ウイスキーの賞味期限や保存方法ってご存知ですか?未開封の状態と開封後では保存の方法は変わりますし、味も変わってしまいます。今回は、ウイスキーの賞味期限と美味しく飲める保存方法についてご紹介していきます。消費しきれない時の対策もご紹介!

ウイスキーの賞味期限と正しい保存方法知ってる?未開封・開封後を比較!

目次

  1. ウイスキーの基礎知識
  2. ウイスキーには賞味期限は存在するの?
  3. 開封後の実質的な賞味期限は?
  4. ウイスキーの保存方法とは
  5. ウイスキーは冷暗所に保存
  6. ウイスキーの箱に保存
  7. 開封後はウイスキーを酸素から守って保存
  8. ウイスキーの保存方法で注意する点は?
  9. ウイスキーの美味しい飲み方とは?
  10. ウイスキーをダイレクトに味わうならストレート
  11. 氷で冷やして冷たく飲むオンザロック
  12. 気軽に飲むならハイボール
  13. 他に美味しい飲み方はある?
  14. 賞味期限はないけど早めに消費したい場合は?
  15. 料理で使って香りを豊かに
  16. デザートで消費する
  17. ウイスキーは賞味期限より保存期間に注意しよう

ウイスキーの基礎知識

皆さんはウイスキーは飲みますか?CMではハイボールでウイスキーを飲んでいるのをよく見かけますが、ウイスキーの賞味期限や保存方法など気にしたりすることはありますでしょうか。ウイスキーには正しい保存方法があり、誤った方法で保存しておくとウイスキーの劣化が早まってしまって、折角のウイスキーが台無しになってしまいます。

今回は、ウイスキーの賞味期限や保存方法についてご紹介していきます。未開封と開封後とでは保存の仕方でウイスキーに変化があるのか、消費出来ない場合にはどうしたらよいのかなど、ウイスキーの基礎知識も交えながらお伝えしていこうと思います。

ウイスキーは糖質ゼロ!

ウイスキーは蒸留酒なので糖質量はゼロです。糖質を気にしてお酒を飲まないようにしている、という方はウイスキーを炭酸水で割ったハイボールなどがおすすめです。低糖質ということはカロリーも低いので、ダイエット中の方でも安心して飲めるお酒ということでもあります。ちなみに、糖質ゼロのお酒はウイスキーの他に、焼酎(甲類)、ジン、ウオッカです。

反対に、糖質が高いと言われているお酒は発泡酒、ビール、日本酒、梅酒です。糖質は摂りすぎると脂肪肝や心臓疾患などの生活習慣病、がんや認知症などの怖い病気になりかねません。糖質を制限している方は、これらのお酒を避けてウイスキーや焼酎に切り替えると良いでしょう。

ウイスキーにはどんな効能がある?

ウイスキーにも実はいくつかの効能があります。ダイエット以外に、生活習慣病予防、二日酔い防止、リラックス効果があります。ウイスキーは樽の中で熟成させますが、そこでポリフェノールを含むとされており、動脈硬化などの病気の予防に一役買ってくれます。

二日酔い防止になるというのは、適量を飲むことが前提になりますが、血中に溶け出すアルコール濃度が濃くなりにくい為に予防になるのだそうです。リラックス効果は、あのウイスキーならではの香りが気持ちを落ち着けてくれます。効能があるからといっても飲み過ぎは体に良くないので注意しましょう。

ウイスキーの原料って知ってる?ブランデーやスコッチとの違いは? | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーには賞味期限は存在するの?

ウイスキーなどの強いお酒は賞味期限はない

アルコール度数が高いウイスキーやワイン、焼酎、日本酒などには賞味期限は記載されていません。ボトルをよく見てみると製造日のみ記載されています。これは、強いアルコールのおかげで品質が保たれている状態になっています。ただこれは未開封の状態での話です。開封してしまうと酸化が始まってしまうので、開封後は正しい方法で保存しなくてはなりません。

賞味期限があるお酒って?

アルコール度数が10%未満のお酒に関しては賞味期限が設けられています。例えばビールや発泡酒、チューハイなどがそうです。缶の裏側を見ると賞味期限が表示されています。大体半年くらいが賞味期限になると思いますが、賞味期限を過ぎたものを口にすると缶の味が移ってしまったりして味が悪くなることも。

度数が少ないアルコールに関しては、中身が安定していないので食品衛生法で賞味期限を表示するように定められています。賞味期限が記載されていないお酒に関しては未開封なら正しい保存場所に、賞味期限があるお酒に関しては未開封でも早めに飲むことをおすすめします。

賞味期限と消費期限、違いって知ってる?

ちなみに、食品には賞味期限と消費期限がありますが、この違いって分かりますか。分かりやすく言うと、賞味期限は「未開封で美味しく食べられる期限」で、消費期限は「未開封でこの日までしか品質が保てない」という違いがあります。大抵の食品は「賞味期限」ですが、豆腐や肉・魚類、パンなどは「消費期限」が記載されています。

消費期限が記載されているものに関しては、期限を過ぎると食品が傷みだすので口にしない方が良いです。これらはあくまでも未開封の状態での話ですので、開封後は期限に関係なく早めに使ってしまいましょう。

<おまけ>賞味期限がない食品もある?

お酒以外にも賞味期限が設けられていない食品はあります。有名なのがアイスクリームです。冷凍状態にずっとあるのであまり劣化はしません。雑菌も増える環境にないので賞味期限がありません。ただし、一度溶けてしまうと品質が悪くなってしまうので、溶ける前に食べてしまいましょう。それと、水分がない砂糖や塩も賞味期限はありません。湿度には弱いので注意しましょう。

その他にはガムもあります。某TVで古いガムは食べられるのかという実験で5年以上前のガムを食べてみるというものがありましたが、保存状態が良ければべたつかずに品質が保たれるのだそうです。これも水分が少ないので長期保存がききます。

開封後の実質的な賞味期限は?

賞味期限は1年以内

未開封であれば長期保存が可能ですが、開封後のウイスキーは1年以内に消費するのが良いでしょう。お酒好きの方ならあっという間に消費してしまうかもしれませんが、たまにしか飲まないという方は半年以上保存することになる場合もあるでしょう。正しく保存しておけば1年くらいなら飲むことが出来るので、ウイスキーを買うことにためらうこともありません。

ウイスキーの保存方法とは

賞味期限がなくても劣化は進む

ウイスキーは正しい方法で保存しないと未開封でも開封後でもどんどん劣化していってしまいます。保存方法に注意すれば、未開封ならかなり長い期間品質を保ったまま保存出来ますし、開封後でも最後まで美味しく飲むことが出来ます。それでは正しい保存方法について見ていきましょう。

ウイスキーは冷暗所に保存

開封後は涼しい場所に保存するのが良い

ウイスキーは日が当たらない涼しい「冷暗所」に保存するのが基本です。直射日光に当たってしまうと劣化が進み、瓶の中が熱くなることでアルコールが蒸発していってお酢のような香りになってしまいます。光が当たらない棚の奥や、床下収納などの涼しい環境で保存すると良いでしょう。

未開封でも高温多湿の場所での保存はNG

例え未開封だったとしても、高温多湿になるような場所に置いてくと劣化します。キッチンの一角で高温多湿になるということはあまりないとは思いますが、ガスコンロの近くや窓の近くはウイスキーにとって最悪の保存場所になります。未開封でも直射日光を避けて冷暗所で保存して下さい。

ウイスキーの箱に保存

ウイスキーの箱は長期保存が出来るようになっている

ウイスキーの箱って厚めの紙で作られていますよね。あれは遮光が出来るような作りになっているからです。比較的安いウイスキーの場合は箱には入っていませんが、高級なウイスキーの場合には箱に入って売られています。この箱は捨てずに保存用に使いましょう。

開封後はウイスキーを酸素から守って保存

パラフィルムで香りが飛ばないように保存

開封後のウイスキーを出来るだけ劣化させないようにするには、パラフィルムと呼ばれるものを使用します。これを使用することでウイスキーを密封することが出来るので、長期的に保存をしたい場合にはパラフィルムがおすすめです。

その他にも、ボトルの中にガスを充填して酸化を防ぐプライベートプリザーブを使う方法もあります。これは比較的ウイスキーを飲む機会が多い方向けの保存方法です。ウイスキーの上部にガスの層を作るだけなので難しい作業は必要ありません。

ウイスキーの保存方法で注意する点は?

冷蔵庫では保存しない

開封後はついつい冷蔵庫で保存しがちですが、冷蔵庫での保存はNGです。ハイボールに使う量だけ冷やすのは問題ありませんが、瓶ごと入れてしまうと冷えすぎて美味しくなくなってしまいます。また、冷蔵庫の中のもののニオイが移る可能性もあるので、あくまでも冷暗所で保存しましょう。

コルク栓のウイスキーの保存方法は?

最近はあまり見かけなくなりましたが、コルクで栓がしてあるウイスキーも中にはあります。熟成された古いウイスキーの場合はコルク栓の場合がありますが、しっかりと栓をしていてもコルクから蒸発してしまうことがあります。コルク自体のニオイもウイスキーについてしまうので、コルク栓のウイスキーの場合には長期保存せずに早めに飲み切りましょう。

賞味期限がないお酒は劣化すると飲めない!

賞味期限がないならいくらでも保存がききそうですが、保存の仕方を間違えれば劣化します。前の方でも述べましたが、アルコールが蒸発してしまうとお酢のような状態になりますし、劣化すれば香りも飛んでしまって味が落ちてしまいます。捨てるのは勿体ないので、賞味期限がなくても開封後は出来るだけ早めに消費してしまいましょう。

ウイスキーの美味しい飲み方とは?

ウイスキーには水割りやハイボールなど色々な飲み方がありますが、美味しい飲み方はどのようなものがあるのでしょうか。お酒の強い人でも弱い人でも美味しく飲める方法をご紹介します。

ウイスキーに合うおつまみおすすめランキング!簡単レシピもチェック! | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーをダイレクトに味わうならストレート

美味しいウイスキーがおすすめ

とても美味しい芳醇な高級ウイスキーを飲むのなら、ショットグラスで飲むストレートがおすすめです。ストレートで飲むと言っても、口直しに飲むチェイサーも用意しましょう。チェイサーは、常温の水や氷の入った水、炭酸水などを用意します。チェイサーはアルコール度数の強いウイスキーで鈍った舌をリセットしたり、内臓を労わる意味もあるので準備はした方が良いでしょう。

氷で冷やして冷たく飲むオンザロック

飲むたびにグラスのいい音がする

ドラマなどでロックでウイスキーを飲んでいるシーンでは、氷がグラスに当たってカランという軽やかな音がしてカッコいいですよね。常温のグラスに氷とウイスキーを入れるとウイスキーが薄まってしまうので、オンザロックはキンキンに冷やしたグラスで作るのがベストです。

冷えたグラスの中に大きめの氷を入れて、お好みの量のウイスキーを注いだらマドラーで軽く混ぜて完成です。こちらもアルコール度数が強いウイスキーで舌が麻痺してしまうので、口直し用のチェイサーを用意しておきましょう。

気軽に飲むならハイボール

料理との相性がいいウイスキーの飲み方

女性にも大人気のハイボール。炭酸水で薄めるのであまりお酒に強くないという方にもおすすめの飲み方です。甘味のない炭酸水で割るのが一般的ですが、柑橘系のエキスなどを加えてあるトニックウォーターやジンジャーエールなどで割るのも違った味わいを楽しめるのでおすすめです。

ハイボールを作る際も、グラスは冷やしておきます。できればウイスキーも炭酸水も冷やしておきましょう。グラスに溶けにくいロックアイスをたっぷりと入れ、お好みの割合でウイスキーと炭酸水を注ぎます。炭酸が抜けないようにそっとマドラーでかき混ぜたら完成です。料理との相性がいいので、食事の時のお酒はハイボールが良いですよ。

他に美味しい飲み方はある?

その他にも美味しい飲み方はあります。ウイスキーと同量の常温の水を入れて割ったトワイスアップ、氷を入れたグラスにウイスキーと同量の水を入れたハーフロック、少量のウイスキーを水で割った水割り、水とウイスキーを2層になるように注いで作るウイスキーフロートがあります。

細かく砕いた氷にウイスキーを注いでレモンを絞ったミスト、ウイスキーをお湯で割ったホットウイスキーもあります。これだけ飲み方があると色々試してみたくはなりませんか?その日の気分や季節、料理などに合わせて飲み方を変えてみるとウイスキーの奥深さを感じられるのではないでしょうか。

ウイスキーの飲み方はロック?水割り?初心者におすすめの飲み方はコレ! | MensModern[メンズモダン]

賞味期限はないけど早めに消費したい場合は?

賞味期限がないものは味や香りで判断

ウイスキーには賞味期限はありませんが、劣化させないために開封後は早めに消費したいですよね。かといって飲むのも大変…という時は、料理やデザートで消費してしまいましょう。いつ開けたのか分からなくなって、飲んでも大丈夫かどうか迷ったときは、まずウイスキーの香りがしているかどうか、ちょっと口にしてみて問題ないかを確認してから使いましょう。

料理で使って香りを豊かに

ウイスキーは酒蒸しで消費

アサリの酒蒸しなど、料理酒を使うところをウイスキーを使うとウイスキーの香りがするおしゃれな酒蒸しが出来ます。お酒のおつまみにもちょうどいいので、ウイスキーを消費したいなら酒蒸しがおすすめです。

酒蒸しの作り方は、アサリ1パックは砂抜きをしておきます。にんにく1かけはみじん切りにし、ミニトマトはヘタを取っておきます。フライパンにオリーブオイル大さじ2、にんにく、輪切りの鷹の爪ひとつまみを入れて香りを足せます。そこにアサリ、ミニトマト、ウイスキー大さじ1、水大さじ2を入れて煮立たせてアルコールを飛ばし、蓋をして殻があくまで加熱すれば完成です。

お肉料理でも消費出来る

豚バラブロックをウイスキーと調味料で漬け込んで焼いても美味しく仕上がります。豚バラブロック500gを厚さ3cmに切って表面に塩コショウをします。ビニール袋に豚バラブロックとウイスキー大さじ2、はちみつ大さじ1、塩一つまみを入れて口を閉めて1時間ほど冷蔵庫で味をしみ込ませます。弱火のグリルで10分程度焼き、そのまま庫内で5分放置して余熱で火を通したら完成です。

デザートで消費する

ウイスキーといえばボンボン

シャーベットを使ったウイスキーボンボン風のスイーツも作れます。ウイスキーを絡めたシャーベットをチョコで包むので、暑い夏のデザートにおすすめです。沢山作ってウイスキーを消費しちゃいましょう。作り方はとても簡単です。お好きなシャーベットにウイスキーを入れて混ぜ合わせます。沢山入れると凍らなくなるので注意です。

溶ける前にスプーンで丸くくりぬき、冷凍庫で凍らせます。その間に板チョコを刻んで湯せんにかけてチョコレートを溶かします。完全に固まったシャーベットにチョコレートをかけ、さらに冷凍庫で凍らせれば完成です。ピックを刺して凍らせれば食べやすくなりますよ。

パウンドケーキもウイスキーで

大人専用のケーキを作ってみるのはいかがでしょうか。ウイスキーを多めに使っているので、運転前には食べないように注意しましょう。ウイスキーが入ることでしっとりとしたパウンドケーキを作れます。材料は、バター100g、グラニュー糖85g、薄力粉90g、アーモンドパウダー20g、ベーキングパウダー3g、卵2個、ウイスキー・牛乳各30㏄です。

表面に塗るシロップは、水20㏄、ウイスキー30㏄、砂糖大さじ1です。バターと卵は室温に戻し、オーブンは170度で余熱しておきます。バターにグラニュー糖を入れて白っぽくなるまで混ぜます。ここに割りほぐした卵を2~3回に分けて入れて混ぜ合わせます。ウイスキーと牛乳を加えて混ぜ、合わせた粉類をふるいにかけながら入れ、さっくりと混ぜていきます。

垂らした時にリボン状の筋が出来るくらいの固さになったら型に入れて170度のオーブンで15分焼きます。一度取り出したらケーキの中央に切れ目を入れて、30分程度追加で焼きます。くしに何もつかなければ焼き上がりです。シロップは、水と砂糖を火にかけて溶かして冷まし、そこにウイスキーを入れます。焼きあがったケーキにシロップを全体に塗って完成です。

ウイスキーは賞味期限より保存期間に注意しよう

ウイスキーの賞味期限や保存方法についてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。保存の仕方で劣化が早まるので、必ず冷暗所に保存しましょう。保存の際には、周りにニオイが強いものは置かないように注意して下さい。ウイスキーにニオイが移ってしまうこともあります。正しく保存して美味しいウイスキーを堪能しましょう。


評価 4.9/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ