ワインの平均的なアルコール度数は、どのくらいなのかワインに興味ある方は気になるといいます。アルコールに弱い彼女でも飲めるアルコール度数が弱めの美味しいワインも人気のようです。そんなワインの平均アルコール度数や特徴など注意点もまとめてご紹介していきます。

ワインの平均的なアルコール度数は?それぞれの特徴と注意点まとめ

目次

  1. 気になるワインの平均的なアルコール度数
  2. ワインは赤・白でアルコール度数が変わる?
  3. 意外と知られていないワインのアルコール度数の差と味
  4. アルコール度数が高いワインは注目度アップ?
  5. アルコールが苦手な彼女のためのワインの度数は?
  6. ワインのアルコール度数により食事前後のおすすめも変わる?
  7. アルコール度数が高いワインの注意点
  8. ワインの甘口・辛口はアルコール度数が基本?
  9. 初心者でも飲みやすいアルコール度数が低めのおすすめワイン
  10. アルコールが強いなら度数が高めのワインを食事と一緒に
  11. ワインの特徴や度数を掴んで赤も白も満喫オトナの時間

気になるワインの平均的なアルコール度数

気になるワインの平均的なアルコール度数は、ワインの種類によっても違うと言われています。ワインは、飲み方次第では健康にも美容にも良いと話題を集めていて、男女ともに人気のドリンクです。ワインの平均的なアルコール度数は、基本10~15%と言われています。でも、赤と白では違うのではないかと疑問に思う方も多いです。

ワインの平均的なアルコール度数により、飲む際にも注意点があるとも言われています。注意点やワインの平均的なアルコール度数を知る前に、ワインの原料が何か、どのように作られていくのか、何となくしか分からないという方のために、詳しくみていきましょう。

ワインのアルコール度数を知る前にワインの原料を知ろう

ワインの平均的なアルコール度数を知る前に、ワインの原料は、ブドウが原料となります。まずは、ブドウのジュースを造っていき、そのブドウの種類によって、白ブドウか黒ブドウかなどで、仕上がりが変わってくるようです。

ブドウのジュースのままでは、ワインにはならないため、ブドウのジュースに酵母をプラスします。そして、発酵するとアルコールが含まれるワインの基本の位置まで到達するようです。その後は、ろ過させたりして醸造の工程を踏み、私達が飲んでいるワインが完成すると言われています。

ワインのアルコールは製造している間に生まれる?

ワインのアルコールは、基本ワインの原料であるブドウのジュースに酵母をプラスして発酵している間の製造中に生まれてくると言われています。

プラスした酵母の働きは、ワインの原料であるブドウのジュースの糖分をアルコール、二酸化炭素に変化させていくといいます。この工程により、アルコール度数が表示されるワインとなるようです。

ワインは赤・白でアルコール度数が変わる?

ワインは、赤・白でアルコール度数が変わるといいます。想像つくと思いますが、赤ワインのほうが白ワインに比べて、平均的なアルコール度数は高いと言われています。

赤ワインは、アルコール度数が低いもので11%ほどと言われていて、アルコール度数が高いものだと、14~15%ほどあると言われています。

白ワインは、アルコール度数が低いもので7度ほどと言われていて、アルコール度数が高いものは、赤ワインと同じで14~15%ほどあると言われています。

美容・健康にも良い赤ワインの特徴

ポリフェノール効果も高いと注目されている赤ワインの特徴は、アルコール度数が高めなのと、常温で飲むのが美味しい飲み方であるところと言えるでしょう。

長い年月をかけて製造された赤ワインほど、濃い色をしているようです。そして、赤ワインは味も濃く渋み強めとなっています。肉料理に使用するなら、赤ワインがマッチすると言われています。

透き通る可憐さの白ワインの特徴

透き通る可憐さも感じさせる白ワインの特徴は、甘味のあるワインや普段あまりワインを飲まないという方におすすめというところです。

白ワインは、白ブドウが原料で、白ブドウの果肉だけを使って造られています。白ワインも赤ワインと同じく、長期熟成されている白ワインに関しては、透明よりも少し濃いめの白の色をしていると言われています。白ワインは、赤ワインと逆で美味しく飲むには、冷やして飲むのがいいようです。

ちなみに、白ワインは魚料理にマッチすると言われています。魚料理をする時にワインで風味を出すには、白ワインを使用すると魚料理も更に美味しくなるでしょう。

美味しいワインの作り方!家庭で楽しめる簡単手作りレシピ・注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

意外と知られていないワインのアルコール度数の差と味

ワインの平均的なアルコール度数の差は、赤ワインと白ワインで比較すると、差がありますが、子の差は白ワインを製造する工程で、発酵している状態が途中でストップしやすいからと言われています。

そして、基本赤ワインは辛口が多く、白ワインは甘口が多いのにも、この発酵によることでアルコール度数だけではなく、糖度も変わるからと言われています。

アルコール度数が高いワインは注目度アップ?

年月が経つに連れ、ワインのアルコール度数が高いワインのほうが、注目度アップしているようです。ワインのメーカーの考えや戦略などが含まれているのかは定かではないですが、特に赤ワインは高いアルコール度数の商品が売れていると言われています。

多くの赤ワインは、フルボディタイプで販売されています。このフルボディで高いアルコール度数というのが、ゴージャス感を生み人気の理由となっているようです。

アルコール度数が低くなってしまうと、水っぽくなってしまうといいます。ワイン好きな男性にとって、高いアルコール度数の赤ワインを味わうように少しずつ飲むのがトレンドのようです。少しワインを飲むだけで、酔いたい時に酔えるのでコスパもいいという理由で人気なのもあると言われています。

アルコールが苦手な彼女のためのワインの度数は?

彼女がアルコールは苦手だったり、弱かったりする場合にもおすすめのワインがあると言われています。先ほどご紹介した、ワインの平均的なアルコール度数よりも更に低いワインがあるそうです。

赤ワインも白ワインもアルコール度数が低く、その度数も低いもので3%からあると言われています。赤ワインと白ワインの間くらいのものを飲みたいという女性も増えていて、ロゼワインが活躍してくれるようです。アルコールに弱いという彼女でも、前もってワインの好みなども聞いておくといいでしょう。

ワインのアルコール度数により食事前後のおすすめも変わる?

ワインのアルコール度数によって、食事前後のおすすめも変わると言われています。毎晩、ディナータイムにはワインを必ず飲むという方も、食事前後のおすすめワインがアルコール度数によって変わることは意外と知られていないようです。

食前にワインを飲む場合は、アルコール度数が低めのものを選んだほうがいいと言われています。空腹時に、アルコール度数が高いワインを飲んでしまうと、胃に負担をかけてしまうため気をつけましょう。

食事中にワインを楽しみたいという方は、どんなワインでもお好みのものを楽しんで大丈夫と言われています。ただし、ワインを本格的に食事中に楽しむのなら、肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワインというのを守ったほうが、ワインも食事も更に美味しくいただけるそうです。

そして、食後におすすめのワインは、アルコール度数が高いほうが、お腹いっぱいになりやすいといいます。また、消化促進効果にも期待出来るのもメリットと言えるでしょう。

ビールのアルコール度数は?高い低いで酔い方に差が出るって本当? | MensModern[メンズモダン]

アルコール度数が高いワインの注意点

アルコール度数が高いワインが人気を高めていると言われていますが、アルコールが大好きな方は、注意点があります。

アルコール度数が高いワインとは、平均的なアルコール度数を超える15%以上のワインを指すと言われています。ビールの3倍弱のアルコール度数と思うと、注意点もしっかり覚えておきたいものです。その注意点とは、もうご想像つく方もいらっしゃると思いますが、飲みすぎてしまう事に注意することです。

アルコール度数が高いワインは、濃厚な味わいを楽しめるので、1口1口味わって飲むことで、アルコール度数が高いワインを存分に楽しめるでしょう。

ウイスキーとブランデーの違いとは?味やカロリー、度数を比較! | MensModern[メンズモダン]

ワインの甘口・辛口はアルコール度数が基本?

ワインの甘口・辛口はアルコール度数が基本となっているのは、最初の頃にも簡単にお伝えしましたが、アルコール度数が低いワインは、平均的に甘口が多いと言われています。

そして、アルコール度数が高めのワインになるほど、味は辛口になっていくようです。アルコール度数を、ワインを選ぶたびにチェックするのが面倒な方は、甘口か辛口かを調べることで、時間もかけずにお目当てのワインのテイストを楽しめるでしょう。

筋トレ後のアルコールは危険?筋トレの効果を邪魔しない飲酒方法とは? | MensModern[メンズモダン]

初心者でも飲みやすいアルコール度数が低めのおすすめワイン

初心者でも飲みやすいアルコール度数が低めのおすすめワインがあるので、ご紹介していきます。イタリアン料理が大好きという方は、デートの時などにイタリアンレストランを選ぶ方も多いと言われています。

ほとんどのイタリアンレストランで飲めると言われる、甘口でワイン初心者でも口当たりが良いと人気の「クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ ドルチェ」はお食事にもおすすめのようです。女性へのギフトとしても、人気と言われています。

アルコールが強いなら度数が高めのワインを食事と一緒に

スパイシーな料理がお好みの方は、アルコール度数が高めのワインを選んでみるといいでしょう。ただし、アルコールに弱いという方は無理しないほうがいいと言われています。

オーストラリアで人気のあるワインで、「ジョージウィンダム BIN555 シラーズ」というワインです。お食事と共に飲むと、更に味わいが増すワインとしても注目されています。

ワインの特徴や度数を掴んで赤も白も満喫オトナの時間

ワインの平均的なアルコール度数は、赤ワインと白ワインで差が出るため、甘口・辛口がお好みの方のワインの選び方もアルコール度数で選べるのも魅力です。

食事前後、または食事中のワインもアルコール度数が低いものから高いものまで、それぞれおすすめのワインも変わってくるようです。アルコールが弱いという彼女がいらっしゃる方は、彼女のためにも、アルコール度数が低めのものを選んであげるのも男の優しさアピールとなるでしょう。

アルコール度数が低いからと言って、美味しさが低下するわけではないため、それぞれの好みでワインを楽しむのがワインを味わうポイントとなるでしょう。是非この機会に、ワインのアルコール度数に注目し、それぞれワインの特徴を掴んで味わってみては如何でしょうか。


評価 3.7/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ