秋冬物アウターの定番アイテム、チェスターコート。流行に左右されにくいメンズファッションの中でも、最もスタンダードで使いまわしのきく服と言ってよいでしょう。ワードローブに1着は持っておきたいメンズチェスターコート。おすすめのコーディネートを紹介します。

メンズのチェスターコート集!着こなし方やおすすめブランドなどご紹介

目次

  1. メンズチェスターコートの由来と歴史を学ぼう
  2. アメトラブームで火が付いたメンズチェスターコート
  3. メンズチェスターコートのヴァリエーション
  4. メンズチェスターコートの万能感
  5. メンズチェスターコートのコーディネート例
  6. ジーンズ&Tシャツの定番スタイルに羽織るだけ
  7. メンズチェスターコートにパーカーを合わせてカジュアルダウン
  8. シックな色合いでシブくまとめる
  9. メンズチェスターコート&ドレスシャツでちょい悪風に
  10. ダブルブレストのメンズチェスターコート&タートルネック
  11. 同系色でグラデーションをつくる
  12. オールブラック!足元で遊び
  13. 襟を立てて無頼なスタイルもあり
  14. ダブルブレストにパーカーでストリート風に
  15. ナローな肩ラインのメンズチェスターコートでゆるく着こなす
  16. ワイルドに肩から羽織るだけ
  17. メンズチェスターコートに合わせるパンツは細身が今風
  18. メンズチェスターコートのおすすめブランド
  19. メンズチェスターコートは本場イギリスのブランドが強い
  20. テーラードジャケットに定評があるブランドは信頼度高し
  21. メンズのチェスターコートの着こなし方やおすすめブランドのまとめ

メンズチェスターコートの由来と歴史を学ぼう

メンズチェスターコート、正式にはチェスターフィールドコート(Chesterfield coat)と呼ばれる服です。ノッチドカラーで着丈が長く、テーラードジャケットに近い見た目が特徴です。主にメルトンやツイードなど、ウールで作られているものが殆どですが、カシミアやポリエステルのアイテムも存在します。

19世紀、イギリスのチェスターフィールド伯爵が初めて着た事がチェスターコートの名前の由来だとされています。当時はボタンが見えない比翼仕立て、上襟はベルベットのものを着用していたそうです。

上襟にベルベットがあしらわれた事については理由があり、フランス革命でルイ16世、それにマリー・アントワネットが処刑された事に対する弔いの意味付けがあるそうです。あまりの仕打ちに憤ったイギリスの貴族達が抗議の意味を込めて襟に黒いベルベットの布を縫い付けたのだそうです。つまり喪章がわりだったという事ですね。

現代では、シングルのボタンは打ち抜き(ボタンが隠れないタイプ)で、上襟もベルベットではなく共布になっているものが主流です。また、昔はコートの丈も燕尾服が見えないよう、長めの丈が好まれていましたが、近年は膝上ぐらいの長さのアイテムが流行しています。

アメトラブームで火が付いたメンズチェスターコート

2008年あたりからメンズファッション界ではアメトラ(アメリカントラッド)ブームが巻き起こりました。トラッドとは、流行に左右されることのない保守的なスタイルの事です。

アメトラの仕掛け人はアメリカのデザイナー、トム・ブラウン。50年代後半~60年代前半の古き良きアメリカンスタイルを現代風に再構築し、カジュアルでもモードでもない独自のドレススーツスタイルが世界中で支持されました。

メンズチェスターコートもこの流れに乗って流行し、以降はモードの世界でも定番化しました。イギリス発祥の洋服がアメリカでトラッド化するというのは面白い現象ですが、ファッション界ではよくある話です。

メンズチェスターコートのヴァリエーション

海外ではコートの種類によって階級分けがされており、ウエストを絞って比翼仕立て、上襟をベルベットにしたものはドレス・チェスターフィールドと呼ばれています。

ウエストを絞らず箱の様に垂直に仕立てたものはサック・チェスターフィールド、腰や又までの丈のものはセミ・チェスターと呼ばれています。また、ダブルブレストのメンズチェスターコートも存在します。

メンズチェスターコートの万能感

由来からしてドレッシーな印象を与えるメンズチェスターコートですが、形がスタンダードなだけに、様々なシーンで活躍させることができます。フォーマルやビジネスはもちろん、ドレスダウンしてカジュアルな着こなしをする事も可能です。

手持ちの洋服からコーディネートを組み立てていくのも良し、メンズチェスターコートからインナーやボトムを考えるも良し。取り回しの良さを念頭に置くならば、できれば奇をてらわないスタンダードなメンズチェスターコートを選んでおくことをおすすめします。

メンズチェスターコートのコーディネート例

百聞は一見に如かず。メンズチェスターコートのコーディネート例をストリートスナップから見ていきましょう。着こなし方、色の組み合わせなども参考にしてみてください。様々な組み合わせがありますが、共通項を見つける事もできます。何だと思いますか?解答は後程解説します。

ジーンズ&Tシャツの定番スタイルに羽織るだけ

ダメージジーンズ&Tシャツというカジュアルスタイルが、メンズチェスターコートを羽織るだけでエレガントな印象に。重くなりすぎないようにライトグレーをチョイスしたコーディネートも見事。手持ちの服でも簡単にできるおすすめの着こなしです。

メンズチェスターコートにパーカーを合わせてカジュアルダウン

細身のメンズチェスターコートにリーバイスのパーカーを合わせたカジュアルスタイル。部屋着のままちょっと外へメンズチェスターコートを羽織って出かける、そんな肩肘張らない自然体の着こなし方で、こちらも簡単にできるおすすめコーディネートです。

シックな色合いでシブくまとめる

インナーとパンツ、それにブーツを黒で揃え、ブラウンのメンズチェスターコートでまとめたコーディネート。色数を減らせばカジュアルさの中に大人感を出せるシブい着こなしに。

メンズチェスターコート&ドレスシャツでちょい悪風に

キャメルのメンズチェスターコートにホワイトのドレスシャツを合わせ、スラックスを穿くことでちょい悪なコーディネートに。素足にシューズはやりすぎ感ありますが、30代以降の方におすすめしたいスタイルです。

ダブルブレストのメンズチェスターコート&タートルネック

ダブルブレストのメンズチェスターコートにタートルネックを合わせるのも定番の大人コーディネートです。70年代の映画スターを彷彿とさせる着こなしですね。モノトーンでまとめていますが、パンツのホワイトがアクセントになっています。体格がしっかりした方にお勧めの組み合わせです。

同系色でグラデーションをつくる

こちらはメンズチェスターコートをはじめ、全てのアイテムをグレーでまとめたコーディネート。同系色の濃淡でまとめる上級者のテクニックです。同じ色で服を揃えがちな人はチャレンジしてみましょう。

オールブラック!足元で遊び

こちらは全てブラックのアイテムでまとめたコーディネート。足元にホワイトのスニーカーを合わせる事でアクセントを出しています。チェスターコートは黒が定番アイテムなので、参考にしやすい組み合わせです。

襟を立てて無頼なスタイルもあり

メンズチェスターコートは生地がしっかりしているので、襟がしっかり立ちます。立て襟スタイルは難易度高めですが、防風という意味合いで理にかなった着こなし方でもあります。

ダブルブレストにパーカーでストリート風に

クラシックなイメージのあるダブルブレストのメンズチェスターコートも、パーカーを着てフードをかぶれば立派なストリートスタイルに変身です。貴族のフォーマル着がこんな風にアレンジされるとは16世紀の貴族も驚きでしょう。

ナローな肩ラインのメンズチェスターコートでゆるく着こなす

ナローな肩ラインのメンズチェスターコートを選べば、ドレッシーになりすぎず、いい感じに力の抜けたコーディネートをする事が可能です。かっちりしすぎる事に気後れがある方は、ソフト目なメンズチェスターコートにトライしてみましょう。

ワイルドに肩から羽織るだけ

海外のコーディネートを見ていると、意外に多いのが「肩から羽織るだけ」スタイル。問答無用のかっこよさですね。素材にもよりけりですが、メンズチェスターコートは重みがあるので、肩にかけたぐらいで簡単に落ちてしまう事はありません。コーディネートの一つとして提案しておきます。

スーツのアウターの着方でわかる!男前の為のコートの着こなしとは? | MensModern[メンズモダン]

メンズチェスターコートに合わせるパンツは細身が今風

幾つかのコーディネート例を紹介しましたが、気付いたことがありますか?どの着こなしもパンツはスリムストレートかスキニーですね。細身の仕立てが多いメンズチェスターコートですが、パンツも細身で合わせる着こなしがおすすめです。

メンズチェスターコートのおすすめブランド

モードもトラッドも、様々なブランドがメンズチェスターコートを販売しています。おすすめのブランドを幾つか紹介しますが、定番アイテムなのでブランドごとに大きく特徴が異なるという事はありません。自分のスタイルに合ったブランドを選びましょう。

SAINTLAURENTPARIS(サンローランパリ)

世界を代表するモードブランド、イヴ・サンローランの既製服ラインが「サンローラン・パリ」です。残念ながらスターデザイナーのエディ・スリマンは退任してしまいましたが、そのフィロソフィーはアンソニー・ヴァカレロに受け継がれ、今もなお健在です。

これまでサンローラン・パリはエディ・スリマンのディレクションによってロックテイストな洋服を多く打ち出してきましたが、メンズチェスターコートに関しては比較的オーソドックスでベーシックなデザインのアイテムが発表されています。

但し、いずれも価格は35万円から。サンローラン・パリのメンズチェスターコートを羽織ること自体が、一種のステータスであると言えるでしょう。おすすめというよりも、いつかは着てみたい憧れのブランドですね。

Aquascutum(アクアスキュータム)

街の高級服仕立屋から発展したイギリス発のブランドです。ラテン語の“aqua-水”と“scutum-盾”を組み合わせた造語で“Aquascutum”。その名の通り雨の多いイギリスにおいて、防水コートで名を馳せたブランドでもあります。

機能性に優れ、高級感もありビジネスにもカジュアルにも適応できるのがアクアスキュータムの良さ。クラシカルでありながらモダンさも匂わせる。そんなメンズチェスターコートを選ぶなら、このブランドでしょう。

創業から160年以上の歴史を持つ伝統ブランドで、本物を追求するエグゼクティブな層から支持を受けてきました。ステンカラーコートやトレンチコートのブランドとしても有名ですが、チェスターコートもお家芸です。

BrooksBrothers(ブルックス・ブラザーズ)

アメトラの代表格、ブルックス・ブラザーズ。アメリカでは最も歴史のあるブランドで、その歴史はなんと約200年。リンカーンやケネディ、オバマなど、多くの歴代大統領に愛されました。リンカーンが暗殺された時に着ていたのもブルックス・ブラザーズのコートであったと言われています。

ブルックス・ブラザーズのメンズチェスターコートは、ブランドの歴史に裏打ちされたクラシカルなスタイル。ウエストもあまり絞らず、ボックス型のアイテムが定番です。スーツスタイルなど、ビジネスで多用するならこちらのブランドがおすすめです。

ato(アトウ)

日本を代表するモード服のブランド。シンプルなデザイン、シャープなシルエット、立体裁断に定評のあるブランドです。パタンナーの名前をタグに入れる事からも、洋服づくりに対する情熱と自信を感じさせます。写真はノーカラーの変形チェスターコートですが、スタンダードなメンズチェスターコートのシルエットも絶品です。

JOHNLAWRENCESULLIVAN(ジョン・ローレンス・サリバン)

こちらも日本を代表するモード服のブランドです。プロボクサー出身のという異色の経歴を持つデザイナーが追求するのは優雅さ、強さ、美しさを兼ね備えたエレガントな服作り。特にテーラリングに定評のあるブランドで、メンズチェスターコートのシルエットは絶品です。

RINGJACKET(リングヂャケット)

「注文服のような着心地の既製服を作ろう」という決意のもと1954年に創業された、日本が誇る老舗のファクトリー・スーツブランドです。ハンドメイドの技術と機械による最新技術、良質の素材を組み合わせる事でクオリティの高い服作りを行っています。

メインはスーツですが、それに合わせるメンズチェスターコートのラインナップも豊富。主にビジネスシーンで大活躍してくれるでしょう。カジュアルダウンも勿論OKです。

H&M(エイチ・アンド・エム)

スウェーデン発のファスト・ファッションメーカーです。低価格でありながらファッション性の高いデザインの服を扱う事で、世界中から支持を集めています。

世界各国に100名近くのデザイナーがおり、毎日のように新製品を開発することで常に新鮮さを提供しています。日本でも各政令指定都市を中心に店舗展開が進んでおり、入手が容易になりました。

H&Mのメンズチェスターコートの特徴は、なんといっても価格の安さにあります。チェスターコート自体が定番の形である事、デザインが洗練されている事から、一見しただけでは高級ブランドとの違いはわからないかもしれません。初心者向けのファーストチョイスとして、おすすめのメーカーです。

ユニクロのチェスターコートメンズコーデ集!おしゃれな着こなし方紹介 | MensModern[メンズモダン]

メンズチェスターコートは本場イギリスのブランドが強い

メンズチェスターコートの本場はイギリスです。寒い日が多く、晴天が少ないイギリスでは、デザイン面は勿論の事、機能面でも優れた服が多く作られており、メンズチェスターコートもその一つです。マッキントッシュやアクアスキュータム、バーバリーなどがその代表です。

テーラードジャケットに定評があるブランドは信頼度高し

メンズチェスターコートはテーラードジャケットの延長線上にある洋服です。つまり、テーラードジャケットの仕立てやデザインに定評のあるブランドであれば、メンズチェスターコートの信頼度も高くなります。選び方の一つとして覚えておいてください。

メンズのチェスターコートの着こなし方やおすすめブランドのまとめ

テーラードジャケットの親戚とも言えるメンズチェスターコート。かっちりしすぎて着回しが悪いのでは?という心配は杞憂です。パーカーやTシャツに羽織るだけでサマになる、実はとても便利なアウターなんです。

モードブランドからも老舗のテーラーやファクトリーからも多くのメンズチェスターコートが毎年のように発表されています。おすすめはテーラー技術に定評のあるブランド。ジャケットを綺麗に作る技術とセンスが、そのままメンズチェスターコートに生かされます。

流行や時代を問わずに長く使えるという点でも、ワードローブに1着は持っておきたい防寒服。それがメンズチェスターコートです。ブランドショップでは夏頃に新作が立ち上がり始めます。チェックしてみてはいかがでしょうか。


評価 3.5/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ