ワインを美味しく飲みたいと思う人も多いが、意外にグラスに注目する人は少ないのではないだろうか。実はワイングラスの種類にもワインを美味しく飲むのに欠かせない要素があるのだ。そんなワイングラスの種類からおすすめの形まで美味しく飲むためのグラスの選び方を紹介しよう。

ワイングラスの種類と選び方を調査!美味しく飲むためのおすすめの形とは

目次

  1. ワイングラスの必要性
  2. ワイングラスの種類は多く集めないといけないの?
  3. グラスでワインの味が変わる?
  4. ワイングラスの形状と各部名称
  5. ワイングラスの種類
  6. ワイングラスの選び方は?
  7. ワイングラスを選ぶポイント
  8. ワイングラスを選ぶ際の注意点
  9. グラスの種類に終わりはない!(ワインの本質をひきだすより
  10. もっとおいしく飲むためにはデカンタにもこだわって
  11. 美味しいワインはまずはグラス選びから!

ワイングラスの必要性

ワイン美味しく飲みたいと思ときに重要になるのがワイングラス。あまり気にせず飲む人も多いかもしれないが、そもそもワイングラスなんて必要なのだろうか?結論から言えば、ワインを飲む際にはワイングラスは必要だ。確かに、ジョッキやコップでも飲むことは可能だが、ワインとは香りを楽しむもの。ワインを最大限に楽しむためにグラスは欠かせないものなのだ。

形も様々であるが、どれも共通なのが香りをグラスの中に集めて飲んだ時に、その香りが体に無駄なく入るような構造になっている。グラスはワインの香りを最大限に活かす構造になっているのだ。

ワイングラスの種類は多く集めないといけないの?

ワイングラスにはして散る人も多いが、多数の形が存在する。それら多く集めないといけないのかと疑問を抱く人もいるだろう。確かに多く集めることは苦労も出費もかさむ。しかし、多くのグラスがそれぞれのワインの香りを引き立てるように作られている。

ワインの数がある限り、その分だけそのワインに見合ったワイングラスが存在する。オーソドックスなもので飲むことはできるが、よりおいしさを求めるのであれば、ワインに合わせたグラスを手に入れることがおすすめだ。

グラスでワインの味が変わる?

おすすめのワイングラスの選び方を見る前に、ワイングラスで味が変わることも知っておかなければならない。同じワインでもグラスの種類によって味は違ってくる。グラスの形によっては香りの立ち方や、舌へのワインの流れ方が変わる。

人間の舌は部分ごとに舌先は甘さ、サイドの手前は辛さ、サイドの奥は酸味、奥は苦さと感じる味覚が変わる。そのため、ワインの口への流れ込み方で味の感じ方が大きく変わるのだ。特にグルメな人であればそんな味の変化に敏感に気づくかもしれない。

ワイングラスの形状と各部名称

【ワイングラスの各部名称①】リム

ワイングラスには様々な種類があるが、グラスにも各部に名称がそれぞれある。まずはリムだ。唇が直接触れる部分のことを言い、ワインの味を決める場所でもある。リム部分が、ボウル部分の直径よりも小さいほうが、ワインの香りを長くとどめておくことができる。

【ワイングラスの各部名称②】ボウル

ワインを注ぎ、ワインがたまる部分のことをボウルと呼ぶ。ワインの香りを決定づけるうえで非常に大切な部分で、ボウル部分の高さや広さ、グラスのカーブの角度によってワインお香りが変わる。

【ワイングラスの各部名称③】ステム

ワイングラスを支える部分をステムという。多くの種類があるグラスだが、このステムをもってグラスを口に運ぶ人が多いだろう。グラスの種類は多数ある中で、このステム部分の長さが長ければ長いほど、人の手にとって時の体温がワインい伝え割りにくく、影響しないといわれている。

【ワイングラスの各部名称④】プレート

テイスティングの時にはこのプレートをもって揺らすと決まっている。グラスの再下端のワイングラスの足ともいうべき存在だ。グラスの選び方においてはあまり違いが出てこない部分だ。

ワイングラスの種類

【グラスの種類①】ボルドー

名前の通り、ボルドーワインに適した種類のワイングラス。タンニンがしっかりしたフルボディです踏みの強いワインとの相性が良い種類になる。ボディが程よくカーブしているので、複雑な香りを整え、芳醇な香りを溶きほぐす。また、ワインが舌の上で横に広がるため、酸味を感じる部分にも舌が触れて、ワインのしっかりとしたボディを味わうことのできるグラスだ。

【グラスの種類②】ブルゴーニュ

ブルゴーニュワインを飲むのに適した種類になり、酸味が特徴的なライト・ミディアムボディの赤ワインとの相性が抜群のグラスになる。ボウル部分が広いタイプになり、ワインを注ぐことで、空気に触れる面積が広くなり、グルメな人をもうならせる繊細な香りを楽しむことができる。

また、甘みや苦味を感じる下の先端部分が舌の両端の酸味を感じる部分に直接触れないような作りになっている。これにより、酸味が強いブルゴーニュワインに向いたグラスになっている。

【グラスの種類③】キャンティ

縦長のしっかりとすぼまりを持つタイプで、スタンダードなボウル形状の種類をキャンティと呼ぶ。軽めの赤ワインやさっぱりとした白ワインなど一般的なワインであれば幅広く使うことのできる種類になる。グラスに注いだワインは、舌先から下の中央に直線的に流れて果実の味と酸味を程よく感じさせる。

【グラスの種類④】モンラッシュ

白ワインに最適なグラスで、ボウル部分が大きいため、香りを引き出すのに最適なグラスだ。ワインが口に流れれ鵜と、下の上で横に広がるので、柔らかな酸味と豊かな果実感がバランスよく広がる。

【グラスの種類⑤】シャンパングラス

シャンパンを代表とするスパークリングワインに最適なグラスで、細長い形状をしている。シャンパンを注いだ際のはじける泡を堪能することのできる種類になる。グルメと一緒に楽しむワインの中でも、目で見て楽しむことにも注目されて作られており、炭酸を抜けにくくする効果もある。

【グラスの種類⑥】テイスティンググラス

テイスティンググラスはその名の通り、テイスティング専用に使われるグラスのことだ。そのサイズは、国際規格としても定められており、ワインの味を一つ一つ確かめられる作りになっている。もちろん飲むこともできるが、一般的にはこちらのグラスでテイスティング以外でワインを飲むものではない。

ワイングラスの選び方は?

【ワインとの相性と選び方①】ボルドー

このタイプのグラスは、口に流れるワインの酸味を強く感じさせるグラスになる。そのため、酸味が強いワインを選んでしまうと、より濃く酸味を感じてしまう恐れがあるため、甘みが強いワインを飲む際に使用するのがおすすめだ。

【ワインとの相性と選び方②】ブルゴーニュ

ボルドーに対して、甘みを強く感じることのできるグラスの作りになっている。下の先端から口の奥へとワインが入っていく舌触りを楽しむことができ、ピノロワールのような酸味の強いワインでも、甘みを引き出しながら飲むことのできるグラスになる。また、ボルドータイプに比べると、空気に触れる面積も大きいので、香りもより一層引き立つのでおすすめだ。

【ワインとの相性と選び方③】キャンティ

酸味の強いワインを飲む際に使用してほしいワイングラス。ブルゴーニュタイプ同様、下へとワインが流れていくため、甘みを引き出したいときにおすすめ。酸味の中にも甘みを感じて飲むことのできるグラスだ。

【ワインとの相性と選び方④】モンラッシュ

コクの深いタイプのワインを飲むときに最適なグラスになるモンラッシュ。ボルドー同様に酸味がきつくなる可能性が高いため、甘みの強いワインを飲むときに使用すると濃く深い甘みを楽しむことができおすすめだ。

【ワインとの相性と選び方⑤】シャンパングラス

舌の先から一気に口の奥へと流れる構造で、シャンパン自体が酸味の強いワインであるため、甘めの炭酸を飲みたいときに使用すると、酸味を抑えて強い甘みを感じることができる。

ワインテイスティングの正しいやり方・手順は?恥をかかないマナーまとめ | MensModern[メンズモダン]

ワイングラスを選ぶポイント

【選ぶ際のポイント①】グラスの色

どのワインに合わせるかで選ぶことももちろん大切だが、グラスはその形状だけでなくワインとの見た目も大切だ。ここからはそんな選ぶときのポイントを見ていこう。

まずはグラスの色だ。ワイン自体に美しい色があり、色を楽しむことも重要なワイン。カラフルなグラスにしてしまうと、その景観を損ねてしまうので、シンプルな無色透明なグラスを選ぼう。

【選ぶ際のポイント②】グラスの耐久度

おすすめの選びポイントとしては、グラスの耐久度も考えるポイントだ。ワイングラスは、半永久的に使用するものではない。それはもともとワイングラスの構造が強いものではないからだ。ステム自体は弱いものが多い。だからこそ、あくまでも消耗品として考えよう。ちなみに、高級になるほど薄手で繊細なグラスになる。

【選ぶ際のポイント③】グラスの形

グラスは基本的にはチューリップ型になる。いろいろな形状があることは先ほども述べたが、基本的にはグラスが大きくなればなるほど、香りがたち美味しく感じることができる。しかし、ワインに合ったものを選ぶことが基本で、また白ワインやシャンパンなどの冷やして飲むワインは、冷えている間に飲み切れるように小さいサイズになっている。

ワイングラスを選ぶ際の注意点

【注意点①】テイスティンググラスで飲むものではない!

グルメな人はグラスにもこだわるだろうが、一般的なテイスティングでもいいやと思う人も多いことだろう。しかし、先ほどもワインの香りのことを何度も言っているようにグラスは非常に重要。テイスティンググラスは、価格も安いが、あくまでワインを審査する時に使うグラス。

このグラスでワインを飲むと、おいしさどころかむしろまずさのほうが際立ってしまう。口当たりも悪く、広がりも少ない。したがって香りもよくないワインを飲むことになるので、テイスティンググラスで飲むことは考えてはいけないのだ。

【注意点②】シンプルなデザインを!

よくありがちなのが、ボウル部分におしゃれな色やデザイン性の高い形状をしているグラスがあるが、これらは選ばないようにしよう。ワインは香りや味だけでなく、目でも楽しむもの。その色合いを見えなくし、邪魔にしかならない。グルメで華やかに食べ物とあうからとデザインで選んではワインは本当の意味で楽しむことはできない。

【注意点③】フチが分厚いもの・丸みを帯びているもの・ソーダガラスは避けること!

フチが丸みを帯びているものや分厚いものは、口にあたる部分だ。通常のワイングラスは、ここは少しとがっている。安全性のために丸みを帯びているものもあるが、実はワインの口当たりを阻害する要因になるのだ。つまり、ワインの味を損ねてしまうので、この形状は避けるべきだ。

さらに、ソーダガラスも避けるべきだ。基本的にあソーダガラスは安価なものが多く、作りも甘い。一見きちんとしているように見えて、香りや舌触りの部分ではやはり作りがしっかりしていないのでこの素材は避けよう。

グラスの種類に終わりはない!(ワインの本質をひきだすより

おすすめのグラスやその選び方を紹介してきたが、実はワインの本質を引き出すためには、グラス選びに終わりはない。ワインそれぞれに合ったグラスは何百と存在し、それぞれに適したグラスを選ぶ必要がある。そのワインにあったグラスを選ぶことで、ワインの本質を引き出すことができるので、グラスを選ぶことには終わりはないのだ。

ワインの種類と違い・特徴まとめ!選ぶのが楽しくなるミニ知識まとめ | MensModern[メンズモダン]

もっとおいしく飲むためにはデカンタにもこだわって

グラスにこだわってワインを飲むことがワインを本当に楽しむことにつながるが、グルメな人にはもう一歩進んでグラスに注ぐデカンタにも注意してみてほしい。デカンタには、ワインの澱を取り除き、空気に触れさせることでアロマと香りを開かせる効果がある。

高級なイメージがあるが、もちろん手ごろなものもある。安いワインほど、このデカンタの効果が如実に表れるので、ぜひ家庭でも使うことをおすすめする。使い方は、飲む2時間ぐらい前からデカンタにワインを移して置くだけだ。それだけでグルメとの相性抜群のワインの出来上がりだ。

美味しいワインの作り方!家庭で楽しめる簡単手作りレシピ・注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

美味しいワインはまずはグラス選びから!

おすすめのグラスは、ワインによって大きく変わる。それぞれのワインの特徴を知ってそのワインに合ったワイングラスを選んでほしい。困ったときは、選ぶポイントやタブーをしっかり覚えてもらえれば、たとえ高級なグラスでなくともしっかりとワインを引き立ててくれるだろう。グルメな人にはグラス選びからこだわってほしい。


評価 4.9/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ