アラン・リックマンといえば、ハリーポッターのスネイプ先生役で知られ、かつてはダイハードの敵役を演じた名俳優です。素顔のアラン・リックマンは笑顔が素敵でそのギャップがたまりません。そんな彼がなんと結婚!結婚相手は、50年もの間交際されたイギリス人の女性でした。

アラン・リックマンが50年愛実らせ結婚!スネイプ先生は現実世界も純愛?

目次

  1. アラン・リックマン結婚
  2. セブルス・スネイプ先生とは?
  3. 似ている二人
  4. 舞台から映画まで活躍する俳優アラン・リックマン
  5. アラン・リックマンの最初の映画はあの有名なダイハード
  6. 高い評価を得たアラン・リックマンの「ラスプーチン」
  7. アラン・リックマンの魅惑の声
  8. アラン・リックマンの結婚相手は?
  9. 突然の訃報。アラン・リックマン死去
  10. 結婚後、1年程での死去
  11. 人の記憶に残り続ける名俳優です。

アラン・リックマン結婚

交際期間50年。アラン・リックマン、結婚

50年愛をつらぬき、結婚したアラン・リックマン。ハリポタではセブルス・スネイプ先生役で出演されています。そんな、アラン・リックマンとスネイプ先生には、共通点があります。

セブルス・スネイプ先生とは?

アラン・リックマンと言えば、よく知られているのは、ハリポタのセブルス・スネイプ先生ですね。1作目からアラン・リックマンがずっと演じた役です。原作者であるJKローリング自らがオファーしたとのことで、この役がいかに思い入れがあったかが、わかります。

複雑な役柄

ハリポタでは、魔法薬学から、闇の魔法に対する防衛術までを教えるスネイプ先生。当初は、主人公のハリーとは敵対関係のような間柄でした。しかし、ストーリーが進むにつれて、意外な展開がやってきます。

スネイプ先生の愛した人は、ハリーの母だった。

愛した人は別の人と結ばれ、しかも死んでしまいます。それでもなお、スネイプ先生は生涯、彼女を思い続けました。アラン・リックマンは、序盤から、この事実をJKローリングに唯一、知らされており、その真意を知った上で演じられたそうです。結末を知らない周囲の人と演技の上で食い違いがあっても、譲らなかったのは、この為です。

スネイプ先生はその想いのために、ハリーを憎みながらも守った。

ハリポタのこの事実を知った後で振り返ると、スネイプ先生のこれまでの言動から、複雑な想いや葛藤が見えてくるようです。敵意のある台詞とは裏腹に、ハリーを庇う仕草をしていたりと、これまでにはわからなかった言動の理由がわかります。そんなスネイプはハリポタでは人気のキャラクターとなりました。

「ハリーポッター」スネイプ先生画像

アラン・リックマン演じるスネイプ先生役はとても魅力的でした。暗くて、闇の魔術に精通しているいかにも怪しい先生で、そのなんともいえない雰囲気は、アラン・リックマンにしかだせないでしょう。それでいて、心の中は、愛する人に一途な、意外な一面があったりと、複雑で繊細な役柄でした。

似ている二人

外見や性格には違いがありますが、50年愛をつらぬき、結婚したアラン・リックマンと、生涯、ただ一人を愛し続けたスネイプ先生の愛の形は似ているような気がします。

舞台から映画まで活躍する俳優アラン・リックマン

生年月日1946年2月21日で、出身地はロンドン。数々の舞台や映画に出演した長い経歴をお持ちです。また、実年齢よりも遥かに外見が若々しいので、驚かれる方も多いはず。

元々は、グラフィックデザイナーだった。

デザインの学校を卒業後、グラフィックデザイナーの仕事に就くものの、演劇に興味を覚え、演劇の学校に入学することになります。若い頃から俳優じゃなかったのは意外です。

王立演劇学校から歴史ある劇団、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーへ

ロンドンの王立演劇学校のオーディションを受けたのが、26才。その後、王室御用達のロイヤル・シェイクスピア・カンパニーにて頭角を現し、1985年に男性のリード役で、知られるようになります。どんどん、実力を身につけていき、その後、1987年にトニー賞にノミネートされるほどとなります。

舞台に出演するアランリックマン画像

若がりしアラン・リックマンも素敵です。「シャーロックホームズ」や、「ハムレット」など様々な舞台に出演しています。昔の舞台なので、映画のように見られないのが残念ですね。

若がりし頃のアラン・リックマン画像

舞台で活躍するアランリックマン。日本の有名演出家、蜷川幸雄の舞台『Tango at the End of Winter』の主役に抜擢されており、その実力がうかがえます。

アラン・リックマンの最初の映画はあの有名なダイハード

アラン・リックマンの初の映画出演作はあの有名な「ダイハード」で、1作目の敵役を演じています。敵対する冷酷なテロリスト役を見事に演じ、終盤のシーンでは、7、8メートルの高さから実際に落ちることも、承諾されたとのことです。ただ、カウント3での落下ではなく、ドッキリでカウント1から落とされたそうで、その表情には、鬼気迫るものがあります。

ダイハードの画像

ハンス・グルーバーというテロリスト集団のリーダーで、冷酷非情な人物です。ただ、アラン・リックマンはその役を理解した上での演技をするので、非情な人間ながらも、どこか、魅力のあるキャラクターに見えます。そして、終盤の落下シーンの表情は、見る人にとても、大きな印象を残しました。

高い評価を得たアラン・リックマンの「ラスプーチン」

歴史上の人物で、謎多き人間のラスプーチンの役を見事に演じました。謎の多い人物で、不思議なカリスマ性を持ち、様々な奇跡をもたらしたと言われるラスプーチン。この難役をアラン・リックマンが演じることで、高い評価を得ました。エミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞など、数ある賞を受賞し、アラン・リックマンの演技力の高さが世に認められました。

「ラスプーチン」の画像

歴史上の人物で、ミステリアスな謎多き人物であるものの、幼い頃からの貧しさ、絶望から、神の姿を見つける姿がとても神秘的です。実際、どういった人物だったのかは知りようもないですが、不思議なカリスマ性を持つ彼の姿はとても魅力的です。また、女性から人気があったようです。

「ロビンフッド」の画像

「ロビンフッド」では英国アカデミー助演男優賞を受賞されました。悪役であるノッティンガム司令官ですが、悪人なのに、憎めないような茶目っ気のある魅力的な役でした。アラン・リックマンを演じる悪役は、なぜか、根っからの悪という感じがせず、好きになれるところがあって、おもしろいですね。

「いつか晴れた日に」の画像

ここでは、ブランドン大佐という役を演じています。優しいものの、恋には不器用な姿が、魅力的です。すでに大人の男性のはずなのに、恋に一途で、好きな人のことを見つめている姿は少年のようにも思えます。悪役だけではなく、こうした役も演じられ、それでいて違和感がないのが、すごいところです。

「ギャラクシークエスト」の画像

このような役まで演じらてます。初見ですでに驚きと笑いが同時に起こります。この人がこの役を演じることのギャップがすごいです。役柄ごとに、同じ俳優とは思えないほどに、印象ががらりと変わります。その役になりきっているところが、素晴らしい演技につながっているのでしょう。

アラン・リックマンの魅惑の声

アラン・リックマンの魅力の一つが声です。低音ながらも、深く美しい声は、ベルベット(柔らかで温かみのある)ヴォイスと称され、時には、ミルクチョコレート・ヴォイスとも呼ばれます。低音なのに甘く感じられることもあるのは、役によって、声の出し方にも工夫を凝らしているからでしょう。確かに、彼の声は特徴的で、その役柄にぴったりで、その人物の繊細な心を表現しているようにも思えます。

アラン・リックマンの結婚相手は?

リマ・ホートンと呼ばれる女性です。なんと、イギリス労働党の元議員です。お互いが初婚で、晩婚だと思いきや、付き合い始めたのが、学生時代で、アラン・リックマンが19才、リマ・ホートンが18才と、とても長いお付き合いをしていたようです。長らく、恋人として同棲生活を送っており、69才で結婚されました。50年愛を実らせ、とても素敵です。

学生時代からの50年愛。結婚したアラン・リックマンとリマ・ホートン

学生時代から同棲を始め、付き合った年数はなんと50年。アラン・リックマンにとっては、初の彼女で、結果、生涯にただ一人だけの恋人となります。その後、ご結婚と、何とも、ロマンティックで、一途な50年愛です。ハリポタで演じたスネイプ先生もまた、生涯、一人の人だけを愛しました。この一途さが、やはり、よく似ています。女性にとってはとても憧れるお話ですね。

50年愛のすえ、ニューヨークで結婚

50年愛のすえ、結婚した二人ですが、長らく交際をしてきて、結婚を決意したのには、きっと、大きな意味があったのでしょう。結婚式はニューヨークで二人だけでおこなったそうです。式の後は、ブルックリン橋を通って、ランチをしたそうです。シンプルですが、こんな結婚もアリかもしれません。

幸せな結婚生活

すでに、成熟して落ち着いた感じがしますが、新婚なんですよね。どんな結婚生活を送っているかは、二人だけにしかわかりませんが、長年、お付き合いされているので、穏やかな結婚生活が想像できます。

結婚後も変わらず

幸せそうなお二人の姿が微笑ましいです。長い年月をずっと共にできたのは、お互いを大切にしながら付き合ってきたからでしょう。それは、結婚後も変わらないようです。歳を重ねても、こうして愛しあえるのは、とても素敵です。

突然の訃報。アラン・リックマン死去

2016年1月にある一報がありました。アラン・リックマン死去、享年は69才でした。癌だったとのことで、家族に囲まれての最後だったそうです。アラン・リックマンの突然の訃報に、多くの人々が驚き、また悲しみの声があがりました。まだまだ活躍を期待されていただけに、本当に残念です。

ハリポタの作者JKローリングのコメント

アラン・リックマンの訃報に、著名な方々がツイッターでコメントされました。ハリポタ作者のJKローリングもその一人です。驚きと悲しみが伝わってきます。

ハリー役のダニエル・ラトクリフ

「僕がこれまで映画業界で出会ってきた中で、もっとも誠実で、支えになってくれた人物でもあった」と、哀悼の意を述べました。ハリーポッターで長らくともに出演し、成長していく中で多大な影響を受けたとのことです。その言葉から、アラン・リックマンの人柄が偲ばれます。

結婚後、1年程での死去

もしかすると、病気を意識してご結婚されたのかもしれませんね。結婚生活こそ、短かったかもしれませんが、結婚して、家族になって、最後を迎えられたのは、二人にとっては、とても大切なことのように思えます。

人の記憶に残り続ける名俳優です。

あらゆる役を魅力的に演じ、生涯、ただ一人の女性を愛したアラン・リックマン。彼のご冥福を祈ります。Alan Rickman(1946-2016)


評価 3.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ