歌手として活躍し、ご主人が元SMAPのキムタクこと木村拓哉であることでも有名な工藤静香。その工藤静香が芸能人としてだけでなく絵を描いていることはご存知ですか?はたしてどんな絵なのか?そしてその実力は?絵画の実力や評価、さらに値段まで調べてみました。

工藤静香は絵が上手いのか?へたくそとの評価もあるが、実力は?

目次

  1. もともとはバリバリのアイドル?工藤静香
  2. おニャン子クラブ会員番号38番の工藤静香
  3. うしろ髪ひかれ隊の工藤静香
  4. 中島みゆきなどからの楽曲提供 歌手としての工藤静香
  5. キムタクの奥さんとしての工藤静香
  6. 入選も果たすほどの工藤静香の絵の実力とは?
  7. 工藤静香の絵はへたくそ?
  8. 工藤静香は絵をかくときは別の名前で描いている?
  9. 工藤静香の絵の値段が気になる!
  10. 絵だけじゃない?工藤静香の多才ぶり
  11. 大物芸能人工藤静香の絵に今後も期待!

もともとはバリバリのアイドル?工藤静香

本名:木村静香
旧姓:工藤静香
1970年4月14日生まれ
東京都出身
1985年デビュー
歌手
配偶者:木村拓哉
現在2児の母

おニャン子クラブ会員番号38番の工藤静香

1986年に「夕やけニャンニャン」という番組の中の「ザ・スカウト アイドルを探せ!」というオーディションコーナーに出場し合格したことから、おニャン子クラブの会員番号38番として活動を始めました。おヤン子クラブの仕掛け人はあのAKB48のプロデューサーでも知られる秋元康氏。

AKB48同様、数多くのアイドルを輩出してきたグループで工藤静香は当時8位の人気だったといいます。しかし歌の実力はずば抜けて評価されており、おニャン子クラブ出身の歌手の中で、工藤静香だけが唯一、のちに紅白歌合戦に出場したというのはよく知られている話です。ほかには国生さゆり、生稲晃子、渡辺美奈代、城之内早苗、河合その子などが有名ですね。

歌がへたくそでもかわいい歌とそのルックスがあれば人気が出るというのは昔からのアイドル戦略だったのでしょうか。今でもそのレコードはオークションサイトでも見られます。値段が気になる人は調べてみてはいかがでしょうか。

工藤静香が嫌い!性格が最悪という噂や、近所の評判を調査! | MensModern[メンズモダン]

うしろ髪ひかれ隊の工藤静香

この大人気のおニャン子クラブの中でも人気があった工藤静香を含む3名でうしろ髪ひかれ隊というアイドルユニットも結成されていました。下記はそのグループのコピーです。今のAKBでも引き継がれている戦略ですね。ほかの二名は生稲晃子と斉藤満喜子です。

ふんにゃり静香と、ほんわか晃子と、しっかり満喜子で、うしろ髪ひかれ隊になったとさ

とても人気があり、本体のおニャン子クラブが1987年に解散になった後もレコードが売れまくっていたことから活動が続けられたほど。この中でも工藤静香はその実力のある歌唱力が評価されセンターをメインで勤めていました。しかしソロ活動が忙しく、残念ながら1988年に事実上その活動を終えています。

中島みゆきなどからの楽曲提供 歌手としての工藤静香

歌の実力を評価されて、工藤静香はたくさんの有名アーティストから楽曲の提供を受けていることでも知られていますが、特に有名なのが中島みゆきからです。「FU-JI-TSU」「激情」など作詞だけでなく作曲も提供しています。工藤静香自身がデビュー前から中島みゆきにあこがれていたこともあり、今でもすごく仲良しなんだそうですよ。

キムタクの奥さんとしての工藤静香

アイドルから歌手へと転身し、その評価も高いことで知られる工藤静香ですが、その結婚もまた注目されましたね。元SMAPの木村拓哉とのゴールインでしたから!2000年の12月のことでした。二人は授かり婚でした。その後2001年と2003年に女の子に恵まれています。もう高校生になっている年ですね!

木村拓哉の全盛期がイケメンすぎ!皆が憧れた姿を画像で振り返る | MensModern[メンズモダン]

入選も果たすほどの工藤静香の絵の実力とは?

歌手としても結婚でも話題だった工藤静香ですが、絵を描いているということでも話題なんです。そしてその絵画はなんと絵画展で入賞をしたこともあるとか!どんな絵なんでしょうか。気になりますね。

こちらのツイッターは2016年第101回の二科展という公募展で入賞を果たし、かつ会友推挙に選ばれたという当時のものです。この時は、一点だけでなく「心模様A」「心模様B」の2点が入選しています。F80号という455mm×380mmの超大作です。

しかし工藤静香の絵は、最近になって始まったことではなくこの章でも第75回の1990年から入賞をしていました。その時は「朝の香り」という作品でした。ずっと続けて絵をかき、公募展にも出店していたんですね。第95回の時には特選にも選ばれていたというからその実力は本物と言えるのではないでしょうか。「瞳の奥」という作品で特選に選ばれていました。

第101回目で「心模様A」「心模様B」が会友推挙に選ばれたと言うのは、工藤静香にとって20回目の入選の節目でもあった年だったので、大きく話題にもなったようですね。

「1990年(20歳)に初入選し、今年20回目の入選の節目に、念願であった「会友推挙」に選んで頂き大変嬉しく思います。ここに辿り着くまで長い道のりでしたが、此れからも努力を積み重ね向上して行きたいと思っております」

入賞を果たした時このように感想を述べて、今後もますます頑張っていきたいと語っていた工藤静香でした。気になる人はほかにも工藤静香の作品検索してチェックしてみてください。あなたはこの絵へたくそだと思いますか?それとも上手だと思いますか?

こちらは自身のインスタにアップした絵です。絵のタイトルは「精霊spirit」神秘的で力強い作品ですね。自画像ではないかと言うコメントもたくさん寄せられています。

こちらも自身のインスタにアップされている作品の絵です。海の中にいる女性なのでしょうか。気持ちよさそうにしているようにも、どこか悲しみを抱えて苦しんでいるようにも見える不思議な引き込まれる作品ですね。

工藤静香の絵はへたくそ?

値段が付くというほどの評価もある工藤静香の絵だが…

過去に公募展で20回の入賞を果たし、特選にも選ばれて、会友推挙までなったという工藤静香の絵の評価や実力とは実際にどんなものなのでしょうか。噂によると「へたくそ」であるなんて声もあるのも事実ですが…

しかし絵画のような芸術とは主観的なものであり、有名な芸術作品が決して「上手」とは言えず、むしろ子供の落書きよりへたくそなんじゃ?と言われているようなものがあることも私たちは知っています。その道のプロが見ればわかるのかもしれませんが、素人目に見たらどんなに評価の高い作品だと言われてもへたくそと言う感想になるということはよくあることです。

本物そっくりな絵であれば上手で、遠ければへたくそなのでしょうか?そうしたら写真と何ら変わりありません。過去に20回も入賞しているという工藤静香ですから当然絵の実力も相当だと言って間違いないでしょう。実際この工藤静香が入選している二科展は入賞する確率は1%にも及ばず、かなりの狭き門と言われています。

芸能人として活動していた工藤静香はもちろん絵を専門で学んだわけではありません。ライバルに当然美術大学に通っているような人だって多いことでしょう。その中で入選を果たしたわけですから、その絵の実力は…そしてその絵には値段が付いているのでしょうか?いくらの値段になるかは絵の価値を知る指標になるわけですし、値段気になります…

この画像は工藤静香の子供時代。自身のインスタにアップされています。絵が進まず、絵の具の付いた手でチョコを食べながらアップしたんだそうです!絵を仕上げるまでには相当の苦労をしているんですね。

工藤静香は絵をかくときは別の名前で描いている?

ちなみに、工藤静香は絵を書くときは別名を使っています。その名前は「愛絵理」(あえり)と言います。この名前は作詞を工藤静香自身が行っている曲にも使われています。

静香という名前も本名ですが、この愛絵理という名前もご両親が名前の候補として準備していた名前なんだそうですよ。

工藤静香の絵の値段が気になる!

絵を売っているの?

さて、気になる工藤静香の絵画のお値段ですが、その前にそもそも値段が付いているということは、売り物になっているのでしょうか。

値段が気になる工藤静香の絵ですが、実際に買うことができるそうです。そのお値段はだいたい10万円前後とのこと。インターネットで注文が可能とのことですが、これだけの大作で有名人が書いたとなったら買う人がいるのはわかりますが、あなたはこの値段どう思いますか?高いものだと30万円を超すものもあるとか。

絵はだいたいが女性をモチーフにしたものが多いのだそうです。補足ですが、工藤静香は絵だけでなくなんど宝石のデザイナーでもあるんですって!

絵だけじゃない?工藤静香の多才ぶり

2004年にはアメリカのラスベガスで、「TREASURE IIII」という宝飾ブランドを発表もしている工藤静香。びっくりですね!絵だけでなく宝石にも才能があったなんて、スタイルもいいですし歌もうまいですしまさに多才と言っていいでしょう。

しかしアメリカでの工藤静香と言えば、キムタクとの結婚前に飲酒運転とスピード違反で当時交際していたYOSHIKIと逮捕されたことから話題にもなりましたね。こちらも結婚かとの見方も強かったですが最終的にはキムタクとゴールインした工藤静香。恋愛遍歴も大いに気になります。

絵や宝石に続いてお料理が上手なことでも知られる工藤静香。インスタにもたびたび紹介されています。こちらはぶり大根。和食のイメージが見た目からは想像できませんが彩もきれいで美味しそうな手調理ですね!キムタクも食べているのでしょうか。

大物芸能人工藤静香の絵に今後も期待!

画家をしても才能を発揮している工藤静香。ものまねでかなりきつめにデフォルメされていることも多いですが、その歌の実力も折り紙付き。お母さんになった今も変わらぬプロポーションですし、今後もどんどん活躍してくれること間違いないとみていいのではないでしょうか!


評価 4.6/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ