突然ですがワイシャツの収納に困ったことはありませんか?ワイシャツを綺麗に収納していたつもりが、いざ着ようと出してみたらシワが寄っていたり、襟がつぶれてしまったりということがよくあります。今回はそんなワイシャツの上手な収納についてまとめます。

ワイシャツの収納術まとめ!形を崩さず綺麗に保管する方法とは?

目次

  1. ワイシャツの収納前に知っておきたいこと
  2. ワイシャツ収納前に手アイロンをかけてみよう
  3. ワイシャツのアイロンがけについて
  4. ワイシャツの収納でシワができにくいたたみ方
  5. ハンガーでワイシャツを収納
  6. ワイシャツの収納におすすめなハンガー
  7. ワイシャツ収納にぴったりなボックス
  8. ワイシャツ収納専用ハンガー
  9. タンスにワイシャツを収納するなら
  10. レターケースでワイシャツ収納
  11. ワイシャツ収納を書類ケースで行う
  12. オープンラックでワイシャツ収納
  13. ワイシャツ収納をオープンシェルフで
  14. スチールラックでワイシャツ収納
  15. ワイシャツを綺麗に収納する方法はいろいろ

ワイシャツの収納前に知っておきたいこと

ワイシャツを収納する前に何が必要といえば「洗濯」です。中には、全てクリーニング店にお任せという人もいますが、回数や枚数が増えればクリーニング代もばかになりません。もちろん自分で洗濯をしている人もいますが、特に洗い方にこだわることもなく、どれもこれも全て洗濯機にお任せという人が多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと待ってください。ウールのセーターを洗濯機で洗ってしまい、縮ませてしまった経験のある人もいますが、実は、ワイシャツも気を付けないと縮んで袖の形が短くなってしまうことがあります。ワイシャツはポイントを抑えて洗濯すると綺麗に長持ちします。お気に入りのワイシャツは少しでも長く着たいですよね。

洗濯機でワイシャツを洗う方法は、洗濯機の回転数を弱くして、洗濯時間を短く、そして洗濯温度を低くすることがポイントです。素材を確かめることも大切で、綿のワイシャツなら、小さめのネットに入れて1~2分手洗いし、麻のワイシャツなら、常温の水を使い、弱い回転で短時間で洗うようにします。乾燥は自然乾燥させるようにしましょう。

ガンコな汚れが付いてしまったときや、ホコリが多い場所でワイシャツを着ることが多いならクリーニング店にお願いした方が良いですが、それ以外なら自分で洗う事をおすすめします。特にオーダーしたワイシャツや高級素材のワイシャツなら形を保つためにも手洗いするようにしましょう。ただし、どうしてもシワが気になるなら、ワンシーズンに1回など出す回数を抑えるようにしましょう。

ワイシャツ収納前に手アイロンをかけてみよう

仕事で毎日ワイシャツを着る人もいれば、改まった席でしか着ない人もいますが、いざ着ようと考えたときに、ワイシャツの襟が折れていたり、へんな所にシワがよったりして、がっかりしたことはありませんか?そうなる前に、脱水後でまだワイシャツが濡れている状態のときに、手でアイロンをかけてみましょう。シワのよりやすい素材ほど効果が実感できますよ。

手アイロンの方法は、洗濯後すぐに平らなところ(洗濯機のふたの上でもOK)でワイシャツを広げ、中心から外へ向かってゆっくり手でなでるようにシワを伸ばします。そのとき、反対の手で引っ張るようにしながら行うとうまくできます。襟や袖口もしっかり伸ばしたら、後はハンガーにかけて少しだけ引っ張ってから乾かします。

脱水の時間を短くして、水が滴るほど濡れた状態でハンガーにかけて乾かす方法もおすすめ。ワイシャツに含まれた水の重みで自然とシワが伸び、乾かす時間はかかりますが、乾いた後のアイロンがけを短縮しても大丈夫なほど綺麗になり、すぐにたたんで保管することができます。アイロンがけが苦手な人は一度試してみませんか?おすすめです。

ワイシャツのアイロンがけについて

ワイシャツの洗濯がうまくできたらせっかくなのでアイロンがけも覚えましょう。シワを綺麗にピシっと取るには、正しいアイロンがけは外せません。先ほどの手アイロンは、忙しいときやアイロンがけが面倒なときに便利なワザですが、時間があるときなら、ぜひアイロンをかけてシワのない綺麗なワイシャツに仕上げましょう。

アイロンのすべりを良くするスムーザーや袖や襟をパリッと仕上げるスプレー式のノリなどを使って、ドライでアイロンをかける方法もありますが、かける順番や、かけ方のコツさえつかんでしまえばアイロンは綺麗にかけることができますので、わざわざ用意しなくても大丈夫です。次の動画で丁寧にかけ方を説明していますので、参考にしてください。

全体にアイロンをかけるのが面倒なときもありますが、その場合でも、襟、前立て、カフスの部分は目立つところなので、そこだけでもアイロンをかけるようにしましょう。同様に、形態安定シャツもその部分のアイロンをかけると見た目が違います。

ワイシャツの収納でシワができにくいたたみ方

アイロンがうまくかけられたら、綺麗にたたんで保管しましょう。ワイシャツのたたみ方もいろいろ紹介されていますが、オーソドックスな方法は、ワイシャツのボタンを全て留め、袖をたたんだ時点で中心と両サイドが平行になるようにたたみ、カフスのあたりから裾を折り、さらに半分にたたむ方法です。形が整えやすいので、慣れないうちは面倒でもその方法でたたんでみましょう。

肩幅より内側で折るときに、収納スペースの大きさに合わせて幅を決めるとスッキリ保管できて形を崩さず綺麗に収納できます。必ずどこへ収納するのか、どんな場所へ保管するのかを考えながらたたむようにすると、後でにたたみ直しが無くなります。また、半袖と長袖の区別を付ける方法は、長袖の片方のカフス部分を表に出すようにたためば、一緒に収納してもすぐに区別がつきます。

ワイシャツの洗濯方法まとめ!自宅でできるしわを抑えるポイントとは | MensModern[メンズモダン]

ハンガーでワイシャツを収納

ワイシャツを綺麗に保管できる一番の収納方法は、ハンガーにかけてしまうことです。そんな簡単な方法?考えてしまいそうですが、実はこの方法が一番シワが付きにくく、サッと取り出せ、重ねないので襟がつぶれてしまうこともありません。ハンガー収納は、ネクタイや他の服と一緒に取り出すときにも便利です。

ハンガーで収納するときは、ボタンを上まで全て締める事がポイントになります。形を崩さないためにもこれだけは面倒でも必ず行ってください。綺麗にボタンを締める事で、見頃のシワが付きにくくなり、次に着るときにいやな思いをせずに済みます。また、ぎっしりと詰まった状態ではなく、少しゆとりを持たせて保管しましょう。

ワイシャツの収納におすすめなハンガー

ハンガーでワイシャツを収納するのは、簡単で形も崩れにくくおすすめな方法ですが、ハンガーを選んで使わないと、せっかくの収納が台無しになってしまいます。すべりにくいハンガーなども良いですが、一番良いハンガーは自分のワイシャツにジャストな大きさで厚みのあるものです。ですがピッタリサイズのハンガーにはなかなか出会えません。

そこで、ジャストサイズのハンガーが見つからない場合はワイシャツの肩幅よりも少し小さ目のハンガーを選ぶようにしましょう。大きいハンガーの方がよさそうですが、腕の部分を広げてしまい、肩にシワがよってしまうことがあります。また、ハンガー収納は、ある程度スペースに余裕も必要です。ゆったりとかけられるように場所を確保しましょう。

ワイシャツ収納にぴったりなボックス

ワイシャツを重ねず、1枚ずつ収納したい人におすすめなのは、こういったタイプの縦型のボックスです。タンスやクローゼットに収納することが多いワイシャツですが、そういった収納方法の場合、シワが付きやすくなります。こういった細かな仕切りのある縦型ボックスなら、ワイシャツ専用にすることができ、クローゼットの横に並べる事もできます。

サイズは、A4ファイルが入るものを選ぶようにし、できれば仕切りが固定されていないボックスの方が、収納するときも取り出すときも便利です。仕舞うとき綺麗にたたんだワイシャツをくずさずに済むので、購入する際は仕切り板の状態にも気を付けて選ぶようにしましょう。ワイシャツ専門のこういったボックスもあるようですので、一度探してみるといいかも知れません。

ワイシャツ収納専用ハンガー

部屋のスーペースに限りがあるなら、こういった専用ケースがおすすめです。ワイシャツの襟元まですっぽり入るポケットのおかげで、ワイシャツを立てて収納することができます。ポケットは両面に付いているので、合計9枚のワイシャツが収納できます。フックが付いているので、このままクローゼットの中にぶら下げられるので、スペースもあまりとりません。

ただし、ポケットの作りがかなりピッタリしているため、仕舞い慣れるのに少し時間が掛かったり、全てのポケットに入れるのは難しいようです。片面のみワイシャツに使用し、もう片面は別なものを収納するなど、自分なりに使い方を工夫するとクローゼットがスッキリ使えるようになります。

タンスにワイシャツを収納するなら

タンスの引き出しにワイシャツを収納する人も多いのではないでしょうか。Tシャツやトレーナーなら、立てて収納するたたみ方が使えますが、ワイシャツは形状の都合で同じようにたたむことはできません。また、同じ向きに収納すると、襟が重なるため、形がつぶれてしまったり、シワも気になります。

ワイシャツを引き出しで保管するなら、襟の向きを互い違いにして収納してください。襟の高さの無いワイシャツでもそのような収納にすれば、バランスよく重ねられ形の崩れを防ぐこともできます。また、引き出しにある程度余裕を持たせることも大切です。着るときに、ワイシャツのシワでがっかりしないためにも、引き出しの余裕は必要です。

レターケースでワイシャツ収納

本来は、手紙や書類を保管するためのケースですが、サイズが合えばワイシャツの収納におすすめなのがレターケースです。スチール製のレターケースも良いですが、木製なら見た目もおしゃれです。DIY好きな人なら、レターケース風のワイシャツ専用ボックスを作ってしまうのもいいですね。

文具専門店や100均にあるレターケースもワイシャツの収納にピッタリです。A4サイズのレターケースが多いので、たたんだワイシャツのサイズと合い、必要な数を揃えて重ねるだけで、収納できてしまいます。画像のようなレターケースなら、プレートを入れるところもあるので、ワイシャツの色や柄を書いておけば、欲しいワイシャツをすぐに見つけることも出来ます。

ワイシャツ収納を書類ケースで行う

こちらも、本来は書類を入れて持ち歩くためのケースですが、フタができるので、重ねることも出来れば本のように立てて保管することもできます。出張が多い人は、着替えのためにワイシャツを持って行くことがありますが、気を付けないとパッケージするだけでシワができてしまうことがあります。

そんな時も、書類ケースに入れてしまえばこのままバッグに入れられ、持ち歩きにも便利です。透明なので、中身を確認するのも簡単です。ケースピッタリのサイズにたたまなければなりませんが、それさえクリアしてしまえば、普段から使える収納方法です。

旅行鞄などに入れる専用のワイシャツケースもありますが、書類ケースなら100均で購入できます。プラスチック製なので硬いですが、リーズナブルで手に入れやすいです。

オープンラックでワイシャツ収納

ラックを利用すると、ディスプレイのような収納になります。収納には「見せる収納」と「隠す収納」に分かれますが、こういったタイプの収納棚に変えると、見た目を気にするようになるので、部屋も自然と片付くようになります。自分がどの位服を持っているのかも把握できるので、無駄な買い物もなくなりそうです。 

ざっくりとした仕切りなので、保管方法を常に見直せるのも良い点です。色別に収納したり、組み合わせを考えて収納したりすることもできるので、一つ持っていると便利なアイテムになりそうです。ホームセンターなどでも手に入るカラーボックスを何個か組み合わせて、キャスターを付けてもオープンラックと同じように使えます。

ワイシャツ収納をオープンシェルフで

オープンシェルフもワイシャツ収納におすすめです。こちらも、見せる収納になりますので、お店のディスプレイを参考にすると、おしゃれな雰囲気になりそうです。普段よく着るワイシャツは、すぐに手が届くところにあると便利なので、クローゼットに仕舞うものと分けて収納すると使い勝手がよさそうです。

部屋の雰囲気に合わせて、色を塗り替えるのもおすすめです。今は、女性でも気軽に使える材料がいろいろあるので、DIY初心者でも簡単に好みの色に変えることができます。アンティーク風にしたり、ナチュラルな雰囲気に変えたり、自由な発想で収納そのものを楽しみましょう。

スチールラックでワイシャツ収納

いろいろなサイズが揃っているスチールラックもワイシャツ収納におすすめです。5cm単位でサイズが選べ、ハンガー収納に対応できるポールや、ふた付きのボックスが用意されているメーカーもあるので、隠す収納を一緒にすることもできます。手頃なかごやボックスと組み合わせれば、オリジナルのクローゼットになります。

キャスターを付けることも出来るので、家具の配置換えをするときにも便利です。スチールラックは「ジョイントラック」という名称でダイソーでも販売されています。組み合わせ方を工夫すれば、手頃な価格で簡単な収納場所を作ることができます。

ワイシャツを綺麗に収納する方法はいろいろ

ワイシャツの形を崩さず、綺麗に保管収納する方法はいろいろありますが、基本は収納前にいかにシワを取り、たたんだ後にシワが付かないように気を付けるかがポイントです。収納スペースは部屋の広さにもよりますが、余裕を持たせることも保管のポイントになります。

もし、今収納しているワイシャツの形の崩れやシワが気になるなら、無理に収納していないか見直してみませんか?たたみ方を工夫したり、収納グッズを変えるだけで、いつもパリっとしたシワの無いワイシャツを身に着けることができるようになるかもしれません。


評価 3.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ