タカラジェンヌは世の女性たちが憧れる職業の1つで、多くの入団希望者がレッスンや勉学にいそしんでいます。宝塚歌劇団に入るためには宝塚音楽学校へ入学しなければなりませんが、倍率が高く狭き門と言われていて、かなりの能力や財力が求められます。姉妹揃って宝塚音楽学校に合格し、タカラジェンヌになるということはさらに倍率が高くなります。そんな宝塚歌劇団に姉妹で入団し、タカラジェンヌとして活躍している現役スターや卒業生を紹介していきます。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ一覧!卒業生から現役スターまで【画像】

目次

  1. 姉妹で活躍するタカラジェンヌを紹介!
  2. 宝塚歌劇団とは?
  3. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:天愛るりあさん・天咲礼愛さん
  4. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:茉玲さや那さん・凰海るのさん
  5. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:蒼舞咲歩さん・亜音有星さん
  6. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:芹尚英さん・羽音みかさん
  7. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:希良々うみさん・星咲希さん
  8. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:甲海夏帆さん・涼香希南さん
  9. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:一禾あおさん・有愛きいさん
  10. 姉妹で活躍するタカラジェンヌ:星乃あんりさん・春妃うららさん
  11. 姉妹で活躍していたタカラジェンヌの卒業生一覧
  12. 3姉妹のタカラジェンヌが存在した!
  13. タカラジェンヌとして活躍する姉妹はたくさんいた!

姉妹で活躍するタカラジェンヌを紹介!

きらびやかな宝塚歌劇団でタカラジェンヌとしての活躍を夢見る女性は少なくありませんが、宝塚歌劇団への入団の必須条件である宝塚音楽学校の入学の倍率は非常に高いと言われています。レッスンを受けたり勉強をしたりという努力や能力、財力がかなり必要になります。そんな狭き門である宝塚歌劇団で姉妹でタカラジェンヌとして活躍するスターたちや卒業生を紹介していきます。

宝塚歌劇団とは?

宝塚歌劇団は、1914年に初公演を行って以来、現在まで高い人気を集めている未婚の女性だけで構成された歌劇団です。宝塚歌劇団には組分けがあり、現在は、月、雪、星、宙の5組と、どの組にも所属しない専科に分かれています。

舞台に出演するのは宝塚音楽学校の卒業生で、「タカラジェンヌ」と呼ばれていて、主に宝塚大劇場と、東京宝塚劇場で公演を行っています。創設当初から「老若男女誰もが楽しめる国民劇」を目指して、現在も健全かつどの世代の人が観ても楽しめる演目を中心に、古今東西を問わず歴史劇やファンタジー、SFなど様々なジャンルの演目を上演しています。

宝塚歌劇団に入団するためには、宝塚音楽学校を卒業しなければなりません。宝塚音楽学校への入学はかなり倍率が高いことで知られていて、毎年の受験者数は1000人ほどで倍率は約20~25倍だと言われています。年によって倍率は違いますが、最高倍率は1994年で48.2倍を記録しました。かなりの能力や努力がないと、宝塚音楽学校の受験競争を勝ち抜くのは難しいです。

宝塚音楽学校に入学するためには能力や努力だけでなくかなりの財力が必要だとも言われています。受験に勝ち抜くためにあらかじめレッスンを受けて歌や踊りを磨きますが、そのレッスン料や衣装代が必要になります。晴れて合格したら入学時に授業料や入学金、制服などで100万円ほど必要になり、「お嬢様しか入学できない」と言われるほどです。姉妹で宝塚に入るとなると2倍のお金が掛かることになるので、かなりの財力が必要になります。

宝塚代表作・エリザベートのトート人気ランキング!美しい歴代トップを紹介 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:天愛るりあさん・天咲礼愛さん

天愛るりあさんと天咲礼愛さんの略歴と画像

姉の天愛るりあ(あまなるりあ)さんは、宝塚歌劇団月組に所属している娘役で、愛称は「るー」です。2014年に宝塚音楽学校に入学し、2016年に宝塚歌劇団に102期生として入団します。同年、星組公演の「こうもり/THE ENTERTANER!」で初舞台を踏み、月組に配属されました。

妹の天咲礼愛(あまさきれあ)さんは、宝塚歌劇団雪組に所属している娘役で、愛称は「れなれな」です。お姉さんが入学した翌年の2015年に宝塚音楽学校に入学し、2017年に宝塚歌劇団に103期生として入団します。同年、雪組公演「幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)/Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、雪組に配属されました。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:茉玲さや那さん・凰海るのさん

茉玲さや那さんと凰海るのさんの略歴と画像

姉の茉玲さや那(まれいさやな)さんは、宝塚歌劇団花組に所属している娘役で、愛称は「Mayu」や「たまごちゃん」です。2010年に宝塚音楽学校に入学し、2012年に98期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、宙組公演「華やかなりし日々」で初舞台を踏み、花組に配属されました。

妹の凰海るの(おうみるの)さんは、宝塚歌劇団宙組に所属している男役です。愛称は「まゆ」や「SAYA」です。お姉さんが入学した4年後の2014年に宝塚音楽学校に入学し、2016年に102期生として宝塚歌劇団に入団しました。同年、星組公演「こうもり/ THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏み、宙組に配属されました。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:蒼舞咲歩さん・亜音有星さん

蒼舞咲歩さんと亜音有星さんの略歴と画像

姉の蒼舞咲歩(そうぶさきほ)さんは、宝塚歌劇団星組に所属している男役で、愛称は「サキッポ」です。2011年に宝塚音楽学校に入学し、2013年に99期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台を踏み、組廻りを経て星組に配属されました。

妹の亜音有星(あのんゆうせい)さんは、宝塚歌劇団宙組に所属している男役です。お姉さんが入学した4年後の2015年に宝塚音楽学校に入学し、2017年に103期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、「Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、宙組に配属されました。

宝塚の歴代男役人気ランキングTOP30!イケメントップスター1位は? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:芹尚英さん・羽音みかさん

芹尚英さんと羽音みかさんの略歴と画像

姉の芹尚英(せりなえい)さんは、宝塚歌劇団花組に所属している男役で、愛称は「たっちゃん」や「えい」です。2013年に宝塚音楽学校に入学し、2015年に101期生として宝塚歌劇団に入団しました。月組公演「1789」で初舞台を踏み、花組に配属されました。

妹の羽音みか(はおんみか)さんは、宝塚歌劇団月組に所属している娘役で、愛称は「みー」や「みかこ」です。お姉さんが入学した2年後の2015年に宝塚音楽学校に入学し、2017年に103期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、「Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、月組に配属されました。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:希良々うみさん・星咲希さん

希良々うみさんと星咲希さんの略歴と画像

姉の希良々うみ(きららうみ)さんは、宝塚歌劇団雪組に所属している娘役で、愛称は「ともか」です。2012年に宝塚音楽学校に入学し、2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団します。月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏み、組廻りを経て雪組に配属されました。

妹の星咲希(ほしさきのぞみ)さんは、宝塚歌劇団星組に所属している娘役で、愛称は「のぞみん」です。お姉さんが入学した3年後の2015年に宝塚音楽学校に入学し、2017年に103期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、「Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、雪組に配属されました。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:甲海夏帆さん・涼香希南さん

甲海夏帆さんと涼香希南さんの略歴と画像

甲海夏帆さんと涼香希南さんはなんと双子の姉妹です。2人とも男役として活躍しています。姉の甲海夏帆(こうみなつほ)さんは、宝塚歌劇団月組に所属している男役で、愛称は「まり」や「こーみ」です。2013年に宝塚音楽学校に入学し、2015年に101期生として宝塚歌劇団に入団します。月組公演「1789」で初舞台を踏み、月組に配属されました。

妹の涼香希南(りょうかきな)さんは、宝塚歌劇団の花組の所属している男役で、愛称は「きな」や「りこ」です。双子の姉である甲海夏帆さんと同年に宝塚音楽学校に入学し、101期生としてお姉さんと同じ月組公演「1789」で初舞台を踏みました。その後は花組に配属され、姉妹で組は別ですが同じ男役として活躍しています。双子が同時に高い倍率を勝ち抜いたということは、相当の能力と財力を持ち合わせていたのだと思います。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:一禾あおさん・有愛きいさん

一禾あおさんと有愛きいさんの略歴と画像

一禾あおさんと有愛きいさんも双子の姉妹です。双子ですが、入学年が違っています。姉の一禾あお(いちかあお)さんは、宝塚歌劇団雪組に所属している男役で、愛称は「まみ」や「あお」です。2014年に宝塚音楽学校に入学し、2016年に102期生として宝塚歌劇団に入団しました。同年、星組公演「こうもり/ THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏み、雪組に配属されました。

妹の有愛きい(ありあきい)さんは、宝塚歌劇団宙組に所属している娘役で、愛称は「なみ」や「ありあ」です。双子のお姉さんが入学した翌年の2015年に宝塚音楽学校に入学し、2017年に103期生として宝塚歌劇団に入団します。同年、「Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、宙組に配属されました。

姉妹で活躍するタカラジェンヌ:星乃あんりさん・春妃うららさん

姉の星乃あんりさんは2017年に退団したばかりです。姉の星乃あんり(ほしのあんり)さんは、宝塚歌劇団雪組の娘役でした。2007年に宝塚音楽学校に入学し、2009年に95期生として宝塚歌劇団に入団します。雪組に配属され、数々の公演でヒロインを務めて活躍しました。2017年に退団した後は、女優やタレントとして活動しています。

妹の春妃うらら(はるひうらら)さんは、宝塚歌劇団の花組に所属している娘役です。2009年に宝塚音楽学校に入学し、2011年に97期生として宝塚歌劇団に入団しました。星組公演「ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び」で初舞台を踏み、花組に配属されました。2012年には入団2年目にして「サン=テグジュペリ」でヒロインに抜擢され、これからの活躍が期待されています。

姉妹で活躍していたタカラジェンヌの卒業生一覧

蘭乃はなさん・すみれ乃麗さん

双子の姉の蘭乃はな(らんのはな)さんは、2014年まで宝塚歌劇団花組のトップ娘役として活躍していました。2004年に宝塚音楽学校に入学し、2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団します。宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台を踏み、月組に配属されました。その後はヒロインとして数々の舞台をこなし、2010年に花組に組替えして花組トップ娘役に就任しました。2014年に退団して以降は舞台を中心に女優として活動しています。

蘭乃はなさんとすみれ乃麗さんは双子の姉妹で、画像右側の妹のすみれ乃麗(すみれのれい)さんは、2014年まで宝塚歌劇団宙組の娘役でした。お姉さんと同じ公演で初舞台を踏み、宙組に配属されました。その後何度もヒロインを務め、2014年に退団しました。幼稚園のころから双子でそろってバレエを習っていたそうです。かなりの財力があったことが予想されます。また、幼い頃からレッスンを積み重ねて努力し、見事双子揃って宝塚音楽学校に合格しました。

こちらは蘭乃はなさんとすみれ乃麗さんの画像です。左が姉の蘭乃はなさんで、右が妹のすみれ乃麗さんです。双子の姉妹というだけあってかなり似ています。退団後も2人で仕事をすることがあるそうで仲の良さが伺えます。

彩輝なおさん・彩那音さん

姉の彩輝なお(あやきなお)さんは、2005年まで宝塚歌劇団月組トップスターとして活躍していました。1998年に宝塚音楽学校に入学し、1990年に第76期生として宝塚歌劇団に入団します。1991年に月組に配属されると、入団2年目にして「ベルサイユのばら」の準主役であるアンドレ役に抜擢されました。その後は数々の公演に主演し、2004年には月組トップスターに就任しました。2005年に退団した後は、女優として活動しています。

妹の彩那音(あやなおと)さんは、2011年まで宝塚歌劇団雪組の男役として活動していました。1997年に宝塚音楽学校に入学し、1999年に85期生として宝塚歌劇団に入団します。「再会/ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏み、月組に配属され、2006年に雪組に異動しました。宝塚歌劇団に在籍中は、あまり身長が高くない男役として有名でした。お姉さんの影響で宝塚を見ているうちに、タカラジェンヌを夢見るようになったそうです。

夢咲ねねさん・愛加あゆさん

姉の夢咲ねね(ゆめさきねね)さんは、2015年まで宝塚歌劇団星組トップ娘役として活躍していました。2001年に2度目の挑戦で宝塚音楽学校に合格し、2003年に89期生として宝塚歌劇団に入団します。当初は月組に配属され数々の公演でヒロインとして活躍し、2008年に星組に異動すると翌年には星組トップ娘役に就任しました。2015年に退団した後は、主に舞台を中心に女優として活動しています。

妹の愛加あゆ(あいかあゆ)さんは、2014年まで宝塚歌劇団雪組トップ娘役を務めていました。2003年に宝塚音楽学校に入学し、2005年に91期生として宝塚歌劇団に入団しました。その後雪組に配属され、2012年に雪組トップ娘役に就任します。姉妹揃ってでのトップ娘役就任は、宝塚歌劇団の歴史上初めてのことだったそうです。受験のために姉と一緒にレッスンに励み、努力を積み重ねて能力を上げていました。

麻路さきさん・麻園みきさん

姉の麻路さき(あさじさき)さんは、1998年まで宝塚歌劇団星組トップスターとして活躍していました。1981年に宝塚音楽学校に入学し、1983年に69期生として宝塚歌劇団に入団します。初舞台後は月組に配属され、星組に組替えされた後は様々な公演で主演を務めました。1994年にトップスターに就任し、1998年にブラジル人男性との結婚のために退団しました。現在は結婚した夫と共にブラジルのサンパウロで生活しています。

画像左側の妹の麻園みき(あさぞのみき)さんは、2004年まで宝塚歌劇団の男役として14年間、花組や星組で活躍しました。1989年に宝塚音楽学校に入団し、1991年に77期生として宝塚歌劇団に入団しました。2004年に退団した後は、宝塚歌劇団のOGとして舞台やイベントに出演している他に、株式会社凛花乃副社長や「J.歌劇・ダンス倶楽部」の講師を務めています。

和音美桜さん・琴音和葉さん

姉の和音美桜(かずねみおう)さんは、2008年まで宝塚歌劇団宙組の娘役でした。1999年に宝塚音楽学校に入学し、2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団します。宝塚歌劇団在籍中は宝塚きっての歌姫の1人だと言われていて、何度もヒロインを務めた他に、ソロの場面を多く与えられていました。2008年に退団後は、舞台やミュージカル、コンサートなどで女優や歌手として活躍しています。

妹の琴音和葉(ことねかずは)さんは、2015年まで宝塚歌劇団月組の娘役でした。2002年に宝塚音楽学校に入学し、2004年に90期生として宝塚歌劇団に入団します。雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台を踏み、月組に配属されました。2015年に退団した後は、姉と同様に舞台を中心に女優として活動しています。

宝塚出身の女優まとめ!退団後も活躍する有名人のタカラジェンヌ時代は? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

3姉妹のタカラジェンヌが存在した!

天輝トニカさん・煌海ルイセさん・美蘭レンナさん

天輝トニカさんと煌海ルイセさん、美蘭レンナさんはなんと全員が元タカラジェンヌの3姉妹です。こちらの画像中央の長女の天輝トニカ(あまきとにか)さんは、2011年まで宝塚歌劇団宙組に所属する男役でした。2004年に宝塚音楽学校に入学し、2006年に92期生として宝塚歌劇団に入団します。その後は宙組で活躍し、2011年に退団しました。

次女の煌海ルイセ(きらみるいせ)さんは、2017年まで宝塚歌劇団月組の男役でした。2006年に宝塚音楽学校に入学し、2008年に94期生として宝塚歌劇団に入団します。月組に配属され、2017年に退団しました。

三女の美蘭レンナ(みらんれんな)さんは、2014年まで宝塚歌劇団花組の娘役でした。2007年に宝塚音楽学校に入学し、2009年に95期生として宝塚歌劇団に入団します。花組に配属され、2014年に退団しました。年の近い3姉妹を全員タカラジェンヌに育て上げる財力と、全員が受験に合格する姉妹の能力の高さに脱帽です。

麻尋しゅんさん・夢羽美友さん・夢花らんさん

3姉妹揃ってのタカラジェンヌは他にもいます。麻尋しゅんさんと夢羽美友さん、夢花らんさんは3姉妹で、妹の夢羽美友さんと夢花らんさんは双子です。3姉妹の長女の麻尋しゅんさんは、2009年まで宝塚歌劇団星組の男役でした。2000年に宝塚音楽学校に中卒で合格し、2002年に88期生として宝塚歌劇団に入団します。星組に配属され、2009年に退団しました。退団後は「麻尋えりか」名義で女優として活動しています。

双子の姉で3姉妹の次女である夢羽美友(ゆめはみゆ)さんは、2016年まで宝塚歌劇団月組の娘役、双子の妹で3姉妹の三女である夢花らん(ゆめはならん)さんは、2015年まで宝塚歌劇団花組の娘役でした。双子揃って2006年に宝塚音楽学校に入学し、2008年に94期生として宝塚歌劇団に入団します。退団後、夢羽美友さんは地元の富山県で活動を行い、夢花らんさんは広島に移住しローカルの番組などに出演しています。

タカラジェンヌとして活躍する姉妹はたくさんいた!

姉妹でタカラジェンヌとして活躍するスターや卒業生を紹介しました。宝塚歌劇団に入団するまでにはかなりの努力、能力、財力が必要になり、姉妹で入団するとなるとさらに倍率が高くなりますが、この一覧を見てみると姉妹で活躍しているタカラジェンヌはたくさんいることが分かります。今後の姉妹タカラジェンヌたちの活躍に期待したいですね。


評価 3.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ