皆さんは戦国武将の「前田慶次」をご存知でしょうか?漫画やパチンコの主役にもなり、数々の名言もある前田慶次。この記事ではそんな傾奇者(かぶきもの)とも呼ばれる前田慶次の名言を皆さんにご紹介し更に活用法もご紹介していきます。ぜひ、見て頂けると嬉しいです。

前田慶次の名言集!かっこいい心に残る日常生活での活用法も紹介

目次

  1. 前田慶次っていつの時代の戦国武将?
  2. 小説「一夢庵風流記」
  3. 漫画・パチンコ「花の慶次」での前田慶次
  4. 恋に悩む友人に・前田慶次の名言
  5. 頑張る人や頑張りすぎている人に・前田慶次の名言
  6. どんな人にも必要なときは立ち向かう・前田慶次の名言
  7. 踏ん張り時・これから頑張る時はこの言葉・前田慶次の名言
  8. 人生おもいっきり楽しもう・前田慶次の名言
  9. 負け戦から逆転しよう・前田慶次の名言
  10. 後ろは俺に任せろ・前田慶次の名言
  11. 勝負事に勝ったときに・前田慶次の名言
  12. 真心を持って人と接しよう・前田慶次の名言
  13. 相手への最高の褒め言葉・前田慶次の名言
  14. 前田慶次の名言についてのまとめ

前田慶次っていつの時代の戦国武将?

前田慶次は戦国時代から江戸時代初期に活躍した武士です。主君は前田利久、前田利家、上杉景勝と変わっていきました。また、実父は滝川益氏ですが最初の主君である前田利久は養父にあたります。

また通称は宗兵衛、慶次郎、慶次などがあり諱は、利益などが伝わっており、その他慶次が呼ばれていたとされる通称や諱が多数存在します。後にも紹介しますが、有名な呼び名は「前田慶次郎利益」です。

また、前田慶次はとても喧嘩に強く煙管に入っている灰をたたいて捨て、そのままその煙管で人を殴るというのが非常に有名になっておりドラマや漫画、更にはパチンコなどでもその場面は使われることが多く前田慶次のファンの人にとってはとてもたまらない、最高の1シーンになっています。

小説「一夢庵風流記」

一夢庵風流記は、戦国時代末期の争いを描いた前田慶次が主役の歴史小説です。1988年から週刊誌で連載を開始し、漫画「花の慶次」の原作にもなった隆慶一郎が執筆をした作品となっています。

前田慶次は後にも紹介しますが、漫画でも描かれていますが豊臣秀吉との交流が非常に有名です。1950年より始まった、豊臣秀吉の小田原攻めに参加したことが有名ですが、その他にもいろんな武将との関わりがあります。

また、一無庵風流記や下記でも紹介する漫画・花の慶次などでは、前田慶次は身長192cmの大男であると書かれていますが、実際は前田慶次の身長などに関する書物や記述などはなく、前田慶次が大男あったかどうかは不明のようです。

漫画・パチンコ「花の慶次」での前田慶次

花の慶次といえば虎柄!傾奇者・前田慶次

「花の慶次・雲のかなたに」では、自由奔放な傾奇者(かぶきもの)である漢(おとこ)・前田慶次の生き方を描いた、人気漫画作品になっており、先述で紹介した一無庵風流記が原作になっています。

また、花の慶次はパチンコ・スロット化もされており特にパチンコはシリーズ化をされており、初登場の2007年から10年たった今でも最新機種が導入されたりと現在でも花の慶次の人気は衰えません。

花の慶次では伊達政宗や真田幸村、奥村助右衛門、直江兼続など有名な武士が出ており、前田慶次との名言なども数多くあります。下記からはそんな前田慶次の日常でも使える名言を皆さんにご紹介していきます。

恋に悩む友人に・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言①

まずは下記の画像にある名言です。前田慶次との交流が深かった真田幸村は、忍者・猿飛佐助の妹である沙霧に恋をしていました。その恋に悩んで悩みまくっていた幸村に対して前田慶次が言った名言です。

実るだけが恋じゃない。たとえこの恋が叶わなくとも、相手に自分の素直な気持ちを伝えられる・伝わるまでは焦らずゆっくり待てばいい。という名言で、友達などから恋の相談を受けたときに言える前田慶次の名言です。

頑張る人や頑張りすぎている人に・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言②

続いては、下記の画像の名言です。人は頑張らなければいけないときが必ずあります。頑張りすぎている人もいます。しかし、頑張れるかどうかはその時の自分自身の、精神力と体力が重要になるのではないでしょうか。

寝たいときは昼間でも寝る。起きたいときは夜でも起きる、という前田慶次の名言です。睡眠時間を削って仕事や色々なことを頑張る人が多い時代ですが人間には睡眠は必須です。もし、眠くなるのが昼間であっても体の反応に逆らわず、少しでも寝れる時間があったら寝た方がいい。頑張る人や頑張りすぎる人に言える前田慶次の名言です。

どんな人にも必要なときは立ち向かう・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言③

続いては、下記の画像の名言です。人は会社の上司だったり先輩などに意見を言ったりした方がいいときもあります。そんなときに下記の画像の前田慶次の名言を思い出した方がいいのではないでしょうか。

この前田慶次の名言は、太閤・豊臣秀吉に言い放った言葉です。どんな役職や仕事が出来ない人や中々覚えられな人でも人は人。差別や軽蔑なんて絶対してはいけない。そんな人達にも意地がある、という意味が込められています。

踏ん張り時・これから頑張る時はこの言葉・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言④

続いては、下記の画像の名言です。先述でも触れましたが人は頑張る時や、踏ん張らなければいけないときが来ます。その時にこの前田慶次の名言、「これより我ら修羅に入る」が日常で使えます。

この言葉は、前田慶次が修羅(厳しい戦場)に向かうときに言った言葉です。今の時代でも難しい仕事や、勉強などをこれから頑張る、頑張ってるけどちょっときつい、今が踏ん張り時のときにこの言葉が使えます。

人生おもいっきり楽しもう・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑤

続いては下記の画像の名言です。人生は一度しかないので悔いのないよう、しっかりと生きようという意味が込められています。前田慶次は特に戦国時代は人生いつ何が起こるか分からないので、いつどうなってもいいように今をしっかりと生きるという思いでこの名言を残したのではないでしょうか。

今の時代、生きるのに苦労をしたり疲れたりする人が非常に多くいるようですが、そういった人達に是非ともこの言葉を覚えておいてもらいたいです。上記でも触れましたが、人生は1度きりでツラいことが全てではなく楽しいこともあるので、周りの人達に頼って生きていってもらいたいです。

負け戦から逆転しよう・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑥

続いては、下記の画像の名言です。本当なのであれば、勝ち戦の方がうれしいし、良いのが当たり前なのかもしれません。しかし、前田慶次は負け戦の方が、おもしろいという名言を残しています。

前田慶次は戦での戦いの事を言っていますが、現代では友達とのゲームやスポーツなどで負けている場合に、この「負け戦こそおもしろい」という前田慶次の名言を使ってみるのもいいのではないでしょうか。

後ろは俺に任せろ・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑦

続いては、下記の画像の名言です。殿(しんがり)とは、軍隊の一番後ろに付き援護をしたり敵の追撃を止めたりすることを指す軍事用語の言葉です。また、軍隊の中では最も重要で非常に危険な任務といわれています。

前田慶次はこの殿という一番大変な役目を、好んでやったことでも非常に有名です。上記で紹介した、「負け戦こそおもしろい」と同じ時にこの名言を使ってみるのが一番いいのではないでしょうか。

勝負事に勝ったときに・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑧

続いては、下記の画像の名言です。前田慶次と言えばこの「虎はなにゆえ強いと思う?もともと強いからよ」名言といっても過言ではないでしょう。特に前田慶次=虎・虎柄をイメージする人も非常に多いのではないでしょうか。

現代でも虎は強いというイメージは変わりません。この名言は何か勝負事などに勝った時に虎を自分にたとえて言っているのが、いちばんカッコよく使える方法なのではないでしょうか。ただ、あまりにもカッコつけて言ってしまうと引かれることがあるかもしれません。

真心を持って人と接しよう・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑨

人は優しくすれば自分に返ってくるという言葉をよく耳にします。無法天に通ず(むほうてんにつうず)、言葉としては難しく聞こえますが、意味としては相手に優しく真心を持って接すれば相手の人も行動をしてくれるという意味が込められています。

この名言は、人間関係で悩んでいる人や新人教育をしている人や友人関係で悩んでいる人、家族関係で悩んでる人たちにアドバイスとしてこの言葉を言ってあげると、とてもいい助言になるのではないでしょうか。

相手への最高の褒め言葉・前田慶次の名言

だがそれがいい!・負け戦・虎と言えば前田慶次の日常で使える名言⑪

この言葉は、前田慶次の代名詞となる名言といっても過言ではないでしょう。相手への最高となる褒め言葉。この言葉を使えるようになったら、とてもかっこいい人になれるのではないでしょうか。

この言葉は、いいことをしたにもかかわらず落ち込んでしまっている人や、後悔をしている人、又はよくないと思っている人に対して「そんな事は無いよ」という意味が込められた言葉になっています。

前田慶次の名言についてのまとめ

この記事では戦国時代の武士、傾奇者・前田慶次の名言を皆さんにご紹介してきました。前田慶次は豊臣秀吉など位が上の人にも一歩も引かず自分の意見を貫き通す性格で武士としては完璧な性格の人だったのではないでしょうか。

また、盟友である奥村助右衛門や真田幸村、直江兼続、更には太閤・豊臣秀吉など様々な武将から信頼されているのも、前田慶次の性格やこういった名言を残せるところにあるのではないでしょうか。

前田慶次の名言には現代の日常でも使える言葉が非常に多く、現代の人に対しても前田慶次の名言は特に悩んでいる人がいたらアドバイスとして言ってあげるのも、非常に重要なのではないでしょうか。また、使う場面によっては非常にかっこ良く使えるのではないでしょうか。


評価 4.1/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ