ウイスキーとは何か?シングルとダブルの違いは?値段は変わるのか?などウイスキーのことを紹介します。まず、ウイスキーがどんなお酒なのかという話をします。それから種類ごとの特徴を述べます。そしてシングルとダブルの違い、値段などの話に移ります。

ウイスキーのダブル・シングルの違いって何?値段も変わる?

目次

  1. そもそもウイスキーとは?
  2. どんなウイスキーがあるの?ウイスキーグルメ!
  3. シングルモルトウイスキーとブレンデットウイスキー
  4. シングル?ダブル?・スコッチウイスキー
  5. シングル?ダブル?・アイリッシュウイスキー
  6. シングル?ダブル?・アメリカンウイスキー
  7. シングル?ダブル?・カナディアンウイスキー
  8. シングル?ダブル?・ジャパニーズウイスキー
  9. ウイスキーの飲み方は?
  10. シングル?ダブル?どちらで注文する?
  11. シングルとダブルの違いとは?
  12. シングルとダブルで値段は変わるの?
  13. ウイスキーのシングルとダブル・まとめ

そもそもウイスキーとは?

ウイスキーは蒸留酒です。材料は大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物と麦芽の酵素です。麦芽から造られているのがモルト、穀物から造られているのはグレーンと呼ばれます。アルコール度数はおおよそ40度です。アイリッシュウイスキー、カナディアンウイスキー、スコッチウイスキー、アメリカンウイスキー、そしてジャパニーズウイスキーなど、産地によっていくつかの分類があります。

「ウイスキー」の名称は、ラテン語のaqua vitae(アクア・ヴィテ、「命の水」の意)に由来する。このaqua vitaeは元々はぶどう酒を蒸留したもので、ブランデーのことである。aqua vitaeは1300年代にジェノヴァ等イタリアの貿易都市から外交官・貿易業者・各国からイタリアに留学した修道士や学生たちの手によりヨーロッパ各地に広まった。直後の15世紀初頭にはaqua vitaeの製法そのものも各地に広まるようになり、ブドウだけでなく各地で手に入る材料(果物、大麦、小麦、ライ麦、のちの時代にはジャガイモなど)を用いて製造されるようになった。当時aqua vitaeは嗜好飲料ではなく薬品の扱いであった(ロシアでは1430年ごろからこれを医薬品でなく嗜好品として飲む習慣が広まった)。

ウイスキーを貯蔵しておく樽の種類によって香りや味に違いが出てきます。樽の種類としてはオーク、シェリー、バーボン、ホッグスヘッド、そしてミズナラなどがあります。また、樽で熟成させる年数によってもラベルが異なることがあります。

どんなウイスキーがあるの?ウイスキーグルメ!

一口にウイスキーと言っても、銘柄や産地など様々な違いがあります。銘柄で言えばバランタイン、ワイルドターキー、ジョニーウォーカー、白州、伊達、ジャックダニエル、そしてシーバスリーガルなどです。産地ではスコットランド、アイルランド、カナダ、日本、アメリカなどがあります。ウイスキーグルメは奥が深いです。

ウイスキーおすすめ銘柄ランキング!安い・美味しい銘柄はこれだ! | MensModern[メンズモダン]

シングルモルトウイスキーとブレンデットウイスキー

シングルモルトウイスキーは1つの蒸溜所のモルトウイスキーを使ったもので、ブレンデットウイスキーはモルトウイスキーにグレーンウイスキーを混ぜたものです。複数の蒸溜所のシングルモルトウイスキー同士を混ぜたもの(ヴァッテッドモルト)もあります。蒸溜所によって様々な風味があります。

スコッチ、アイリッシュ、カナディアン、アメリカン、そしてジャパニーズウイスキーで世界の5大ウイスキーと言われています。それぞれ様々な産地、銘柄があります。飲み比べてウイスキーグルメなんていかがでしょうか。

ウイスキー初心者におすすめの銘柄はどれ?飲みやすいウイスキーランキング! | MensModern[メンズモダン]

シングル?ダブル?・スコッチウイスキー

イギリスのスコットランドで製造されるウイスキーです。グレンフィディック、マッカラン、バランタイン、ラフロイグなどがあります。原料となる麦芽を乾燥させる工程の時にピート(泥炭)を燃やしているため、独特の煙のような香りがでます。

バランタイン

バランタインは1827年創業のブランドで、今では大変有名なビッグブランドになっています。ラインナップにはファイネスト、12年、17年、21年、30年などがあります。複雑な味わいですが、飲みやすいブランドです。

ボトルに描かれた紋章にはウイスキー造りの4大要素が込められています。大麦、清流、ポットスチル、そして樽です。紋章が生まれたのは1938年でした。バランタイン社が王室御用達の勅許状を授けられたのは1895年です。

シーバスリーガル

シーバスリーガルは1801年に創業されました。ラインナップには12年、18年、25年、そしてミズナラなどがあります。かつての首相、吉田茂氏が愛飲したことで知られます。ラインナップのうち、ミズナラは日本のために造られたスペシャルブレンドで、原酒の一部をミズナラ樽で後熟させたものです。

シングル?ダブル?・アイリッシュウイスキー

アイルランドで生産されるウイスキーです。タラモアデュー、ブッシュミルズなどの銘柄があります。大麦麦芽、発芽させない大麦、オート麦、小麦、ライ麦の5種類が原料です。これらを混ぜ合わせ、糖化、発酵、蒸留します。ピュアポットスチルウイスキーと呼ばれます。

ブッシュミルズ

ブッシュミルズの蒸溜所は世界最古の蒸溜所です。創業は1608年とも言われます。ホワイトブッシュと呼ばれる白いラベルのものと、黒いラベルのブラックブッシュなどがあります。

ジェムソン

ジェムソンは1780年創業です。ボトルにはジェムソン家の紋章が描かれています。緑色のボトルが印象的です。中には黒いラベルのジェムソンブラック/バレルもあります。紋章にはSine Metu(恐れ知らず)という言葉が掲げられています。

シングル?ダブル?・アメリカンウイスキー

アメリカで生産されるウイスキーです。独特の色味があります。バーボンはアメリカンウイスキーに分類されます。I.W.ハーパー、ジム・ビーム、ジャックダニエル、メーカーズマーク、ワイルドターキーなどがあります。バーボンは原料となるトウモロコシの割合が51%以上です。

ジム・ビーム

ジム・ビームは1795年に設立されました。このバーボンは、アメリカのケンタッキー州においてビーム一族によって製造されています。

シングル?ダブル?・カナディアンウイスキー

カナダ国内で生産されるウイスキーです。アルバータ・プレミアム、カナディアン・クラブ、マックギネス・オールド・カナダなどがあります。ライ麦を主な原料としたウイスキーとトウモロコシを主な原料としたウイスキーをブレンドします。カナディアンウイスキーは飲みやすが特徴です。

カナディアン・クラブ

C.C.の愛称で呼ばれるウイスキーです。日本では、C.C.の他に、クラシック12年や20年、そして日本限定のブラックラベルなどがあります。1858年創業です。

シングル?ダブル?・ジャパニーズウイスキー

日本で造られているウイスキーです。日本でウイスキーを造っているところというと、マッサンで有名なニッカウイスキーがありますね。中でも宮城峡で製造される伊達は、宮城県限定の銘柄です。バニラの風味が香る逸品です。他にもブラックニッカがありますね。

サントリー知多や山崎などもあります。ジャパニーズウイスキーはウイスキーを熟成させる樽にミズナラを使用していることが特徴です。ジャパニーズウイスキーはスコッチウイスキーを基に生産されていますが、スコッチウイスキーの煙のような香りは抑えられています。

ニッカウイスキー

マッサンで有名な竹鶴政孝氏が創業者です。ブラックニッカ、シングルモルト宮城峡、竹鶴ピュアモルトなど様々なブランドがあります。髭のおじさんで馴染みがあるのはブラックニッカでしょうか。ブラックニッカにはクリア、リッチブレンド、ディープブレンドがあり、種類が豊富です。

飲み方もシングルやダブル、ジガー、ハイボール、ロック、水割りなど色々と楽しめます。グルメですね。

サントリーウイスキー

サントリーからは山崎、白州、響、そして角瓶などのブランドが展開されています。こられのうち、最も飲まれているのが角瓶です。発売当時の名称は角瓶ではなく、「サントリーウイスキー12年もの」だったそうです。亀甲の角ばったボトルがいつしか「角瓶」と呼ばれ、1950年台に正式に「サントリー角瓶」という名が採用されました。

角ハイボールも日本のグルメを彩る存在として有名ですね。1937年以来のロングセラーです。創業者の鳥井信治郎氏のサインが入っています。

ウイスキーの飲み方は?

ウイスキーには色々な飲み方があります。たとえば、割らずにそのまま飲むストレート、氷を入れるロック、水割り、ソーダで割ったハイボールなどです。さらに、シングル、ジガー、そしてダブルなどもあります。

シングル?ダブル?どちらで注文する?

「ウイスキーのシングルをロックで」という注文の仕方をすることがあります。つまりウイスキーに氷を入れて量は普通でという意味です。あるいはもっと多い量で飲みたいならジガーやダブルで注文することになります。

シングルとダブルの違いとは?

シングルとダブルあるいはジガーではどんな違いがあるのでしょうか?シングルとダブルの違いは、お酒の「量」です。シングルならおおよそ30ml程度となっています。ダブルならその倍の量になります。感覚としてはグラスの底から指1本分でシングル、2本分でダブルです。そしてジガーはシングルとダブルの間でおよそ45mlです。

違いは「量」ということですから、飲みたい量に応じて注文すればいいですね。多く飲みたいならダブル、そうでないならシングルやジガーで飲めばいいでしょう。

シングルとダブルで値段は変わるの?

気になるのが値段ですね。違いはあるのでしょうか?シングルとダブルでは値段が変わってきます。ダブルではシングルの倍の値段と考えていいでしょう。シングルとダブル、ジガーでは量が異なるので値段にも違いがでます。

また、ウイスキーの銘柄によっても値段に違いが出てきます。様々なウイスキーを飲み比べてみるのもグルメで楽しいのではないでしょうか。また、ウイスキーに合うつまみを探すのもグルメで楽しそうです。

ウイスキーのシングルとダブル・まとめ

ウイスキーとは何か?から始まって、種類や特徴をあげたうえで、シングルとダブルの違いを説明しました。シングルとダブルでは量が異なり、値段も違ってきます。量はジガーにするのかロックなのかなど、どんな飲み方をするのかは貴方次第です。ウイスキーグルメを楽しんで下さい。


評価 4.2/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ