腕時計をはめる位置はどこ?ずれる原因や正しいはめ方・ベルト調節まとめ

カッコいい腕時計をはめるとおしゃれにもワンランク上になるもの。しかし、腕時計をはめていると、元の位置からずれたり正しくはまっていないのかうまくサイズが合わなかったりする。腕時計をⓣだしくはめる位置はどこなのか。ずれる原因や正しいはめ方を探っていこう。

目次

  1. 腕時計がなんだか合わないと感じたことはないだろうか?
  2. 腕時計の正しい位置は?
  3. 骨が引っかかる部分に腕時計が来るようにするとずれにくい
  4. 腕時計をかっこよく見せる位置がある?
  5. 腕時計の一般的なはめ方は?
  6. 状況に応じてつける場所が違う
  7. 男性と女性では腕時計のはめ方が違う?はめ方や位置の違いとその理由
  8. 腕時計を利き腕にはめるのはあり?なし?
  9. 腕時計の位置がずれる原因
  10. 腕時計のベルト調節方法
  11. ベストな位置は時間をかけてなじむのを待つしかない
  12. じっくりと時間をかけてフィットする時計を見つけよう

腕時計がなんだか合わないと感じたことはないだろうか?

腕時計をつけていると、何度もずれたりして位置を調整したり、動いたりして落ち着かないという経験をしたことはないだろうか。おしゃれにこなしたいものだが、どうしても位置のずれが気になり何度もベルトの調整をして腕にはめなおすといったことを誰もが経験しているだろう。

それは自分なりの適切な位置が見つかっていないからこそ感じる違和感なのだ。では時計自体には正しくつける位置はあるのだろうか。

腕時計の正しい位置は?

腕時計をつける際に正しい位置はあるのかといわれれば実は正しい位置というのは存在しない。最低限のマナーはあるが、厳格なルールはなく自分の少ないちで大丈夫だ。しかし、その自分が好きな位置を見つけることが難しく、フィットして落ち着く位置が見つからない人は意外にも多い。その位置が見つからないと腕時計を何度も付け直したり、つけても外したりすることになる。

骨が引っかかる部分に腕時計が来るようにするとずれにくい

腕時計の正しい位置というものは存在しない。しかし、一般的な位置でいえば手首の骨の上あたりに来るようにつけるのが多い。骨に引っかかることで手首よりも下に抜けたりずれるといった心配がないためだ。しかし、骨にあたっていたいという人もいる。その場合は、骨の上に直接少し緩めにはめるか、あるいは服の上から腕時計をはめる方法もある。

腕時計をかっこよく見せる位置がある?

腕時計をつける位置には厳格なルールはないものの、つけるならかっこよく見える時計の位置につけたいもの。ではそんな場所があるのかというと、こちらも最低限の見栄えしかない。見た目に美しい位置につけておくと、機能性もよく邪魔にもならず快適につけることができ、さらに見た目も美しい。シルエットもスマートになる。つまり、これが自分の好きな位置ということになる。

腕時計の一般的なはめ方は?

一般的なはめ方は、利き腕と反対の手首につけるというのがみんなが知っているルールだろう。理由は、字を書くときなどの作業時に邪魔にならないため、活動率の高い利き腕で受けやすい衝撃を避けるため、また聞き手でリューズの操作を行うためというものがある。

はめる位置としてほとんどの人が意識しているのが、手首の隆起部分より少し手の甲寄りが一般的で、さらにシーンによっても使い分けられる。どちらもこれといって決まり事ではないが、使い心地と一緒に判断をしてほしい。

状況に応じてつける場所が違う

【シーンによってのはめ方①】フォーマルウェアの腕時計の位置

シーンによっても腕時計のはめ方や位置が変わってくる。冠婚葬祭などでフォーマルな格好をするときは、カッターシャツの袖口から文字盤がはっきり見えないようやや上側につける。さらに、時計が必要になるときだけ袖を上げてさりげなく見ることが望まれる。

こういったイベント時に頻繁に時間を見ることは、時間を気にしているとされ、相手に不快な印象を与えかねないためだ。また相手には時間を意識させ失礼に当たる行為になる。

【シーンによってのはめ方②】ビジネススーツの腕時計の位置

こちらのシーンであれば、何度も袖口をまくってみていると作業の使用をきたす。そのため、袖口から覗く程度の腕の位置につけることで、この腕時計を見るたびに何度も袖をまくる作業をしなくてすむ。デジタル時計よりもアナログ時計のほうがかっこよく見え、腕時計とカッターシャツ、背広のバランスが取れた位置につけると見た目にもスマートに見える。

男性と女性では腕時計のはめ方が違う?はめ方や位置の違いとその理由

男性は左腕・女性は右腕って本当?

一般的には利き腕とは逆の位置につけるといわれている腕時計。しかし、女性の腕時計のはめ方を見てみると、男性が左腕につけるのに対し、右腕につけている人が多くみられる。これは女性に左機器の人が多いからではない。

機能としての理由があり、一つ目はリューズによって手首を傷めないためだ。女性にとって肌が傷つくことは避けたいもの。だからこそ右手につけてリューズが手首にあたらないようにしてある。そして、もう一つはファッション性だ。右腕につけることで個性を出し、おしゃれにするという問題からはめ方が違うのだ。

手首の内側につけるのは正しいはめ方?

女性の腕時計のはめ方に手首の内側につけるはめ方がある。これは正しいのかというと、決して間違いではない。この内側のはめ方を選ぶのには、時計の見方に理由がある。通常外側につけている腕時計を見ようとすると、肘が外に張ってしまい大きな動作を必要とする。しかし、内側につけていれば、大きな動作はなく時計を確認できるのだ。

腕時計のはめる腕やはめ方など、どちらも絶対的に正しいというものはないが、女性と男性でここまで時計のはめ方が変わってくる。自分の好きな位置を見つける参考にしてみてほしい。

腕時計を利き腕にはめるのはあり?なし?

腕時計は自体は、基本的には利き腕の反対の腕につけられることを前提に設計されている。しかし、リューズの操作性や、手首にあたる痛みを考えれば必ずしも利き腕と反対側でなくてもよい。

さらに、自動巻き時計の場合は利き腕のほうが自然と巻くことができたり、左右交互につけることで服装を傷めることを少なくできたりと利点も多い。生活スタイルや趣味嗜好によって位置を使い分けることも腕時計の楽しみ方でもある。

腕時計の位置がずれる原因

【腕時計の位置がずれる原因①】サイズがあっていない

腕時計がつけていた一からずれると悩んでいる人は実は意外に多い。みんなある程度妥協して使用している人も多いのだ。では、そんなにも腕時計がつけていた位置からずれる原因はなにか。それには腕のサイズに合っていないことが考えられる。メタルブレスの調節は専用の金属が必要なことからもじぶんでするのは慣れが必要で、なかなかちょうどよいサイズにならないことが多い。

サイズが腕に合わず、上下に移動してしまう。そのため落ち着かず腕時計をするのが億劫になってしまう人もいるので、使い勝手の良い位置とサイズには注意が必要なのだ。

【腕時計の位置がずれる原因②】ベルトの長さの割合が適切でない

ベルトの長さにも人によって適切なものがある。時計の盤面に対して右側と左側のベルトは同じ長さになっているかもしれないが、特にメタルブレスの場合はどちらかを長く、もう片方を短くすることでバランスを整えずれを防止することができる。

ベルトの駒の抜き方になるので、自分での調節には難しいものがあるので、お店で調節してもらいながらすれにくい位置を見つけることをおすすめするが、これがずれる原因になる可能性は高いため、注意すればかなりずれは軽減できるだろう。

腕時計のベルトを交換して自分だけのおしゃれを楽む!簡単にできる方法は? | MensModern[メンズモダン]

腕時計のベルト調節方法

メタルブレスの場合

では実際にどのように調節するのかをみていこう。メタルブレスの幅を調整する時は、重量バランスが重要になるので、同じ長さでも12時側と6時側のバンド幅をどれだけ調整するかでバックルの位置が変わり、ずれにくさにもつながる。

最初は左右対称で調節し、少し緩い状態の時にどちらかを短くする必要があるが、一般的には6時側を短くするが、これは相性があるため、どちらを短く、あるいは長くするかは腕に何度もはめて確かめながら行うとよい。

革ベルトの場合

革ベルトの場合は調節はさほど難しくない。少しきつめの穴に通せば調節でき、さらにはめていると徐々に革が伸びてなじんでくる。革の特性上、何度も刺激がある場所は柔らかくなり、それ以外の刺激の少ない場所は張りを保ってくれる。

革ベルトの場合は、締め付けられるのが嫌だからと緩めすぎると、それがずれの原因になる可能性も高い。あくまでも、革がなじみ伸びてくれることを考慮して、最初はきつめにつけておくことでずれの原因を防止することができる。

また、革ベルト事態にも種類がたくさんある。穴の位置から調節することも大切だが、ベルトを交換することもフィット感の調節には欠かせない要素だ。ベルトの長さはさほど変化はないが、穴の位置やベルトの幅など種類はたくさんある。5ミリの差でも付け心地やずれを大きく左右するので、もし穴だけで調節ができないのであればベルト自体を交換するのも方法だ。

ベストな位置は時間をかけてなじむのを待つしかない

ベストな時計の位置や、ずれないサイズ感は時間をかけて見つけていくしかない。特にベルトの調節はメタルブレスであれば、微調整はすぐにできるものの、革ベルトであればなじむまで待つしかない。時間をかけてなじむ位置とサイズを見つけることが最も時計がずれにくくなる一番の方法なのだ。

腕時計をメンズビジネスマン30代はこう選ぶ!高級ブランドを身に付けよう | MensModern[メンズモダン]

じっくりと時間をかけてフィットする時計を見つけよう

腕時計の適切な位置に明確なルールは存在しない。しかし、自分のフィット感やずれが気になるのであれば、それは時間を使って探し出すしかない。使い心地とフィット感は、実際に使ってみないとわからないもの。長い時間を使って、そのちょうどよい位置を探し出すことが時計の面白さでもある。長い目で腕時計を使っていくことで、ベストな位置が見つかるだろう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ