最近は女性も運転できるかわいいデザインの車が増えていますがラパンもそのような車の1つです。外装だけでなく内装もかわいく女性の心をつかんでいます。そんなラパンですが内装に欠点があるのではと噂がたっています。ここではラパンの内装の欠点を探してみたいと思います。

ラパンの内装の欠点とは?インパネのデザインがかわいいと評判!

目次

  1. 女性に人気のラパン
  2. フルモデルチェンジでラパンの外装内装が一新
  3. かわいいデザインのラパンの内装
  4. ラパンの内装の欠点を挙げるとしたら
  5. ラパンの内装の欠点のまとめ

女性に人気のラパン

2002年にスズキから販売開始されたラパンですが正式な名称はアルトラパンになります。少し丸みをおびた外装のデザインに内装は家具や雑貨のインテリアをそのまま車に持ってきた様なイメージで造られています。アルトが男性の人気が高くなってきた傾向にあり女性層を取り込む為の軽自動車としてラパンは開発されています。

最近ではトールタイプの軽自動車が多い中ラパンは低く感じる車高となっています。ただその低い車高ながらラパンの室内スペースは思ったほど狭くはなくゆったり目に乗れるのが特徴です。ラパンは外装と内装だけではなくエンブレムまで女性向けの車として開発されているのがわかるデザインとなっています。

かわいいとおしゃれを合わせ持ったラパンですが2015年にモデルチェンジをし現行車のラパンは3代目となっています。エアロパーツなどで男性向けのカスタムやアレンジも出来る車としてラパンは人気が集まっています。

スズキ車のスイフト新型の評価まとめ!試乗してみた走りとは? | MensModern[メンズモダン]

フルモデルチェンジでラパンの外装内装が一新

ラパンは2015年にモデルチェンジをして外装はより丸みが強くなっています。特にヘッドライトが完全な丸になりより3代目ラパンは一層女性向けのおしゃれな感じが出ています。車体も2代目ラパンは少し角を感じるデザインでしたが3代目ラパンはどこをとっても丸みが強くなった印象です。

内装も2代目はとてもシンプルな印象を受けましたがモデルチェンジで木目調を使ったグレードも出るほどおしゃれな感じを受けるデザインとなりました。またボックスティシュを入れるには丁度良い引き出しがダッシュボードに採用されているのも特徴です。ティシュは出来るだけ隠してしまっておきたいですよね。

スズキのカプチーノが2018年に新型で復活?価格や発売日の最新情報! | MensModern[メンズモダン]

かわいいデザインのラパンの内装

ラパンと言えば名前の由来にもなったうさぎがインパネに登場します。ラパンのメーターはスピードメーターのみですがそのメーター下のディスプレイにうさぎが様々な場面に合わせて登場してくれます。どんな場面で現れるかもラパンの楽しみの1つになっています。

ラパンのダッシュボードはテーブル付きで部屋のインテリアの様な造りになっています。このテーブルを利用して色々なアレンジやカスタムが出来るでしょう。またラパンのオーディオの装着場所にフレームがついていますがフォトフレームをイメージして造られています。ラパンのダッシュボードはインテリア感を表現した造りとわかります。

3代目ラパンのシートの色はベージュを採用しています。内装のインテリアに合わせて落ち着きのある色になっています。2代目ラパンはかわいいと感じるシートデザインでしたが3代目ラパンはおしゃれに感じるデザインになっています。

ラパンの内装の欠点を挙げるとしたら

3代目ラパンの内装の欠点をあえて挙げるとしたらデザインが女性向け感が強すぎるところでしょうか。2代目ラパンが販売されて購入者は9割近くが女性で半数以上が20~30代でした。そこで3代目ラパンの開発には女性が多くかかわり女性による女性の為の車になったのです。その為にラパンは外装内装ともにかわいくおしゃれなデザインとなりました。

そこでラパンの欠点となるのが女性で20~30代から外れてしまった人にはあまり好ましくないデザインとなった事です。どんなにラパンの内装をアレンジやカスタムをしても簡単にデザインを変えられるものではありません。その為か3代目ラパンは思うほどの販売台数になっていないと言われています。

もう1つはダッシュボードのテーブルです。3代目ラパンの特徴ともいえるテーブルは意外に使い勝手が悪いとされています。物を置いても滑っていくので滑り止めシートなどを使わないといけません。アレンジするにもテープなどでしっかりと固定しなくてはいけませんがそれさえ納得できればアレンジの幅は広がると思います。

ラパンの内装の欠点のまとめ

ラパンの内装の欠点を紹介しましたがやはり20~30代女性向けすぎのデザインがラパンの欠点と言えるのではないでしょうか。車はターゲットを狭めすぎると販売台数が変わってくるとラパンを見て感じます。

今後は主となるターゲット以外の人向けのモデルがラパンに登場するかもしれません。カスタムで男性にも乗れる車が登場するとラパンの人気も伸びるかもしれません。これからのラパンに期待していきましょう。


評価 3.9/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ