結婚式でのネクタイや服装のマナーについてまとめています。結婚式は祝いの場です。祝福する側としてもマナーが問われます。意外と知らないマナーもあるので、これを機に結婚式での服装、ネクタイマナーを知って、失敗なく祝ってあげましょう!

結婚式でのネクタイは白?意外と知らないマナーと服装のまとめ!

目次

  1. 結婚式のネクタイや服装にもきちんとマナーがある!
  2. 結婚式は祝いの場であることを理解しておこう
  3. 結婚式のネクタイの色は?白でなくてはいけないの?
  4. 結婚式の服装は?
  5. こんなネクタイは結婚式にぴったり!
  6. ネクタイ選びで失敗したくないなら無難に白を
  7. この色や柄は結婚式ではNG!ネクタイと服装には要注意
  8. 結婚式のネクタイのマナーまとめ!
  9. ネクタイだけじゃない!結婚式の服装マナーまとめ!
  10. 結婚式はお祝いの場!ネクタイや服装にもマナーを

結婚式のネクタイや服装にもきちんとマナーがある!

結婚式は祝い事としてついついはしゃいでしまいますが、結婚式は無礼講というわけではありません。たとえ親しい中でも結婚式は祝いの場です。服装もマナーもいつも新郎新婦にするように接して良いわけではありません。

結婚式では一般的な対人マナーを守るだけではなく、身なり…つまりネクタイやスーツ、靴などの服装にもマナーを問われます。親しい友人だから大目に見てもらえる、なんて考えは通用しないので注意しましょう。

特に地域的に古い習慣が残っていたり、格式高い結婚式ほど服装マナーで失敗してしまうと新郎新婦にまで迷惑をかけてしまうことがあります。大切な人の結婚式をきちんと祝うためにも、結婚式の服装には気をつけなければいけません。

結婚式は祝いの場であることを理解しておこう

ネクタイや服装にもマナーがあると知れば、結婚式なんてめんどくさいと思うかもしれませんが、結婚式は祝いの場です。大切な人達を祝福するためにも、礼儀はわきまえなければいけません。服装マナーといっても、最近では昔の常識が覆されてきているため、そんなに堅苦しいものでもありませんよ。

以前は結婚式での服装はある程度厳格に決められていました。今も地域によってはその名残があるため、結婚式での服装が「これ」と決められているところもあります。しかし最近ではカジュアル、フォーマルでもOKとされているところが多いです。

結婚式で服装マナーで失敗しないためにも、1つずつ気をつけながら自分の服装を見直してみましょう。友人を気持ちよく祝ってあげるためにも、マナーは守りましょう。

結婚式のネクタイの色は?白でなくてはいけないの?

まずはネクタイのマナーです。結婚式は祝いの場であるためネクタイの色にも気をつける必要があります。昔はどこに行っても白ネクタイを着けているイメージでしたが、最近ではカジュアルな色や柄物でもOKとされています。

結婚式でネクタイの色は白?

結婚式でのネクタイは白が「基本」とされています。ですが、白ネクタイは今や白ネクタイはご年配の方が着けているイメージが強いため、若者の間では「嫌だ」と感じる人が増えてきています。そのため派手すぎない柄や色でもマナーの範囲内ということになっています。

カラーネクタイでも黒はNG

カラーネクタイが結婚式でOKであっても、黒色のネクタイは結婚式ではタブーとなっています。黒は喪服をイメージさせるので、結婚式では使用できません。黒ネクタイしか持っていない場合でも新しく白かカラーネクタイを購入するようにしましょう。

黒ベースのネクタイもダメ

真っ黒でなければ平気かな?と曖昧な色なネクタイの場合も避けることをおすすめします。黒ベースであっても黒が入っていることには変わりありません。余計や誤解を与えないためにも、ネクタイは白やフォーマル仕様のカラーネクタイにしておきましょう。

結婚式の服装は?

結婚式のスーツは基本的に黒が選ばれています。他にもグレーやネイビーでもOKとされています。主に最近では3ピースと呼ばれるジャケット、ベスト、スラックスがセットになっているものが好まれています。もし結婚式の服装にまよったらこちらを購入するのも良いでしょう。

ご年配の方が多いなら黒が無難

地域柄、ご年配の方の参加が多い結婚式であれば黒のスーツが一番無難でしょう。カジュアル化されつつある結婚式であっても、まだまだマナーに厳しい人もいます。選んだ服装が時に新郎新婦の評価を落とすことにもなりかねないので、参加する結婚式で服装を選ぶようにしましょう。

友人ばかりの結婚式ならカジュアルなグレーも増えてきている

最近では結婚式を友人だけで済ます人も増えてきていますが、このような結婚式ではカジュアルなグレーのスーツでも良しとされる場合があります。黒が嫌なら落ち着いたグレーやネイビーを選びましょう。

こんなネクタイは結婚式にぴったり!

もしネクタイ選びに迷ったら、光沢のある白やシルバー、カラーネクタイを選ぶようにしましょう。暗めの色合いよりも、白に近いカラーネクタイの方が結婚式には似合います。お祝いの場なので暗めの色は避けた方が良いでしょう。

シルク素材や光沢感あるネクタイを1本でも持っていたらさまざまな場面で使用できます。結婚式だけではなく、普段使いとしても使えるので明るい色のネクタイを持っておくのもおしゃれでしょう。

多少柄が入っていても問題はありませんが、アニマル柄は殺生をイメージさせるので避けるようにしましょう。ストライプやチェックなら良いですが、アニマル柄やキャラ物は結婚式にふさわしくないので止めましょう。

ネクタイ選びで失敗したくないなら無難に白を

カジュアル化されつつある結婚式でも、今だしきたりや古い習慣を大切にしている地域や結婚式はたくさんあります。知らなかったでは済まされない場合もあるでしょう。もし結婚式の服装、ネクタイ選びで迷ったなら、無難に一般的な服装を選ぶようにしましょう。

黒色のスーツに白ネクタイなら、そのような結婚式であっても失敗することは少ないでしょう。結婚式での失敗は自分だけの評価が下がるならまだしも、呼んでくれた新郎新婦にまで迷惑をかけてしまうことがあります。

自分の好き勝手できる場ではないことはまず理解しておきましょう。楽しい結婚式にするためにも、良い結婚式として思い出に残すためにも、まず服装やネクタイで失敗しないようにしましょう。

この色や柄は結婚式ではNG!ネクタイと服装には要注意

結婚式のネクタイはなるべく派手ではない柄や色を選びましょう。結婚式では新郎新婦よりも目立つのは良くないことです。ネクタイ一つであっても、マナーとして数えられるので注意しましょう。

アニマル柄は避ける

柄物を選ぶのであれば、ストライプやトッド、チェック柄にしましょう。派手な柄やアニマル柄はタブーとされています。祝いの場であるので「死」を連想させるものは絶対に止めましょう。色が明るければ良いというわけでもないので、アニマル柄のネクタイはしないようにしましょう。

キャラ物もふさわしくない

新郎新婦がその漫画やキャラが好きでも、結婚式のネクタイにキャラ物を着けていくのはふさわしくありません。本人の常識が問われることがありますから、キャラ物も避けるようにしましょう。

暗い色は避ける

ネクタイの色はできるだけ白に近いような明るい色にしましょう。祝いの場であるので暗い色はふさわしくありません。特に黒ネクタイはタブーです。家に無いからと妥協することも許されませんから、必ず白かカラーネクタイを用意しましょう。

結婚式のネクタイのマナーまとめ!

結婚式でのネクタイのマナーをまとめてみましょう。大勢来ている結婚式で一人くらいネクタイの柄がマナー違反だからって…とこのような甘い考えは呼んでくれた新郎新婦に失礼なので絶対に持たないようにしましょう。

色は暗い色よりも明るめ

ネクタイの色のマナーをまとめると、暗い色よりも明るい色が好まれます。最近では白に近いピンクも好まれているので、流行に乗るのも良いでしょう。自分の着ていくスーツに合うような色を選びましょう。特に着ていくシャツに栄えるかどうかチェックしましょう。

柄はストライプなどの落ち着いたもの

柄のマナーのまとめとしてストライプなどの落ち着いたものがおすすめです。アニマル、キャラ物は絶対に避け、常識の範囲内でネクタイの柄を選びましょう。もし迷う場合には無難に無地のカラーネクタイが良いでしょう。

蝶ネクタイでもOK

ネクタイは通常のネクタイでも蝶ネクタイでも良しとされています。形状よりも色や柄が特に問題視されやすいので気をつけましょう。特にパーティータイプの結婚式では蝶ネクタイの方が好まれています。

ネクタイだけじゃない!結婚式の服装マナーまとめ!

結婚式ではネクタイの他にも服装マナーがあります。服装で気をつけるべき点をまとめてみたので、結婚式に参加する前に自己チェックして当てはまっていないかネクタイを含めてまとめてチェックしましょう。

結婚式でスーツの色は黒やグレー、ネイビー

スーツの色は黒やグレー、ネイビーが一般的です。より基本に忠実にするなら黒が良いでしょう。なるべく無地なものが好まれています。カジュアルな結婚式ならグレーやネイビーでも良いでしょう。

靴は革靴またはエナメル素材のもの

靴は革靴やエナメル素材のものを選びましょう。光沢のあるもので、一文字飾りのある「ストレートチップ」か基本的な形である「プレーントゥ」が一般的とされています。迷ったら基本形のプレーントゥにすると良いでしょう。

その他のアイテム

その他のアイテムは特に縛りがありません。ネクタイや服装に合う範囲で各々楽しむと良いでしょう。特に周りに差を付けたいと思うのであれば、少し変わったネクタイピンなどがおすすめです。しかし常識の範囲内で楽しむようにしましょう。

結婚式はお祝いの場!ネクタイや服装にもマナーを

結婚式は祝いの場です。自分の身なりや身の振るまいにもそれなりのマナーが問われます。自分の服装で誰かが嫌な思いをしないためにも、服装やネクタイのマナーは必ず守るようにしましょう。素敵な結婚式にするためにもまとめにあった点に気をつけましょう!


評価 4.2/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ