トヨタの高級ミニバンとして人気の「アルファード」。しかしこのアルファードはとても選べるグレード数が多くて細かいことでも有名なのです。この記事ではそんなアルファードのグレード毎の詳細と人気グレードGとSの比較を見ていきたいと思います。

アルファードのグレードでおすすめは?GとSの比較まとめ!

目次

  1. トヨタのアルファードとは?
  2. アルファードはグレードが多すぎて分かりにくい!
  3. アルファードのグレードを大きく分けると?
  4. アルファードの最高級グレードはエグゼクティブラウンジ
  5. アルファードはグレードXがベース
  6. アルファードのG系はどういうグレード?
  7. アルファードのS系はどういうグレード?
  8. Sグレードの派生としてSAというグレードもある!?
  9. グレードS系には「S"C」という種類もあり!
  10. S系にはハイブリッドと特別仕様車もあり
  11. アルファードSグレードの分類を分かりやすくすると?
  12. G系とS系の簡単な見分け方は?
  13. アルファードのハイブリッドグレードまとめ
  14. アルファードのグレードを値段で簡易比較!
  15. アルファードのGとSでおすすめグレードは?
  16. アルファードは基本のXもおすすめ!
  17. アルファードはグレードの数が多いけどそれだけ選べる

トヨタのアルファードとは?

アルファードは数あるミニバンの中でもトップクラスの人気を誇る車種で、若者からファミリー層まで幅広い年齢層のユーザーがオーナーとなっている車です。見た目も雄大で迫力があり、スポーティな使い方もできますね。

またこのアルファードが幅広い年齢層の人におすすめされている理由として大きいのが、「種類が豊富」という点が挙げられます。アルファードは車の中でも装備や内装の違いで分けられる「グレード」の数が非常に多く、用途やニーズに合わせたグレードを選べるのも魅力の一つなのです。

アルファードはグレードが多すぎて分かりにくい!

しかしアルファードはそのグレードの豊富さからカタログをパッと見ただけではグレードごとに何が違うのか分かりにくく、車に詳しくない人の中には混乱してしまう人も多いのが現状なのです。ですのでここからはアルファードのグレードごとの違いや特徴、比較をして紹介していきたいと思います。

アルファードのグレードを大きく分けると?

まずアルファードのグレードを単純に大きく分けると4種類に分けられます。アルファードの最上級グレードである「エグゼクティブラウンジ」、ベースグレードである「X」、ベースに少し高級感を足したグレード「G」、エアロパーツが特徴的なグレード「S」の4つですね。

上記の4種類はさらに細かく分類されるうえに、ハイブリッドモデルとガソリンモデル、排気量の違いなども存在しているためそれらも含めると本当に種類が多い車種と言えます。ではグレードの違いを一つ一つ見ていきましょう。

アルファードの最高級グレードはエグゼクティブラウンジ

まずはアルファードの最上級グレードである「エグゼクティブラウンジ」。こちらはさすが最高級グレードだけあって内装の高級感が凄まじく、まるでホテルのラウンジにいるかのような快適空間で過ごすことが可能な車種になっています。

シートはゆったり広く、足を伸ばせるオットマン付き。温熱シート、涼しい風が送られるベンチレーションやパソコンを載せられるアーム、読書灯などハイグレードに相応しい機能が付属されており、極上の時間を過ごせます。内装も木目調のパネルと本革を使用していてとても立派。ただもちろんお値段も最上級です。

価格はアルファードの中で最も高くハイブリッド車では700万超え、ガソリン車でも650万円を超えるなど高価です。しかしその値段に見合うだけの価値がある車だと思いますね。

アルファードはグレードXがベース

そんな最上級グレードと真逆の位置にあるグレードが「X」です。Xは余計な装飾品を排除してある最もベーシックなグレードになっていて、アルファードの基本性能が味わえます。タイヤはアルファードの標準より少し小さい16インチで排気量も3.5Lはなく2.5Lのみ。ハイブリッドモデルはあります。

スタンダードでシンプルなグレードですがその分値段も他のグレードよりリーズナブルになっていて、トヨタ公式の希望小売価格では約320万円ほど(ガソリン車)に抑えられています。こだわりのない人はXでも十分アルファードの魅力が体験できるでしょう。

アルファードのG系はどういうグレード?

上の2つは最高級グレードとベースグレードなので分かりやすい違いだったと思います。しかしアルファードのグレードで最も分かりにくいのが「G」と「S」です。まずはGから見ていきます。

アルファードのグレード「G」はベースグレードである「X」に内装やシステムなど高級感をプラスしたグレードになっていて、外観だけ見るとそこまで違いはありません。しかし内装はXとは一味違います。

まずグレードGは座席がファブリック+合成皮という比較的高級感の強い仕様になっていますし、コンソールボックスやステアリングにも木目調がついて少しお洒落感が増しています。アクセサリーコンセントもつきますね。電動でコントロールできるパワースライドドアも搭載可能。

さらにGグレード以上の車種には運転席を電動でリクライニング、上下左右を体格や姿勢に合わせて8方向、助手席には4方向動かすことのできるパワーシートが搭載されており、より快適さが増していますね。上記の機能と合わせてXに機能や内装をより高級にしたグレードがGだと言えるでしょう。

またガソリン車のGには8人乗り用のモデルもあり、こちらはシートが7人乗りに比べて簡素に製造できるベンチタイプのシートが使われているため数万円だけ安くなっています。ただシートの見た目は7人乗りの方が個別になっていて高級感があるのでせっかくGに乗るなら7人乗りの方がおすすめです。値段はガソリン車の4WDで4,278,862円です。

グレードGには「GF」もある!

グレードGには派生として「GF」というグレードもあります。このGFは高級感があるGよりもさらに機能を追加した上位モデルになっています。まず違うポイントはGが全て排気量2.5Lなのに対し、GFは3.5Lであるということ。

また自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる「オートマチックハイビーム」やバックドアをスイッチで開閉できる「パワーバックドア」、キーを持った人が近づけば自然にドアを開けてくれる「ウェルカムパワースライドドア」など便利な機能がたくさん追加されています。

GFはさらにシートも高級車でお馴染みの素材セミアニリンを使用した本革仕様になっており、Gの「ファブリック+合成革」よりワンランク高級感がアップしています。価格はエンジン車の中ではエグゼクティブラウンジに次ぐ5,036,727円(4WD)となっております。総じて高級ブランドを全力で楽しみたい人におすすめのグレードと言えるでしょう。

アルファードのS系はどういうグレード?

ベースに高級感と高機能を上乗せしたグレード「G」に対し、グレード「S」はまた違った特徴を持っています。アルファード「S」系の特徴は何と言ってもエアロパーツが付いていて、内装やシートが黒色調でまとめられており、よりスポーティな目的で使用できるタイプの車種になっています。

エアロパーツとは何か?

エアロパーツとは空気抵抗に変化を加えるように設計された車のパーツの一つで、主にスポーツカーなどに使用されています。ただ近年は一般車にもエアロパーツを加えるのが流行っており、空気抵抗を抑えて走行する事で燃費も良くなるし、見た目もスタイリッシュでかっこよくなりますから人気です。

スポーティに使いたい人におすすめのS系

アルファードのS系にはフロントバンパー、リアバンパー、サイドマッドガードにエアロパーツが使用されており、空気抵抗抑えつつ走行する事が可能です。またSグレードはタイヤホイールのサイズも18インチとアルファードの中では最大の物になっており、よりダイナミックかつスポーティに運転を楽しむ事ができます。

上に紹介したグレードと比較してフロントパネルが直線的になり、フロントフォグランプの周辺が大きくくりぬかれるような形状になっているのが分かりますね。この見た目の違いこそがS系最大の特徴と言っていいでしょう。

Sグレードの派生としてSAというグレードもある!?

またSAというグレードもあり、Sが排気量2.5Lなのに対し、SAは3.5Lです。さらにS"AというSの上位互換もあり、自動的に一定速度を保ち運転者の疲労を軽減させてくれるクルーズコントロール、空気清浄システム「ナノイー」、助手席スライドロングシートなど装備が追加されています。これらの装備はSAにも付属しています。

グレードS系には「S"C」という種類もあり!

そしてさらにアルファードのグレードS系をややこしくしているのが「S"C」という存在です。「S"C」は上記に紹介したGにおけるGFのような存在で、基本のS系グレードに装備を追加したグレードになっています。

ステアリングヒーターや助手席に足を載せる電気式オットマン、パワーバックドア、雨を感知して動作する自動ワイパー、パワーリクライニングなどより快適に過ごせる機能が追加されていますね。

S"Cは2.5Lですが3.5LのSAの派生であるSA"Cという種類もあり、非常に細かく分類がされている種類と言えるでしょう。Sシリーズ自体の価格はアルファードの中では中間くらいですが、このS"Cシリーズは装備が揃っている分Sグレードより50万円ほど高くなっています。

S系にはハイブリッドと特別仕様車もあり

S系にはまだまだ種類があります。アルファードのSグレードにはハイブリッドタイプも用意されており、こちらはSRと呼ばれています。もちろん上記したような追加装備を備えたものもあり、そちらはSR"Cという名称が付けられていますね。

またS系をベースにした特別仕様車というグレードも用意されており、こちらは天井やステアリングといった内装をくまなく黒色調でまとめ、フロントマスクにスモークメッキ加工がされるなど高級感を押し出すような工夫が凝らされているタイプです。スマートキーも金加工がされていて豪華感が増していますね。

アルファードの特別仕様車の人気はタイプブラック!詳細まとめ | MensModern[メンズモダン]

アルファードSグレードの分類を分かりやすくすると?

このようにアルファードのS系グレードは種類がものすごく多いので見分けを付けるのが大変です。判別方法としてはSが排気量2.5L、SAが3.5L、S"AはちょっとSを豪華にしたタイプ、Cが付くとさらに豪華になる、と覚えるのがおすすめです。

G系とS系の簡単な見分け方は?

アルファードで最も購買数が多いグレードとしてはやはりG系とS系になるでしょう。アルファベットの羅列なのでパッと見は分かりにくいかもしれませんが、紹介したようにGはシンプルに高級感と機能を増した車種、Sはエアロパーツを付属し、タイヤも大きいスポーティなタイプと分かればそんなに判別は難しくないはずです。

アルファードのハイブリッドグレードまとめ

アルファードはハイブリッドタイプも用意されており、エグゼクティブラウンジ、X、G、GF、S、S"Cにそれぞれハイブリッドモデルが存在します。これらは単純にハイブリッド仕様になっただけでなく、大型コンソールボックスや1500Wにもなる充電コンセントが追加できるなど通常のグレードより高級感もありますね。

ただ値段はやはり若干高価で、エグゼクティブラウンジはトヨタ公式の小売価格で7,036,691円、ハイブリッドの中で一番安いXハイブリッドでも4,155,055円とガソリン車に比べて100万円ほど高くなっています。

アルファードのグレードを値段で簡易比較!

このようにグレードがたくさんあるアルファードですが、値段もリーズナブルなグレードから高価なグレードまで様々あります。最もシンプルで安価なX(ガソリン)で320万円ほど、最も高いエグゼクティブラウンジ(ハイブリッド)で700万円超えなどピンからキリまで種類があります。

値段的にはどういう順番になっているか比較してみましょう。ガソリン車の小売価格を比較してみるとエグゼクティブ>GF>SA"C>S"C>SA>G>S"A>S>Xという順番になります。GFとS"Cグレードはやはり機能が追加されているだけあって比較的高価ですね。

アルファードのGとSでおすすめグレードは?

アルファードのグレードを選ぶ基準は人や用途によって分かれる所ですが、おそらく最も悩まれるポイントは「S」系にするか「G」系にするかといった所でしょう。上記したようにこの二つのグレードで最も異なるポイントは見た目です。

この二つの比較でいうとエアロパーツを装備していて見た目がスタイリッシュなS、デザインはベーシックながら内装面で充実し多機能を備えているGという比較になるでしょう。

またシートの色も車選びでは重要なポイントになってきますよね。基本的にX、G系はシートがベージュでS系は黒を基調とした色になっています。これは車の雰囲気、ムードに直接関わってくる要素なので重要です。なお、エグゼクティブラウンジはシートの色を選べます。

これらの要素を考慮した上でおすすめのグレードはS"CかSA"Cだと思いますね。エアロタイプで見た目もお洒落ですし、上記の通りCが付いたシリーズは機能面でも充実していますのでGとSのいいとこ取りができて満足感が強いと思うのでおすすめです。後は目的と価格を比較してですね。

アルファードは基本のXもおすすめ!

またベーシックな機能しか付属していないアルファードグレードXもおすすめではあります。確かに内装面で多機能ではありませんがそこまで機能にこだわりのない人であれば問題ないでしょう。アルファードは基本的に全車高いクオリティで作られている車種で、基本の安全システムはXにも搭載されているので価格を安く抑えたい方にはこのXも十分におすすめできます。

アルファードはグレードの数が多いけどそれだけ選べる

このようにアルファードはとても種類が多く、混乱してしまう方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし車選びで一番楽しい瞬間はカタログを眺めている時でもあり、そういう意味ではこの種類の豊富さは選ぶ楽しみが広がっている車種だと思いますね。

自分の予算や目的に合わせてたくさんの種類が用意されているアルファード。年齢を問わず誰にでも合う車だと思うので、一度試乗や見学に訪れてみてはいかがでしょうか?


評価 3.6/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ