとか。しかし、照れ屋でチャーミングな人だと分かってくると、徐々に舘ひろしさんの魅力に気づいたそうです。

柴田恭兵と舘ひろしの関係を表すエピソード

「あぶない刑事」の撮影が始まった当時、舘ひろしさんは撮影現場に開始の30分から1時間前に入ってたようです。当時から舘ひろしさんは時間などをしっかりと守る人だったと言われています。一方の柴田恭兵さんは、どちらかと言えば朝が苦手な方だったらしく、現場には開始のギリギリで入ったり、時には遅刻したこともあったといいます。ドラマのキャラそのままな気もしますよね。

こうした時間に対する考え方や演技に対する考え方の違いから、2人の仲は一時期良くなかったようです。しかし、舘ひろしさんが柴田恭兵さんにゴルフを教えたりして、柴田恭兵さんがゴルフを始めたことを切っ掛けに二人の距離が縮まったということです。その後は舘ひろしさんを見習ったかは解りませんが、柴田恭兵さんも撮影現場に開始時間より早く入るようになったようです。

当時から現在まで尊敬しあっている

また、ドラマの撮影を進めていくにつれて柴田恭兵さんのアドリブや演技力を舘ひろしさんが尊敬していったということです。こうしたことから、二人は元々あまり仲は良くなかったものの撮影を重ねていくにつれてお互いを尊敬しあって、ドラマの中だけではなく外でも名コンビとなったていったわけですね。確かに、主演の二人が仲が良くないと30年間もドラマも続かないですよね。

柴田恭兵さんと舘ひろしさんの名コンビ復活はあるのか?

「あぶない刑事」シリーズが終了し柴田恭兵さんと舘ひろしさんの名コンビをなかなか見る事ができなくなってしましました。警戒でスピード感のある柴田恭兵さんと安定感と渋さを兼ね備えている舘ひろしさんのあの演技があったあらこそ長続きしたシリーズ。視聴者としてはもう一度あの破天荒なコンビに会いたいと思ってしまいますよね。


評価 3.6/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ