ウイスキーの原料やコニャック、ブランデーとの違いについてまとめました。スコッチをはじめとしたウイスキーは意外と原料について知らないことも多いのではないでしょうか。ブランデーやスコッチの原料の違いをチェックしながら、ウイスキーの基本を知りましょう!

ウイスキーの原料って知ってる?ブランデーやスコッチとの違いは?

目次

  1. ウイスキーの原料や違いについて知りたい!
  2. ウイスキーの原料や製法はどんなもの?
  3. ウイスキーの原料による種類の違い
  4. ウイスキーとスコッチの違いとは?
  5. ウイスキーとブランデー&コニャックの原料の違い
  6. ウイスキーと相性ぴったり!クリームチーズ豆腐のレシピ
  7. ウイスキーハイボールと合わせたい!角煮のレシピ
  8. シュークルートのウイスキーにおすすめのレシピ
  9. 実は相性抜群!チーズケーキのレシピ
  10. ウイスキーの原料の基本について知っておこう!

ウイスキーの原料や違いについて知りたい!

意外とわからないウイスキーやコニャック、ブランデーの違い

身近にあるウイスキーですが、実は原料がどういったものを使っているのか、種類の違いによって何が変わってくるのかまでは知らない方も多いのではないでしょうか。ウイスキー以外にもブランデーやコニャック、スコッチなど洋酒の種類はさまざま。ウイスキーを堪能するためには、原料の違いなどもしっかりと知っておくと便利です。

ウイスキーの原料についてチェックしよう!

「ウイスキーの原料について知りたい!」「ウイスキーやスコッチ、コニャックの違いってどんなもの?」というときにチェックしておきたいウイスキーの基本情報についてまとめました。ウイスキーのおすすめおつまみもご紹介。ウイスキーの基本情報を知って、さらに楽しくウイスキーを堪能してみませんか?

ウイスキーの原料や製法はどんなもの?

ウイスキーの原料は大麦

一般的なウイスキーの原料として使われているのは大麦。大麦以外だと、トウモロコシやライ麦といった穀物を原料とする場合もあります。

ウイスキーは蒸留酒

ウイスキーは蒸留酒の一種。アルコールを気化させてから冷やして液状にし、樽に詰めて熟成させることでアルコール度数の高いウイスキーになります。日本酒やワインといったお酒はアルコールを発酵させて作る醸造酒にあたるのがポイント。

ウイスキーの原料による種類の違い

麦芽のみを原料としたモルトウィスキー

モルトウイスキーは麦芽のみを使ったウイスキーの種類。ウイスキーと一口に言っても原料によって種類が異なります。

他の穀物も原料としているグレーンウィスキー

麦芽以外の穀物を原料として使っているのはグレーンウイスキー。こうした基本を知っておくとウイスキーを楽しむ幅が広がりそうですね。

ウイスキーとスコッチの違いとは?

スコッチはウイスキーの一種

スコッチはウイスキーの一種。一般的にスコットランドで製造されたウイスキーをスコッチを呼びます。

1つの蒸留所で作ったスコッチをシングルモルトと呼ぶ

麦芽のみを使用し、1つの蒸留所で作られたスコッチはシングルモルト。ウイスキーの本場であるスコットランドではこだわりのスコッチが多く製造されています。

ウイスキーとブランデー&コニャックの原料の違い

ブランデーは果実を原料としている

ブランデーは果実酒を蒸留したお酒のこと。ウイスキーと混合してしまいそうですが、原料が違うので味わいも全く異なります。

コニャックはブランデーの一種

コニャックはブランデーの一種。フランス・コニャック地方で古くから伝わる伝統製法を用い、ぶどう酒を蒸留したものをコニャックと呼びます。

ウイスキーとブランデーの違いとは?味やカロリー、度数を比較! | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーと相性ぴったり!クリームチーズ豆腐のレシピ

クリームチーズ豆腐に必要な材料

ウイスキーはそのまま飲むだけでなく、組み合わせるおつまみとの相性によっても違った美味しさを楽しめるようになります。自宅で気軽に作ることができるウイスキーのおつまみとしておすすめなのがクリームチーズ豆腐。クリームチーズの滑らかな舌触りがウイスキーと良く合い、とても美味しくいただくことができます。

クリームチーズ豆腐に必要な材料は、絹ごし豆腐200g、クリームチーズ200g、ゼラチンパウダー5g、豆乳200ml、塩、黒胡椒になります。できあがったクリームチーズ豆腐はそのまま食べるだけでなく、メープルシロップを少量かけても美味。ウイスキーとの相性も良く、芳醇な香りを引き出してくれるのでぜひ試してみてくださいね。

気軽に作れるレシピ

豆腐はキッチンペーパーに包んでから電子レンジで加熱し、水分を切ります。キッチンペーパーをとったら新しいキッチンペーパーで包み、重石をして水切りをしましょう。クリームチーズは常温に戻しておき、柔らかくなったら泡立て器を使ってなめらかに混ぜ合わせます。時間がない時は電子レンジで加熱して柔らかくしてもOK。

水切りをした豆腐をこし器でこしながらクリームチーズに加え、全体が滑らかになるように混ぜ合わせます。豆乳を鍋に入れて沸騰しないように温め、ゼラチンパウダーを溶かしましょう。ゼラチンパウダーが溶けたら豆腐とクリームチーズに混ぜ入れ、好みの容器に流し入れます。冷蔵庫で3時間ほど冷やし固めたら完成。

ウイスキーハイボールと合わせたい!角煮のレシピ

角煮に必要な材料

さっぱりとしたウイスキーハイボールと相性ぴったりなのが角煮。旨味たっぷりの角煮がウイスキーハイボールとよく合います。豪華な見た目なのでおもてなしシーンで活用できるのが嬉しいポイント。多めに作っておけば、翌日に角煮丼にするなどさまざまなアレンジを楽しめます。作り方は簡単なので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

角煮に必要な材料は、豚バラブロック500g、みりん50ml、砂糖大さじ3、醤油100ml、酒200ml、水400ml、生姜ひとかけらになります。角煮と一緒にゴボウや大根、ニンジンなどの根菜類も一緒に煮ると栄養バランスも良い角煮に。半熟卵を組み合わせてボリュームアップするのもおすすめ。いろいろなアレンジで角煮を堪能してくださいね。

簡単なレシピ

豚バラブロックをフライパンにのせ、全面に焼き色をつけます。焼き色をつけた豚バラブロックを食べやすい大きさにカットし、鍋に詰めましょう。水と酒を入れたら落し蓋をし、沸騰させます。煮立った状態で10分ほど煮込み、粗熱を冷ましたら冷蔵庫で寝かせてください。白い脂が浮いてくるので、きれいにとってから加熱します。

醤油・砂糖・みりん・すりおろした生姜を入れたらひと煮立ちさせ、弱火に落とします。煮汁が1/4くらいになって、とろみがついてきたら完成。

ハイボールのウイスキーはどれを選ぶ?ハイボールが美味しくなる銘柄とは? | MensModern[メンズモダン]

シュークルートのウイスキーにおすすめのレシピ

シュークルートに必要な材料

ウイスキーハイボールや水割りと相性が良いのがシュークルート。フランスのアルザス地方で古くから愛されてきた郷土料理。ベーコンやソーセージ、ジャガイモなどを煮込んでキャベツのザワークラウトを組み合わせます。ソーセージの脂の旨味とさっぱりとしたザワークラウトがよく合い、ウイスキーとの相性もばっちり。

シュークルートに必要な材料は、豚バラブロック500g、ウインナー4本、キャベツ1個、玉ねぎ1個、ジャガイモ2個、ニンニク2かけら、白ワイン300ml、ローリエ1枚、クミン、ドライタイム、塩胡椒、マスタードになります。ニンジンなどの冷蔵庫に余っている野菜をいろいろ入れても大丈夫。ハーブを入れることで風味豊かに仕上がります。

作りやすいレシピ

キャベツを細切りにしたらキャベツの重さの2%の塩を揉み込み、保存容器に入れます。上にキャベツの外葉をかぶせたら蓋をし、一週間ほど冷蔵庫で寝かせましょう。キャベツが黄色くなって酸味が出てきたらザワークラウトのできあがり。豚バラ肉は表面に焼き色をつけてカットしましょう。玉ねぎとニンニクを薄くスライスし、油をしいた鍋で炒めます。

玉ねぎがしんなりしたら豚バラ肉をプラスし、白ワインと具材が浸るくらいの水を入れます。クミン・ドライタイム・ローリエを加えたら蓋をしてひと煮立ちさせ、弱火に落として煮込みましょう。豚バラ肉が柔らかくなったら塩胡椒で味を整えます。ソテーしたウインナーとザワークラウト、塩茹でしたジャガイモと一緒に盛り付けたら完成。

実は相性抜群!チーズケーキのレシピ

必要な材料

チーズケーキとウイスキーの組み合わせと言うと意外なようですが、じつはとても相性の良い組み合わせ。濃厚なチーズケーキの味わいとさっぱりとした甘みがウイスキーと良く合います。食後のリラックスタイムに取り入れてみてはいかがですか。チーズケーキは簡単に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみましょう!

チーズケーキに必要な材料は、全粒粉のビスケット100g、クリームチーズ200g、グラニュー糖90g、バター30g、生クリーム1カップ、卵2個、薄力粉大さじ3、レモン果汁大さじ1になります。土台となるビスケットは全粒粉タイプにするとこうばしい風味を楽しめ、ウイスキーとの相性もばっちり。

チーズケーキのレシピ

バターは電子レンジで溶かします。ビニール袋にビスケットを入れたら、綿棒などでたたいて砕きましょう。砕いたビスケットにバターを加えて全体になじませます。ビスケットを型の底に敷き詰め、冷蔵庫で冷やしておいてください。常温に戻したクリームチーズを滑らかになるまで混ぜ合わせ、溶き卵とグラニュー糖も加えて混ぜ合わせます。

全体が白っぽくなったら生クリームの加え、なめらかになるまで混ぜましょう。薄力粉をふるったらヘラで混ぜ、レモン果汁も加えて混ぜ合わせます。型に生地を流し入れ、160℃に予熱したオーブンで40分ほど焼いたら完成。

ウイスキーに合うおつまみおすすめランキング!簡単レシピもチェック! | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーの原料の基本について知っておこう!

ウイスキーは原料など基本的なことを知っておくと、その楽しみ方の幅が広がります。相性の良いおつまみとも組み合わせながら、ウイスキーを堪能してみてくださいね。


評価 4.8/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ