ワイン初心者が知っておきたいワインの飲み方や基本マナー知識についてまとめました。ワイン初心者でも飲み方の基本知識やマナーを身につけておけば安心。レストランや自宅で気軽にワインを楽しめるように基本の飲み方の知識や初心者マナーをチェックしていきましょう!

ワインの飲み方の基本マナー!初心者でも恥をかかない知識まとめ

目次

  1. 初心者は知っておきたい!ワインの飲み方マナー
  2. 美味しいワインの飲み方は選び方で決まる
  3. 初心者は知っておきたい!ワインの基本的な種類の知識
  4. ワイン初心者がおさえておきたい飲み方の基本マナー知識
  5. 料理に合わせたワインの基本的な飲み方は?
  6. 初心者でも大丈夫!ワインテイスティングの基本マナー
  7. 自宅でワインを飲む場合の基本的な保存知識
  8. ワインの飲み方は温度の知識も身につけておこう
  9. 自宅ではワインをアレンジした飲み方もおすすめ
  10. ワインのおつまみにおすすめ!ポークリエットのレシピ
  11. おしゃれなワインの飲み方に最適なアヒージョのレシピ
  12. メインにぴったり!牛肉の赤ワイン煮込みのレシピ
  13. 豪華なワインのメイン料理ならローストチキンもおすすめ
  14. 見た目が華やかでワインとも合うミートローフのレシピ
  15. ワインの飲み方マナーや基本知識を身につけよう!

初心者は知っておきたい!ワインの飲み方マナー

ワインの飲み方のマナーや基本知識があれば安心

レストランや人前でワインを飲むときは、飲み方のマナーや基本知識について気になってしまいますよね。ワインの飲み方マナーや基本知識さえしっかりとチェックしておけば、ワイン初心者でも美味しい飲み方で楽しむことができるのでおすすめ。ワインの飲み方のマナーや知識を取り入れて、ワインの飲み方を楽しんでみませんか?

初心者がチェックしたいワインの飲み方をご紹介

今回は、ワイン初心者が知っておきたい飲み方のマナーや基本知識についてご紹介していきます。ワインは奥深いので、さまざまな飲み方で楽しむことができます。ワインの飲み方マナーさえ知っていれば、レストランでも緊張することなくいただけるように。ワインの飲み方をチェックして、初心者でもワインを満喫していきましょう!

ワインの健康効果と効能についてまとめ!適度な摂取量と頻度は? | MensModern[メンズモダン]

美味しいワインの飲み方は選び方で決まる

さまざまな種類があるワイン

ワインと一口に言っても、その種類はさまざま。ワインの美味しい飲み方を取り入れたいときは、バラエティ豊かなワインの中から最適なワインを選ぶことが重要なポイントになります。ワインの基本的な知識さえ取り入れておけば、美味しい飲み方にぴったりなワインもすぐに見つけられるように。

ぴったりなワインを選ぶことで美味しい飲み方ができる

ワインは食中酒として飲むことが多いので、料理との組み合わせも考慮しながら最適なワインを選んでいくのが美味し飲み方のポイント。料理と相性ぴったりなワインを選べるようになれば、気軽にワインを堪能できるようになります。

初心者は知っておきたい!ワインの基本的な種類の知識

赤ワインの基本的な種類

赤ワインは大きく分けて、ブルゴーニュ系とボルドー系に分けることができます。ブルゴーニュとボルドーはフランスのワインの産地として知られ、そこで収穫されたぶどうの品種の違いによって味わいが変わってくるのがポイント。ボルドー系の赤ワインは、リッチで重厚な味わいになるのが特徴。重ためのワインが好みの方におすすめです。

ブルゴーニュ系の赤ワインは、繊細で華やかな香りと味わいを楽しめます。ボルドー系赤ワインの代表的な品種ががカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー。カベルネ・ソーヴィニヨンはしっかりとしたタンニン、メルローは口当たりの良さが魅力です。ブルゴーニュ系の代表品種はピノ・ノワール。初心者での飲みやすい味わいです。

白ワインの基本的な種類

白ワインはソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの2種類に大きく分けることができます。シャルドネは白ワインの代表的なぶどうの品種。爽やかな味わいを楽しむことができます。ソーヴィニヨン・ブランはフルーツのような香りを楽しめるのが魅力。ぶどうの品種によって味わいが変わるので、ぜひ飲み比べてくださいね。

ワイン初心者がおさえておきたい飲み方の基本マナー知識

ワイングラスはステムを持つ

それでは、チェックしておきたいワインの基本的な飲み方を見ていきましょう。ワイングラスを持つときは、ステム(脚)の部分を持つのが基本的な飲み方。グラスの膨らんでいる部分(ボウル)を持つと手の温度がワインに伝わって美味しくいただけないので気をつけてくださいね。

乾杯でワイングラスを合わせない

ワインで乾杯をするとき、ついついグラスとグラスを合わせてしまいそうになりますが、繊細なグラスを合わせるとひび割れの原因にもなってしまうので基本的にはグラスは合わせません。目で乾杯の合図をし、グラスを軽く持ち上げるだけでOKです。

ワイングラスの種類と選び方を調査!美味しく飲むためのおすすめの形とは | MensModern[メンズモダン]

料理に合わせたワインの基本的な飲み方は?

まずは白ワインからスタートする飲み方がおすすめ

レストランなどではまず白ワインからスタートする飲み方がおすすめ。白ワインは前妻との相性が良いので、美味しい飲み方を楽しむことができます。スパークリングワインから始めるのも良いですね。

お肉料理になったら赤ワインに切り替えて

メインの肉料理が出てきたら、赤ワインに切り替える飲み方がぴったりです。肉料理は赤ワインとの相性が良く、それぞれの美味しさを引き出してくれるのが魅力。最初にさっぱりとした白ワインを楽しみ、最後に重厚な赤ワインを堪能すると食事の流れ的にもきれいな飲み方を満喫することができます。

初心者でも大丈夫!ワインテイスティングの基本マナー

まずは色と香りをチェック

レストランでワインを頼んだときに行われるテイスティング。まずはボトルをチェックし、ワインを注いでもらいましょう。ワインの色を確認してから、香りをチェック。

味を確認したらテイスティングの完了

ワイングラスを回して空気をふくませ、ワインの味を見ましょう。味が大丈夫であれば、その旨を伝えます。これでテイスティングの完了。

ワインテイスティングの正しいやり方・手順は?恥をかかないマナーまとめ | MensModern[メンズモダン]

自宅でワインを飲む場合の基本的な保存知識

未開封のワインの場合

未開封のワインの場合は、15℃〜10℃くらいの環境で横に倒して保存をします。横に倒すのはワインコルクを乾燥させないため。ワインセラーがあるとベストです。

開封後のワインの場合

開封後のワインはどんどん酸化が進んで風味が落ちてしまいます。もし真空にできるワイン用のキャップがあるのであれば、それを活用しましょう。ない場合はワインコルクでしっかり栓をして冷蔵庫で保存します。なるべく早く飲みきってくださいね。

ワインには賞味期限ってある?未開封と開封後の保存方法の違いとは? | MensModern[メンズモダン]

ワインの飲み方は温度の知識も身につけておこう

赤ワインに最適な基本的な温度

美味しい飲み方を楽しむためには、ワインを飲むときの温度も大切。赤ワインを飲むときは、15〜22℃くらいにすると良いとされています。冬場は室温に戻し、夏場は軽く冷やしてから飲むと美味しい飲み方になるのではないでしょうか。赤ワインは空気を含むことで香りも増すので、デキャンタなどに入れて飲むのもおすすめ。

白ワインに最適な基本的な温度

白ワインは5〜10℃くらいに冷やして飲むと美味しい飲み方が楽しめるとされています。暑い夏場などは、冷やしたワインがぴったりですね。赤ワインと白ワインとでは最適な温度帯が微妙に異なるので、美味しい飲み方を満喫したいときはぜひ取り入れてみましょう。

自宅ではワインをアレンジした飲み方もおすすめ

氷や炭酸水を入れてワインをアレンジする飲み方

自宅ではワインをアレンジする飲み方もおすすめ。暑い夏の日は炭酸水やフルーツ、氷を入れてサングリアにするのはどうでしょうか。

ホットワインにする飲み方も人気

冬の寒い日は、シナモンなどのスパイスを入れてホットワインにするのが人気。体の中から温まれます。

ワインのおつまみにおすすめ!ポークリエットのレシピ

ポークリエットに必要な材料

ワインの美味しい飲み方を満喫するためには、ワインのおつまみにもこだわることが大切。レストランだけでなく、自宅でも美味しいワインの飲み方を堪能したいですよね。そんなときにおすすめしたいのがポークリエット。豚コマで作るポークリエットは赤ワインとの相性がぴったりです。

ポークリエットに必要な材料は、ニンニク3かけら、豚コマ肉500g、玉ねぎ100g、ローリエ2枚、オリーブオイル大さじ2、塩小さじ1、白ワイン3カップ、粗挽き胡椒になります。白ワインは余っているワインを使ってOK。風味をさらに出したいときは、タイムも加えてみましょう。

ワインを美味しく飲めるレシピ

ニンニクは包丁で潰し、玉ねぎはざく切りにします。鍋にオリーブオイルをしいたらニンニクを加え、弱火でじっくり加熱。ニンニクの香りが出てきたら豚コマ肉を加えて焼き目がつくまで炒めます。玉ねぎを加えたらしんなりするまで炒めましょう。粗挽き胡椒・白ワイン・塩をプラスし、アルコールを飛ばすために煮立たせます。

ローリエを加えて中火にし、アクを取りながら30分ほど煮込みましょう。水分が飛んだら火からおろし、ミキサーやフードプロセッサーにいれ、なめらかな状態になるまで撹拌して完成です。

おしゃれなワインの飲み方に最適なアヒージョのレシピ

アヒージョに必要な材料

おしゃれなワインの飲み方を満喫したいときにおすすめなのがアヒージョ。オリーブオイルで具材を煮込んだアヒージョはワインとの相性ぴったり。具材を変えれば、さまざまな味を楽しめるのも嬉しいポイントです。バゲットを添えれば、ボリューム感のあるワインのおつまみに。簡単に作れるので、ワインのお供に作ってみてはいかがですか。

アヒージョに必要な材料は、マッシュルーム8個、エビ10尾、鷹の爪2本、ニンニクひとかけら、酒大さじ1、オリーブオイル大さじ4、塩胡椒になります。彩りと風味を加えたいときは、刻んだイタリアンパセリをトッピングするのがおすすめ。

おしゃれにワインを飲めるレシピ

エビは殻と背わたを取り、酒と塩小さじ1と揉み込みます。軽く揉み込んだら流水で洗い、水気を拭き取っておきましょう。マッシュルームは石づきととって半分にカットします。フライパンにオリーブオイルをしき、刻んだニンニクを入れて弱火で加熱。ニンニクの香りが出てきたら、小口切りにした鷹の爪とエビを加えます。

エビの色が変わってきたらマッシュルームも加えて炒め煮にしましょう。塩胡椒で味を整えたら耐熱容器に入れ、バゲットを添えて完成です。

メインにぴったり!牛肉の赤ワイン煮込みのレシピ

牛肉の赤ワイン煮込みに必要な材料

ワインの美味しい飲み方に合わせたいメイン料理としてあげられるのが牛肉の赤ワイン煮込み。牛肉のリッチな味わいが赤ワインとよく合います。料理に使う赤ワインは余っているワインやリーズナブルなワインを活用しましょう。安いワインだとしても料理に使えば本格的な風味を引き出すことができます。

牛肉の赤ワイン煮込みに必要な材料は、牛ほほ肉のかたまり800g、赤ワイン750ml、玉ねぎ1/2個、小玉ねぎ20個、セロリ1/2本、ニンジン1/2本、ベーコン50g、マッシュルーム2パック、小麦粉大さじ2、塩胡椒、砂糖になります。入れる具材はいろいろアレンジしてOK。ズッキーニやブロッコリー、ジャガイモなどを加えてみましょう。

ワインの美味しさを引き立てるレシピ

ベーコンを角切りにし、フライパンで脂が出るようにじっくり炒めます。脂が出てきたら、ベーコンだけ取り出しておきましょう。牛ほほ肉に塩胡椒をまぶして下味をつけます。ベーコンを炒めたフライパンで全面に焼き色をつけて取り出してください。セロリ・ニンジン・玉ねぎをみじん切りにし、肉を焼いたフライパンで炒め、小麦粉も加えて炒め合わせます。

赤ワインを鍋に入れて半分の量になるまで煮込みましょう。煮込み終わったら牛ほほ肉・ベーコン・炒めた野菜・全体がかぶる水を加えて煮立たせ、アクを取りながら2時間ほど煮込みます。小玉ねぎとマッシュルームも加えたら、さらに30分煮込みましょう。塩胡椒と砂糖で味を整えたら完成です。

豪華なワインのメイン料理ならローストチキンもおすすめ

ローストチキンに必要な材料

豪華なワインのお供におすすめなのがローストチキン。ローストチキンを用意するだけで、ワインのリッチな飲み方を満喫することができるようになります。友人などをワインでおもてなししたいときにもぴったり。調味料に漬け込んでおけば、あとは焼くだけでOKなので気軽に美味しいローストチキンを作ることができます。

ローストチキンに必要な材料は、鳥手羽元16本、ニンニク2かけら、生姜ひとかけら、醤油大さじ3、はちみつ大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ2、オリーブオイル大さじ3、ローズマリー1枝、クレイジーソルト小さじ1と1/2になります。2種類のマリネ液に鳥手羽元を漬けるのがレシピのポイント。一手間で2通りの味を楽しめます。

ワインと相性ぴったりなレシピ

鳥手羽元の表面にフォークを使って穴を開けておきましょう。ビニール袋にすりおろしたニンニクひとかけら、すりおろした生姜、醤油、はちみつ、酒、砂糖を入れたら鳥手羽元8本を入れて揉み込みます。別のビニール袋にはオリーブオイル・ローズマリー・クレイジーソルト、鳥手羽元を入れて同じように揉み込んでください。

冷蔵庫に入れて、一晩漬け込みます。200℃に予熱したオーブンで20分焼いたら完成。

見た目が華やかでワインとも合うミートローフのレシピ

ミートローフに必要な材料

おもてなしにもぴったりなミートローフも美味しいワインの飲み方に最適。ゆで卵を入れることで見た目が豪華に仕上げるのに加えて、食べ応えのあるミートローフに仕上げることができます。ニンジンや玉ねぎといった野菜をたっぷり入れるのがポイント。栄養バランスも整い、豪華なメイン料理に仕上がります。

ミートローフに必要な材料は、合挽き肉200g、パン粉40g、卵1個、牛乳1/2カップ、バター15g、ニンジン1本、玉ねぎ1個、ミックスベジタブル50g、ゆで卵3個、塩胡椒、ケチャップ50ml、ウスターソース50ml。肉ダネに風味を加えたい場合は、ナツメグを少々入れましょう。ナツメグを少々入れることで、本格的な風味になります。

ワインに合わせたいレシピ

溶きほぐした卵・牛乳・パン粉を混ぜ合わせて、パン粉をふやかしておきます。ニンジンはすりおろしておきましょう。フライパンにバターを溶かし入れたら、ミックスベジタブルとみじん切りにした玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透き通ったら火からおろして粗熱を冷ましておいてください。

ボウルにふやかしたパン粉・すりおろしたニンジン・炒めた野菜・合挽き肉を入れ、粘りが出るまでしっかりこねます。パウンド型に肉ダネを1/3の高さまで詰めたら、ゆで卵を並べておきます。200℃に予熱したオーブンで30分焼きましょう。ミートローフから出た肉汁とケチャップ、ウスターソースを混ぜ合わせて作ったソースをかけて完成です。

ワインの飲み方マナーや基本知識を身につけよう!

ワインは基本的な飲み方さえ知っておけばさらに味わいを楽しめるようになります。ぜひ、好みのワインを楽しんでくださいね。


評価 5.0/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ