ウイスキーと相性ぴったりなおつまみのおすすめランキングをご紹介します。簡単に作ることができるウイスキーにおすすめのおつまみレシピもまとめました。ウイスキーはぴったりなおつまみを組み合わせることで味が引き立つので、ぜひ簡単おすすめレシピを活用しましょう!

ウイスキーに合うおつまみおすすめランキング!簡単レシピもチェック!

目次

  1. ウイスキーのおつまみランキングを知りたい!
  2. ウイスキーの飲み方別!おすすめおつまみのタイプ
  3. ランキング7位:スイーツ系がウイスキーに合う!
  4. ランキング6位:カナッペでおしゃれなおつまみに
  5. ランキング5位:ゆっくり楽しめるビーフジャーキー
  6. ランキング4位:相性バッチリ!牡蠣のおつまみ
  7. ランキング3位:チーズはウイスキーのおつまみに定番
  8. ランキング2位:ドライフルーツをおつまみにしよう
  9. ランキング1位:燻製はウイスキーのおつまみに最適
  10. 濃厚で美味しい!クリームチーズ豆腐の簡単レシピ
  11. ハイボールと合わせたい!フィッシュ&チップスのレシピ
  12. ウイスキーと相性抜群のブランダードのレシピ
  13. チーズケーキもウイスキーに合わせたいおつまみレシピ
  14. リラックスタイムに最適なフォンダンショコラのレシピ
  15. ウイスキーと相性の良いおつまみを堪能しよう!

ウイスキーのおつまみランキングを知りたい!

ウイスキーの味を引き立たせるおつまみとは?

美味しいウイスキーを手に入れたら、おつまみにもこだわりのがおすすめ。ウイスキーは相性ぴったりなおつまみと組み合わせることによって、その美味しさをさらに引き出すことができます。ウイスキーと相性の良いおつまみを知っておけば、いろいろなバリエーションの味わいを楽しめるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

おすすめランキングをチェックしよう

ウイスキーに合うおつまみがイマイチよくわからないという方や、自宅でも簡単に作れるウイスキーのおつまみレシピを知りたいという方におすすめの情報をまとめました。ウイスキーの美味しさをワンランク上に引き立ててくれる相性バッチリなウイスキーのおつまみを取り入れませんか?ランキング形式でウイスキーのおつまみをチェックしましょう!

ウイスキーおすすめランキング!本当に美味しい銘柄厳選!贈り物にも◎ | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーの飲み方別!おすすめおつまみのタイプ

ハイボールや水割りに合うおつまみのタイプ

ウイスキーと一口に言っても、飲み方はいろいろあるので飲み方に合わせたおつまみを選ぶことも大切になります。ウイスキーハイボールにおすすめのおつまみのタイプは、揚げ物をはじめとしたこってり系の料理。牛すじの煮込みなどもウイスキーハイボールによく合います。炭酸の効果でこってり料理もさっぱりいただけるのが魅力。

ウイスキー水割りにおすすめしたいのが野菜スティックやカナッペなどの軽いおつまみ。さっぱりとした味わいのおつまみがウイスキー水割りによく合います。

ロックやストレートに合うおつまみのタイプ

ウイスキーロックにおすすめなのが燻製系のおつまみ。スモークサーモンやスモークチーズといったスモーキーな味わいのおつまみがウイスキーロックによく合います。ウイスキーそのものの美味しさを楽しめるストレートの場合は、ナッツやドライフルーツがおすすめ。スイーツ系もよく合うので、組み合わせてみてはいかがですか。

このようにウイスキーに合うおつまみのタイプはバラエティ豊か。これからご紹介するランキングも参考にしながら、ぴったりのウイスキーのおつまみを探していきましょう!

ウイスキーのカクテルといえばコレ!自宅で簡単に楽しめるレシピも! | MensModern[メンズモダン]

ランキング7位:スイーツ系がウイスキーに合う!

チョコレートと組み合わせて

意外なようかもしれませんが、ウイスキーとチョコレートはとてもよく合う組み合わせ。ロックやストレートといったウイスキーの飲み方に特によく合います。チョコレートのビターな味わいとウイスキーが絶妙にマッチして、やみつきになるおいしさ。美味しいチョコレートとウイスキーが手に入ったら、ぜひ試してみてはいかがですか。

アイスクリームとも相性が良い

ウイスキーはバニラアイスクリームとも相性が良いことで知られています。バニラアイスクリームにウイスキーを少量かける食べ方もおすすめ。バニラアイスクリームの甘さとウイスキーのスモーキーフレーバーがよく合い、とても美味しくいただくことができます。スイーツタイムを楽しみたいときにぜひ試してみてくださいね。

ランキング6位:カナッペでおしゃれなおつまみに

一口サイズで食べやすい

ランキング6位に入ったのはカナッペ。サーモンとクリームチーズ、ミニトマトとアボカドといったようにいろいろな具材をのせれば個性豊かなウイスキーのおつまみに仕上げることができます。一口サイズで手でつまめるので、家族や友人とウイスキータイムを楽しみたいときにもぴったり。

いろいろな組み合わせを楽しんで

ウイスキーのおつまみにカナッペを作るときは、さまざまな具材を用意しておくのがおすすめ。いろいろな具材を用意しておけば、「こんな組み合わせもウイスキーと合うんだ!」という気づきにもなります。新しいウイスキーの美味しさを発見できるのがカナッペの魅力。ぜひ、いろいろなパターンで楽しんでみてくださいね。

ランキング5位:ゆっくり楽しめるビーフジャーキー

かみしめるごとに旨味が出てくる

ビーフジャーキーもウイスキーにおすすめしたいおつまみ。かめばかむほど旨味が出てきて、ウイスキーともよく合います。少量でも満足できるので、なるべくウイスキーのおつまみでカロリーをとりたくないときにもぴったり。

香りが強めのウイスキーのおつまみにおすすめ

個性の強いビーフジャーキーは香りが強いウイスキーと合わせるのがおすすめ。それぞれの個性を引き立てて、美味しくいただくことができます。

ランキング4位:相性バッチリ!牡蠣のおつまみ

濃厚な旨味を感じられる生牡蠣をおつまみに

生牡蠣とウイスキーの組み合わせがランキングの4位。生牡蠣はウイスキーと相性ぴったりな食べ物として知られ、ウイスキーのおつまみに用意しておくときっと美味しい時間が楽しめるはずです。

スコットランドでは定番の食べ方

生牡蠣にウイスキーをたらして食べる方法は、ウイスキーの本場であるスコットランドでは定番。生牡蠣にスモーキーフレーバーが加わり、ワンランク上の味を楽しめます。

ランキング3位:チーズはウイスキーのおつまみに定番

芳醇な香りを引き立たせるチーズのおつまみ

チーズはウイスキーのおつまみにぴったり。いろいろな種類を揃えて、食べ比べしてみてはいかがですか。

熟成タイプのチーズがおすすめ

ゴートチーズやパルミジャーノレッジャーノといった熟成させたハード系のチーズがおすすめ。ウイスキーの美味しさを引き立ててくれます。

ランキング2位:ドライフルーツをおつまみにしよう

ウイスキーの美味しさを引き立たせるドライフルーツ

ドライフルーツはウイスキーと相性ばっちり。芳醇な香りを楽しめます。

さまざまな種類を揃えると美味しい

イチジクやブドウなど、いろいろな種類のドライフルーツをそろえると味が変わって楽しめます。ぜひ、組み合わせを堪能してくださいね。

ランキング1位:燻製はウイスキーのおつまみに最適

スモーキーな香りがウイスキーと相性ばっちり

ランキング1位は燻製。燻製の香りはウイスキーと相性良いことで知られているので、ぜひ試してみてくださいね。

さまざまな種類の燻製を楽しんで

卵やチーズ、サーモンなどさまざまな種類の燻製を揃えてみましょう。それぞれに味の個性があり、ウイスキーの美味しさを引き出してくれます。

濃厚で美味しい!クリームチーズ豆腐の簡単レシピ

クリームチーズ豆腐に必要な材料

濃厚でウイスキーと相性ぴったりなおつまみレシピとしておすすめしたいのがクリームチーズ豆腐。簡単なレシピで作れるのにウイスキーによく合う本格的な味わいに仕上げられるのが魅力です。身近な食材ですぐに作れるのも嬉しいポイント。クリームチーズ豆腐をウイスキーと合わせて、上質な時間を堪能してみてはいかがですか。

クリームチーズ豆腐に必要な材料は、クリームチーズ200g、絹ごし豆腐200g、粉ゼラチン5g、豆乳1カップ、塩になります。クリームチーズ豆腐はわさびとの相性が良いので、そえてみるのもおすすめ。木綿豆腐を使うとクリームチーズよりも木綿豆腐の方が風味が勝ってしまうので、風味が控えめの絹ごし豆腐を使って作っていきましょう。

ウイスキーと相性ぴったりなレシピ

豆腐をキッチンペーパーで包んだら重石をしてしばらく置き、水切りをします。1時間ほどおいてしっかりと水切りをしましょう。水切りが出来ていないと水っぽくなってしまいます。クリームチーズは電子レンジで30秒〜1分ほど温めてから泡立て器を使ってなめらかになるように混ぜてください。豆腐の水切りが終わったら、こし器を使ってなめらかにします。

豆腐のかたまりが見えなくなるまでしっかりとクリームチーズに混ぜ合わせましょう。豆乳を鍋に入れたら塩も加え、火にかけます。沸騰させないように豆乳を温めてから火を止め、粉ゼラチンを溶かし入れてください。よく混ぜて豆乳の粗熱を取ってから、豆腐とクリームチーズにプラスします。混ぜ合わせてから容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めたら完成。

ハイボールと合わせたい!フィッシュ&チップスのレシピ

フィッシュ&チップスに必要な材料

ハイボールやウイスキーの水割りと相性ぴったりなのがフィッシュ&チップス。サクサクに揚げたフィッシュ&チップスは、爽やかなウイスキーの風味とよく合います。揚げたての熱々を食べるのがおすすめ。炭酸の効いたウイスキーハイボールとフィッシュ&チップスを組み合わせて、贅沢な時間を堪能してみてはいかがですか。

フィッシュ&チップスに必要な材料は、じゃがいも1個、たら2切れ、片栗粉50g、薄力粉50g、クレイジーソルト小さじ1/2、ベーキングパウダー小さじ1/2、ビール100mlになります。ソースとして、中濃ソース小さじ1、レモン果汁小さじ1、ケチャップ大さじ2、タバスコも用意しましょう。タルタルソースを合わせても美味しくいただけます。

簡単なレシピ

たらの皮をとってからキッチンペーパーで包んで水気をとります。水分をとったら、食べやすい大きさにカットしましょう。ジャガイモはよく洗い、皮がついた状態でくし切りにします。ジャガイモは切ったら水にさらし、水気を切ってください。耐熱容器にジャガイモを並べ、ラップをふんわりとかけたら電子レンジ600Wで3分加熱します。

ボウルにクレイジーソルト・ベーキングパウダー・片栗粉・薄力粉を入れてよく混ぜ合わせ、ビールもプラスして混ぜます。できあがった衣にたらをつけ、揚げ油で揚げていきましょう。こんがりと揚がったら油を切ります。ジャガイモは素揚げにしてください。ジャガイモとたらを盛り付け、ケチャップ・中濃ソース・レモン果汁・タバスコを混ぜ合わせたソースを添えたら完成です。

美味しいハイボールの作り方!水とウイスキーの割合を黄金比の分量にしよう | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーと相性抜群のブランダードのレシピ

ブランダードに必要な材料

続いてウイスキーのおつまみとしておすすめしたいのが、ブランダード。ブランダードはフランスのプロヴァンス地方で古くから愛されてきた料理です。本来はジャガイモと干し鱈を組み合わせる料理ですが、簡単に作れるように干し鱈の代わりにツナを活用しましょう。濃厚な味わいがウイスキーと相性ぴったり。ウイスキーのおつまみに取り入れてはいかがですか。

ツナのブランダードに必要な材料は、ツナ缶1個、ジャガイモ2個、牛乳大さじ6、オリーブオイル大さじ2、ニンニクひとかけら、レモン果汁小さじ1、塩胡椒になります。お好みでレモンの皮をすりおろしたものをトッピングするのがおすすめ。こうすることで爽やかな風味がプラスされ、ウイスキーとの相性もぐっとアップします。

ツナを活用した簡単レシピ

ジャガイモは皮付きのままラップで包み、電子レンジで加熱します。串が通るまで柔らかく加熱したら皮をとり、マッシャーを使って潰しましょう。鍋にオリーブオイルとニンニクすりおろし、牛乳を入れて弱火でニンニクの香りがするまで加熱します。マッシュしたジャガイモと加熱したオリーブオイル・ニンニク・牛乳を混ぜ合わせてください。

ジャガイモがペースト状になるまでしっかり混ぜ合わせたら、油を切ったツナ缶とレモン果汁を加えます。混ぜ合わせたら耐熱容器に入れ、トースターで表面がこんがりするまで焼きましょう。仕上げにレモンの皮や刻んだパセリなどをトッピングしたら完成です。

チーズケーキもウイスキーに合わせたいおつまみレシピ

チーズケーキに必要な材料

チーズケーキもウイスキーのおつまみとしておすすめしたいレシピ。濃厚な味わいのチーズケーキはウイスキーの芳醇な香りを引き立たせ、ワンランク上の味を楽しむことができます。スイーツ感覚で食後のウイスキーを楽しみたいときにぴったり。作り方はとても簡単なので、スイーツ作り初心者の方でも簡単に作ることができます。

チーズケーキに必要な材料は、クリームチーズ200g、無塩バター20g、卵2個、グラニュー糖70g、牛乳50ml、生クリーム100ml、レモン果汁大さじ2、薄力粉30gになります。アクセントを加えたいときは、ブルーベリーなどのベリー系の果物を入れても美味しくいただくことができるので試してみてはいかがですか。

気軽に作れる簡単レシピ

生クリーム・卵・クリームチーズ・無塩バター・牛乳は室温に戻しておきましょう。室温に戻しておくことで、生地が分離することを防げます。室温に戻した無塩バターをボウルに入れ、泡立て器を使って滑らかになるまで混ぜ合わせてください。クリームチーズを加えたらさらに混ぜ合わせて、クリーム状にします。ダマができないようになめらかにするのがポイント。

グラニュー糖を加えたらしっかりとすり混ぜ、溶いた卵を3回に分けて混ぜ入れます。分けることで卵の分離を防げるので、一気に入れるのは避けておきましょう。薄力粉をふるい入れたらヘラでさっくりと混ぜ合わせ、レモン果汁を加えたらさらに混ぜます。型に流し入れてから180℃に予熱したオーブンで40分焼いたら完成。

リラックスタイムに最適なフォンダンショコラのレシピ

フォンダンショコラに必要な材料

スイーツとウイスキーを合わせたいときにおすすめなのがフォンダンショコラ。フォンダンショコラの濃厚な味わいがウイスキーと絶妙にマッチして、美味しくいただくことができます。ちょっと上質なリラックスタイムを楽しみたいときにも最適。フォンダンショコラといえば難しいイメージがあるかもしれませんが、簡単に作ることができます。

フォンダンショコラに必要な材料は、ビターチョコレート60g、バター20g、グラニュー糖20g、卵1個、小麦粉15gになります。バターはマーガリンでも大丈夫ですが、本格的な味わいにするにはバターを使うのがおすすめ。ココット3つ分くらいのフォンダンショコラを作ることができます。

ウイスキーに合わせたいレシピ

ビターチョコレートは細かく刻み、バターは角切りにします。耐熱容器にバターとビターチョコレートを入れたら、ラップをしない状態で600Wの電子レンジで40秒ほど加熱。ビターチョコレートとバターが溶けたら、よく混ぜ合わせます。溶いた卵を加え、さらに混ぜ合わせましょう。小麦粉をふるい入れ、さらに混ぜ合わせます。

粉気がなくなるまで混ぜ合わせたら耐熱ココットに流し入れます。6分目くらいを目安に流し入れましょう。耐熱容器を低い位置から落として空気を抜いたら、180℃に予熱したオーブンで12分ほど焼いて完成です。冷めた場合は電子レンジで加熱すると、温まるので熱々の状態で食べてくださいね。

ウイスキーと相性の良いおつまみを堪能しよう!

ウイスキーのおつまみはバラエティ豊か。ランキングを参考にして、好みのおつまみを楽しんでくださいね。


評価 3.6/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ