コートを毎年変えずに着まわしていたりしませんか?コートには実はたくさん種類があって、その年によって流行は様変わりします。あえて今使う技や、今こそこの種類を!というコーデなどを知るためにも、今回はブランドに合わせてコートの種類をまとめてみました。

コートの種類とメンズに人気ブランド15選!おすすめの着こなし方もご紹介!

目次

  1. コートには種類が沢山ある!
  2. おすすめメンズコートを種類別にご紹介!
  3. イメージそのままのステンカラーコート
  4. 正装でおしゃれなトレンチコート
  5. メンズファッションで人気のPコート
  6. 人気抜群おしゃれなメンズのダッフルコート
  7. 英国風メンズのチェスターコート
  8. 細身でも男らしさ溢れるモッズコート
  9. スーツだけじゃないメンズに人気のオーバーコート
  10. 優しい雰囲気なメンズのボアコート
  11. 人気のナチュラルメンズ系ノーカラーコート
  12. ロングセラーで人気抜群のダウンコート
  13. MA-1のコートタイプも見逃しちゃいけない!
  14. 大人気のN3-Bを知らないメンズは着目!
  15. 軽いタッチでキルティングコートを着こなそう
  16. ライダースコートでクールメンズになろう
  17. ガウンコートでリッチでおしゃれなメンズに!
  18. まとめ:コートは第一印象になる

コートには種類が沢山ある!

コートには実は様々な種類が存在することをご存知ですか?ロングコートなどといったシルエットの違いだけでなく、ダウンコートやガウンコートとのように素材が異なる種類が様々です。そんな各コートには人気のものや、ベストセラーのコートに着こなし抜群の、万能コートなど様々な特徴があります。その特徴を踏まえた上で普段使っているコート以外の種類にも注目してみましょう。

おすすめメンズコートを種類別にご紹介!

色々な種類のコートについて、特徴や良さをポイントとして踏まえた上で、今回はそれぞれにおすすめの着こなしポイントや、人気のブランドなどをご紹介します。コートを楽しむ気かっけになったり、種類を知ったことでコートの着こなし幅を広げたりと、良い方向に繋がることを祈っています。特に、今回紹介するコートの種類はどれも、今でこそ人気のものばかりです。

コート自体の良さを知っていただく上で、知らなかったコートや持っていたけれども、その種類についてそこまで着こなしを考えなかったなどという方に、是非とも注目をしていただいて、ファッションをする上でどれほどコートの種類が重要だったのかというものにも、気づいていただけたら嬉しいです。今後購入するコートの参考としても、ぜひ画像とともにお楽しみください。

メンズのロングコートの着こなし20選!種類やコーデのまとめ! | MensModern[メンズモダン]

イメージそのままのステンカラーコート

スタンダードな種類

コートの中でも割とスタンダードなシルエットをもうメンズコートの種類が、このステランカーコートです。見た目としても特徴は、まさしくザコートというような印象ですよね。コートといえばこのロング丈で、メンズのかっこよさや着こなしとしても非常に人気が高いコートの種類といえます。襟がしっかりあってボタンで留め、記事としても厚手でなくシンプルなコートです。

おすすめブランド「アクアスキュータム」

このブランドでは、メンズだけでなくレディース向けのコートも多く、着こなしとしても柔らかいタッチのコートが多いので、フォーマルシルエットなステンカラーコートが、カジュアル系な着こなしにまで合致してくれるという、素敵なブランドです。ステンカラーコートの初心者さんにも着こなしを気軽にできるだけの、代物なので是非ともこちらのコートブランドをおすすめします。

正装でおしゃれなトレンチコート

ロングPコート系の種類

先ほどのステンカラーコートに似ている気がしますが、違いがいくつかあります。まず一つ目はボタンポジションです。このコートのボタンポジションは二連になっていて、あとでお話しします、Pコートというコートの種類タイプがあります。そのPコート系なボタンのポジションの他にも、物によるのですが、腰のあたりで絞りがついてるのでウエストラインが綺麗に見えます。

おすすめブランドバーバリー

このコートで人気なのはバーバリーです。名前も有名ですし、柄としても有名ですよね。バーバリー柄が内側にあるおしゃれなこの写真のコートも、非常に洋風な着こなしへマッチしていて、シックな左右別のカラーとマッドな服のカラーが、かなりおしゃれな着こなしにさせています。こういったマッドでも奇抜な色が似合うのも、バーバリーのコートの特徴ですね。

メンズファッションで人気のPコート

おしゃれが楽な種類

先ほどのトレンチコートでも紹介したように、Pコートの場合は、ボタンが二列という特徴があります。それでいて、トレンチコートよりも短く、ジャケットと同じような長さで着こなしやすい、カジュアルなタイプのコートです。生地としては厚いものが多いので、短いコートですがしっかりとしており、防寒着としても非常に活用的です。その上スタイリッシュなのでおしゃれですよ。

おすすめブランドコスチュームナショナル

コスチュームナショナルというブランドでは、ライダースジャケットなどジャケット系のものが多く揃えらているイメージですが、同様にジャケットらしいクールなポイントのついた、おしゃれなPコートを撮りあっ使っていて大変オススメです。特に、カジュアルさが強まるため、少しポップなイメージのPコートがクールな印象を詰めてくれるので着こなしやすいです。

人気抜群おしゃれなメンズのダッフルコート

ナチュラルな印象の種類

ダッフルコートという種類のコートでは、トグルという名前の三角状になっている長細いボタンをヒモにくぐらせるという、特徴的なポイントがあります。このトグルで止めているダッフルコートの印象としては、少し可愛らしい印象とともに、メンズであれば、ナチュラルでおしゃれな印象や雰囲気を醸し出してくれるのです。このコートの記事も厚手が多いのが特徴的でしょう。

おすすめブランドハーモールドブルック

ダッフルコートでは、ハーモールドブルックというブランドがおすすめです。このブアランドではシンプルなものから上の写真のようにカラートーンを遊ばせたものなど、柄があるものでも比較的シンプルなコートとして作られるものが多いのですが、その分ダッフルコート独特の厚手の生地がよりふわふわとした印象になり、生地の特徴がよりアピールされておしゃれなものが多いです。

ダッフルコートのブランド【メンズ】人気&おすすめの一着まとめ | MensModern[メンズモダン]

英国風メンズのチェスターコート

チェスターコートは、英国風なイメージと、かっちりしながらも少しカジュアルさを残したようなロングコートです。生地の素材としてもしっかりしすぎず薄めの生地なのに、ちゃんとコート生地というところが良いポイントでしょう。このグリーンのように生地に毛羽が少ない分、発色良く色味が出るというのもいいですね。薄手でしっかりめの生地なので気軽に着れます。

おすすめコーデ

このコートのように、チェスターコートは柔らかい印象があるので、それでいて襟もしっかりしていてコートを軽く見せることができます。そこから、足元をサンダルなど軽いものにして冬だけでなく、春や秋などにもカジュアルコートとして着こなすコーデ術をおすすめしたいです。色味もよく出るコートですから、カラーコーデも気にしてみてはいかがでしょうか。

スーツに合わせるコートのメンズ着こなし!種類やおすすめの選び方 | MensModern[メンズモダン]

細身でも男らしさ溢れるモッズコート

51年モデルでロングセラーな種類

M-51と呼ばれるモッズコートは、もともとアメリカ軍の防寒衣類として51年に利用されていたモデルです。このコートはそのアメリカ軍から引き継ぎ今でも、ロングセラーを飾っているのです。フード部分にファーがついているものが多く、そのビジュアルは、どこか男らしいデザインが多いので、ミリタリーなイメージからも、男性像を強く見せる効果があります。

おすすめブランドBLUE COLLARS

このブランドで取り扱うモッズコートも、ミリタリーカラーなのですがとても色合いがカジュアルで、様々なメンズタイプにも合いそうなデザインが取り揃えられています。コーディネートとしても着こなし安く、何よりもシンプルな作りなのに、男気をどこか感じられる、クールでかっこいいモッズコートです。グリーンカラーが多いのもミリタリーを意識したものでしょう。

スーツだけじゃないメンズに人気のオーバーコート

スーツ用のシンプルな種類

もともとオーバーコートは、スーツの上から着用できるような大きめのコートとして作られました、そのため、スーツの上から着用する分には十分すぎるほど様になりますし、中のスーツがよれることなくおしゃれに決まるコートです。しかしもちろんスーツだけがこのコートを着用できるなんてルールはなく、カジュアルなファッションにも活用できるコートなのです。

おすすめブランドedifice

このブランドでは、どちらかというと、オーバーコート素材がそこまで硬めでないということや、デザインカラーともにカジュアルに向けて作られているので、大変おすすめです。その上、ハイネックタイプなど、先ほどの写真のように、多少シンプルだったりフォーマル寄りなファッションでも、オーバーコートとして成り立っているため似合うというのが素晴らしいですよね。

優しい雰囲気なメンズのボアコート

モコモコな種類のコート

別名ムートンコートとも呼ばれるボアコートは、毛の長いボアという素材をコートの内側や前面に使うという見た目や肌触りとしても特徴的なコートです。このコートはボア部分の色合いやおもて面の素材など、暖かそうでありながらコートとしておしゃれな見た目なのがとてもおすすめなポイントになって着ます。上の写真のようにライダース生地だったりと表生地の幅は広いようです。

おすすめブランドEMMETI

このブランドでは割と、リッチナチュラルな雰囲気をボアらしく出してくれているコートを多く取り扱っています。エレガンスなその面持ちは、大人なメンズという雰囲気や高級感をもたらしてくれるので、一味違ったかっこいいメンズを演出してくれます。質感としても表生地にかっこよさがあったり、内側のボアも光沢があったりと、全体的にトータルして美しい仕上がりです。

人気のナチュラルメンズ系ノーカラーコート

襟なしの種類

続いて紹介する種類は、ノーカラーコートと言って、襟のついていない個性的なコートです。やはりコートというと襟がついているようなイメージですが、これは日本の外套のように襟がなく丸みを帯びたコートになっています。そのため、モード系ファッションやナチュラルカジュアルなメンズコーデに適切なコーデともいえるでしょう。見た目としてとてもまろやかです。

おすすめブランドとコーデ

HARE等のブランドでは、丸みを帯びただけの襟袖じゃなく、割とシュッとしたスタイリッシュでカジュアルなデザインのノーカラーコートを用意してあります。ですのフード系やシャツなども際立つような個性的だけど、どこか抑えめで着こなしやすいファッションになっているので、是非とも試していただきたいコートコーデの一つです。かっこいいですし優しい印象ですね。

ロングセラーで人気抜群のダウンコート

ダウンを使ったコートの種類

ダウンとは、ダウンジャケットと言われて、ちょっと長さ的にはジャケットくらいに短いイメージです。しかし、ダウンコートでは、ロングダウンと呼ばれるような長めのコート丈でダウン素材を使っているものをさします。このダウンコートは、サッカーのコーチなどがよく羽織っていますよね。ダウンらしいメンズらしさもあるかっこいいコートがたくさんあるのです。

おすすめブランドデュベティカ

こちらのブランドでは基本的にダウンジャケットをベースとして扱っていいるのですが、もちろんダウンコートの取り扱いもあります。注目して欲しいのは素材もそうですがこのブランドの柄です。ダウンでありながらも非常に幅の広いカラーと柄を扱っているので、ダウンと一言で言っても遊び心ある、幅の広いコーディネートができます。こう言ったダウンコートもおしゃれっですね。

MA-1のコートタイプも見逃しちゃいけない!

こちちらもアメリカ軍で有名な再ブームを果たしたコートです。元々はジャケットサイズのMA−1ですが、こちらもコート丈にされるとしっかりコートと名がつきます。特徴的な首回りのデザインといい、メンジーですが女性にも人気のファッションと言えます。メンズもレディースもさして差がないのは元々メンズ用に作られたデザインだからです。男気溢れるデザインですね。

セレクトブランドscène

こちらは京都のセレクトショップなのですが、こちらのショップで出されているブランドデザインのコートが非常にカジュアルでありながら昔ながらの色合いを交えて、かっこいい作りになっています。こう言ったデザインのようにカジュアルメンズコーデにぴったりですので、Tシャツとコーデしたりと割とモノトーンカラーからぶるーぐれーこーデなどがマッチするでしょう。

大人気のN3-Bを知らないメンズは着目!

空軍系の種類

モッズコートに似たデザインですが、今度は50年のモデルでパイロットように作られたものなので、本来はジャケット素材のように短いものをさします。それをさらにコートにしたN3-Bコートというものが最近になって流行となったわけです。モッズコートとの大きな違いとしては、やはりミリタリーデザインの空と陸のさだったりと特になく、モッズよりも少し昔のデザインなのです。

どのブランドもミリタリー押し

このデザインのように、一昔前のアメリカ軍スタイルなので、ミリタリー感がちょっと古いデザインであたり、ミリタリー色が強いカラーのコートが多いので、どのブランドにもいえることですが、カーキや迷彩デザインが多いです。ですからそう言ったミリタリーファッションがカジュアルになるようなキャップやデニムなどを使用する方が無難なコーデになるでしょう。

軽いタッチでキルティングコートを着こなそう

立体感あるデザインの種類

見ていただいてわかる通り、ダウン素材のように滑りのいい生地で立体感ある模様を作るべく、縫い込まれたデザインのものをキルティングコートと呼びます。この種類の場合は素材として着心地が非常に軽いものが多く、見た目としてもエアリーで動きやすさを兼ね備えたコートとして大変オススメです。見た目も大変ラフなので、カジュアルにも決めれます。

おすすブランドや着こなし

このようなフォーマルデザインに少し遊び心を加えているブランドなどイギリスのMOON社ブランドを利用した生地やわたで、こだわり抜いたコートが山ほど存在ます。その甲斐あってか非常にリッチな雰囲気があったりとスーツに着こなすという紳士もいるほどです。カジュアルに見える上フォーマルでも扱えるのでコーデの幅が広がって扱いやすいコートに思えますね。

ライダースコートでクールメンズになろう

ハードなメンズに向けた種類

見栄えでも感じる通り、ライダースジャケットをロングにしてコート上にしたものです。さらには首回りにファー素材などを装飾してコートらしさを強め中生地も暖かい素材に変えているものが多く出回っています。その光沢溢れる素材がなんとも魅力的ですが、やはりライダースといえばこの襟の作りとポケットデザインですよね。クールでかっこいいコートです。

ちょっと特殊なライダースブランド

こちらのリズモアデザインでは、生地としてはコート生地を使用していてライダースの光沢感がありません。しかしフォルムや襟のデザインにラインやポケット行ったシルエットからライダースを追求してコートに仕上げたものがあります。こういったデザインも斬新で独特ですし、あまり周りには見かけない特別感溢れるかっこよさを感じれます。

ガウンコートでリッチでおしゃれなメンズに!

部屋着のようなわらかい種類

ネルシャツ素材んのものあれば、タオル生地に似たものやコート素材なのにや若さを追求したロングコートになります。ガウンのようにまるで羽織っているだけというような印象をしっかりと植え付ける個性的なコートなので、家の中できていても不自然じゃないほど、ナチュラルで柔らかい印象をもたらしてくれます。

個性のあるコート

シンプルなコートのように見えて素材としても非常に柔らかく多いいものが多いので、個性がとても豊かに見える不思議なシルエットをもたらしてくれます。しかしとてもおしゃれで、見た目として印象自体も柔らかくしつつ、面白そうなイメージを抱かせてくれるのです。

まとめ:コートは第一印象になる

コートはアウターです。つまり外で歩くときは中の洋服よりもこのコートが主に見えているのです。ですから、外で歩くとき、また人と出会うときにもこのコートの印象が一番最初に目に飛び込んで着ます。第一印象をどう変動させるかはこのコートというジャンルによって決まると行っても過言じゃないのです。コートをしっかりと選び自分のメインポイントとして扱いましょう!


評価 4.1/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ