手軽に不足しがちな野菜の栄養を取ることができる野菜ジュースは、忙しい人の食生活を支える救世主的存在。でも実際野菜ジュースってどれだけの栄養を取れるものなのでしょうか?栄養がほとんど取れないという説も?そこで野菜ジュースの栄養の実態ついてまとめました。

野菜ジュースの栄養はあるの?ないの?栄養をしっかり取る飲み方とは?

目次

  1. 手軽に栄養!便利な野菜ジュース
  2. 「野菜ジュースを飲めば野菜を食べなくていい」は間違い?
  3. 野菜ジュースに栄養はない!という説…根拠は?
  4. ちょっと待って!野菜ジュースにも栄養はある!
  5. 野菜ジュースにした方が摂取しやすくなる栄養があるってホント?
  6. 何を基準に選べばいいの?野菜ジュースを選ぶときのポイント
  7. 栄養を効果的に摂取!野菜ジュースを飲むベストタイミングとは?
  8. 飲み過ぎは禁物!野菜ジュースの飲み過ぎで起こる弊害とは?
  9. 野菜ジュースを手作りしよう!市販のものより栄養価が高いワケ
  10. 「野菜ジュースの栄養」についてのまとめ

手軽に栄養!便利な野菜ジュース

忙しい現代人はどうしても野菜が不足しがち。でも野菜ジュースを飲めば、不足している野菜の栄養を手軽に取ることができてとても便利ですよね。コンビニなどにも実に沢山の種類の野菜ジュースが売られているので「最近野菜取れてないな」という時にすぐ栄養を摂取できるので忙しい現代人の味方です。

とりあえず飲んだだけで野菜を取った気になって満足してしまう野菜ジュースですが、実際野菜ジュースでどれだけの栄養が取れているものなのでしょうか?

「野菜ジュースを飲めば野菜を食べなくていい」は間違い?

「野菜は食べてないけど、毎日野菜ジュース飲んでるから大丈夫!」と思っている方はちょっと待ってください!確かに野菜ジュースにも栄養はあるのですが、野菜を食べたときと比較するとやはり栄養価の面で野菜ジュースだけでは補いきれない部分があるのです。

中には「野菜ジュースではほとんど栄養が摂取できない」という説もあるほどです。そこで、野菜ジュースの栄養価について詳しく見ていくことにしましょう。

野菜ジュースに栄養はない!という説…根拠は?

野菜ジュースの多くは製造の過程で加熱処理を施しています。その加熱処理により、熱に負けてしまう栄養成分は大幅に減少してしまうといいます。また、製造工程上必要な栄養分まで取り除かれてしまうので、期待されるほどの栄養を摂取出来ないというのです。

熱に弱いビタミンCはほぼなくなってしまう

市販の野菜ジュースの多くは「濃縮還元」という製法で作られています。野菜を加熱して一旦ペースト状に濃縮し、後で水を加えてジュース状に戻す製法です。なぜそのようなことをするかというと、容積を減らすことで輸送コストを安く抑えるためです。このお陰で私達は安くジュースを飲むことができているわけですが、熱処理によりビタミンCは大幅に減少し、ほとんど残りません…。

濃縮還元に対し、野菜や果物の絞り汁をそのままジュースにする方法を「ストレート製法」と言います。しかしこれも商品として販売するためには加熱殺菌しなければならず、やはりビタミンCは大幅に減ってしまいます。

口当たりをよくするために取り除かれる食物繊維

市販のジュースのほとんどは口当たりよく飲みやすいジュースに仕上げるために、野菜や果物を絞った後にその汁の中に含まれる繊維質などをこす作業を行います。結果その中に含まれる食物繊維も取り除かれてしまうことになり、やはり栄養が失われてしまいます。

ちょっと待って!野菜ジュースにも栄養はある!

野菜ジュースに全く栄養がないと言われるとそうでもありません。野菜ジュースにしたからといって全ての栄養が失われるわけではないからです。熱に強いビタミンもありますし、減少してしまったビタミンCやミネラル類を添加している野菜ジュースもあるのです。野菜ジュースならではの利点もあります。

野菜ジュースにしても一部の食物繊維は残る

先ほど、製造過程で食物繊維が失われると言いましたが、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維というものがあり、製造過程でなくなってしまうのは不溶性食物繊維の方で、水に溶ける性質のある水溶性食物繊維は野菜ジュースにしても摂取が可能と言われています。水溶性食物繊維は腸に溜まった便を排出しやすい硬さにしてくれる働きがあります。

食事では摂れない野菜の栄養が摂取できる

野菜ジュースにはパッケージを見ればわかる通り、実に沢山の種類の野菜や果物が使われていることがわかります。でもそれらの野菜を食事で取ろうとすると、手間もお金もかかってなかなか難しいですよね。天候などにより野菜が高騰してしまっても、野菜ジュースなら比較的安価に数種類の野菜の栄養を摂ることが可能となります。

野菜ジュースにした方が摂取しやすくなる栄養があるってホント?

摂取できる栄養素を比較すると野菜ジュースを飲むだけでは、野菜を直接食べるのには完全に及ばないということがわかりましたが、中には野菜ジュースにした方が体への吸収率がアップする栄養素もあるのです。

リコピンはジュースにすると吸収率が3.8倍に!

トマトなどに含まれるリコピンは、生で摂取するときと比較してジュースなどの加工品で取る方が体への吸収率が3.8倍にもなります!なるほど、缶詰などのトマトの加工品が多く売られている理由がわかりますね。

β-カロテンはジュースで吸収率1.5倍に!

人参などに含まれるβ-カロテンも生での摂取と比較するとジュースなどの加工品の方が体への吸収率が1.5倍になるということです。こうして考えてみると、野菜ジュースにトマトとキャロットベースのものが多いのもこういった理由からなのかもしれませんね。

何を基準に選べばいいの?野菜ジュースを選ぶときのポイント

一口に野菜ジュースといっても沢山の種類の野菜ジュースが売られていてどれを選ぼうか迷ってしまいます。どうせなら栄養価の高いものを選びたいですよね。そこで、野菜ジュースを選ぶときのポイントを紹介しましょう。

果汁は含まれていても50%以下のものを

野菜ジュースには、果汁などを混ぜずに野菜の汁だけで作られているものと果汁と混合して作られているものがあり、あまり果汁の割合が高いと飲みやすい反面、野菜の栄養摂取が期待できません。野菜の栄養を摂取したい、野菜不足を解消したいという場合はできれば野菜100%のものを、もし飲みにくいのであれば多くても果汁は50%までのものを選ぶようにしましょう。

砂糖や食塩が含まれていないかチェック

商品によっては、砂糖や食塩が含まれているものがあります。こうした野菜ジュースは含まれてないものに比較してカロリーが高い傾向にあるようです。健康のために飲む野菜ジュースが肥満や高血圧の原因となってしまっては元も子もありません。野菜ジュースを選ぶときはパッケージをよく見て砂糖・食塩無添加のものを選ぶようにしましょう。

野菜ジュースのおすすめランキング!美味しい栄養たっぷりの人気商品とは? | MensModern[メンズモダン]

栄養を効果的に摂取!野菜ジュースを飲むベストタイミングとは?

野菜ジュースをいつ飲めば一番効果的に栄養を摂取できるのでしょうか?その他にも、目的別に野菜ジュースを飲むのに効果的なタイミングがあるので紹介します。

野菜不足を解消!栄養をバランスよく摂取したいときは…

とにかく野菜不足を解消したいという人は、食事と一緒に野菜ジュースを飲むことで栄養をバランスよく摂取できます。何かジュースが飲みたくなったときは、野菜ジュースを選ぶようにするなど栄養補助食品として野菜ジュースを活用しましょう。

ダイエットしたいなら朝一番の野菜ジュースでデトックス!

ダイエットを意識して野菜ジュースを飲んでいるなら、一番よいタイミングは朝です。朝は最も体が栄養素を吸収しやすく、朝一番に野菜ジュースを飲むことで代謝や血流もよくなります。また、朝の水分補給はデトックス効果も期待でき、腸の動きを促してお通じもよくなるので一石二鳥!腸内環境が整えばお肌の調子もよくなりますよ。

糖尿病や肥満を予防しよう!血糖値上昇を抑えるなら…

食事の際、ご飯やパンなどの炭水化物から食べると血糖値が急激に上がってしまうこととなり、食べ過ぎの原因となります。そうした現象を抑えるために、食事の前に野菜ジュースを飲むようにすれば、血糖値の急上昇を抑制し、食べ過ぎを防ぐことができます。炭水化物中心の食事になってしまうときには是非実践してほしい飲み方です。

野菜ジュースダイエットのやり方!効果的な方法と成功するポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

飲み過ぎは禁物!野菜ジュースの飲み過ぎで起こる弊害とは?

とにかく健康にいいのだからと、水代わりに野菜ジュースを飲むというような明らかに飲み過ぎと思われる状況を続けていると、いくら健康に良い野菜ジュースでも弊害が起こります。起こる可能性のある健康被害をご紹介します。

飲み過ぎによる弊害~お腹を下す~

先ほども述べましたが、野菜ジュースには不溶性食物繊維はほぼ含まれていませんが、水溶性食物繊維は比較的多く含まれています。野菜ジュースを飲み過ぎると、水溶性食物繊維だけを摂り過ぎることにつながり、結果お腹を下すことになります…。下痢が起こるとビタミンやミネラルなどの重要な栄養素も排出されてしまうことになるので、飲み過ぎは禁物です。

飲み過ぎによる弊害~砂糖・食塩の過剰摂取~

飲みやすいからと砂糖や食塩が含まれる野菜ジュースを飲み過ぎると、砂糖・食塩の過剰摂取につながり、健康を害する可能性があります。果汁ミックスのものは砂糖が、トマト主体のものには食塩が多く含まれている場合がありますので、飲むときは成分表示をしっかりチェックの上、飲み過ぎには注意しましょう。

野菜ジュースのカロリーは意外に高いって本当?気をつけたいポイントは? | MensModern[メンズモダン]

野菜ジュースを手作りしよう!市販のものより栄養価が高いワケ

野菜の栄養をそのまま取りたいのなら、野菜ジュースを手作りしましょう!市販品のように熱を加えたりしないので、より多くの栄養を摂取することができます。

飲みやすさならジューサーを使って

熱を加えないジューサーを使えば、自宅で新鮮な野菜ジュースを飲むことができます。野菜に含まれる酵素を摂取できるのでダイエットに最適です。でも、野菜の繊維質は取り除かれてしまうので飲みやすさはあるものの食物繊維は大幅に減ってしまうほか、ジュースにするには結構な量の野菜が必要になるため材料費がかさみます…。

ミキサーを使えば栄養満点のスムージーに

ミキサーなら、刃物で野菜を細かく砕いて繊維質は残すため、野菜の栄養もほとんど失われないまま仕上げることができます。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に摂取可能です。今流行りのスムージーのような感じですね。ただ、ドロドロとした飲み口なのでジュースと比較すると飲みにくさを感じるかもしれません…。

野菜ジュースのレシピ特集!ジューサーで作る人気の手作りレシピ | MensModern[メンズモダン]

「野菜ジュースの栄養」についてのまとめ

野菜ジュースに栄養はないわけではないけど、野菜を全く食べなくていいレベルの栄養が摂取できるわけではない!ということがお分かりいただけたでしょうか?あくまで野菜ジュースは補助的な役割、つまり脇役です。なので野菜から取るべき栄養はなるべく食事からとるように心掛け、足りない部分を野菜ジュースで補う形で健康な体を目指していきましょう!

野菜ジュースの効果的な飲み方!タイミングによって意味がないって本当? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.8/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ