アウトドア料理に挑戦したい!簡単な作り方やレシピをご紹介!

アウトドア料理には、バーベキューのほかにもおいしいレシピがたくさん。いつもとはちょっと違う料理を作れば、アウトドアがきっと盛り上がりますよ!そこで今回は、アウトドア料理に必要な道具や、初心者でも簡単にできる作り方、本格グルメレシピを詳しくご紹介します。

アウトドア料理に挑戦したい!簡単な作り方やレシピをご紹介!

目次

  1. この夏アウトドア料理にチャレンジ!
  2. アウトドア料理に欠かせない道具
  3. あると便利なアウトドア料理の道具
  4. アウトドア料理簡単レシピ編「缶詰料理」
  5. アウトドア料理簡単レシピ編「パスタ」
  6. アウトドア料理本格グルメ編「スペアリブ」
  7. アウトドア料理グルメ編「パエリア」
  8. アウトドア料理本格グルメ編「燻製」
  9. アウトドア料理スイーツ編
  10. アウトドア料理を楽しんで!

この夏アウトドア料理にチャレンジ!

アウトドア料理といえば、バーベキューやカレーライスが定番ですよね。けれど、アウトドアで楽しめる料理はまだまだたくさんあります。スキレットやダッチオーブンが流行っていますが、そんな特別な道具がなくても大丈夫です。

普段使っているフライパンやお鍋を使ったり、缶詰めを直接火にかけて作れる簡単レシピもいろいろあるんですよ。ここではまず最初に、アウトドア料理に最低限必要な道具や、あればもっと便利な道具をご紹介していきます。

道具を確認した後は、初めてでも簡単に作れるレシピから、アウトドア料理を始めるなら一度は作りたい燻製の作り方まで、順にご紹介していきます。夏の大型連休を前に、ぜひいろいろなアウトドアレシピをチェックしてみてください!

アウトドア料理に欠かせない道具

料理に欠かせない調理道具といえば、少量ならアウトドア用コンロ(ストーブ、バーナー)と鍋があればOKです。これだけあれば、スープや麺類などの料理を簡単に作ることができます。泊りがけでアウトドア生活を続けるなら、ガスカートリッジの替えもお忘れなく。

大人数でアウトドア料理を楽しむなら、バーベキューコンロや炭があった方がいいですね。炭ならではの香ばしいにおいも楽しむことができます。この場合は、炭とそれに火をつけるためのガスバーナーも必要です。登山などの場合でリュックにコンパクトに収めたいなら、持ち運びしやすく片付けもラクなガスコンロの方がラクでしょう。

着火しやすく火が長持ちする、インスタントクラフトグリルもおすすめ。段ボールにあらかじめ炭がセットされているので、四隅の竹炭に着火するだけで調理することができますよ。いずれの道具にせよ、ほかに焼き網やフライパン、鍋を用意するだけで天ぷらやステーキ、スープ、パスタなど幅広い料理に対応できます。

大型調理器具がそろったら、あとは食材を切るためのまな板や包丁、キッチンバサミ、調理箸などを用意すれば、アウトドア料理の準備は完了です。あとは、食材や調味料、食器をそろえるだけ。使い捨て食器や使いきりの調味料は、百円ショップでもおしゃれで使いやすいものがたくさんそろっています。

アウトドアブランドの一覧!人気のおすすめをランキングでご紹介! | MensModern[メンズモダン]

あると便利なアウトドア料理の道具

料理中には吹きこぼれや油はねなど、散らかる要素がたくさんあります。水が自由に使えないアウトドアでは、こうした汚れをすぐに拭けて使い捨てられるウェットティッシュやペーパータオルがあると重宝しますよ。料理の後には、ごみを持ち帰るのも忘れずに。

岩や大きな石の上にコンロやグリルをのせて料理することもできますが、キャンプ用テーブルがあれば立った姿勢で作業できて便利です。また、食後にゆったりおいしいコーヒーを飲みたいなら、コーヒーをわかすポットやドリッパー、カップを用意するといいでしょう。

夏はクーラーボックスもあった方が便利です。家族4人が1泊2日のキャンプをする場合、50Lの大型クーラーボックスがあれば余裕持って飲料水や料理の材料を入れられます。アルミシートやビニールレザーなどのソフトタイプなら、持ち運びも軽く使い終わったときに折りたたみできるのでラクですよ。アウトドアに出かける前に、保冷剤をしっかり凍らせておくこともお忘れなく。

メンズのアウトドアファッションおすすめブランド・コーディネートまとめ | MensModern[メンズモダン]

アウトドア料理簡単レシピ編「缶詰料理」

それではさっそく、簡単でおいしいアウトドア料理の作り方をご紹介しますね。まずは普段あまり料理をしない人でも気軽に作れる、缶詰を使った料理から。缶詰といっても、立派なグルメ料理に変身しますよ。

焼き鳥缶オニオンチーズの作り方

こちらは、開けた焼き鳥缶の上にオニオンスライスとピザ用チーズをのせてコンロで焼くだけの料理です。焼き鳥缶の代わりに、オイルサーディーンでもおいしくできますよ。アウトドア用コンロと缶詰さえあればできるので、ツーリングなどで荷物を最小限に抑えたい人にもおすすめです。これにおにぎりやサンドイッチがあれば、お手軽アウトドアランチになりますね。

アウトドア料理簡単レシピ編「パスタ」

市販のパスタソースを持っていけば、パスタ料理もかんたんに作れます。ソースを手作りしてより本格的な料理に仕上げたいなら、ミートソースやペペロンチーノが簡単です。パスタのお湯を沸かして茹でている間に、ソースを作ってしまいましょう。

ミートソースの作り方

ミートソース4人分の作り方は、玉ねぎ1個をみじん切りしてフライパンで炒め、ひき肉を加えます。香ばしく色づいたら、カットトマトの缶詰1個分とケチャップ大さじ2、ウスターソース大さじ2、コンソメキューブ1個を入れて煮立てるだけです。

ペペロンチーノの作り方

ペペロンチーノならいっそう簡単です。4人分の作り方は、鍋にオリーブオイル大さじ8と皮をむいてつぶしたにんにく4かけ、唐辛子を入れて火にかけ香り高いガーリックオイルを作ります。ゆでたパスタとゆで汁お玉2杯を加えて煮詰め、オイルを乳化させたら塩、こしょうで仕上げてできあがり。

小さいサイズのアウトドアコンロを使う場合には、サラダ用の細いスパゲティを1時間ほど水に漬けてふやかしてから、ソースで1~2分煮るという方法もあります。この作り方なら、パスタをゆでるためのたっぷりのお湯を沸かしたり、12分~15分ゆでるテマが省け、調理器具も少なくすみます。

アウトドア料理本格グルメ編「スペアリブ」

缶詰料理やパスタは手軽に作れて便利ですが、どうせならアウトドアならではの料理もしたいですよね。それなら、豪快にスペアリブを焼くのもおすすめです。香ばしいにおいで、焼いている間にもビールが進んじゃいますよ。本格グルメとはいえ、スペアリブは漬け込んでしまえばあとは焼くだけなのでカンタンです。

スペアリブの作り方

家でスペアリブをジップロックなどの密封容器に入れて漬け込んでおけば、アウトドアでは焼くだけですみます。作り方は、密封容器にスペアリブ1キログラムを入れ、玉ねぎ1/5個、にんにく1~2かけをすりおろして加えます。ケチャップ大さじ6、ウスターソース、しょうゆ、はちみつ各大さじ3、塩、こしょうを入れてもみ込んだら、2時間以上漬け込みましょう。

焼く20分~30分前には冷蔵庫やクーラーボックスから出して、常温に戻します。あとは、弱火でじっくり焼いたら完成です。前の日の晩に漬け込んでおけば、朝の支度がラクですよ。焼くとスペアリブから水分や油分がかなりしたたり落ちてこびりつくので、ほかの料理もしたい場合には焼き網を別に用意するとよいでしょう。

アウトドア料理グルメ編「パエリア」

パエリアというと、とても難しそうに思えますよね。でも、やってみれば意外に簡単なのでアウトドアでもおいしく作れますよ。アルミホイルで包んで焼くだけで、グルメなパエリアができるレシピもあります。

包んで焼くだけ!パエリアの作り方

アルミホイルで包んで焼くだけで作れるパエリアの作り方は、上の動画で詳しく解説されています。大きく広げたアルミホイルを半分に折って片側にオリーブオイルを塗り、洗った米2合を広げます。

米の上にお好みの量のシーフードと玉ねぎのみじん切り1/2個分、パプリカのせん切り1個分をのせ、ニンニクチューブ小さじ2をといた水360mlを注ぎ、塩、こしょう、顆粒コンソメ小さじ2をふってください。半分に折ったホイルを多いかぶせ、四隅をしっかり折って密封したら20分焼いて5分蒸らしてできあがり。もちろん、フライパンで作ってもおしゃれです。

アウトドア料理本格グルメ編「燻製」

本格アウトドアグルメといえば、燻製も欠かせません。燻製にする食材は、ゆで卵やソーセージ、プロセスチーズや鶏肉など、水分が少ないものならなんでもおいしくできますよ。

スモークチキンの作り方

ここでは燻製の定番、スモークチキンの作り方をご紹介しましょう。鶏もも肉に塩コショウしてペーパータオルで包み、15分ほどおいて水分を取ります。燻製器や中華鍋にアルミホイルをしいて燻製チップを広げたら、ふわっとアルミホイルでふたをして網をのせます。鶏肉を置いてさらにフタをして、15分ほど燻煙したら完成です。

燻製器の作り方

燻製器は段ボールで簡単に自作できるんですよ。段ボールに切り込みを入れて、網をはさむだけでも大丈夫ですが、しっかりと丈夫な燻製器にしたければ上の動画を参考にしてみてください。

アウトドア料理スイーツ編

おいしい料理の後は、スイーツも欲しいですよね。女子に人気のフレンチトーストなら、簡単におしゃれなスイーツができますよ。

フレンチトーストの作り方は、カットした食パン2枚を牛乳1/2カップ、卵1個、砂糖大さじ1を混ぜた液体に浸し、バターをとかしたフライパンで両面を弱火でじっくり焼くだけです。カットしたフルーツや、ホイップクリームでデコレーションも楽しんでみてください。

アウトドア料理を楽しんで!

さまざまなアウトドア料理をご紹介してきました。どれも簡単に作れる料理ですが、絶品なものばかりです。夏の連休にでも、さっそくいろいろなアウトドア料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ