有名なお笑いコンビのとんねるず。全盛期にはレギュラー番組をいくつも担当するなどその年収やギャラは高額な物だったといいます。しかし、現在では『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了して多くの収入が減ったようです。しかし、とんねるずの二人は特に焦る様子がありません。そこで今回はお笑い芸人でもトップクラスの年収を誇るとんねるずの二人の年収について知らベてみました。

とんねるずの年収がすごい!全盛期を過ぎても番組一本のギャラが高額?

目次

  1. とんねるずの二人の年収ってどのくらい!?
  2. とんねるずってどんな人?
  3. お笑い芸人の年収ってどうなの
  4. 気になるとんねるず2人の年収は!?
  5. 全盛期と現在の1番組当たりのギャラは?
  6. 年収以上にとんねるずの活躍が楽しみ!

とんねるずの二人の年収ってどのくらい!?

お笑い界でも人気者となった大物お笑いコンビ『とんねるず』。全盛期には数々のレギュラー番組を持つなどその人気は知らない人がいなかったと思います。その活躍はお笑いだけで無くドラマや音楽まで及びましたよね。そんなとんねるずは唯一のレギュラー番組であった『みなさんのおかげでした』の終了により、現在ではレギュラー番組が全て無くなってしまいましたよね。

全盛期は年収が高い芸能人に常に入っていたとんねるずの二人。しかし、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の番組終了に伴ってずいぶん年収も変わってきたのではないでしょうか。また、全盛期に比べると現在は番組出演のギャラなども変動していると思います。そこで『みなおか』の番組終了で気になるとんねるずの二人の年収やギャラなどについて調べてみました。

とんねるずってどんな人?

とんえるずは石橋貴明さんと木梨憲武さんで1980年に結成されたお笑いコンビです。お笑いコンビと知られているとんねるずですが、実は音楽でも有名です。とんねるずは日本有線大賞最優秀新人賞、全日本有線放送大賞最優秀新人賞、FNS歌謡祭特別賞、全日本歌謡音楽祭話題賞、第12回全日本歌謡音楽祭特別賞など多くの受賞歴を保有しています。有名な楽曲も多いですよね。

石橋貴明さんのプロフィール

とんねるずの石橋貴明さんは1961年10月22日に東京都板橋区成増で育ちました。身長は182cmと長身であるのも特徴です。『とんねるずの大きい方』なんて言われ方をされていた時期もありますからね。とんねるずの石橋貴明さんは芸人になる前はセンチュリーハイアット東京に勤めていたホテルマンだったそうですよ。とんねるずの石橋貴明さんの趣味は多彩で、野球やゴルフなどのスポーツから映画鑑賞や酒そして料理など幅があります。その多彩さは有名です。

とんねるずの石橋貴明さんは壮絶な幼少期を送ったそうです。それは石橋貴明さんが小学一年生の時に実家の家業であった「石橋化成」が倒産したためです。この倒産によりそれまでの裕福な暮らしが一変し板橋区成増へ夜逃のように移住すると父親が失踪。石橋貴明さんは高校卒業まで母親に育てられたそうで高校卒業まで6畳と3畳二間の風呂無しアパートに住んでいたそうです。

とんねるずの石橋貴明さんが帝京高校の野球部出身というのは有名な話ですよね。これは番組などでも良くネタにされていますから。とんねるずの石橋貴明さんが帝京高校の野球部に所属しいた頃は野球の強豪校になり始めた頃だといいます。石橋貴明さんは、その体格から2年生の秋にはベンチ入り確実だったようですが練習をさぼって遊んでいたためベンチ外となったそうです。

木梨憲武さんのプロフィール

一方のとんねるずのコンビである木梨憲武さんは1962年3月9日に生まれました。出身地は東京都世田谷区千歳台です。『とんねるずの小さい方』なんて言われた時期もありましたが、身長は177cmと実は高身長なのです。とんねるずの木梨憲武さんの自宅が「木梨サイクル」というのは良く番組内でネタにしていますから、誰もが聞いた事があるくらいに有名な話しですね。

とんねるずの木梨憲武さんは1977年に帝京高校へ入学するとサッカー部に所属しました。サッカーが得意なのも非常に有名ですよね。また、木梨憲武さんはサッカー好きが高じてサッカー選手のサインを描くのが得意です。そして、木梨憲武さんとしてサインを頼まれてもサッカー選手のサインを描いてしまうらしく、本人のサインはあまり書いたことが無く貴重だといいますよ。

とんねるずとしてデビュー

とんねるずとしてデビューする前から石橋貴明さんは、視聴者参加型のバラエティ番組ではちょっとした有名人だったそうです。そうした中、視聴者の参加型バラエティ番組「所ジョージのドバドバ大爆弾」の中で、一般の人がコンビを組んで一芸とゲームで成功すれば賞金100万円がもらえるという企画で、木梨憲武さんを誘って出場、400組の中から見事出演を果たしました。

そして、このバラエティ番組のスタッフが、オーディション番組である「お笑いスター誕生!!」を担当することになった時に、石橋貴明さんと木梨憲武さんのコンビに声をかけたそうです。当時はすでに就職先が決まっていたとんねるずでしたが声を掛けられ出場すると、なんと10週連続勝ち抜きをしてしまします。ちなみに番組出場中にコンビ名をとんねるずに変更しています。

とんねるずは『お笑いスター誕生!!』で見事グランプリを獲得すると、人気番組の『オールナイトフジ』や『夕やけニャンニャン』などに次々と出演し、一気に人気お笑いコンビとして駆け上がる事となります。この頃の年収は流石に分かりませんが、駆け出しの芸人ですからそれほどの年収やギャラを貰っていたとは考えにくいですよね。サラリーマンより悪いかもしれません。

その後のとんねるずは、『ねるとん紅鯨団』や『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』そして『とんねるずのハンマープライス』などの冠番組をいくつも受け持ちます。そしてどの番組も高視聴率をたたき出す結果となり、あっという間にとんねるずはお笑い界のトップに登りつめます。この頃からとんねるずの年収や1番組のギャラは高騰していったのではないでしょうか。

お笑い芸人の年収ってどうなの

とんねるずなどの大物お笑い芸人となれば、一般的な芸人と年収とは格段に違うはずです。そして、とんねるずレベルの芸人であれば一番組あたりのギャラも違う事でしょう。これはテレビ業界が不調といわれている現在においても昔から変わっていないと思います。そこで、とんねるずの年収を見る前に、まずはとんねるずらお笑い芸人の年収事情について知っておきましょう。

BIG3の年収やギャラは桁違い

お笑い芸人の中でもBIG3と言われてるビートたけしさん・さんまさん・タモリさんは桁違いの年収やギャラだといいます。BIG3も全盛期に比べると番組などが少なくなっていますので年収は抑えめになっていると思いますが、それでもとんねるずの年収でも追いつかない年収だという噂です。それでは実際に年収が凄いと言われるBIG3はどのくらいの年収だというのでしょう。

調べてみるとビートたけしさんは年収が約16億だと言われています。明石家さんまさんの年収が約11億。タモリさんの年収は約10億円のだと言われているようです。この年収はさすがのとんねるずでも驚きだと思います。とんねるずだけではなく、大企業の社長でもこの年収は驚きの年収ではないでしょうか。一時期ほどではありませんが現在でも多くの年収を手に入れています。

中堅の芸人の年収もそこそこある

とんねるずの二人のような超が付く大物芸人とまではいかないものの、中堅と言われているお笑い芸人の年収は一体どのくらいなのでしょうか。調べてみると中堅芸人の1番組当たりのギャラが10万円から100万円ほどだと言われていまるようです。年収として計算してみると数千万円から1億円ぐらいとなります。とんねるずレベルではなくても結構な年収を貰っているようです。

若手芸人の年収は厳しい

一方でとんねるずのお二人や中堅芸人ではない、売れていない芸人や若手芸人の場合は、芸人としての活動だけの年収では生活が出来ないのが現状のようです。1回の出演料が数百円であることもあるようですよ。主要な年収は芸人としてではなくアルバイトなどの収入となっているようですねまた、先輩芸人に食事をごちそうになったりして助けてもらう場合もあるようですよ。

芸人の年収って芸能界では高い方なの?

ところで芸人の年収は芸能界ではどのくらいの高さなのでしょう。現在では公表されなくなりましたが、納税額を元にした長者番付などでは芸人がよくトップ10にランクインしていました。これを考えればとんねるずの二人のようにお笑い芸人でもトップクラスになれば、芸能界でもトップクラスの年収をゲットできるようですね。とんねるずの二人は恐らくトップクラスでしょう。

気になるとんねるず2人の年収は!?

とんねるずなどのお笑い芸人は中堅以上になると、一般的な年収よりもかなり多い年収を貰っている事がわかりましたね。それでは気になるとんねるずの二人の年収やギャラは一体どのくらいなのでしょうか。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が番組終了したために、おそらく全盛期ほどでは無いと思いますが、それも含めて非常にとんねるずの年収が気になりますよね。

石橋貴明さんの年収

まずは石橋貴明さんの年収についてですが、30年以上もお笑い界のトップとして活躍していますから、それなりに年収やギャラは高額になっていると思います。全盛期にはいくつものレギュラー番組を担当していた石橋貴明さんですが『とんねるずのみなさんのおかげでした』が唯一のレギュラー番組となっていた時期で、なんと3億2000万円もの年収を貰いっていたというのです。

この年収は、とんねるずと同じく大物芸人でありながら多くのレギュラー番組を現在でも担当しているダウンタウンやウッチャンナンチャンに比べても相当多い年収だとか。この事実には驚きですよね。それえではなぜ、レギュラー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』1つしか担当していなかったとんねるずの石橋貴明さんがこうした年収をゲットできたのでしょうか。

それは、とんねるずの石橋貴明さんが所属している芸能事務所が石橋貴明さん本人が社長を務めている事務所だからだといいます。そのため、ギャラが全て自分の収入になるわけです。吉本興業に所属しているダウンタウンやマセキ芸能社に所属しているウッチャンナンチャンよりも多くの年収を得ていたというのはこういった所に原因があったのですね。これは納得の理由ですね。

さらには石橋貴明さんは、『とんねるずのみなさんのおかげでした』で企画立案や企画プロデュースも石橋貴明さんの事務所でやっていたそうです。そのため、そのその企画料やプロデュース料などの収入も入ってきたそうです。さらには、とんねるずは楽曲も多くありますので、そうした印税なども入ってきたそうです。多彩な才能が年収にも影響しているという訳ですね。

木梨憲武さんの年収

一方で木梨憲武さんの年収は2014年くらいから『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了するまであまり変わっていないといいます。その年収は大体2億3000万円だといいます。そして、木梨憲武さんは石橋貴明さんの芸能御事務所に所属しており副社長として任務していますので、石橋貴明さんと同じく色々な収入が入ってきているようですよ。上手い事やってますよね。

全盛期と現在の1番組当たりのギャラは?

噂では『とんねるずのみなさんのおかげでした』の番組内で ギャラは二人で1000万円だと発言したことがあったそうです。その額を単純に本当だと信じれば、『とんねるずのみなさんのおかげでした』の番組だけでも月に4回放送がありましたから、年に48回放送があると仮定すれば、単純に計算して年間で4億8000万円になります。ちょっと驚きの金額ではないでしょうか。

『ウチのガヤがすみません!』という日本テレビ系列の番組に出た際に、木梨憲武さんは他局の単発ゲストで出演するとギャラが大体200万円から300万円だと話したそうです。このギャラはお笑い芸人でも高額な方だといえそうですよ。付け加えて『ウチのガヤがすみません!』のギャラは他のギャラの10分の1となる30万円だと言ったとか。ギャラだけで働いていないのかも。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したが

とんねるずの年収を調べるてみると『とんねるずのみなさんのおかげでした』だけで、年収の半分近くを稼いでいたわけです。信じられませんよね。全盛期のとんねるずはこの他にも色々な番組で高額なギャラを貰っていたのですから年収も凄かったと思います。しかし現在ではその稼ぎ頭であった番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』も終了してしまいましたが・・・。

とんねるずの二人にとって大きな収入源であった『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したわけですから、年収へ対する影響も大きいと思います。現在では石橋貴明さんはフジテレビ系の月曜23時から石橋貴明さんの冠番組である『石橋貴明のたいむとんねる』を開始されましたが『とんねるずのみなさんのおかげでした』の高額ギャラには届いていないという話です。

『みなおか』が終わっても焦っていない!?

『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したことで年収が激減してしまうとんねるず。普通に考えればこれだけの収入が無くなってしまってしまえば焦ってしまうと思います。ところが色々と調べてみるととんねるずの二人は特に焦っていないというのです。それは一体どういうことなのでしょうか。レギュラー番組がこれから増えるわけでもないようなのですが・・・。

まずは石橋貴明さんですが、これまでの稼ぎで十分なストックがあるのはもちろんですが、それ以上に奥様である鈴木保奈美さんの存在が大きいからだといいます。なぜかというと、鈴木保奈美さんも実は石橋貴明さんが社長を務めている芸能事務所に所属している女優だからだそうです。鈴木保奈美さんは2008年から女優業を再開して色々なドラマなどに出演していますよね。

一方の木梨憲武さんは『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了した後は、石橋貴明さんと同じく焦ることはなかったそうです。それどころか一人で海外に行き趣味を満喫しているといいます。どこからそんな余裕があるのでしょうか。石橋貴明さんは鈴木保奈美さんをマネジメントして収入を得られますが、木梨憲武さんの奥さんはあまり活動していないような・・・。

実は木梨憲武さんは自身のファッションブランド『木梨サイクル』を立ち上げました。木梨憲武さん本人が大好きな帽子を中心に取り扱っているブランドだそうで、そこでの売り上げがそこそこあるようです。それに加えて絵画も得意で、個展を開いた時の平均動員数の記録が美術館の歴代3位になったとか。ちなみに1位がピカソ、2位がダリですよ。才能が羨ましすぎますね。

年収以上にとんねるずの活躍が楽しみ!

とんねるずの木梨憲武さんと石橋貴明さんは全盛期には多くの年収を得ていたことが分かりました。一番の稼ぎ頭だった番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了して現在は収入に陰りが見えるかと心配されてましたが、そこは多彩な二人。全盛期と変わらず才能を発揮して現在でもしっかりと新たな稼ぎを生み出しているようです。これからの活躍も楽しみですね。


記事を評価しよう

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ